入院出産記

出産のため入院しました2007年2月28日から3月10日までの記録を
赤裸々にでも淡々と綴っております...


※わりとそのまま事実を書いているので(気をつけているつもりですが)
特定の人、施設等に不都合な部分があれば、対処したいので、ぜひお知らせください。

<2007年3月10日(土)>

1時頃 0:50に目覚める。何となく。
1:10ナースセンターから呼ばれた。
タイミング良過ぎ。

とりあえず、目隠しのポンちゃんに授乳。
ポンちゃん、頭、おもいっきり汗かいている。暑すぎだよナースセンター。

授乳してたら、乳マッサージしてくれた助産師さんが来て、
授乳の指導。

私の乳は乳垂らしになっているから良くない、とのこと。姿勢良く。
乳のしこりをとる、という感じに、赤ちゃんへの授乳とともに、
自分のおっぱいケアも心がけるように
、と指導される。
乳の固くなっている所を中心に、乳を上下につまみ、圧迫。
赤ちゃんの頭はシッカリ乳に固定し、ガボガボ一気に飲ませる。
そうすると授乳時間は短くなる、とのこと。

しかし、私の乳はでかいので、今回手伝ってもらいながらの授乳。
一人でできるか?と言われると結構難しそう...。
ただフットボール抱きとかなかなか良いかも?
授乳クッション、やっぱり欲しいな。

授乳量72g
ポンちゃん泣いただけあって飲みました!
よく見たら昨日の0:00頃と同じ量。
なかなか良い傾向。

あと乳、本当に楽になった。
やっぱりプロの指導は違うねぇ〜と思う。

次回は6:00に来いと言われた。
行けたら行きます...
鏡を見たら、昨日のお疲れ顔、少し改善。
ただ、頬が厚ぼったい☆
もっと痩せねばねぇ...。
5:20頃 5:10頃に一度起きたのだが、再びウトウトしてたら、
5:20に呼び出し。
毎回タイミングが良い。
やっぱりポンちゃんとは、まだどこか繋がっているのかもしれない。
ナースステーションでポンちゃんを受取り早速授乳。
昨日(今朝?)のトレーニングをもとに、フットボール抱きで脇部分から授乳。
うぉ〜シコリがとれていく!良いねぇ。

今朝ほど無理やりではないマイペースで飲んでくれてたら、
授乳ママがもう一人やって来た。
激しく泣き叫ぶ赤ちゃんが、ちっとも乳を飲んでくれないようだ。
今朝指導してもらった助産師さんがついて、あれこれやっている。
器具がうんぬん言ってて、私が当初使ってた器具を利用することになってたようだ。
昨日別の助産師さんが、私の部屋にあった消毒液を「もういらないよね」と言って
持って行ったのはこの人の部屋なんだな、と思う。

ポンちゃんは他の赤ちゃんの泣き声なんかものともせずに
のんびりウトウト飲んでいる。
しかし...黄疸治療用の目隠しのせいか、ものすごい汗。
ポンちゃん今朝の飲料54g!やった、よく飲んだ。

助産師さん曰く、0:00の74gは結構効いて、しばらくぐっすりだったらしい。
うちでもたくさん飲ませないと...。
血圧測定。
血圧はわりとずっと安定。
体重、1日1kgペースが今日は微妙に大きめに減っている。
シャワーのおかげかな?
この調子で産後ダイエット(というか元に戻すこと?)がんばらねば。
ポンちゃんいないとやる事ないから荷物整理。
ミルクとか残りの紙おむつお尻拭きなんかはやっぱりもらえるようだ。
最後の朝食
最後の食事、朝食。
でも何の感慨もない、普通の朝食です(^^;
外来診察 院長先生(年寄り)の診察
あと2回切れる(帝王切開は3回までお腹を切っても大丈夫、の意)と言われたが、
執刀医たちが筋腫何とかした方が良いと言ってるのは聞いてないんだろうか?
それとも腔鏡手術とかをやったら回数に数えなくても良いのか?
院長先生と記念撮影 その後、普通の院長診察、というか、
まぁ要は「ありがとうございました」という機会を作って部屋訪問があった。
その際、強制ではないが、院長と記念撮影ができますのでカメラがあれば
という話だったけれど、カメラ出してたら記念撮影することに。

どうでも良いけれど、今日もポンちゃんは黄疸治療明けで顔が赤い。
こういう記念写真の時は、何でポンちゃんのタイミングが悪い時ばかりなのか?
10:30 旦那より、無事ベビーベッド受け取ってこちらに向かうとのメールあり。
ポンちゃんを、持ってきた服に着替えさせたり
(病院の服に比べ、ちょっと小さかったかな?と思ったけれど全然そんなこともなく)
私自身の洋服も着替えたりして待つ。

旦那が来て、とりあえずお金を持ってきたのを確認して、会計処理。
会計にはやや時間がかかったので、「早ければ11時」と言われたように、
結局は退散するまでお昼過ぎまでかかった。
帝王切開で入院して10日間、約42万円の出費
事前に45万円くらい、という話だったので、通常分娩よりは高いけれど、
少しお安く抑えたな、という印象もちょっとした。
ポンちゃんをおくるみに包んで、病院からタクシーに乗って帰る。

旦那が、2人目の出産らしきお母さん(同じ日に退院。彼女は「予定」でない帝王切開だったらしい)
が使用していた「赤ちゃん入れのようなもの」(抱っこ紐系のもの)が気になっていたようだ。
うちも抱っこ紐を買わないとなぁ、と思う。

2007年3月の日記へ  入院出産記一覧へ