入院出産記

出産のため入院しました2007年2月28日から3月10日までの記録を
赤裸々にでも淡々と綴っております...


※わりとそのまま事実を書いているので(気をつけているつもりですが)
特定の人、施設等に不都合な部分があれば、対処したいので、ぜひお知らせください。

<2007年3月9日(金)>

0時前 今日からポンちゃんと一夜過ごすことに!
(夫以外の男の子と一夜過ごすなんて!きゃ〜)

0時前に早速起こされ、授乳。58g

おむつ替え。
今回はきちんとう@ちしている。
そしておむつ替えたら安心して?おかわり要求。
でもこういう時はそんなに飲まないからなぁ、と思ってたら、案の定14g
でも飲んだ方だわね。
計72g
2:10頃 よその子が泣いているのを聞いたせいか、ポンちゃんも泣く。
授乳しようとしたらおくるみが黄色く濡れている。
どうやら吐いたようだ。
このせいか?と思いつつも、本人は乳を飲む気まんまんなので授乳。
計測したら30g
やや少ないが、3/6に2時頃授乳に行った時24gだったから、
こんなもんかな?

で、寝させて、おむつ替え。
今回もしっかりう@ちがあった。
便秘(?)解消ですな、ポンちゃん。

しかし、まだ少し足りないのか
少し部屋が冷え気味なのか、
寝言が気になるのと、手がちと冷たいのが気になる。

私ゃ暖房のせいか、のどが渇きます。

2:35 ひとまず就寝。
4:50 ポンちゃんの「アーーーーー」の寝言で起きる。
ちょっと様子をみて、5:00から授乳。
一往復が一応できて(10分単位)
おむつを見たらお@っこしてた。
飲んだ量44g
まぁこんなもんか?
また少ししたら泣くんだろうな。

汚れた服を替え、おくるみの汚れた部分をつまみ洗いして干しておいた。

夜は結局
0:00(〜0:35)、2:15(〜2:35)、5:00(〜5:40)
2時間おきって感じですかねぇ...。
さすがにちと疲れた☆
朝の血圧測定。
体重、1kg減。
一日1kgペースだから目標体重は退院までは無理か☆
家に戻ったらもうちっとがんばらねば。

水を三本買ったものの、あと一本いるかな?
7:00頃 ポンちゃんがぐずり出すので授乳。
乳したたってポンちゃんの服濡らした☆
これ、自宅の時は何か考えないとなぁ...
(※自宅では母乳パッドがあるので充分安心でした)
ひとまず46gまぁこんなもんかな。

おむつ替えて寝させようとしたら、また口クチャクチャ。
念のため再度授乳。
結構長く乳を含ませていたのに結果10g合計56g

うーーん。授乳、結構一時間仕事やねぇ...。

7:30の検温、念のためポンちゃんのも測っておいたら、
それで正解やた。
(※通常この時間は赤ちゃんいないので。いつも午後にしか測ってなかった)

8:00頃、ポンちゃんは沐浴のため一旦ナースステーションに帰った。
朝食
相変わらず膜のあるスープに
ヨーグルトにも欲しいスプーンは一本だけ。
ポンちゃん再び戻って来るも、10:30より講習なので、授乳。
再び預ける。
10:30 すでにこの病院で2人目、3人目の出産の人は、
おおまかな話と1ヶ月検診の日程確認だけして終了。
私より若そうな人がササッと講習会場から去っていく。
ちょっとうらやましい。

沐浴のやり方のビデオを観る。
午後やるとはいえドキドキ。

その後は、退院後の話。
基本的に、健診はやるけれど、病気はよそでみてもらえ、とのこと。
小児科の病院、探さないとね。

あとはパンフレットに沿って、あれこれ解説、ためにはなる。
が、事前にポンちゃんのことで
「沐浴がたぶん2時頃になるので、
1時までに授乳してもらえれば良い」

(授乳後すぐだと吐いてしまうから)
なんて言われていたもので、過ぎていく時間にドキドキ。
昼食
講習が終わってポンちゃんを引き取り、ささっと授乳し始める。
1時までに授乳終わらないと...と思って授乳させたのに、
大慌てで先ほどの助産師さんがやって来た時には授乳し始め。

助産師さん曰く、11時頃にナースステーションでミルクをあげているはずなので、
今から(12:30頃)沐浴すればタイミングが良かった、とのこと。

しかし乳を飲んでしまったので、ひとまずそこで授乳を終えて、
(私としては)本来の予定である14:00から沐浴予定ということを確認して、
ポンちゃんへの乳はお預け状態になった。

そうは簡単に予定なんか立ちませんね(^^;

ポンちゃんをだましだまし様子見していたら、
13:40頃、ついに激しく泣き出した。

思わずナースコールして事情を話したら、
14:00を待たず、沐浴指導となった。
沐浴指導 小さな赤ちゃんをおっかなびっくり扱いながら、沐浴。
沐浴で最大のタブーは「お母さんがびくつくこと」らしいので、
思いっきり泣き出されたけれど、「赤ちゃんは泣くもの」と思って
話し掛けながら、安心させつつ淡々と作業をするべし、とのこと。

口調は厳しいものの、何でもかんでも
「うまいうまい、上手、そうそう」
と誉められるので、これはこれでちょっと「本当かよ?」という感じ。
自分としてはかなり危なっかしい気でいるのだが...
※後に旦那から「いたちの風呂入れで慣れてるんだよ」と言われたので、
本当に手際の良い部分はあったのかもしれない、が、自覚はない。

最後、新しい服を着せる時に、着せ方に注意を受ける。
洋服の着せ方、きちんと指導されてなかったからなぁ。
やはり育児本を読んでもうちっと勉強しておくべきだった。
沐浴の仕方(メモ) ●ベビーバスに適温でお湯を張る。
●一番下におくるみ、その上に着替え(おむつも広げておく)、
 その上にバスタオルと、湯上りの準備も整えておく。
●服を脱がせて、沐浴布(長方形の長いガーゼ)をかける。
☆脱がせた時、う@ちをしていたらあらかじめお尻拭きでふき取る。
お@っこはそのまま気にしない。
☆沐浴中にう@ちやお@っこすることがあっても気にするな、とのこと。
☆おへそのガーゼも外す。

●足からゆっくりお湯に入れる。(ここから入浴は10分以内で終えるように、とのこと)
左手で赤ちゃんの頭をシッカリ支え、右手は腰のあたり。(左はずっと支え、右手で洗う)
☆この時、うちの子は大泣きしたけれど、すぐに収まって快適そうにしてた。
驚いて慌てなくとも赤ちゃんはお風呂好きなものだから大丈夫と言われた。
☆沐浴布を全体に濡らしたり、足をバスタブの端に当てると安心しやすいようだ。
●バスタブとは別に小さなボウルにお湯をとっておき、ガーゼで顔を洗う。
※うちの子は脂漏性湿疹がひどいので、後にこのガーゼで洗うというのは
 皮膚科の先生に「絶対に止めて」と言われました☆
 うちはこれは素手でやってます。
●せっけんを手にとり、頭、体(表面)と、上から順に素手で洗っていく。
体は沐浴布をずらしながら、左半身、右半身、お腹という感じ。
●頭を洗った後は、冷えやすいので、体を洗う前にガーゼで水分をふき取る。
☆後頭部は裏返しの時に洗うので、後回し。
●洗う際は、首の下、腕(シワ)などは優しくつまむように、
腕、足は優しく掴んで根元から先まで回すようにして洗う。
☆手先は触ったり口に持っていきやすいので、洗ったらすぐ流すように。
☆男の子なのでお@ん@んまわりは汚れやすいのでしっかり洗う。
●赤ちゃんをひっくり返して裏面を洗う
☆太もものあたりに手を入れて、腕に赤ちゃんを寄りかからせて、
という感じだったのだけれど、結構難しいと感じる。
このへんで焦るな!という指導。赤ちゃんが不安がるから。
●後頭部を洗ったら、ガーゼでふき取る。
●後は体、お尻と洗う。
●顔を洗う用にしてたボウルのお湯をかけてかけ湯とする。

●用意しておいた重ねたバスタオルの上に寝かせる。
一番上のバスタオルで体を拭き、おへその手入れ。
バスタオルを外す→着替えが出てくるので、おむつ、肌着を着せる。
一番下のおくるみにくるんでベビーベッドへ。

☆おへその手入れ:消毒薬を含ませた綿棒で汚れをとり(あまりしつこくやらない。軽く)
小さなガーゼを乗せて、上からテープを貼る。
2週間分のお手入れセットを貰ったので、2週間くらいで手入れはしなくて良くなるようだ。
☆着替えの仕方(注意を受けたので):着替えは袖を通してあらかじめ重ねておくこと。
袖を通す際は、赤ちゃんの手が出る側から自分の手を入れ、
服の中で赤ちゃんの手を握ってお迎えし、通す形で。
手を握って、赤ちゃんの手が伸びればそのままで良いが、
伸びなければ、服の脇部分を赤ちゃんの肘に合わせておく。
赤ちゃんの手を引っ張ると脱臼の恐れがあるので、絶対引っ張らないこと。

沐浴後は水分補給ということで、湯冷ましを飲ませるのだが、
ポンちゃんは空腹で沐浴だったので、終わったら乳で水分補給すれば良いとのこと。
沐浴後、あれだけ泣いていたポンちゃんも泣き疲れと沐浴疲れで
結局飲んだのは28gだけ...むむむ。
その後ポンちゃんまったく起きず。
診察 外来で院長先生の診察をうけ、シャワー許可を貰う。
帝王切開だから子宮が下がっていない、だから2週間したら傷も塞がるから、
お風呂に入って良いといわれた。良かった。

産後の肥立ちの話。
うちの実家の母が口うるさく言うけれど、
普通分娩の人が重い物を持ったりすると、
骨盤が開いている状態なので子宮が下がったままになったり、
下がりすぎたりというトラブルがあるらしんだが(先ほどの退院指導で聞いた)
そのことじゃないのかな?
私のようにハラキリ娘は、そこまで神経使わんでも良いのかも?
先ほどの診察以外にも定期的な診察もあった。

ポンちゃんは黄疸がまた出ていて、今晩また治療になった。
かわいそうに...。

お腹がぽっこりしているのを見て「ゲップきちんとさせてる?」と聞かれた。
そういえば今日2回くらい吐き跡が...。
でも普段からゲップさせても出なかったり、出ててもポッコリしてる気が...。

急に心配になってポンちゃんのお腹を「の」の字してみたり
(腸の形がのの字方向なので便秘マッサージはのの字書くように、という話があった)
少し授乳しては、タテ抱きの時間を長くしてみたり。

ポンちゃんが寝ぼけているせいか、口クチャクチャして授乳するも30g弱だったり
10gとか12gとか。
沐浴の威力は大きい。
病院から、記念アルバム(?)を貰った。
プロのカメラマンが、ナースステーションにいる間に写真を一枚撮ってくれたとのことで、
前に看護士さんが
「プロだから、本当にかわいく撮れるもので驚きますよ」
なんて期待させるようなこと言ってたので大層期待してたのだが...

どうも撮影した日が黄疸治療の翌朝っぽい。
赤ら顔の非常にぶちゃいく顔。
私が撮った写真の方が何倍もかわいらしい...。
ただ、同時に足形をとってあるので、これはありがたいのだが...
せめてうちの子だけでも良い日に撮影してほしかった...orz
夕飯
19:00頃 久々にシャワー
傷に貼ってある保護テープ、あんまり意味ねーー、と思った。
(濡れると傷の塗り薬のせいもあるが、はがれてくるので)
足が、どうしてもむくんでいるように思うので、念入りにマッサージ
でもあんまり変わらない気がする。
むくみ、気のせいじゃないと思う。
体全身ホコホコして髪はサラサラ、やっぱりシャワーは良いねぇ。
でも、私は久々なんだが、シャワー利用者は結構多い。
(利用予定者は順番に名前を書き入れ、出た人が呼びにいくシステムなのだ)

たまたま見た、搬送されている人が「明日の夕方からシャワー」とか言われてた。
普通分娩だと翌々日の夕方からシャワー可なのか。うらやましい...。
20:30頃 ポンちゃんが盛大にプリプリプリーブリーーーーーとか音をたててお@らをしたので
期待して授乳したら28g
ひさびさにポンちゃんが起きてての授乳、良かった。

その後、黄疸治療のためポンちゃんをナースステーションに引き渡す。
授乳のため、夜中、乳を搾って哺乳瓶を持ってきて欲しいといわれていたけれど、
ポンちゃんが泣いたらコールしてもらって授乳、ということになった。
搾乳だと自分で決まった時間に起きて行かなければダメだったけれど、
これなら安心して寝られる。
21:00過ぎ 旦那から着信。
本当は良くないのだが、緊急そうだったのでコールバック。
本日ベビーベッドを受取れなかったので、
明日受け取ってから病院に来るとのこと。
助産師さんに「明日の予定は何時頃までかかります?」と聞いたら
「11時頃かなぁ早くて」との答えだったが、
ベビーベッドも「午前中」というくくりくらいしかなく
いつ届くか読めない。

正直、できれば朝からず〜っとついてて欲しいと思うのだが、
そう甘えたことばかり言ってもいられないので、
明日、もしも予定が早く終わってしまって、旦那がまだだったらどこかで待たせてもらおう。

荷物整理をしているのだが、部屋の消耗品って貰ってしまって良いのだよね???

次の日の日記へ 入院出産記一覧へ