入院出産記

出産のため入院しました2007年2月28日から3月10日までの記録を
赤裸々にでも淡々と綴っております...


※わりとそのまま事実を書いているので(気をつけているつもりですが)
特定の人、施設等に不都合な部分があれば、対処したいので、ぜひお知らせください。

<2007年3月4日(日)>

5:50 5:50起床。
0時頃寝たのにやっぱり早起き。
今日はせっかく動けるのに、途中寝ちゃったらどうしよう?面倒くさいなぁ。

ヘアゴム行方不明。むむむ。
後でお隣さんからお借りすることに☆
検尿のためトイレへ。
昨日よりもスムーズにできるようになった。
昨日、血が混じらないように、とか言われたけれど、色が妙に濃くなった(^^;
...まぁ仕方ないな。
今日からおトイレ回数をカウントし始める。

手術後に巻かれていたさらしが超ユルユルになったので、
一度外したら同じようには巻けなくなった☆
次に看護士さんが来たら、相談してウェストニッパーにするか、さらし巻きなおしか相談しよう。
ウェストニッパー出してみたらできなかった☆全然ダメ、ビックリ。
あと、そもそもお腹切った人が即使って良いものじゃないかもね☆
朝食 朝、全粥。
全体写真とってなかったです(^^;

これのほかにお粥、梅ペースト、鉄分ドリンク付き。

ほぼ常食って感じ。
食事とって顔洗って一休みしたら実家に電話、と思ってたら
ポンちゃんが来た。
授乳させるも、吸ってる感じはあるのに乳飲めてない。
私の水分補給が足りないせいだ、と言われる...。
その後、糖水飲ませたのにいきなりおお泣き。
追加で2Fに糖水を貰いに行こうにも、抱っこが不安で結局ナースコール。
一旦引き取ってもらった。

その直後、血圧測定で、普段上が104とかそのくらいの私が、
パニクったせいか134に!!!
二度測ってそのくらいだった。
焦ると血圧上がるって本当だったのね...身をもって体験しましたよ。
お隣がお引越し。
双子二人分のベッドを置くには2人部屋では狭いので、お引越し。
お隣さんから廊下挟んでお向かいさんになった。
一人部屋は気楽といえばそうだけど、心細いというのも...そんな感じ。
昼ごはん 今回も普通の食事に近くてうれしい。

昼ごはんのメイン。
※この日は全部の食事は撮影しきれてないです(^^;
ミルクの調合説明 ミルクの調合説明を受ける。
11日に本格講習があるけれど、事前に各部屋で実演して教えてくれる。

※細かくメモしてありますが、こういうのはミルク缶に作り方書いてあるので割愛。
特にコツなんかもないので割愛します...。・
午後 ポンちゃん再び。
うれしいんだけどちと恐い。
しかし、お食事後だったようで、乳飲ませている途中で思いっきり寝てくれた。
面会は15:00から。 ...さて、トイレに行きたし、体重量りたし...と思ってたら
旦那とお義父さんお義母さん、弟さんが来た。
ポンカンを3個貰う、うれしい。
皆さんはポンちゃんがいるので大喜び。
小指短いのが旦那の家系、とか言ってた。

ここでの会話で、ポンちゃんのへその緒は
生まれてすぐに手渡されたそうだ。
早くきちんとしまっておかないと...。

旦那より、ベッドレンタルの予約ついでに、安いベビーカーも買ったとのこと。
まぁ良し。

タイミングが良いので、ポンちゃんの様子見を頼んでおトイレへ。
ついでに体重を量るが...
ポンちゃんの分痩せるはずが、−2.5kgくらい...??

ありえねー。がんばって痩せねば。
回診 看護士さんが来てた。
ここで体重を言うのも...と思ってたら、旦那達は出て行って一安心。

その後、お医者さんの回診。
昨日の先生よりはソフトにあれこれ言う。
朝の尿、濃かったのにタンパク出てなかったらしい。良かった。
「大きな筋腫があった」と言うことだけ言われたので、先周りして
「次回は手術してからがんばります」と言っておいた。
テキトウなところで、旦那を残し、お義父さんお義母さん弟さんが帰った頃、
再びポンちゃんがぐずってきた。

再び母乳にトライするも、やはり足りなくて泣き出す。
助産師さん曰く「母乳は出るけど、赤ちゃんが吸い込めていない」とのこと。
今朝言ったのと違うんじゃないの?と思う。

一応もう一度乳を含ませたがやっぱりダメ。
旦那にポンちゃんを任せ、2Fへ糖水を貰う。

糖水貰って落ち着くか?と思えばダメで、夕飯時に再びぐずる。
念のため乳を含ませるも結局ダメ。

夕飯もきちんととれず、困り果てた時に名案。
糖水の哺乳瓶に私の乳を搾って飲ませてみた。
非常に量は少なかったが、これは効いたようで、眠ってくれた。
助産師さんには勧められていないが、哺乳瓶があるうちは、
どうしてもダメならこの手を使おうか?と思った。
夕飯写真撮り損ね。 ※夕飯はこんな感じに大慌てだったので写真はないと思ってください(^^;

デジカメの電池交換。
持つかな?と旦那が心配しているので、今後は
食事とその日のポンちゃん数枚の写真で抑えておかねば。
撮った写真のプレビューも少なめにして(しょっちゅうプレビューしちゃうのです)
夕飯とって、旦那にポンちゃんを任せ、実家に電話。
今朝やろうと思ってたのに結局夕方に。
あまり心配な様子はないが、手短に経過を報告。
その後、旦那の夕飯をはさみ、
今朝なくしたので髪ゴムと、コップ...ではないものを買って来てくれた。

しばらくして旦那も帰宅。
この4日間何だかんだでありがたかった。
ありがとう。
来週全く来ない、というのがちと心細いけどさ...。
実家から電話あり。
(部屋に医療器具もなく、私のはPHSなので受け電として使ってました。病院からかけ直してます)
母、10日早朝に我が家に来るとのこと。
旦那が焦って、せめて月曜に、と言うので、その旨電話したら
めちゃめちゃ文句言われた。
(土日は旦那がいるから旦那に働かせると言ったのだが...)
「私はお客じゃないのよ!」「あんたの体のためなのよ!」
「土日に掃除とか一切やるなよ!!」


...ごめん、本当にありがたいけどさ、そんなつもりじゃなくて...(ー’`ー;)

とりあえず、「私ゃ土日何もしないから、絶対」といって納得して貰って電話を切る。

旦那にメール。
寝具、敷布団はあったが上布団ナシとのこと。
とにかく何とかしてほしい☆
21:00 ポンちゃんが再び泣き出す。
母乳、ダメだろうな、と思いつつ再トライ。
助産師さんにはダメと言われたがコッソリ乳を搾り出しつつ授乳。

一応体重を量ったものの、メモ忘れた☆
記憶では2〜4gくらい増えたんだけれど、
でもやはり全然足りなくて、その後大泣き。

確か21時で回収...と思うのに21時過ぎても来ないので、ナースコール。
やはり回収中なので少し待てと言われ、
待つも、その間ずっと泣きっ放し。
私はもうヘトヘト...ホトホト困りました..

でも無事回収されたら、他の赤ちゃんも皆大泣きしていてホッとした。.
トイレで双子のお母さんと再会。
ヘアゴムを返しに行った時、
もう粉ミルク作ってる!良いの?!

と思ったものだが
(うちも良いんならそうしようか?と迷った)
実は今朝、片乳から血が出たのだが(片乳授乳中止)
その後、もう片方の乳もそうなってしまい、
仕方なく粉ミルクになった、とのこと。


うわぁ〜ますます大変だ☆と思ったけれど、
私より大変なのに、その状況を面白がっているのだそうだ。

私もホント、見習わなくちゃね。
22:45 日記書いてたら22時45分。
いい加減に寝ないと、朝のうちに水の買出しができない...。

寝る時、ブラジャーを着けてみた。
貰った授乳帯にしようかと思ったけどよくわからんので自前のブラジャー。
ガーゼだけ乳に挟んでおいた。

お腹、小さくなったけどまだ一人産めそうな大きさ...。
今日のポンちゃん 頭、よく見たら後ろ少し立ってました(^^;
目ぱちこんとしてよく見るとカワイイぞ?
目、少し吊り目かも?でも一重。
よくキョロキョロしていて、何か見えていそう...
育児DIARYのこと 粉ミルクメーカーの作った育児DIARYを貰う。
「○○ちゃんの成長の記録」とか書いてあるけれど

「○○お母さん成長の記録」も欲しい。

お世話○日目、だっこが上手にできる □(←チェック欄の□)
          おっぱいを咥えさせる □

とかリストアップして欲しい...。

※育児書を1冊持ってきておくと便利でした☆

詳しくは育児書を読めば出てきますが、
以下はメモしてたので一応書いておきます。
抱っこの仕方 片手で首の下、肩を支える(耳に親指、薬指って感じ)
もう片方の手で腰を支える。

このとき、きちんと服に腕が通ってるか確認すること(すっぽ抜けるから)
オムツ替えの仕方 ※これはオムツのパッケージに書いてあるので割愛。

ただし、後に某雑誌で書いてあったんですが(病院でもそうは習わなかった)
古いオムツを外す前に、新しいオムツを下に敷いてから作業すると、
急な排泄にも対応できるので便利です。
授乳について(院内ルール) ●まずはポンちゃんの体重チェック(メモを忘れない)
●乳を飲ませてみる(事前に乳拭きで拭く)
●そのままでダメな時は間接器具を付けてみる。
 →ポンちゃんの頭はシッカリ横向き、乳は支えるのみにする。
●片乳5分ずつ交替で飲ませる(休憩時間も5分に含む)
●それでも泣いたら2Fへ糖水を貰いに行く
●さらにそれでもダメなら搾乳して飲ませてみようかな...。
※とにかく私自身、水をガブ飲みせにゃあ...
●飲んだらゲップさせる(タテに抱っこして背中をトントンと叩く。撫でる)

次の日の日記へ  入院出産記一覧へ