入院出産記

出産のため入院しました2007年2月28日から3月10日までの記録を
赤裸々にでも淡々と綴っております...


※わりとそのまま事実を書いているので(気をつけているつもりですが)
特定の人、施設等に不都合な部分があれば、対処したいので、ぜひお知らせください。

<2007年2月28日(水)(続き)>

12:30〜 受付で採尿の上、診察室へ、と言われる。
母子手帳、入院申込書、預け金(\50,000)
先天異常検査の用紙(無料検査用の用紙、役所から貰った)を提出
13:30〜 診察室で剃毛作業を受ける。
お腹、太もも、陰部、背中と手術で使う所を看護師さんに剃ってもらう。
診察台でアクロバチックに片足曲げ、片足伸ばしとかしてたせいか、
時間が経ったら足がプルプル震えてきた(^^;
ヘンな力の入れ方したせいかな?
...にしても、こういう作業を経て、羞恥心を忘れ、
女の人はおばちゃんへと移行するのではないかと思う...。
妊娠ってホント、恥ずかしいと思う感情を超越するもんですね。
14:00 病院2Fの病棟へ。(回復室)
手術同意書とさらしの提出を求められる。
パジャマに着替えさせられる。パジャマは半袖前開きワンピース(病院支給)

荷物の少なさに驚かれる。
言われた分(説明時の紙に書いてある分)だけを持ってきたのに何で?という感じ。
感触としては、今日通された病室で固定ではないので、
今後あちこち移動するにはこのくらい荷物が少ない方が良いみたい。
ただ、結局書いてなかったのにタオルとかは必要なので(念のため持ってきておいたが)
最終的にはネット上に書いてあった分は必要になりそう。
(しかし入浴とかあまりできそうにないからそんなにいらんかも?)

NSTにかけられた傍らで体温・血圧を測る。
体温は基礎体温をつけた時には口で測れと言われたが、今日は脇で測る。
そのままさらに入院のオリエンテーション、今後の予定の説明を聞く。
明日の手術スケジュールと、今後のことを聞くと、結構不安。
明日は動けないのね、とか、一人で歩くまで3日?とか、
完全病人扱いな感じでとても不便で結構ヘコむ。

普通分娩の人はどんな感じだろう?さすがにこうではないんだろうな...
(3/1記:姉曰く、普通でもグルグル巻きにされるということだから大差ないのか?)
今日は食事も普通らしいが、
明日は禁食で
あさって流動、
その次の日は3分粥、
さらに次の日に普通の粥からお食事に、

と随分期間が長い。
入浴も制限多くてブリー。
二人部屋へ
(一人だけど)
回診で赤ちゃんの心音をチェックされた。
超元気!

今日はシャワー許可されたけれど故障で使えず。
出掛けに風呂に入って来たから大丈夫だけどね。

分娩セットなるものが支給された。
T字帯、産褥用ナプキン(多数)、産褥ショーツ、清浄綿、乳拭き、お尻拭き、授乳帯。
パジャマの替えも入ってたけれど、これはレンタル。
なんか超ゴーカな感じがする...
TV用にカードを買うか思案。
800分(13時間ちょっと)で1000円。
10日間で800分観るか?と思うが、余ったら返金されるシステムだったので後に購入。
明日父親と姉(長女)が来るというので、実家へ忠告の電話をするに出たのは母。
病院からテレカでかけているというのに次女の関係ない話までするから50度数はあっという間になくなった。
100度のがさらに88度に。
大掃除して見つけたテレカでずっと使われてなかったけれど、これだけ使われれば本望か?
昼寝したかったが夕飯が近いのでがんばって日記でも書いて起きる。
ポンちゃん(※息子の仮名とします)は眠そう。私も眠い。


寝た。
起きたら夕飯だった。

最後の晩餐の気分。

思ったよりうまかった(うまくないのもあるが)やはり塩分控えめ。
さらにリンゴがデザートで出てきた。
20:30 トイレついでに体重を量ってみたら、
病院に来た時より700gも増えてた。
夕飯のせい???いくらなんでも増えすぎやろ!と思う。
病院に来た時、そういやパンツ脱いでたかもしらん。
でもパンツだけで700g???やっぱりありえね〜!!
少し早いけど寝ようか?と思ったら
放送で体温を測るように言われた。
さらに赤ちゃんの心音チェックもあった。


とりあえず寝る。
夜中に何度も起きる。
寝付けない。
環境のせいか?
ちょっとでも物音をさせると、新生児が泣いているのが聞こえる。
結構激しくて今後が少し不安になる。
明日、術後、術中、眠っていられれば良いが、傷痛むのかな??
オマケ
3月1日(木)
4:00
体重量ったら、パンツなしで入院時より500g減
あれからトイレに3回くらい行ったけどそのせい??
妊婦の体重って変化激しいのね☆

次の日の日記へ 入院出産記一覧へ