4月1日(火)
今日はやはり天気があまり宜しくないのでお花見中止。

お昼ご飯に息子さんにラーメンを作ったら、喜んでたくさん食べた。
私は相変わらずラーメンは食う気が起きず、もっぱら息子さんにあげてたんだけれど。
こんな母だから好きな料理出せなくてすまんのぅ〜と思う。

今日は支援センターに。
相変わらず電車の絵本ばかりに見入っていて他の遊びをあまりしない。
まぁ、寒いからってのもあるのかな??

ぞーじさんから貢物を貰う約束を取り付ける...
しかし気付いた、今日はエイプリルフールだった...!!

4月2日(木)
※うっかり昨日の曜日を変えてたのにつられて水にしていた...orz
快晴につき、息子さんとお花見決行!!
ということで、お花見の時期にはちょっとばかし賑わう場所目指してお出かけ。
しかし、その途中には公園が2個もあるんだよな。
途中の公園に入りたがる息子さんの意見を尊重しつつ向かったら、
結局最後には目的地まで行くのが疲れておんぶになった(^^;
ああ、面倒くさい。



<公園その1>
この公園は隣の駐車場の桜が見事に咲くのだが、
どうもつぼみ程度で花は発見できず。




<公園その2>
公園内の桜の木。ほんのりピンクが確認できるかな〜?という程度。



こんな感じ。
一番咲いていそうな枝先でもこの程度。
花よりもつぼみが圧倒的に多い。

2個目の公園では、砂場で同じくらいの歳の子が遊んでいて、一緒に遊んだ。
少し遊べて息子さんはこれでわりかし満足してしまいそうだったので、
公園を脱出する階段に誘って、まんまと連れ出すのに成功した...
けれど、やがてすぐにおんぶ要求された☆

目的地まで結構あるし息子さんは重いんだ、これが☆



満開の時はトンネルになるこのあたりも、花はまばら、つぼみばかりで全然ダメ。



提灯で飾り付けしてある花見会場なんだけれど、
人影まるで無し(^^;
少し親子連れとかはいたけどさ、花見客っぽいのは誰もいない...(我々を除いて)
風も少し強かったしねぇ〜。

とりあえず、せっかく準備をして来たので、お弁当...という雰囲気ではなかったので
お菓子を少しだけ食べて雰囲気を作る...のも失敗というんだろうな(^^;


種類が違うのか、1本だけ満開の桜があった。
でも1本ってやっぱり寂しいですよ...。

とりあえずせっかく来たので、息子さんには隣の公園も薦めてみたのだが、
どうにももはや疲れがたまっていたようで、
結局帰りはほぼおんぶで帰らされた。

息子さんはそこまで運動してなかったように思うんだけれど、
お母さんは超運動した気分になりましたよ...。


あ、そうそう、某所に日記を書いてました。
(某所より転載)
桜はまだ早かった。

今日は事前の天気予報ほど寒くなさそうだったので息子さんとお花見デートを計画し、
ちょっとしたおやつとお弁当を用意して少し遠くの桜の名所まで歩いて行った。

しかーし、やっぱりうちの周辺はまだまだ桜は早かった☆
当然ながら花見客もおらず(^^;

某所の地元情報だとだいたい五分咲きという話だったのだが、
実際は五分咲きは言い過ぎ、だいたい三分くらいで、せいぜい四分と言ったくらいかな?
何かソメイヨシノでなさげな桜が単独で満開とかはあるけど...
途中で立ち寄った公園もまだまだ二分咲きくらいだったし。

明日は気温も上がるということなので、明日にもう少し咲くとして、
見頃になるのは土曜日以降かな?という感じ。
(でも土曜は旦那に用事があるしここも花見客で混むんだろうなぁ...)
日曜はまた天気悪くなるという話もあるし。

今年はちゃんとお花見できるかなぁ?

...そもそも息子さんはちっともじっとしてなくて
あちこち駆けずり回って、木の根っこに躓いたりで
結局花見どころでもない気がするんだけど...(^^;

明日またちょいと別の場所に花見偵察に行く予定...

あ、ちなみにお菓子は花見会場で食べたけどお弁当は家に帰ってから食べました。
お弁当は全然必要なかったので(ちょっとだけがんばったんだけどなぁ〜)
明日はお菓子類だけ持って行く予定。
(転載完了)

4月3日(金)
今日は、気温もだいぶあがったので、
様子をチェックしに自然公園へ。


昨日よりは結構開いている。
満開というにはまだ一声足りない感じだけれど、昨日の状態に比べるとかなりの進歩。
場所柄、というわけでもないと思うんだけれど...。

とりあえずここの公園では砂遊びしたりをちょびっとだけして、
すぐに自然公園の方へと移動する。



何だかほんのり色づいて来たなぁ〜という感じ。
やっぱりまだ満開には少し足りない感じだけれど。



おーっ!かなりピンク!でもつぼみのピンクが多いや。
やっぱり見頃は明日...はまだあと一歩で、あさって以降かな?



記念に花と息子さん写真。
無理矢理立たせて撮影したので非常にご機嫌宜しくない顔をしています(^^;

この後は、先日歩いた山道を再び辿る道へと出た。
やっぱりこの道は好きなようで、あちこち大人の手は必要だけれど、
自分で歩くのがとても好きみたいだ。

これから桜の季節、どうせ近い場所だし、こまめにここの公園にも通おうかな?

4月4日(土)
月曜に旦那の用事が済まなかったので、
そのついでに一緒にお出かけ。

いろいろ遊ばせようとも計画したんだけれど、
なんだかんだと用事を済ませていたら、あんまり遊ばないまま疲れてしまった様子。
いつもよく行くショッピングモール内で旦那がお買い物する間、
初めてじっくり中を見てみたら、子供が退屈しないように、
お子様番組専用のTVとソファが用意されていたり。

わりかし新しくできた街だけあって、子連れに優しい工夫の多い場所だとは思っていたけれど、
本当に至れりつくせりで、うちのへんもこんななら良いのにねぇ...と思う次第。
ホント、我が家周辺は遊び場といい、お子様に配慮したもの少ないんだよねぇ...。

4月5日(日)
お花見もどき。
旦那に花見で賑わう場所と自然公園とどっちが良いか選ばせて、
自然公園に向かう。
とりあえず、息子さんとのお弁当に使った食材の残りと、
サンドイッチを作ってお弁当。
でも途中でコンビニ寄ってしまったから、作っても作らんでも良かったかな?と思ったり(^^;

自然公園に行く途中の公園。
やっぱり桜は満開!
ついこの間いった時にはまだだったけれど、やっぱり桜は早いなぁ〜。



息子さんは公園に寄らないと気が済まなかったようで、
少しだけ滞在。



公園内の黄色い花も春っぽくて結構奇麗。
息子さんは長袖長ズボンスタイルだけど、ちょっと暑いかな?という感じの気温。

そして自然公園へ。



満開(というか、ちょっと咲いてないのもあるけれど)
かなりピンク色に色づいています。



と、言いながら、ここの桜は結構白いものも多いのだ。
ヤマザクラ、だと思うのだが、オオシマザクラかもしれない、よくわからん。




ちょこっとだけお弁当の姿を。
息子さんと二人で食べる分、と思って買った弁当箱なので小さいのだ。
どうせコンビニで少し買い足ししたので、良いのだが、
旦那はサンドイッチを気に入ってくれた様子。
一応、息子さん用に1/4サイズもあるのだが、
息子さんはサンドイッチには手をつけず、コンビニ唐揚げばかりを食っていた...orz



あちこちにツクシも出てました。
やっぱり春ねぇ〜♪


その後、やはりお約束で、旦那を引き連れ、息子さんは山道へと突入した。



この道にも桜が咲くようだけれど、
まだちょっと早いのか花はあまりついてなかった。



旦那と一緒なら安心なのか、息子さんは脇道に行ってしまった。
脇道は山の中に入っていく道なので、ちょっと危険が伴うかも?



途中コケタりもしたけれど、何とか脇道の終点まで辿り着いたので、
ここで脇にそれた冒険は終了。
いや、息子さんは納得してなさげだったけれど、終了にしてもらった(^^;

しかし、その後、いつも通る安全な道でなくて、
別のもうちょっと難易度の高いコースに入ってしまった。



木々の生い茂る細道。
実は結構高い場所なのでかなり注意が必要なのだ。



最後は木の階段を降りて無事脱出。
途中でもうちょっと大き目のお子様達とすれ違ったりはしたけれど、
2歳にしてこの道を喜んで歩くのは案外珍しいと思うんだけど、どうなんだろう?

その後、時間が早いし、ちょっと用事があったので、
場所を移動してお買い物。
お買い物ついでに息子さんはプレイコーナーでお父さんとさらに戯れた。

いったいどこにこんなパワーがあるんだろうね?
先が思いやられます...。

4月6日(月)
(翌日である4月7日に某所に書いた日記を転載・一部編集)
昨日は疲れた☆

午前中は失業認定日なのでハロワへ。
相変わらずというより、更に尋常でなく混んでいると思ったら、
3/31から失業給付の給付条件緩和されたのだそうで...

●厚生労働省HPより「平成21年雇用保険制度改正関連資料」

まぁ、そもそも自己都合退社の私には関係のないことですが...。
とりあえず今回も無事認定、次回で最終になる。
息子さんは近くの託児所にお願いしたんだけれど、やっぱり号泣。
それでも最後、保育士さんに泣きながらも「バイバイ」言えたのは成長なのか?(^^;


その後、家に帰って食事して昼寝。
私も昼寝。
一緒に昼寝してしまうと自分の時間がなくなるので勿体ないんだが仕方無し。


午後からは息子さんとお散歩へ近場の公園へ。
息子さんの行くまま近場の公園へ行ったものの、
狭い公園なのにちょっと大きい子達がたくさん遊びまわっていて、断念。
さらにもう少し行ったところにある公園へ。
そこはそれなりに広くて良いんだけれど、
今度は女子高生2人しかいなかったせいか
気分が乗らなかったのか、息子さんすぐに脱出。



桜は奇麗だった。


そのまま帰る...?と思ったけれど、まだ出かけてそんなに時間が経ってなかったので、
家を通り過ぎて、別の方向にあるもう1個の公園へ。
今度も大きめの子がたくさん遊んでいるが、それなりの広さがあるしと遊ばせると、
サッカーボールを追いかけようとしたり、すべり台の前に立ってみたり
他の子に申し訳なくなったので、
結局そこもそんなに長居せずに私が連れ出した...。

はて、どうしよう??と思ったけれど、
もう少しだけ先に行くと、大きな自然公園があるのでそこまで連れて行くことにした。
実は結構桜が奇麗なところで、土曜に花見(もどき)をしたばかりの場所なんだが。



土曜日よりもさらに桜は色づいていた。



これは山頂部へと向かおうとする姿。
でもすぐに引き返した。


しかし、息子さんは桜はそっちのけで、傾斜と山道が嬉しいようで
山道への入り口へとたどり着いたらぐんぐんと山道を降り始めた。

...で、降りてくれるのは良いのだが、降りきった先は車道に繋がっていて、
そこからわが家に帰るには、傾斜のきつい舗装道路を登ることになり、
息子さんは当たり前のようにおんぶしろと言い出した(^^;
ええ、どうせそうでしょうとおんぶしたものの、そこまでの過程も長かったせいか、
坂道がキツイキツイ...☆息子さんも重くなったもんだ。


それから家に到着して、私だけダウンしてたら、お義母さんから電話。
夕方、苺を届けてくれることになった。
苺を受け取るだけだから、と思って外で待っていたのだが、
息子さんはお義母さんの乗って来た車を見ると、乗る!!と言い出し(^^;
結局、ほんのちょっとだけ離れたお花見スポットの公園に連れて行ってくれた。

薄暗い中、さっき山道も降りたし、その前も公園でそれなりに暴れたはずなのに、
大きく広い場所で、縦横無尽に走り回る息子さん...。
お義母さんは喜んでいらっしゃいましたが、
私はさっきから少し痛んでいる腰をさすりつつ、呆然と見てました...。

どこにこんなパワーが残っていたのか...。

家に帰って、とりあえずお風呂に入れたり、食事したりすると、
さすがに息子さんは疲れたのか寝てしまった。
最近、お昼頃に寝ると夜なかなか寝ないと思っていたけれど、
寝させようとするならこれだけ発散させないとダメなのかと、
何だか気が遠くなる思い☆

疲れた...。
今日はどこに連れて行くべきか...。
(転載終了)

実はお義母さんは先日まで入院されていて、
まだまだ歩くのもぎこちない感じだったのに、さっさと息子さんは走り回ってた。
あと、お出かけするつもりでなかったので当然カメラも持って行ってなくて☆
結構お花見スポットだけあって花も満開で奇麗だったんだけれど。
まぁ、薄暗い中だったから、カメラあってもうまく撮れなかったかも?ということにしておく。

4月7日(火)
いたちさん。
最年長いたちさんが、朝ふらついていた。
前から食も細くなって、ちょっと低血糖気味で、調子の悪い子ではあったけれど、
何だか触ってみたら本当にガリガリでかわいそうな感じだったので、
他の2匹を放牧から閉まった後、その子だけにカケシア(高栄養流動食)を与えた。
カケシアは12月に亡くなった子用に買い置きしてあったものだけれど、
こういう時にこそ使わなければいつ使うんだ?という感じがする。
与えた分はシッカリ食べたことだし、
これからも補助的に、朝夜カケシアを与えてみようと思う。
これで少し調子が戻ると良いんだけれど。

今日も、息子さんは公園経由、自然公園行きの散歩コース。
花の季節は短いので、息子さんが山道好きなうちはお外コースを堪能しとくのだ。



公園の桜も非常に見頃です。
ご近所の方々も結構気持ち良いもんなんじゃないかな?
(最近は花びらが飛んで来て迷惑だ!と小学校の桜を切らせる家もあるそうですが)

公園は少し歩き回るだけ歩き回ってから、自然公園へ。



う〜ん、日々桜が花開いている感じがします。
今日は少し散り始めたかなという感じだけど、このくらいがちょうど良い。

途中で座り込んだ息子さんのポーズに
風流さを感じた。
何か浮世絵美人とかにこういうポーズしてるのありそう。
まぁ、足は掻いてないと思うけれど(^^;

今日はちょっとだけ別コースを辿って、
この自然公園の頂上(?)に行ってみた。

...と言っても、いつも行く道を少し登った後、
階段を登って行くお手軽なコースだけど。



結構見晴らしの良い場所なのです。
でもうっかりこの傾斜を降りようとしたので、正規ルートから降りる。



こんな感じの階段(の部分もある)
結構風流ですが、何より階段なら上りも下りも息子さんが歩いてくれるのが良い♪



いつも歩く道を逆から見るってのも何か新鮮で良かったなぁ。

こんな感じで、とりあえずいつもの場所まで歩いてみたら、
やっぱり息子さんは山道入り口のところから積極的に山道に入りたがって、
そのままいつものように山道を下って行った。
(ちなみに、山道なのであれこれ手を貸す必要のある場所が多くて、
息子さんと二人で歩く時は撮影している暇がないのだ)

さて、山道を下りきってしまうと、昨日と同様に我が家まで急激な登り坂があるので、
どうしようか?と思ったのだが、思いついて少し平行移動してスーパーに寄り道。
ここのスーパーの裏には階段があるのだが、
見事思惑が的中して、階段ならば歩いてくれた。
まぁ、かせげる距離はそんなに長くないけれど、まったく歩かないよりは遥かにマシ。

ただ、誤算だったのは、途中の道で、下の方に電車が動く光景を目にしたせいで、
せっかく上の方に登っていた道を、
電車めがけて一気に駆け下りやがったこと....☆
お母さんでもそんな道から下まで駆け降りれるなんて知りませんでしたよ?
とりあえず、買い物したせいで余計に重くなった荷物に、
さらに息子さんを連れて、坂道を登って行きましたよ。

自然公園の下から登るよりは、傾斜は楽だけれど距離はあるので、
まぁ、この道通るのも良いのか悪いのかよくわからんのだけれど。
息子さん、上り坂も登ってくれよぉ〜〜☆

4月8日(水)
いたちさんはカケシアを結構食べて少し回復傾向かも。
この調子でがんばれ。

(翌日である4月9日に某所に書いた日記を転載・一部編集)
定期検診。

昨日は産科の定期検診。
午後からの予約だったけれど、
「午後の診察の方が落ち着いている」と言われたことと、
前回午前中の予約時に言われた
「30分以上遅れて来てください」を言われなかったこともあり
わりと時間通り(時間ギリギリ)に行ってみた。

結果。

早かった。
待ち時間30分強くらいかな?思ったほど待たなかった。
ありがたいけど、こんな状態なら最初から午後を薦めてくれよ!という感じ。
当然ながら次回も午後予約。
赤ちゃんは順調に育っているらしい。
息子さんがたまに腹に乗ったり足でぎゅーって押すからちょびっと心配してたけど良かった。

安かった。
今回は特に検査もなかったけれど公費負担の紙を使用した。
よく考えたら公費負担の紙使っても支払ったということで決して安くないんだが(^^;
先生からも公費負担の回数が増えたよという話を聞けたので、
他の妊婦さん達も多分周知できてるんだろう、ちょっと安心した。

安心した。
筋腫に関して、5ヶ月くらいになると痛みを感じる人もいるということで、
まだ痛くないけれど、痛くなった場合に備えて応急処置に使える薬を処方された。
(痛くなったら薬を服用・連絡の上翌日病院に来てくださいと言われた)
あとは便秘も筋腫に炎症を起こしやすいので気を付けてくださいと言われた。
こんなこと初めて言われるし、やっぱり詳しいしケアもしっかりしている。
高い病院だけどそれなりにやっぱり良いな。

こんな感じで、今回は全部で1時間くらいで終わった。
でもうっかり薬の処方箋を薬局に出しそびれたので今日どっかもっていかないと☆



息子さんのこと。
電車に長いこと乗れたので、電車に乗っている間はずっとご機嫌だったのだが、
病院の最寄駅に着いたら何かを察したらしく、

駅から手を繋いで歩き出した瞬間から号泣。

駅から病院まで5分弱、ずっと泣いていて、
まるで息子さんが何かされに行くかのよう(^^;
あまりの大声の泣き声に私も不審者に見られるんじゃないか?という勢い。

とりあえず病院の前の自販機でジュースを買って少し誤魔化すも、
産科で検尿のため看護師さんに預けたらまた泣き出した。
とりあえず他に血圧検査を終えてから、待合で本を見せたら
またゆっくり機嫌を直したのだが、診察室に入ったらまたしても号泣。

今回はベッドに寝そべって検査だったので大丈夫かと思ったけれどダメだった。
エコー画面を見せたらどうだろう?と思ったけれどダメ。
とりあえず問診になって抱っこしたらやっと少し落ち着いた。

やっぱり息子さん連れは辛い☆

でもその後はもう帰るということで落ち着いたもんですよ。
会計待ちをしてる時もジュースと待合のTV画面でご機嫌になって、
順番が来て会計を済ませたら、

なんと!私を置いてけぼりにしてささっと先を歩いていく(^^;

病院の入り口の自動ドアをすり抜け、駅までの道のりを
行きとはまったく違って足取り軽くかなりのスピードでぐいぐいと...。

帰るときだけは元気ですわぁ...。

結局、そんなこんなで息子さんはまったく運動らしいものはできなかったものの、
昼寝してなかったのもあって家に帰ったら寝てくれた。
泣き疲れというのもあるのかもしれないなぁ。

何だかもうちっと息子さんもお母さんと離れること、
少しだけ別の環境に置かれること、
もうほんの少しだけでも、慣れて欲しいなぁ...。

(転載終了)

今日も検査があるかな?と思って食事抜き(昼食のみ、朝食はとった)だったんだが、
結局血液検査等は無かった。
こんな時も公費負担の紙を使うの?!と思ったけれど、
使っても無料にならないんだなぁ〜...。
前の病院だったら無料になりそうなもんだと思うんだけれど、
それとも公費負担が増えたから全体に値上げ中なんだろうか?
(そういうことままあるようだし)

そんなこんなで帰りがけ、空いてる小腹を満たすために某お店で軽食。
こういうのが息子さんに良い記憶になって残って、
病院行くのも楽しみになってくれると良いんだけど、
そうは問屋が卸さないよねぇぇぇ...。

4月9日(木)
薬局へ。
面倒くさいから徒歩圏内の薬屋にするか、
バスで行った先の大きめの病院近くの薬屋にするか迷ったものの、
徒歩圏内の薬屋はなぜか今日に限ってシャッターが閉まっていたので、バス移動。

息子さん、薬局でなぜか号泣(^^;
何だろう?昨日のトラウマなんだろうかね???
薬局のスタッフさんが、他にお客さんもいなかったこともあり、
座ってる席まで薬を持って来てくれたり、いろいろ気を遣わせてしまった。
お薬自体も、もしかして何か特殊なものかな?と思っていたら、
案外と普通に出されて驚いた。
「風邪でも引いていらっしゃるんですか?」と聞かれたので、
風邪引きでも処方される薬なんだろう。

その後、せっかくバス移動したので、
近くのお子様洋品店で息子さんの洋服を物色。

ズボンと薄手のパーカーを買った。
息子さんには結構かわいらしい系の服を着せているのだが、
もはやこのサイズになると男の子はシンプルかつ格好良いデザインばかりになってしまって
ちょっとお母さん的には寂しいなぁ...。
まぁ、息子さんにはそっちの方が良いのかもしらんけれど。

帰り道、まだ早い時間なので、バスを途中下車して、お花見会場で賑わう場所へ。
4/2に行ったところですよ。



花盛り♪

でも、実は、ここは花見会場でなくて、隣にある公園内。
バス停から会場に行ってみたら、息子さんが花見会場をスルーして公園に来てしまったのだ。
公園にはお子様が団体で遊んでいたから、それに興味を持ったんでしょうね。

ただ、彼らはうちの子よりもちょっと大きめの子が多くて、
同じくらいかな?と思う子もいたけれど、その子はうちの子よりよくしゃべるし、
動きも良かったから体つきが小柄なだけで、やっぱりうちの子よりも大きいのかな?という印象。

他の子は遊具で遊びまくりなのに、うちの子はそれの周りをぐるぐる回るだけ...
何か勿体ないなぁと思うのだが、息子さんが楽しそうなら良しとしておくか。



こんな感じで、遊具に興味はありそうだから、と
すべり台に無理矢理乗せてみたんだが、



物凄く不機嫌になりました(^^;;;
余計なことするもんじゃないね。

ほどほどに遊んで、一応、花見会場の方も見るか?と思ったけれど、
息子さんも疲れている感じだったので、会場の外から中をチラ見する程度。



やっぱり広い場所をぐるりと満開の桜が囲むと圧巻ですね〜。
ちなみに、写真は撮りませんでしたが、一歩先に咲いていた桜はもう見頃は過ぎてました。
当たり前だけれど。
せっかく来た人のために、ああいう風に時期外れの桜があるのも良いもんだよなと思った。
ありがとう時期外れの桜くん。



いつも利用する入り口の桜のトンネルは、見事バッチリ満開。
ヒヨドリやらメジロがたむろしている。

夕暮れ時になったので車もこの程度だけれど、
やっぱり花見にはもってこいな場所だから、集まる人も多いよなぁ。

帰り道は歩き。
花見会場過ぎたらわりと早いうちにおんぶになったけれど、
公園近くになったら息子さんは自分から降りて公園に向かって行った。



私の日傘を片手に公園の満開の桜の下で。

まぁ、多少公園に寄っても、そのまま家に歩いて帰るなら良いかな〜と思っていたら、
この後、再び公園を脱出して
来た道を逆走(^^;
オイオイオイ!!!

大慌てで、息子さんの前進の源、日傘を奪い去ったら、
道端で寝転んで号泣。



眠いに違いないのだ、こういう時は。
こういうところの写真を撮影して、後で息子さんに見せて
「誰だろうね?何で泣いてるんだろうね???」とか聞くと恥ずかしがるのでシッカリ撮影。

とりあえず再びおんぶをして、
またしても他の公園にも寄ったりして、長旅からやっとこさ帰った。



ブランコと桜と夕陽と、日傘を持つ息子さんと。

薬局に行くだけのつもりが案外と充実した一日になってしまった。

4月10日(金)
旦那ダウン...
というわけで、風邪引きで会社を休んだのだが、
ついでだから、今日、ハロワ行って来たら?の申し出!
こいつは好都合!というわけで、息子さんを旦那にお願いして、
私は最後の就職活動に。

前回の認定で、特に応募しなくとも失業認定されることがわかったので、
今回は仕事検索だけして「閲覧」ハンコを貰うことを目的に、
いつものハロワの出張所に行ったのだが...。
一応、検索はしたものの、今回はハンコを貰えなかった。
仕方なく、一応相談もしてみるかと思っていたのだが、
今日に限って13人待ちの長蛇の列。
う〜む...ここで諦めてもなぁとは思うけれど、
13人というともう1時間以上は待ちますよと当然言われるわけで...。

ひとまず、少し歩くけれど、本体のハロワに行ってみることにした。
1時間よりは時間かからないだろう。

まずは、先ほど失敗したので、受付に
「仕事検索だけでもハンコ貰えますか?」と聞いておいたら
シッカリと「大丈夫ですよ!」と即答してくれた。
安心して検索しに行く。
本体のハロワは非常に混むから、できるだけ出張所を利用するようにと言われていたけれど、
実際に行ってみたら検索端末も多いせいか、出張所よりも待たずに検索できた。
先ほど見つけた目ぼしい仕事等も一応印刷したけれど、
検索終了でカードを返す時に、
「ハンコ押しますよ」と声をかけてもらったので安心してカードを出す。
閲覧ハンコゲット。
これにてハロワのミッションコンプリートですよ。
何だかんだ言って、出張所よりも本体の方が、
さすがに本体だけあって教育もシッカリできてるし
融通も利くんじゃないかなという印象。
本体まで足を伸ばして良かった。


その後、旦那と連絡をとり、息子さんがいつもの自然公園で遊んでいるという情報を得る。
しかし、まぁ、いろいろありまして、大好きな山道を下から上に上り、
自然公園を通って家に帰る、といういつもの逆パターンを計画していたせいか、
息子さん全然歩かない(^^;
たとえ山道でも歩かないんだなぁ〜。



ダメです、お父ちゃんが横にいてもダメなのです。



いつもの桜のある場所まで来て、階段なのもあってやっと少しずつ歩いてくれました。

そんなこんなで桜も良い感じだし、
私の用事も無事済んだのでめでたしめでたしという感じ。

4月11日(土)
シーズン最後だと思うので、(簡易)花見へ。
花見会場と自然公園どっち?と旦那に聞いたら即答で自然公園。
自然公園は傾斜が酷いので、花を見るには良いのだが、
レジャーシート広げるのにはあまり適してないのだよね☆
でも、そのおかげで花見客はあまりいないから、旦那のお気に召したようだ。
花見会場の方はシーズンになると酔っ払いだらけでとても子供連れで行けないとも(^^;



息子さん、今日も通り道の公園で気合充分!

自然公園の桜はもう半分くらいになってた☆
咲いてはいるんだけれど、散りまくって花びらを残しているのが半分、という感じ。
でも桜吹雪がこれまた風流な感じでした。

とりあえず、腰を落ち着けて、ちょこっとだけ食事。
今回は簡易花見なのでコンビニの軽食とお菓子ジュースのみ(^^;



こんな感じ。
息子さんは最近スポーツドリンク好きで困る☆

この公園の上の方でもお子様がキャッキャキャッキャと遊んでいる声がすると思ったら、
まだ一度も出会ってないマイミクのご近所さん(下の息子さんがうちの子と同じ学年になる)も
お友達といらっしゃったのだそうな。
案外子連れ多いなぁ〜なんて思ってたんだけど、世間は狭い(^^;



息子さん、ちょこっと冒険気分。
足元の白いのは場所が場所なら貝にも見えるけれど、桜の花びら。
木についているのよりも下に落ちているものの方が多いくらいだった。



わかるかな?
今日は旦那が準備良く息子さんの好きなシャボン玉を用意していて、
息子さん大喜び♪
シャボンだけでなくて桜の花びらも風に乗って舞い散り、なかなか風流。


その後はいつも通り、息子さんの好きな山道に突入。
息子さんもノリノリですよ。



お父さんに手を要求する息子氏。
階段を降りるのに手を要求しているのだ。

今年は旦那も含めての花見やら、息子さんとの花見やらいっぱい桜を堪能した。
そろそろシーズンも終わりだけれど、今年ほどたくさん見た年もないだろうと思う。
来年もまたこの公園でお弁当作って花見したいもんだ。

4月12日(日)
今日は、お食事にお出かけ。
お出かけは良いんだが、息子さんの運動どうする??ということになったものの、
そういえば前に某デパートのおもちゃ売り場は案外遊べるという話だったから、
ちょっと覗いてみるか?と行ってみた。

本当はそこの屋上にお子様が遊ぶ簡易遊園地みたいなのがあるのだが、
前に行って息子さんに不評だったので、お試しならこっちということで。

遊べる、という話ではあったけれど、あんまり遊ぶものは発見できず☆
ただ、プラレールが走らせてあって、
最初は怪訝そうだった息子さんも、しばらくしたら興奮していた。



我が家ではこんなジオラマ広げられんし、
こんなにたくさんの種類の電車走らせられないしね(^^;
せいぜいここで堪能してくれよという感じ。

息子さんの興奮っぷりに、リモコンで動く物のリモコンを貸してくれようとした子もいたんだが、
息子さんはそこまでの技術は無かった(^^;

とりあえず他にあれこれ見てみたんだけれど、
息子さんの興味を引いたのはこれくらいかな?
途中で風船アートのイベントもあったけれど、それにもあまり興味なさげだったし。

ただ、この中央線が気に入ったのか、中央線プラレール欲しい!とか言ってた。
我が家にはもうすでに別のプラレールあるから、と諦めさせたのだけどさ。
今は物分りの良い息子さんだけれど、いつ頃から駄々をこね始めるのだろう?
自分の幼い頃の記憶を思い出すと、結構今からアタマ痛いかも?(^^;

4月13日(月)
今日は少し涼しい。
今日も先週に引き続いて自然公園に行ったけれど、
この週末の暑さも手伝って、もはや葉桜ばかりでちょっと寂しい。



今日はささっと山道を下る。
途中で出会った老女二人組に
「あんな小さい子がこんな道歩いているなんて!」
と驚かれた。
私もそう思います(^^;でも、下り坂だけですからね。




とりあえずあっさり下ってしまったので、今日もスーパー経由で、
階段を使って家まで帰るコース。
先日途中で逆送して坂を下りやがったので、
おんぶしてからは文句言われても下ろさないようにしていたら、
大変文句を言われた☆
とりあえず、時間もあったし、電車の見える公園で一休みしてから家に帰ることにした。



近くで逆上がりを練習するお姉さんがいたせいか、
息子さんも鉄棒にぶら下がってみてた。
自分からこういう感じにしているとちょっと面白い。

4月14日(火)
いたち餌届く。
食欲不振の子に、ということでよく耳にするダックスープを買ってみたのだが、
どうも、ダックスープというよりはアイソカル・プラスという製品が有名みたいだ(と後で知った)
とりあえずこの前から調子悪い子に試してみたのだが、その子(てよまそ)は3口くらいで×
他の健康体の子は、黒さん(おやつ嫌い)が完全拒否、にろたは2滴くらい。
まぁ、完全ノックアウトですわ(^^;
作ってみても思いっきり強烈な肉肉しい臭いなので、これが強烈すぎるのかも?

あと、そんな感じはしているのだが、てよさんはカケシアしか食べていない気がする。
あんまりこればかりだと腸に宜しくないとか言うし、
とりあえずふやかし餌も与えてはみるけれど、どうも食べない。
考えものだなぁ...。

今日は、雨っぽいので息子さんは久々の支援センター。



先日お子様用品店で買ったカッパを着せたんだけれど、
ちょっとサイズが大きすぎた☆
今までのが90cmので小さくなったから、と、100cmを飛び越して
110cm買ったのが間違いだったか?カッパ大き目に作られてるしなぁ。
子供の服は難しい...☆

久々の支援センターながらもやっぱりいつもと同じようなペースで、
まずはバス停から駅に突進してリアル電車を観察し、
支援センターに着いたら電車絵本を堪能。
ただ、やっぱり久しぶりというのもあって、あれこれおもちゃでも遊んだ。



収穫だったのは、まだ前には進みませんが(^^;車でスムーズに後ろに下がれたこと、かな。

息子さんと同じくらいの大きさの子がいて、結構器用だなぁと思っていたら、
息子さんよりも2ヶ月年下だった。
ピアノの電源も自分で入れられるし、蓋の開け閉めもバッチリ。
う〜む、他の子と比べてはいけないとは思うんだけれど...
ただ、まぁ救いなのは、彼にはお姉ちゃんがいるからね。
そのへんの影響が強いんだろうなということにしておく。
がんばれ、息子さん。

帰り道、結構タイミング良くて本降りの前に家に帰れた。
息子さんが寄り道しなければ、もう少し余裕はあったんだろうけれど(^^;


夜、調子の悪いいたちさんは腰が立たなかった。
こういう状態は低血糖だと思うので、とりあえずバイトを舐めさせて様子を見る。
ふやかし餌を与えてみたものの、あまり口をつけず。
とりあえず食べるからカケシアは与えたんだけれど。
う〜む、まずは低血糖を抑えたいから、もう少しこまめな給餌をせねば...。

4月15日(水)
いたち君の様子。
昨日よりは少し太くなったような気がする。
朝はふやかし餌を一粒だけ食べて文句言った気がする。

昼は三匹寄ってきたから、三匹にサプリ入りカケシアを与えて、
後でてよさんだけに食わせた...ものの、てよさんあまり食べなかった。
昨日みたいな嫌な感じの動きではないが、
やはりちょっとだけふらつくのでバイトをちょびっと舐めさせる。
隅に行こうとするのが、挙動不審気味。
にるち(年末に死亡)の最期のあたりと行動が似ていて嫌な感じがする。

産科検診の公費負担の用紙を貰いに出かけた。
我が市では、4月から妊婦健康診査の公費負担が5回から14回に増えたのだった。
息子さんの時は2回だったのが、先日母子手帳貰った時に5回になって喜んだのも束の間、
今度は14回の大幅アップなのね!!
ということで喜び勇んで出かけたのだけれど...。

追加でもらえる枚数は、出産予定日によるということで、
出産予定日を知らせたところ、本来9枚もらえるところが、私の場合8枚になった。
えーー?!だって母子手帳貰ったの先月だよ?
貰うのが1ヶ月ズレただけで1回減らされちゃうの?!!!
それに私の予定日9月28日だけど、
あと3日遅くて10月に入ってたらもう一枚くれたんじゃないの?!

とか、いろいろモヤモヤするところがあるんだけれど、
役所の決めることなんだから仕方ないよな。
そもそも5回から13回でも大幅アップなんだから、と少し悔しいながら納得することにする。
もしも用紙が余って裏で取引とかされちゃったら困るからなんだろうなと思っておく。

とりあえずこの後図書館で本を借りに行ったら、
そのついでに息子さんがプレイコーナーで遊びたがったので
軽く遊ぶ...けれど、今日の目的地は別の場所の支援センターなので、その後支援センターへ。

けれど、やっぱり少し遊んだのもあるし、その前の私の手続きのお手伝いなんかもあって
結構疲れてたようで、あんまり遊べなかった。
まぁ、仕方ないですわね。

(某所のどうでも良い日記転載※は後日記載のものだけど一緒に書いておく)
どうでも良いネタ:柑橘類まとめ。

柑橘類も種類が豊富でよくわからんようになるので個人的なまとめ。
個人的なのでかなり主観が入ってます。

来シーズン我が家で活用します。

【好評】
●みかん...定番だが剥きやすくて割りやすくて食べやすい。味は当たり外れアリ。
         息子さんの手にもジャストフィットするし自分で剥いてくれるから楽。

●ぽんかん...甘くて剥きやすくて割りやすい。
           時々バサバサしたのがあるが、それが旦那に好評。(息子さんには不評)

●伊予柑...甘くて割りやすく外側は剥き安いが、薄皮剥くのに時間がかかる。
         剥いてる隙に息子さんから横取りされるので息子さん抜きで食べたい。

追記:
●カラマンダリン...みかんとかなり似てる。皮がちょっとゴツイ感じがするかな。
             ちょっと酸味が強い?と思うけれど、みかんにもこんなのあるし。


【概ね好評ながら...】
●たんかん...甘くて割りやすいが剥き難い。外の皮が厚くて息子さんが剥けない。
          味は良いと思うが面倒くさい。

●デコポン...甘くて剥きやすくて割りやすいが、旦那は本物のデコポンは甘すぎると言う。
          お義母さんから貰うデコポンは不知火である可能性が高いので要注意。
          (不知火とは、デコポンの品種名。デコポンと名乗るには基準があるのだ。)

●清見オレンジ...甘くて味は良いけれど、オレンジだけあってちょっと割り辛い。
             剥くのに関してはオレンジにしては楽な方。

●ネーブルオレンジ...オレンジのわりに剥きやすく割りやすい。
               でも味的にはあともう一歩、甘さかな?欲しいと感じる。

【ちょっと敬遠がち】
●オレンジ...剥き辛くて割り辛いから。味はそんなに悪くない。

●八朔・夏みかん...剥きやすいし割りやすいけれど薄皮面倒だし酸っぱいのが多いから。

●グレープフルーツ...剥き辛く割り難いから。すっぱくてもたまに食べたくなるけど。

追記:
●セミノール...オレンジに似ているかな。割ると水が滴る。種がちっと邪魔くさい。
           味は悪くないがティッシュ必須なのがなぁ。


他にもいろいろ柑橘類があるけれど、あんまり高いのは買わないし
全部に手を出すわけでないのでわからない。
いろいろ書いたけれど、全種類に言えるんじゃなくて、たまたま手にしたのがそうだったという可能性もある。

似たような名前が多いのでどんなだったか忘れがちなのであくまで個人的メモ。
(転載完了)

4月16日(木)
今日も自然公園に行くつもりが、息子さんがどんどん駅方面へと走って行ってしまった☆
今日は化粧もしていないし、電車には乗らないよ?と言ってはみたものの、
まぁ息子さんには通用しない(^^;
とりあえず駅を通り越し、過去一度だけ行ったことのある駅そばの公園へ。
そこの公園からは電車が見えるので、良いかな?と思ったのだ。



普段あまり歩く機会のない歩道橋にて。
階段が低くて登りやすいので結構息子さんは好きみたい。
くだりになると先に電車も見えるのでなかなか好評でした。

そしていざ公園に着いてみると。
息子さんの大好きなブランコの下に、小学生らしき男子軍団がたむろしている。
ちっと使えない状況。
息子さんは隣の野球場(?)の広い場所で走ったりいろいろしてはみたものの、
やはり小学生が気になってことあるごとに近づこうとして困る。
...ところで、小学生達は何をやっているのかな?と思ったら、
カードバトル
(^^;何だか、こういうのって誰かの家でやるもんかと思ってました。
まぁうちも他人のこと言えないけれど、
大人数の子供招くほどの家の広さが確保できないのかな?と思ったり、
家の中にいるよりはこうして(理由はともあれ)外に出てる方が健康的なのかな?と思ったり。

まぁ、とりあえず、息子さんがしつこく接近して、そろそろお邪魔しそうだと思ったので、
ほどほどにして帰ることにした。

帰るにはちと早い時間だったので少し買い物をしてから帰ったのだが...
案の定息子さんは電車に乗る!と大騒ぎ...
うむむ...やっぱり再び支援センター通いしないとだめかなぁ〜???

4月17日(金)
今朝のてよさん。
にろ黒に踏み潰されていたせいか、非常に熱かった。
カケシアを食わせたらてみたら結構食べた。
足元ふらつかず。
残ったカケシアを他の子達に食べさせている間、私は別の作業をしていたら、
てよさんが私の方に来たかったんでしょうね、小屋の台になっているキャリーに飛び乗った!
...と思ったけれど、力が足りず乗れなかったから、手伝ってみたけれど、
気持ち的には絶好調みたい(^^;
気力が出てきただけでもちょっと一安心。

息子さんは今日も支援センター。
やっぱり少し間が空いているせいか、あれこれやってみたいことがあるようで、
思った以上に動いてくれた。

なぜか息子さんを慕う女の子がいて、息子さんがお水を飲むのにくっ付いてきて、
彼女も飲みたがったので、一緒にコップを渡してみた。
息子さんは随分コップで水を飲むのがうまくなったなぁ〜なんて思うのは当然にしても、
息子さんより大分小さそうなその女の子、コップで飲めるのかな?とハラハラ見ていたら、
たどたどしいながらも上手に飲んでいた。
息子さんがこのくらいのときはまだコップでは飲まなかったと思う、
いやできてたとしても、ここまで上手じゃなかったなぁ〜
やっぱり女の子は成長が早いとか言うしそういうことなのかなぁ〜と感心していたら、
その子のお母さんがやってきて驚いていた。
どうやらその子、コップ初体験だったようだ(^^;
尚更すげーなと思った。
いや、安易にコップを渡してしまった私にはちっと問題があったかもしらんなとか。
(結果オーライだけど)

どうでも良いネタ。
今日、「それいけ!アンパンマン」を見ていたら、
空飛ぶパイの城の中、ばいきんまんに城を乗っ取られ、
アンパンマンの顔も汚れて危機一髪。

空を飛んでいるので、あんこも手に入らない、パン生地も作れない、
一体どうするんだろう?!
という状況に陥っていた。

そこでホワイトクリーム姫からの提案で、
パイ生地で顔を作り、ホワイトクリームを中に詰めたらどうか?
ということに...!!
完全にアンパンではないではないですか(^^;;;
そんなんでも良いんかいっ!!と思っていたら、

アンパンマンの決め台詞が変わってました。
いつもなら「元気100倍」のところが「元気70倍」とグレードダウン、
名前も「アンパンマン」じゃなくて「ホワイトクリームパイマン」になってました。

何だかとても微妙な裏設定が気になりだしましたねぇぇ...。

4月18日(土)
今日も息子さんは自然公園へ運動へ。



葉桜どころか、雨も降ったのもあるし、す〜っかり緑だらけ。
奇麗な緑になってました。

とりあえず、息子さんは大好きな山道に向かって歩いて行ったのだけれど...。



お父さんの手を借りて階段を下っていく。



いつも歩く道が、崖崩れの恐れがあるため立ち入り禁止になっていました☆
ここの土コースがそれなりに平坦で、それなりの凹凸もあって好きだったのに残念。



代わりの道は、ずっと製作中ではあったけれど、もう一本のコースだと思ってた。
木でできた階段と道を登ったり降りたりの非常に平板なコース。
真新しい木の匂いとかは結構気持ち良いけれど、
土道好きの息子さんには物足りないんじゃないかなぁ???

山道を降りきった後、川というよりは用水路?とでも言うような場所にカルガモがいた。



あまりにも細い川、道のすぐ横にいたので驚いた。
何してたんだろう???

その後、とりあえずお食事をして家に帰った。
私はちょっとお買い物があったので、旦那と息子さんだけ先に帰したのだが、
急激な坂道を息子さん連れで帰るのは結構大変だったそうだ。
そうでしょうそうでしょう...。

4月19日(日)
義両親に誘われたので某所、というか昭和記念公園へ行った。
義両親と旦那の弟さん(運転手役)と我々3人。

桜のシーズンもオフだし、有料公園だしそんなに混まないかな?と思ってたのが大間違い、
たまたま無料開放日で、結構前に出かけた時とは雲泥の差の人の数。
ホントに人・人・人!!物凄い人数。
しかも前回と違って子連れだし、入って行ったのは駐車場側からで、
前とは回った方向も違って、また今回は新鮮な感じ。

息子さんは車から下りて、駐車場で遊ぶ!!と、最初はダダッコでしたが、
噴水が見えて来たら気分が乗ってきたようで、走り出した。



広いフランス式庭園っぽい感じ。。
「カナール」という場所らしい。
造園用語でカナール(canal)っちゅうのは静水をたたえた水路だそうな。
(リンク先はweblio辞書)

お義母さんは先日足の手術で退院されたばかりだというのに、
そんなことお構いなしで息子さんが走り回るので非常にビックリされていた(^^;
想像よりもパワフルだったという感じ。



噴水前でおっちゃん(旦那の弟さん)と。
この石の橋の隙間から下の水が見えるのが怖いらしく一歩下りたら動かなくなった(^^;



ツツジの横を猛ダッシュ。
思った以上に暑かったせいか、帽子を被ってくれないのだ☆

その後、ちょっとお昼時になったので、お食事をどうするか?ということでレストランへ。
この間うちの両親と上野動物園へ行った時は、弁当買って外で食事で正解だったけれど、
ここもそうじゃないかな?と、うすうす思っていたのだが、義両親がレストランでというので
やっぱり行列になっているレストランの順番待ちをすることになった。
(後で考えたら、お義母さんが足の手術終えたばかりだったから、
地べたに座るようなことはできなかったからだろうなぁ)

当然その間、ゆっくり待てる息子さんではないので、
お義父さんと一緒に軽く運動。
そこらへんじゅうが芝生で広いから息子さんは縦横無尽に動けて良いんだけれど、
その分追いかけるのが大変(^^;

とりあえず、結構な時間待って、出てきたお食事は、チキンカツ定食、だったっけな?
正直なところ、パンがメインのレストランなので、コストパフォーマンスはあまり宜しくなかった。
まぁ、でもそれなりに美味しくいただきました。
普段ならもう少し人も少なくて、もう少し満足度の高いレストランなんでしょうけれど、
今日はいかんせん人が多くて混み混みで大変そうでした☆




食事の後、相変わらず非常に暑いので息子さんはTシャツに着替えた。
「かき氷Tシャツ」
道行く人達の目に留まりやすいのはもちろんだけれど、
身内にも、人ごみの中、遠くからでも発見しやすいと非常に好評だった。

その後、息子さんに自由に歩かせていたら、水鳥の池まで到着。



ここも結構な人の数。
息子さんが近くの木陰で戯れるアツアツカップルにかなり接近して
お母さんは非常に肝を冷やしました(^^;

息子さんの歩くままくっついて旦那も弟さんも私も一緒に来たので、
気付いたら義両親とはぐれてしまい、電話して再び合流することにした。
やはりお義母さんは足が痛くてなかなかついて来れないという話。



シクラメン。
あちこちにさりげなく珍しげな花が咲いているのが
何だかとても慎ましやかな雰囲気があって良いなぁ。

水鳥の池、と言いながら、目にしたのはカルガモとボートばかり。
このシーズンは仕方ないだろうけれど。



でもカルガモはうちの近所にもたくさんいるのだ(^^;



息子さんはすぐそこにカルガモがいるのが嬉しくて、
近寄りたいのに柵があることに残念がっておりました。


この少し先に休憩所があって、そこで無事、義両親と合流。
お義母さんはここが限界!とおっしゃいました。
そうかもしらんですね。
息子さんは、そろそろオムツがパンパンだったので、
人目が無さそうな時を選んでオムツ交換。
「上のTシャツが長いからちょうど隠れて良いね〜」
なんてお母さんが言ってるそばから
お腹をまくりあげて親族一堂に見せびらかしてました(^^;;;
まったくもう。

そしてオムツすっきりの息子さんは、皆を放っておいて、近くの睡蓮・ハスのある池の方へ。



ここはもうとにかく蛙の鳴き声がすごかった。
でもこういう水辺で雰囲気があるので蛙の声もとても風流です。



一匹だけ撮影できた蛙の姿。
蛙苦手な人、写真アップしてごめんなさいね(^^;



コースの最後、板の道もすいすい自分で歩きました。
こういう雰囲気のある場所は開放感があって良いなぁ〜。

その後は、もうお義母さんも歩けないということだし、
滞在時間も結構になったので帰ることに。
さぁ帰り道だよ!息子さん!という感じだったのだが、
さすがに息子さんも電池切れになって、帰り道はほとんど旦那の背中の上だった(^^;
氷印がよく見えました。

帰り道の橋の上、お義母さんが桜の木の多さに驚いていたら、
見知らぬおば様が、それはそれは見事でしたという話をされていた。
どうも地元の方のようで、今年は桜も見頃が長くて良かったとおっしゃった。
確かにそうだよねぇ。
桜シーズンはやはり尋常じゃない人数がやってくるそうだが、まぁ有料でもあるし、
その価値のあるだけの迫力のある桜が咲くのだそうだ。

子育ても落ち着いた頃の桜シーズンにも、また来てみたいなぁ。
あと、昭和記念公園もたまには行ってみるのも良いかもしれない。
息子さんには良い運動になるし、親も疲れたけれどリフレッシュできる気がする。

4月20日(月)
障子の張り替え。
我が家には和室が1部屋しかなくて、障子はそこしかないんだが、
つい先日、息子さんがビリビリに破いてしまった☆
大人になって障子を破るという習慣がなかったせいで、
結構黄ばんだ障子紙だったのもあり、全面張替えをすることにして、
本当なら週末やるつもりだったんだけれど、
土曜日には障子糊をゲットしてなくて、日曜日にはお出かけということで
結局月曜日にずれ込んでしまった。
ひとまず息子さんが昨日の疲れもあってか、日中からぐっすり昼寝したので、
その隙に作業。

結論:障子の張り替えなんざ一人でやるもんじゃない。(特に妊婦は)
うちの実家は純日本家屋なので障子がたっぷりあったもので、
張替え作業の手順等は知っていたものの、親の手伝いと独力のみというのは全然違うね。

まずは障子をはずして(これもちょっとした重労働だった。なぜか外れ難いし嵌め難い。)
壁に立てかけ残った障子紙を取り除く。
奇麗に取り除けないので、濡れ雑巾で桟を丁寧に拭いて更に可能な限り紙を取り除く。

日干しで乾かす。
(2枚並行で作業してたのでもう1枚やってる時に自然に乾いたけれど)

次に、糊を皿に出し水で溶いて、刷毛で塗る、というのを実家ではやっていたのだが、
私は「刷毛不要」という便利な障子糊を発見したので、思いっきり飛びついたのだった。
これが大失敗かも?

一部だけ張り替えの時は非常に便利なんでしょうが、
全部を張り替えようという時には、いちいち全部の桟に糊を多めに出して乾かないようにして...
なんてことになるので、非常に面倒。
結局2枚目には少し糊不足気味になって力いっぱい搾り出さねばならなかった☆
こんななら刷毛でササッと塗った方が遥かに楽。

さらに、障子紙を広げる段階。
ここは2人いないとダメだったなぁ〜...。
事前に障子の大きさと紙の大きさを合わせて切っておくべきだったんだが、
どうせ障子紙なんて規格そんなに違わないだろうとたかをくくってたから、
実際は障子よりもかなり大きい紙で焦って、乗せたあちこちに膨らみができて
外してもう一回乗せて...みたいなことになった☆
大きな紙の大きさを測るのって2人いないとダメだなぁ〜☆

あとこれは完全私のミスですが、カッターを用意してなくて、
大慌てで取り出したのがハサミで、ジャキジャキ周りを切ってしまったので
裏面がとても見苦しくなってしまった...。
これは後からでもカッターで切り離すべきだな(糊乾くと奇麗にはずすの難しいけれど)

そして2枚目。
さっきの失敗を生かして、事前に障子の大きさに紙を切るぞ!と測ろうとしたんだけれど、
障子って基本ギリギリの大きさで貼り付けるではないですか。
一人だとそこに大幅な誤差が出るのが恐くなってしまって、
結局は1枚目と同じように、適当に広げて、
はみ出した分をジャキジャキ切るやり方になった。

何だか納得してから2枚目に取り掛かると少しだけ作業は早かった。

ただ、障子紙は2枚入りを買ったはずなのに、1枚しかなかったなぁ〜と思っていたら、
張り終わった2枚目の障子紙に点線が入っていた。
本当はそこが切り離し線だったんだなと思ったが後の祭...。

とりあえずそんなこんなで何とか終了。
思ってた以上に時間がかかったせいか、やっぱり最後のあたりは息子さんが起きてしまってた。
起きて遊んでても良いから、しばらくは障子破らないでね!!!と強く思う。
(けど時間の問題だろうなぁ〜)

そんなわけで、今日は息子さんの運動はあまりせず、
スーパーまでお買い物に行った程度。
それでも息子さんは昨日の疲れが残っているのか、結構ぐずった。

スーパーの帰り道、息子さんがズボンとかお尻のあたりを気にしだしたなぁ〜と思っていたら、
いきなりズボンオムツをズリ下げた(^^;
大慌てでもう一度履かせて、スーパーに引き返してトイレでオムツ交換したのだが、
昨日の外でオムツ替えが快感だったのかしら??
警察署のそばだったし(関係ない?)今後も気をつけねば...。


いたちさんは食が少し細った感じだ。
でも私の後ろをマークして歩いたり、気分は好調っぽいんだけどな。
食が細るとちっと心配になりますよ。

4月21日(火)
雨。
昨日も降りそうであまり降らなかったけれど、
今日は本格的に降っている。
それでも運動には連れて行った方が良いだろうと思うので、
カッパ着せて支援センターに。

こういう日に面倒臭いのは私ばかりで息子さんはあんまり気にしてなさげ。

せっかく来た支援センターでは、いつもほどには遊ばなかった。
日曜の影響?雨の影響??とも思うんだけれど。
でもとりあえずいつものように1時間程度遊んで帰る。

帰りも当然ながら雨。

帰り道のスーパーに、息子さんは必ず立ち寄りたがるので、
今日も立ち寄った。
そしてスーパーの次には、横断歩道を渡ってショッピングモールというのもコース。
ただし今日は雨なので、スーパーでカッパを脱がせているのに、
横断歩道で着せて、ショッピングモールで脱がせて、だと面倒だなと思って、
カッパを着せずに、抱っこして傘を差して横断歩道を渡った。
しかし、なぜかこれが息子さんの気にいらなかった様子。
いつもなら喜んで真っ直ぐ中に入るショッピングモールを、迂回してしまった。
まぁ本当はショッピングモールで買う物なんてないので、迂回してくれた方が楽なんだけれど(^^;
外は雨なので、可能な限り息子さんの上に傘を差すのだがやっぱりちょっと濡れた。
そしてそのままバス停に行ったのだが、バス停に着いてから
「やっぱりショッピングモール入りたかったな...」みたいな雰囲気だった(^^;

やっぱり反抗期ですなぁ〜。
「魔の2歳児」ってやつです。(リンク先はAllabout)
とりあえず、その後、バスの中で寝てしまったので、それプラス眠気というやつの仕業でしょうね。

あれこれ面倒な時期に差し掛かりました。
ああ腰痛い。

4月22日(水)
今日は快晴。
なので自然公園へ。

今日はいきなり上から出かけてみた。
(いつもの公園寄り道ルートでない道を使ってみた)



すっかり緑だけど、緑が青々と逞しい感じがする。
ここから下って行って、まぁいつもの山道へと向かう。



道が見えて喜ぶ息子さん。
桜はもうすっかりなくなったけれど、
黄色い花(タンポポがほとんど)がかわいらしく咲いている。
春だなぁ〜...。

そんなこんなで、山道...と言っても
もう整備された平坦な木の橋がほとんどになってしまったのだが
そこを歩く。
結構元気よく歩いてた。



背中に書いてあるのは「たい焼き」
帰りがけに出会ったおば様に「鯉のぼりかと思った」と言われた。
そんな良いもんじゃありません(^^;

この木の橋の後、山道に突入するのだが、
山道は日があまり当たらなくて、昨日の雨のせいで一部ぬかるんでいて、
息子さんコケてしまった☆
こういう日に限って着替えを持って来なかったのが悔やまれる☆

とりあえず泥んこ部分は手で何とかはたいて誤魔化して、
電車移動して図書館に寄ってから帰った。

4月23日(木)
いたちさんの様子。
昨日の夜、何か前脚曲げてるけど、折れてる??という雰囲気だったのだが、
折れてはないけれどふんばれない感じ。
無理矢理伸ばしても結局立たないから、そのまま様子をみることにした。

朝から芸能ニュースが流れる。
某有名人逮捕。
前に他のメンバーが捕まった時と比べて、あっちの方より遥かに罪が軽いと思うのだが、
今回の方が芸能人(アイドル)的には致命的なミスだな。
まぁ何かキャラクターっぽくて面白いけれど、世の中物凄い騒ぎだね。

息子さんは好きなお菓子を私がほんの少しでも取ると、取り返しに来る。
食べてたら猛抗議。
ちょうだい、と言ってみるが当然くれない。
超ケチ男さんに育ったもんだ...。


(某所の日記、編集・転載)
戌の日

今日は戌の日。

参考:ピジョンのHPより・戌の日カレンダーのページ

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に、犬のお産が軽いことにあやかって、
安産祈願したり、岩田帯を付けたりする行事があったりします。

私も妊娠するまで知りませんでしたけどね。

前に通っていた病院では、5ヶ月になる戌の日は着帯日ということで、
その日に病院に行ったら、着帯(さらしも用意されている)と
ちょっとした今後のオリエンテーションが行われたもんです。
(私の時はたまたま戌の日と土曜日が重なって恐ろしく混みまくって苦笑モノでしたが...)

しかし、今の病院は総合病院だし、そんな行事はちっとも期待できないので、
まぁ、祈祷とか大掛かりなことはしないまでも、何かするか?と、
息子さんの時に使った腹帯を巻いて、
安産・子育てで有名な神社にもののついで風にお参りに行ってきました。



息子さんの時は安産祈願はしてないけれど、
私が働いていたのもあって、安産御守やパワーストーン貰ったりあれこれあったけれど、
今回は何だか何もなくて申し訳ないので、
自前で安産御守を買ってみました。

前に貰った安産御守はお土産兼用だったので武田神社(武田信玄が御祭神)の物、
今回自前で買ったのには三つ葉葵の御紋が入ってる。
(徳川三代将軍家光以降代々の将軍家より、朱印を受けたからだそうですよ)
なんだか大層なものに感じますが、しっかりあやかってくれると良いんですけどね(^^;

こんな感じで非常にいい加減ながら、戌の日の妊婦らしいこともできたかな?

最近腰が痛くてたまらんかったり、何か貧血気味?と思ったり、
なんだかいろいろ思い出してきましたよ...
9月はまだまだ先だなぁ〜☆ふぅぅ...

(転載終了)

この後、近くの支援センターに立ち寄った。
たまたま息子さんと同じ学年になる男女が遊んでいた。
うちの子は3月生まれなので...と言ったものの、
体が大きくてシッカリ歩いているからもっと上だと思った!と言われた(^^;
でも、言葉もまだまだですし運動もあんまりできないんですよ、と、
ジャンプできない話をしたら、結構共感を得られたようだ。
やっぱり同じ歳の子だからかな?


夕方、家に帰って病気のいたちさんに餌をあげようとしたら、
熱くてぐったりしていた。
全然起きないし、体全体がだらんとしている。
これはヤバイ!どうしよう??とウロウロしていたら
ゆっくりと目覚めてくれた。
超焦った(^^;

いたちの眠りは深すぎて、死んでしまった?!と思ってしまう人もいるくらいと聞くけれど、
ホント、冗談じゃないやと思った。
ただ、「体が熱い」というのが、この前まで低体温だった子にしてはおかしいと思ったんだけど、
それもこれも後から思えばの話。ホント焦った。

少しして食事させたら安定したけれど...
やっぱり良くはないねぇ。

足がやはり曲がっているし、歩みもふらつき気味。
起きるのが遅いのも悪い兆候なのかなと思ってしまうねぇ...。

4月24日(金)
今日はお昼にドライカレーを作ったら息子さんに好評だった。
そのおかげか昨日はケチだったくせに、おやつを少しだけくれた。

いたちさん。
黒さんにも、病気のいたちさんに食わせているサプリを食わせようと思うのに
あまりうまくいかなかったが、今日は何とか食わせられた。
この手で今後もがんばらねば。
そうしてたら健康体のいたちさんも来ておやつをほしがるので少し与える。
そうやってワラワラやってるから、病気のいたちさんも目を覚まし、近くまでやって来た。
他の子が自分より優遇されてると怒る子だからね(^^;
わりとしっかり立っているように感じたけれど、
他の子を小屋に入れてごはんを与えてみたら、やっぱり足は曲がっているし、
そんなにしっかりと立っているわけでもなかった。
まぁ、悪くはなってないが現状維持だなぁ...。

今日も支援センターに。
今日は人が少なくて、うちの子以外には一組いるくらいでかなりガラガラだったんだが、
だんだんと時間が経つにつれ増えてきて、それなりの賑わいになった。

息子さんも最初センターに来るまでは泣いたり喚いたりあちこち寄り道したり
とにかくあれこれ不機嫌だったけれど、
いざ到着してみたら結構楽しんでいた。
あれは何だったんだろうなぁ?



危険なことがしたくなるお年頃(?)です。

4月25日(土)
雨。
完全家篭もり状態☆
雨でもできるだけ息子さんの運動はしたい...と思ってはいるものの、
少しだけコンビニにでもと外に出てみたらそんな思いは到底無理というだけの風雨。
かなり厳しい。

息子さんもさぞかし退屈だろうと思ったのだが、
旦那もいるし、それなりに何とかなってる風だった。
だったら出かけない日もあって良いのか?とも思うけれど、
寝てる旦那の上に乗ったりするので、やっぱりちょっと燻っているのかもしれない。

いたちさん。
いたちは雨の日、大人しいということだけれど、
体調の悪い時には雨の日が恨めしい。
ただ、もうかなり弱っているので、雨うんぬんの影響はよくわからない。
相変わらず食がだんだんと細っているような気がする。
給餌回数も多いから仕方ないよと旦那は言うけれど、
やっぱりもうちょっとでも食べて体力つけて欲しいなぁ...。

4月26日(日)
晴天。
晴天に恵まれたので、お出かけ。
いつものように息子さんは駅に行くのかな?と思っていたのに、
工事現場の働く車に魅了され、それをきっかけに
何だか途中の道を逸れて知らない場所に向かって行く。

まぁ予定もないし、しばらく息子さんにつきあって、
いつもと違う道を歩いてみるか!ということで、
結局は駅方面に行ったんだけれど、
かなりの遠回りをして冒険しました。


普通の道路を歩いていたんだけれど、
途中で家の人が鉄道マニア?なのか、家の外に地下鉄の看板が出てたり(^^;
表札が駅の表示板になってたり(最寄駅2駅の間に自宅名が入るというデザイン)
一見普通の家なのに、なかなか工夫された面白いおうちがあった。



途中、川沿いで。
息子さんは水の流れが好きなようで、結構喜んで川の横を歩いていた。
あまり覗き込もうとまでは思わないようなのが救いかな??
近くを電車が走るのだが、川べりで見上げても本体が見えないので悲しんでいた(^^;

その後、中華屋さんでお食事をとり、
少し買い物でスーパーによって、そのついでにプレイコーナーでも暴れまわった。
昨日遊べなくてどんなもんかと思ったけれど、たくさん食べてたくさん動いて、
今日は昨日の分取り戻したんじゃないかな??

夜、いたちさんに給餌。
しかし、ほとんど食べない。

旦那曰く、もう食べる気力も無いし、
食べさせられるのを拒否する力すら残ってないという。
もう今夜あたりヤマじゃないかと言い出す。
食事しなくなったら、パワー源がなくなるわけで、
死がかなりリアルなものになってくる。
旦那は、そろそろ覚悟した方が良いという。
いろいろ頑張ってきたけれど、ここまでなのかなと思い、不安を感じつつも就寝。

4月27日(月)
朝かなり早くに目覚めてしまったが、恐くていたち小屋がチェックできなかった。
しかし、旦那は実はそれよりもっと深夜にチェックしていたらしい。
とりあえず、朝になっても、いたちさんは健在だった。

朝の給餌をしてみたら、
旦那が昨日の夜食わないと言ったのが嘘のように食べる。

確かに一時期ほどは量を食べないけれど、それなりに食べてくれた。
旦那はもう本当にちょこっと舐める程度しか食べないから無理にたくさん作るなと言ったけれど
それらがガセネタでホッとする。
旦那の出かける前だったのでこの様子を見せたら、
ホントだね、と言って少し安心していた。

お昼にまた給餌する。
お昼はほんの一口しか食べなかった。
ただ、腰は朝よりは上がってる気がするので
昨日ほとんど食べなかった分を、朝取り返しすぎたのかな?とも思う。
まぁ、今日はハロワに行く日なので、帰ってからまた給餌してみようと思う。

(某所の日記転載・一部編集。これは翌日4月28日に書いた記事です)
いろいろとうまくいかないことが多いですね☆

昨日、失業認定日でハロワに行って、最終認定日を過ぎました。
失業給付金もこれにて支給終了。
これから、じゃあ本格的に内職でも探すかな、と思っていたものの、
ハロワに聞いてみたら「内職の案内はしてません」ですって。
「自宅でパソコンで『内職』とかで探してみてください」という一言まで貰いましたけどね。

そんなことはとうの昔にやってまして、
めぼしそうな斡旋業者は教材費が高いとか
無関係の業者から電話がかかってきたり悪徳っぽいのばかり☆


確か前はハロワのマザーズコーナーで紹介してくれるとか書いてあったはず...と
思ったけれど調べたら、「内職」の文字は外されていた☆
やっぱり悪徳業者が多いからかな?
自治体によっては市役所とかで案内もあるというけれど、うちのへんはやってないらしい。

何かあれこれ八方塞なので、一応、ミクシの内職コミュに1個入ってみました。
あまりの人気の高さに、やっぱり内職見つけるのも容易じゃなさげと思っているところ。

ホント、外に働きに出られたら一番良いんだけどなぁ☆
とりあえず出産までも、出産後も1年は、働きに出られないことを考えると、
ちょっと不安ですなぁ...。


あとは、うちの一番年上のいたちさんの調子がよくないのです。
もう6歳2ヶ月。
ネットで見ると、特に病気にならなかったいたちさんでは6・7歳くらいで亡くなる子が多く、
旦那とも、もうここまで来たら寿命だねという話はしています。
ただ、明らかに病気は抱えていて(おそらく副腎腫瘍)日々、徐々に衰えていて、
おとといから後脚がほぼ動かなくなり、昨日は激しく食が細り、便の様子も悪く...。
旦那は、おととい「今日が山だね」、昨日「今晩もたないかもしれない」と言いながら、
無事、彼女は今朝を迎えました。
でも、やはり食が細っていて、大好きだったおやつにも見向きしなくなっています...。
今日もしも、彼女が亡くなっても何の不思議もない状況です。

いたちを世話してきて、彼らの若い頃のことは息子の育児にも役立ったし、
彼女の今の衰えていく様子は、今後の両親や自分自身の姿にも重なるんだろうなと思わせる。
本当に全身をかけて、いろんなことを教えてもらいました。

あと何日もつのか、今日力尽きてしまうのかわかりませんが、
彼女の最期が少しでも良いものであれば、と思うしだいですよ...。
長生きしてほしいと思いつづけてきましたが、いつか来る日ですもんね、
ままならないことも多いものです...。

(転載終了少しいたちネタネタバレになっちゃいましたが...。)

今日も息子さんは託児所に預けて30分泣き通しだったらしい。
まぁこれでここも最後だ。

その後機嫌直しに支援センターに行ってみたけれど、勢いがなかった。
泣き疲れかもしれませんねと言われた。そうかもしれない。
結局ここもせいぜい30分くらいかな?


家に帰ると16時頃。
いたちさんが健在でホッとする。
また給餌してみるけれど、
私が食べて欲しいなと思っている食事量の10分の1くらい。
ほんの2・3口しか食べない。
タール状のう@ちがあちこちにくっついている。
おトイレにも行けない感じ...。

夜の給餌。
やっぱり私の食って欲しい量の10分の1程度。
でも夕方よりは食べ方に勢いがあったかな?と感じる。
量が少ないのは体が動かないから仕方がないのかな。

夜、旦那が帰って来て様子を見る。
やっぱり、もうダメかもしれない、今晩もたないかもしれないねと話す。



低空飛行で良いから、もう少しだけでも生きていて欲しいような、
もうそんなに頑張らなくても充分頑張ったから、
もうお休みよと言いたくなるような複雑な気分...


なかなか寝付けない...。

4月28日(火)
朝、いたちさんをチェック、健在。
しかし、予想通りカケシア(流動食)一口も食わない、
バイト(高カロリーおやつ、てよさん大好き)見向きもしない。
横にしていたら、お尻からタール便が出た。
非常に嫌な感じの色合いだけれど、落ち着いて拭き取る。

食事しないのであれば、と、前に貰った注射器(シリンジ)を洗って、
無理矢理口にカケシアを入れた。
いれてみたら、案外と勢いがついたようで、
その勢いのまま、少しだけ食べてくれた。

量は少ないが、昨日の夕方と同じくらい。


昼も健在。
もうあまり食べられないから、と、いつも作る量を半分にしてみたのだが、
その半分の2/3ばかり食べてくれた。
朝よりも、昨日よりも食べた気がする。

これはもしかして調子回復した?と思ったのも束の間、
休んでいるベッドから持ち上げたら、体がかなり冷たかった。
調子が上向いているかと思ったけれど、そんなに甘いわけではない。

シリンジの調子が悪いので、お出かけついでにホームセンターに寄ることにした。


しかし、息子さんは今日はそんな気分でなかったようで、
私の行って欲しいバス停ではなくて駅に向かってしまった。
途中でファミレスの駐車場で少し大きい兄ちゃんと少し小さい弟ちゃんと一緒に遊んだりして
少し疲れておんぶ要求をしたのを良いことに、引き返してバスに乗った。
息子さん大抗議(^^;
支援センターに行っても、機嫌は直らなくて、少しおやつを食わせたら落ち着いたものの、
やっぱりあまり乗り気でもなかった様子。
帰り道は近くのマンション併設の公園にも立ち寄ったりしてたけどね。

そんなこんなで寄り道しつつ、ホームセンターに立ち寄る。
探したけれど、シンプルなシリンジは見つからず。
何だか怪しげな雰囲気のものしかなかったけれど
何も無いよりは良いかな?とそれだけ買って家に帰る。

夕方も健在。
心の中では、もう亡くなっているかも?と恐る恐る見たのだが...
正直なところ、本当に、ここで亡くなっていてもショックではあったが、納得したと思う。
でも、生きていることで、むしろ、本当になぜこんなに頑張ってくれているのだろう?と、
もっともっと生きたいという生への強烈な執着を感じて、
今の状態が哀れでたまらなくなった。

他のいたちとは病気の子は隔離するのが基本だけれど、今回は一緒にしているんだけれど、
何か年寄りの二匹は、両方とも病気になっていて、
てよさん(危険な状態の方)が黒(もう一匹の年寄り)に寄り添い
「私まだがんばれるかな?」とでも言っているようにハンモックに乗っているのが
何とも言えない絆を感じます。
でも、時間はもうほとんど残されていないのも、明らかに目に見える...。

夜、まさに危篤状態になる。
何も食べない、食いたくもないという感じ。
無理矢理シリンジでカケシアを食わせるも、今回は勢いがつかない。
ゼイゼイと肩で息をしている。
体を触ったら、温かいがとても固くなっていた。

息子が叫ぶので、いたちさんのそばを離れ、隣の部屋に行ったのだが、
目の前にいたちさんがいなくなってちょっとホッとしている自分がいて複雑な気持ちになる。

息子さんが落ち着いたら、たびたび状態を見に行ってみるのだが、
そのままの状態。
ゼイゼイ言いながら、ずっと頑張っている。
気位が高いてよさんは、こんな姿を皆に晒したくないんじゃないか、
無様に死にたくないんじゃないかと
最期まで、明らかに危篤状態なのに、いつまでも息を保とうと頑張り続ける。

旦那が帰って来てから、やはり旦那ももう危篤だと同意する。
今まで何度もネガティブ発言を繰り返して、そのたびにてよさんが裏切って来たけれど、
その気力もここまでだなと私も感じる。

今までうちの子達は、不在の時に亡くなることが多くて、
目の前で臨終という経験がなかった。
いつか看取りたいと話していたけれど、
てよさんのこの頑張りようは看とって欲しくないのかもしれないと感じた。
きっと夜は越せないと、わかってはいたけれど、
いつものようにてよさんを他の子と一緒にハンモックに乗せて、
そのまま人間も眠りに就いた。

...そして、やはりあまり眠れなかった私も旦那も、
早朝(深夜)に目を覚まし、小屋を覗いたら、
やはりてよさんは息を引き取っていた。
危篤の時はゼイゼイと苦しそうだったのに、本当に眠るように安らかな表情だった。
きっとずっとがんばって、最期には力を抜いて安らかに逝ったのだと思う。
この表情があって、とても救われた気分になった。
とてもとても、寂しいけれど...。

4月29日(水)
昭和の日で、お休み。

てよさんを看取って、まだまだ日も昇らない時間だったけれど、
また眠る気力もなくて、旦那とPC部屋でPCいじりながら話をする。
そういえば、てよさんが来たのって
ちょうど6年前の今ごろじゃないか?
ということで調べたら、
実際は、最初にてよさんにショップで出会ったのが6年前の4月29日だった。



2人で出かけて、29日にてよさんを発見してかわいいと話をして、
休み明けしばらくして、旦那が会社の人にいたちを飼うなんて公言していることを知り、
とりあえずいたちを飼うかという話になり、GWに遠出してあちこちのショップを回るけれど、
思うようないたちに出会えず。
じゃあ少し条件は違ったけれど、この間見た子がまだいたら、その子にしようか?と、
結局はいたちを飼いたい!と旦那が言い出したきっかけになった、
てよさんを地元のショップで購入したのだった。これが5月5日。

あれこれ昔の写真を見たり、昔の日記を読んでみたりして、
こんなことあったなぁ、あんなことあったなぁなんて思いながら、
思い出に浸った。



旦那がボソリと、人間の子は、いたちの子と違って、
特に何もなければ自分たちよりも長生きしてくれるから良いね
と言ったのが印象的。
だからこそ、途中で失われる子供の命が悲しいんだろうね。
だからこそ、人は年老いてから安心して死んでいけるんだろうね。


日が昇ってしばらくしてから、今まで他のいたちでお世話になっている
ペット霊園に電話して予約する。午後3時の予約。

小さめのダンボールを用意し、銀紙の包みからカケシアを出してビニールに入れ直し、
大好きだったお菓子も入れたり、てよさんを包むタオルをちょっと良い物に変えたり。
「使用済み靴下でも入れる?」と聞いてみたが、それは旦那から却下された(^^;
(いたちは臭いものが好きです)
それにしても、見れば見るほど、落ち着いた死に顔で、本当に今すぐ起きてきそうな感じがした。
苦しくても呼んだら反応してくれてたのにね。

午後になって、息子さんを連れてお出かけ。
電車に乗って、バスに乗り継いで、霊園まで。
12月に息子さんと2人で出かけた時はさんざんな目に遭ったけれど、
さすがに旦那もいて3人だとあれこれ安定している。

スタッフさん(以下「ス」表記):火葬に立会いますか?
我々:いえ、個別一任火葬でお願いします。(料金違うし)
ス:では、せめて火葬場でお線香を上げて、最後のお別れをしていただけますか?
我々:え??

今までは、この霊園、カウンターで棺代わりのダンボールを渡して終わりだったのに、
火葬場まで案内するから、線香を上げてくださいとの申し出。
サービス変わったのかな?と思って、
今まで何度かここの霊園を利用したけれど、こんなの初めてだと言ったら、
このスタッフさんが担当の時にはいつもそうしてもらうのだそうだ。
今まではたまたまその機会を逃してただけということなのかな。

初めて入る火葬場はペット霊園ながらなかなか立派なものだった。
そこの祭壇に線香を上げて、ダンボールのてよさんを撫でてお別れ。
息子さんにもそうさせようと思ったけれど、
息子さんは何が何だかよくわかってなくて反応イマイチでした(仕方ない)

3時間後くらいに遺骨は持ち帰れますよと言われたものの、
この霊園は非常に辺鄙な場所にあって時間つぶしもできないので、
後日引き取るということにして、とりあえず今日は霊園にてよさんを預けて終わった。

近くの霊園に立ち寄り、ここに眠るゆんぼさんと(自宅に骨がまだあるけれど)にるちに
てよさんをよろしく頼むと伝えておく。
彼らにとっては、ちょっと怖いお姉さんだったから、もしかしたら戦々恐々としてるかもよ?なんて話す。
でも案外面倒見も良かったから、思い出せば生前にるちともゆんぼとも仲良くしてたけどね。

帰り道、バスで来た道を歩く。息子さんの運動も兼ねて。
しかし、息子さんはわりと歩きはしたものの、すぐにおんぶ要求をしてきて、
少し下ろすとルートを外れて走り回ったりで結構大変。
そして、駅で一休みして、息子さんの好きなものでも食べるか、という話をしていたのに、
肝心の駅近くになって寝始めた☆
タイミング悪。
結局息子さんの好きなものを旦那と私で食べて、
食べ終えて駅に向かったらそこで起き出してきた。
本当にタイミング悪。

でも、駅では、うちの最寄駅と違ってたくさんの電車が見られるので、
それなりに楽しかったようだ。
また近々、てよさんを迎えに来るから、その時まで息子さんも楽しみにしているがよい。

4月30日(木)
昨日はなんだかんだといたちの世話を旦那にお願いしていたので気付かなかったのだが、
長老になってしまったいたち君(黒さん)の首の引っかき傷が激しくなっていた。
少し生えかけた毛も、何か引っ掻いて再び抜けている感じ...??
旦那に確認してみたら、昨日からすでに酷かったらしいのだが、
どうにも掻くというのも副腎腫瘍の症状らしく、今はサプリを与えているものの、
これだけでは症状の進行を抑えることにはなってないんだなという印象。
(もしかしたら、てよさんの死がストレスになって進行したのかもしれないんだけど)
とりあえず、他に副腎に良さそうなサプリを追加することにする。
ネットで調べても、
副腎に有効なのは手術→でもうちのいたちは高齢だしなぁ〜...
副腎に有効な薬もあるが、副作用も結構ある→だったら治療すべきかどうか...
ということなので、とりあえず、試しに評判のサプリを追加することに決めた。
効くと良いなぁ...。

今日は息子さんのお散歩は、駅方面まで歩いて行って、
お買い物をして、ダラダラと別ルートの道を通って帰るだけで終了。
運動不足だと思うんだけど、暑かったせいか、まぁこの程度でも大丈夫だったみたい。


ミクシ経由で、内職の案内が1個届く。
一応クローズドのコミュ内で、地元の工場に勤める人からのメール。
内容も手作業で、たぶん割に合わない系のものだろうけれど、
工場に見学にいらっしゃいとも書かれているし怪しさもない感じ。
ただ、一度に渡されるのがダンボール2・3箱になることと、
工場の場所が、市内とはいえうちからはバスや電車では行けない場所。
どうやっても車と運転免許がないと厳しい。
う〜む、やってみたいんだけれど、条件が合わないなぁ〜...
一応ダメ元であれこれ聞いてみたけれど、
納品は中2日くらいが基本で、
おおよその1回の稼ぎが700円から1000円なので
たとえ公共交通機関を使ったとしても運賃で消えてしまう金額☆
せっかくだけど、これはできないんだと諦めた☆
その人は一応、知人がやっていたということで別の内職のことも教えてくれた。
これは一応、あたってみる...かなぁ?
何かHPをチェックしたら、広い場所がないとできない内職っぽく感じるんだけど、
ちょっとこれは自信ないなぁ〜(仕事も募集も今やってるか不確定だし)
ただ、案外と斡旋する場はないけれど、内職随時募集してる企業はあるのかな?と思った。
少し希望が見えた感じ。
(でも車がないとダメだったり、配送してくれるけど一戸建てで配送車が入り口に直接つけられるとか
建物チェックの厳しい企業もあったりするらしい。)

その他、このメール主さんは結構良い人で、わりと住んでいる場所が近いこともわかった。
小学校の区域はもしかして一緒?と聞かれたけれど、
調べたらちょっと違ったものの、
彼女の一番下のお嬢さんは息子さんと一緒の幼稚園に行くこともわかった。
でもマンモス幼稚園なので出会う確率もそんなに大きくないと思うけれど。
彼女はすでに幼稚園の制服のお下がりもゲットしているそうで。
そうか、制服、お下がりという手もあるのか、と思った。
最初の子だし新品で、とも思うけれど、幼稚園の制服だしなぁと。
またうちの子の入園手続きやら卒園シーズンになったら状況により募集してみるかな。
話によると7万円くらいかかるらしいから、それだけでも浮けば結構嬉しいかも。
(ちなみに息子さんの入園資金にはそれら費用も入れて貯金してるんだけれど)


過去の記録一覧へ HOMEへ