9月1日(月)
息子さんはちょっと調子悪げ☆
なので、今日も遊びに行こうと思ってたけれど、中止。
久々に生協の兄ちゃんの顔でも見るか、と配達を待ってたけれど、
結局配達は16時過ぎ...むむぅ〜やっぱり遅い。
とりあえず来週は不在だから今回注文無しと伝える。

金曜夜からブログのアクセス解析が止まっていてクレーム入れたら
とりあえず昼頃に復活した。
土日のログも残っている。
金曜挟むと対処が遅くて困りますなぁ。
土日のアクセスが結構あったから何事かと思ってたけれど、
目ぼしい検索ワードとか特になかった。
夏休みの読書感想文対策とかだったりするのかな???

とりあえず、息子さんを公園で遊ばせて、写真を現像に出した。
実家に帰るにあたり持って行くやつ。
このタイミングで出せばぎりぎり間に合うとは思うのだが、
印刷する写真を厳選することができなかったのがちと残念☆

9月2日(火)
旦那がなぜかお休み。
旦那も調子悪くてダウンということらしい。
とりあえずお食事はおうちで軽い物を食べたりしたんだけれど、
息子さんの運動、ということで駅までお散歩。



駅近くの川にて。
カルガモが行列作って泳いでいた。
毎年夏の最中には姿を消すのだが、この時期になって舞い戻ってきたようだ。
恐らくどこかからがお子様なんだろうな。
今年もカルガモは大量発生の予感。

9月3日(水)
久々に支援センターに。
ボランティアらしい若いねーちゃんが3人くらい固まっているところに行って
キャーキャー言われて超ご機嫌。
その一方で、3歳くらいの女の子には超嫌われていた。
なぜだろうね?(^^;;;



支援センターの図書コーナーに飾ってあるこの人形を見ていたので、
取り出して動かしてみたら嫌がった(^^;
これらの人形は「かいじゅうたちのいるところ」という絵本のキャラらしい。
なーんかうちの子はこういうコワモテ系のものが好きな気がします。
がおぉぉ〜と近づけてはきゃ〜っと逃げる息子。嫌がってはいるけれど楽しそう。

そうこうしていたら、さっきの3歳くらいのお嬢さんが、お母さんに言って人形をとってもらっていた。
他の子も興味が出たんだなーなんて見ていたら、
その子は手に装着して、うちの子めがけてやって来た(^^;
当然逃げる息子。
ちょっと微笑ましい雰囲気だったけれど、
うちの子が好きなのか嫌いなのか???

「こどものとも 年少版」が届く。
先月で、定期購読していた「こどものとも0.1.2」(対象年齢10ヶ月〜2才)が終わったので、
少し対象年齢が上だけど、良いかな?と思って
今月から「こどもとも年少版」(対象年齢2才〜4才)に変えてみた。
息子が好きな絵本も2才以上向けのものもあるから、と思ったのだが、
内容はちっとも悪くなくて、ダイナミックで良い感じなのだけれど、

紙が薄い。

息子がめくるにはちょっと厚みが足りなくて、不便そう。
折込チラシにこうの史代さんの漫画が載ってない。
全部中身一緒だと思ってたのに違うんだ!という発見。

う〜む、届いてしまってから何だけれど、「こどものとも0.1.2」も再び購読したくなった。
というわけで、旦那を説得して、0.1.2も購読して良いことになった。
まぁ、2000円ちょっとで半年分のお買い物なので、少しだけ節約すれば大丈夫かな、と。


夜、ふと思う。
まだチケット届いてない。
出発は日曜日予定。
今日は水曜。
果たして大丈夫なんだろうか?
明日旅行会社に電話せねば...。

9月4日(木)
旅行会社に電話をしてみた。
昨日発送したので、今日届くと思います、とのこと。
遅いわ(怒)!!と思いつつ、
まぁ発送したのは間違いないから、と届くのを待つ。

今日はいつもと違う支援センターに行くつもりが、
天気が悪くなったのと、息子の昼寝がずれたので中止。
とりあえず、そろそろいい加減荷造りをせねばならんので、
現像に出した写真を取りに行く。
普通についでのお買い物をして、さて取りに行くか?と思って引換券を探したら...

引換券がない(^^;;;

財布の中にレシートが多くなったから、とわざわざ昨日整理してたのを忘れてた☆
その時一緒に出してしまったようだ。

仕方がないので、お買い物だけを済ませて、
明日また取りに来るつもりで、店を後にした。

無念☆

とりあえず不在時用のいたち餌代と
昨日届いた息子さんの絵本代の支払いはできたから、
多少は旅行前の準備が進んだということにしておく。

それにしても、家に着いてからも雨が凄い。
雷なんぞ2個くらい近場に落ちたんじゃないかな??
天気って本当に一気に変わるから恐いね☆

9月5日(金)
旅行会社に再び電話。
昨日電話して
昨日届く予定が届いてなくて、
不在票すら入っていないので不安になって問い合わせ。

やっぱり水曜日に発送したとのこと。
問い合わせしたお姉ちゃんは親切な人で伝票番号まで教えてくれた。
とりあえず息子と出かける時だったので、メールしてもらって、帰ってからチェック。

今日はいつも行くのとは別の支援センターへ。



ボール運んでご機嫌。

よく出会う中国人らしきお母さんとお話をする。
(後で他の中国人?らしきお母さんと話している時に「台湾」という言葉が聞こえたので
もしかしたら台湾人かもしらん)
話の内容は他愛もないものだけど、お母さん同士が話をしていると
息子さんも「この人は何やっても大丈夫」と思うのか、
そのお母さんを襲撃したりで、相手してもらったりしてわきあいあいですよ。
不思議と彼女の息子さんも私のところにやってきたりで、
私が相手してあげる方が少ないくらいで申し訳なかった(^^;

とりあえず、一通り遊んでから、
実家に贈る用のお菓子を探す。

一応ここなら売ってるかな?と思った店に入ったものの、
そこには贈答用のお菓子を扱う店が入ってなくて失敗☆
結局いつものデパート、というよりは百貨店と呼びたい感じの店へ。

いわゆるデパ地下なお菓子屋さんに入ったは良いけれど、
今度は数がありすぎて選べなくて困る。
結局あれこれ迷ってゼリーの詰め合わせにする。
うちの父がダイエット中とか言うから、あまりカロリーの高くないものにした。
本当はロールケーキとか美味しそうで高カロリーそうな食い物はあったんだけどね。
でも正直なところ、ゼリーの詰め合わせなら、この店に来なくても、
最寄駅そばの店でも買えたかな?と思った(^^;;;

ま、とりあえず、お菓子をゲットしたので、
帰りは最寄駅そばの店で写真を無事ゲット。
うむ、いろいろ厳選できなかったとはいえ、ポイントポイントの写真は現像できてる。
旦那と一緒に出かけて撮った写真は私の方が上手いこと撮れてると思ったら
私のカメラの方が高級仕様だから当たり前だと旦那に言われる。
むむむ...


チケット、WEBで荷物追跡を見ていたら
昨日・今日と配達して持ち返ったことになっている。


不在票は相変わらずないんだけどどういうことだ??

明日、朝一で宅配業者に電話せねば。

9月6日(土)
朝一でまずは荷物を出す。
昨日の写真を整理して、お菓子も入れて、息子のおもちゃや絵本を詰めて、
着替えも詰めて実家に送る。

近所のコンビニに持って行くのだが、運悪くガムテープが見つからないので、
コンビニでガムテープを買って、その場で封をして送るという計画にして、
旦那と息子さんを連れて3人で行くことにした。
荷物は旦那が外で持っていてくれることになったのだが、
息子さん担当は私になっている(^^;

またしても息子さんは店中を駆けずり回るのはまぁ良いにしても、
今日は私が会計している隙に
レジカウンターの中に侵入しようとしやがった☆

レジのお兄さんが良い人で「ダメだよ〜」と優しく追い払ってくれたから良いものの、
もう本当に目が離せない☆
とりあえず店外で買ったばかりのガムテープで箱を封して、
再び店に入って伝票を書いて、無事、発送完了。
明日の午後に届く予定。

次は、最大の懸案事項、
チケットの配送の件で電話。

電話口のお姉ちゃんには、不在票が入ってなかったんだけど、
発送されてるはずの荷物どうなってる?という趣旨で問い合わせ。
このお姉ちゃんみたいな立場の仕事やってた身としては
姉ちゃんを怒るのは筋違いという気がするので、怒りはできるだけ出さないように。
ちゃんと姉ちゃんは平謝りしてたからな。

後で配達担当者から直接電話があって、
12:00〜14:00で配達するという旨、確認する。
午前中に来てくれると良かったんだが、
実家への荷物発送をしてたら午前中にするには
ちょっと時間が過ぎていたのかもしらんと、まぁ納得。

14:00過ぎても配達が来た雰囲気がまったくない。
不在票(不在にしてないしね)も当然入ってない。
再び宅配業者さんに電話。
窓口のお姉ちゃんに「14:00までに来るって話だったのに来ないんだけど?」と連絡。
まぁ、お姉ちゃんは謝るわな、そりゃそうだ。
担当者と連絡して、いつ届けられるかご連絡します、とのこと。

担当者からの連絡、無し。
旦那曰く、そんなのは連絡する暇があれば先に配達する方が良いからでしょう、とのこと。
これに関しては怒るべきではないのかもしらん、しかし。


やっと来た担当者から謝罪の言葉ひとことも無し。
開口一番、出た言葉が
「いやぁ〜、宛先の名前が○○になってたんで、違う名前じゃないですかぁ〜」
と、カタカナの転写が曖昧な部分を指摘して、
旅行会社のミスだと言い張る。
電話番号が記入されているにもかかわらず確認もしなかったくせに
そもそもうちの苗字がわかるなら、転写が薄いだけだってのは
誰が見たって明らかなんだけど。

担当者は一目見ただけで生理的に受け付けないタイプの人間に見えたので、
とにかくチケットだけ受け取ってさっさと帰って欲しかったので、
「あー、そうですね」とテンション低めに対応して、

「(受取は)サインでも良いですか?」と言ったら
「ダメです」の即答。

担当者曰く、
貴重品扱いなのでサインではなくハンコじゃないとダメなんだと。

そんな話聞いたことないぞ?

外国人で印鑑なんか持ってない人はどうするんだ?
一応ネットで調べてみたけれど、サインの方が成りすまし防止にもなるし
手間かけるならサインの方が良いみたいなことばかり出てくるんだけど?
とりあえず、身にやましいことがあるからとっさに出た一言なんだろうなと思ったので、
シャチハタで判子押しておきました。

とりあえずさっさと担当者を追い返して、チケットを引ったくる。

送り状には

9/4必着 9/7出発
出発日前日まで不在の場合は○○店××
(旅行会社の最寄の宅配業者の担当者名と思われる)
まで至急連絡願います。


のただし書きまでしてあった。
すみません、旅行会社さん、二度も連絡して☆
全部この男のせいだったんですなぁ...

それにしても、自分の地域の宅配の担当者がこんな奴だと最悪。
今後ここの宅配業者が関わるようなものにはよっぽど注意せねばと思いましたよ。
クレーム電話もかけようかと思ったけれど、とりあえず、明日の準備もあるので、
今日は気分を切り替えて過ごすことにする。

まぁ、とりあえずギリギリとはいえチケットが手に入ったということを喜んでおこう。

このシマシマ野郎!!
(と書いておけと旦那が言うので書いておく)

9月7日(日)
実家へ出発!!
実は、飛行場までにかかる時間の方が飛行時間よりも長いので、
今までは休憩時間を考えたりあれこれしなきゃいけなかったんだが、
今回はかなりスムーズ。
電車は都合3本乗り換えなんだけれど、最初の電車に一番長く乗るから、
そこで寝て欲しいのに、息子さんは電車に乗るのが嬉しくてずーーーっと起きて
窓の外を見続けていて、あと少しで乗換え、という時になってやっと寝てた(^^;
そして乗換えのホームに着いてまた起きて、という感じ。
今回はとにかく寝なかった☆

羽田空港に到着したら、今度は広い場所で超大はしゃぎ。
人がたくさんいるってのに、その合い間を歩き回る。
今日は歩くとキュッキュッと鳴る靴を履かせておいたのだが、
そのおかげで居場所がやっとこさわかるという感じ。
空港ではちょこっとお土産を買って、軽いお食事をとってから出発。
旦那曰く、新幹線の土産物売り場とかお弁当とかはかなり高級なのに、
なんで空港はこんなに安価なものもあるんだろう?と言う。
(今検索してみたら、新幹線はそのものを運営しているのも、売店もJRだけど、
空港は飛行会社が運営してないから安い物も売ってるんだろうということらしい。)

とりあえず、そんなこんなで、ちょこっと空港で一休みして、旦那と別れて、いざ搭乗。
我々の乗る飛行機というのが、空港のかなり端の方から搭乗になるので、
息子さんは歩いてくれるかな?と思ってたのに、途中で嫌がって、
結局抱っこしてこの距離歩くのか...☆と思ってたら、
空港の職員さんが見つけてベビーカーを貸してくれた。
ありがたい。
今度から手荷物検査が終わったらどこで借りれるかチェックしておかねば。

飛行機に乗る。
何か思ったよりも混んでいて、3列席すべてが埋まっている。
息子さんは飛行機嫌いだから、こんなに混むと両隣の人に迷惑をかけそう...と思う。
でも、よく見たら隣にチェロらしき楽器を置いて乗っている人達が結構いた。
後で親に聞いたら、やっぱり某楽団が一緒に乗っていたらしい。
そうか、チェロ弾きの人って飛行機代も2倍なんだな、なんて思ったりして。
で、息子さんはというと、
飛行機に乗って、動き出したら、あっさりと寝始めた。

羽田でのあのはしゃぎっぷり、その前の電車での興奮っぷりを思えば納得なんだが、
とにかく飛行機嫌いで騒ぎまくりの息子さんなので、寝てくれて良かった。
このまま降りる空港まで、無事寝ていてくれたのだった。
おかげで、飛行機内で貰うおもちゃ、
今回はおもちゃじゃなくてピカチュウのポーチにしちゃったもんね♪


実家の最寄空港に到着すると、父・母がお出迎え。
息子さんはまだ寝ぼけていたけれど、ちょっとだけ目を覚ます。
親父君は車の助手席にチャイルドシートを付けていた。
この方が風景が見えて良いだろう、とのこと。
確かにそうなんだけれど、安全面ではあんまり良くないとか聞いたことあるんだけどな(^^;
実家に行く前に、おむつとおやつの補給にドラッグストアに行く。
息子さんは目を覚まし、
店の中を縦横無尽に歩き回り、ジジババは超喜んでいた。

まぁ、店の商品に手を出さない分は良いんだけどね。
とりあえず家で使ってるのと同じオムツと、おやつはゼリーをゲット。

実家に帰る前に、また息子さんは眠りに就いた。
そういえば、と思い出して、
「水木しげるの奥さんが○○出身って知ってた?」
「ゲゲゲの女房」を読んだら、出身町がとても近かったことが発覚したのだ)
と聞いてみた。
両親とも知らなかったのだが、
「○○にある酒屋さんの娘だったって」
と言ってみたら
「ああ、××酒店か。じゃあ××△△さんのお姉さんか妹さんだな」
と、いともあっさりとよく知ってました(^^;
後々あれこれ聞くと、やっぱり地元の名士という感じの家で、
今の当主さんもいろいろ精力的な活動をされていてよく知ってるようです。
母は、少し前に、奥様が出演したTVを見たそうで、出身を知りかなり身近に感じたようです。
「ゲゲゲの女房」も持って来たので、それはそのまま実家に置いて帰ることに決めた。


実家に到着したら、案の定、
息子さんは起きて泣き出した。
慣れない家に来ると泣き出すのは恒例なので或る程度仕方ない。
少ししたら落ち着いたけれど、最初にいる部屋以外には敷居をまたいで行けない様子。
喉が渇いたとお茶を飲みに行っても泣き出す始末。
とにかく私がそばにいないと駄目らしい。
当然ながらトイレにも行けない(^^;;;

少しして散歩に出かけることにした。
実家にはバギーを置いているので、それを出して押させてみた。
我が家のベビーカーよりも掴み辛いけれど、姿勢が良い感じになるような気もする。
これはこれでアリかな?



実家では気温26度。
だいたいこんな感じだから半袖中心かな?と思ってたら、
湿度が高くて蒸し暑すぎ(^^;;;
もっともっと袖なしを持って来るべきだった☆
雨の多い地方だというのが盲点でしたわ。

あと、私のいた頃からは大分減ったけれど、蚊が多い☆
ただこれは、うちの母曰く、涼しくなったら大量発生したのだそうだ。

息子さんはリンゴ貰ったりマシュマロ貰ったり、ゼリー貰ったり、おやつばっかり食ってた。
姪っ子が果物嫌いだそうで、うちの子が果物を食うと喜ばれて何か不思議。

風呂は父が入れるというので付き添ってみたけれど、泣き叫んで大変だった。
そして私が風呂に入ると騒ぐので、結局私とも入って二度風呂(^^;
何か先が思いやられますわぁ〜...

9月8日(月)
実家2日目。
今日はカラッと晴れて涼しい。
実は滞在中、蒸し暑かったのはせいぜい昨日くらいで、
他の日はすべて結構涼しかったです。



実家では金魚が1匹になったせいか、こういう状態で飼っている様子。

息子さんは、いつものお子様番組をリアルタイムで観たりして、
それなりにいつものペースにしようと思うのだが...やっぱりよその家だから、
私の姿がないと騒ぐし、相変わらず敷居をまたげない感じ(^^;

暇そうなので、実家の庭を歩かせてみる。
実家の庭の先は結構急な坂道になっているので、ちょっと下りようとしていたけれど、
途中で引き返して来た。
結構危ないのでほっとした。

あとは家に帰って少し休ませてたんだけれど、
オヤヂ君が面白がってまた外で遊ばせてみたり。

親父くんも母親んも今日は暇だというので、午後から出かけることになった。
母親が目ぼしい動物と触れ合えるスポットを見つけたというので、
そこも候補にして調べてみるけれど、残念ながらそこは平日はしてなくて、
休日のみ一般公開だった☆

ということで、とりあえずうちの親父くんがぜひぜひと言っている鳥と触れ合える場所へ。
実はここ、大昔に行ったことあるんだよね。
ただ、実はその行った直後に、鳥の病気が発生して大問題になって、
全面リニューアルしてからは行ったことがないのだ。

息子さんはお昼寝をしていたので、起きるのを待って出発。

会場に入ると、相変わらずですがフクロウがガラスケースに入ってたくさんお出迎え。



見た目かわいいのもいれば、結構こんな感じの強面なフクロウも多いんですが、
うちの子は何羽ものフクロウを見ているうちに、だんだん興奮してきて
「カワイイ」を連呼!
母は「カワイイ(可愛い)」じゃなくて「コワイィ(怖い)」じゃないの?と言ったんですが、
何度も満面の笑みで言うのでカワイイだと納得しました(^^;
かわいいかなぁ〜???

んで、うっかり今日は車にバギーを乗せて来るの忘れた☆と思っていたら、
フクロウ横の売店にずら〜っとベビーカー&車椅子が並んでいたので、
ベビーカーを借りることに成功。
ベビーカーも2種類くらいあってどっちが良いのか迷いましたけど、結構なサービスです。

受付を通り過ぎたら、見覚えのある楽園の風景。



圧巻な感じです。


こんな風に花がぶら下がっております。
ベゴニアのお花です。

受付から、もうじきフクロウショーの時間なので、
良かったら会場に寄ってからほかを回ってくださいと言われる。
せっかくなので、会場へ。

フクロウショーの前、フクロウは休憩スペースにいたんですが、
息子さんはそれに釘付け。



わかり辛いかもしれませんが、3羽ばかりこの花鉢の向こうにおるのです。
息子さんが歓喜の声をあげてうるさいのでフクロウ達はそっぽ向いちゃってます(^^;

フクロウショーは、フクロウの飛翔ショーでして、
観客のそばギリギリを飛ぶ、かなりの迫力のショー。
残念ながら静止画を撮ってないので(^^;(動画はあるけど他のお客さんも映ってるからね☆)
このへんのショーはご想像ください。
地面スレスレを飛んで、観客の横をすり抜けスタッフさんの腕に飛んで行く姿が
本当にド迫力で、
うちの子は1回目の飛翔では泣きました(^^;

(二度目からは歓声に変わりましたが)

その後、フクロウと記念撮影ができるというので、
父母息子で写真を撮りました。
うちの子は小さくて可愛らしいフクロウや、白っぽくて上品なフクロウでない、
トラジマでちょっと強面のフクロウが好きなようで、かなり興奮してました(^^;



↑加工写真です。
見ての通り、間にうちの母がいるのでその部分をカットしました。
大きさは変えていません。
うちの子とそんなに大きさ変わらないフクロウ(ベンガルワシミミズク)でしょう?!

ついでを言うとフクロウの方も「あいつは何なんだ?」という感じで
興味もってくれてたように思います。(でも、あんまり好きではなさそうだけど(^^;)

そんなこんなでフクロウショーを堪能したら、他の場所へと移動。
移動途中の外にもいろんな鳥がいたんですが、そのへんは動く歩道の途中だったので、
見過ごす程度。
でも、ヒクイドリなんかあまりに奇抜な鳥で驚いた。




そして水鳥の温室へ。
赤い鳥(ショウジョウトキ)をはじめとする鳥が非常にたくさん伸び伸びと歩いていて、
うちの父が餌を買って与えるとすぐにたくさん寄ってきて食べたのだが...


何者かが超大興奮して叫び追いかけまくり、
親父くんの餌が無くなると皆、一目散に柵の向こうへ(^^;


このへんも動画を撮ってうちの姉に見せたら、うちの子が鳥みたい、と言われた。
キィィェェ〜!!とかエアェァー!!とか叫んでいるのが確かに鳥の鳴き声みたいに聞こえる。
息子は「カワイイ」を連呼するものの、それだけだと物足りないようで
「ブディィ〜!!」とも叫んでました。
ブディ(またはプティ)はうちのいたちを呼ぶ時のうちの子の言葉。
(にるちもふ→るんちー→るぷし→プティという感じの変化...かな?)

次は熱帯の鳥を飼っているケースを見たり、
鯉がたくさんいる池を通ったりして、鳥と触れ合える場所に行く前に、
ペリカンと遭遇。



すぐそばまで来るペリカンにこれまた大興奮。
ただ、ペリカン君はうちの子が叫ぶので威嚇されていると思うのか
ちょっと攻撃的なのでうちの子はベビーカーから下ろさず。
一応飼育員さんがすぐそばにいるのである程度大丈夫ではあるのだけれど。

うちの子とペリカンが叫び合いをして両方で大声で怒鳴りあってたら、
すぐ近くにいるオウムまでもが参戦してきて超うるさかった(^^;;;;

もう我々一行もスタッフさんも笑うしかない...。


すぐお隣はペンギンコーナーになっていた。



うちの子がペリカンに大興奮だったのでサービスなのか、
他の人にもそうしているのかわからないけれどすぐそばで見させてもらった。



うちの子はペンギンにも興奮してたんですが、耳元で超うるさかったに違いない。
すんません...


次は南国鳥の手乗り餌やり。
さすがにうちの子が直接はやれないので、父&母が餌やりしているのをそばで見るという感じ。
これも超興奮。


こんな至近距離で息子に騒がれてもよく逃げないなぁ〜と感心。



でも息子のすぐそばに来ても立ち入り禁止エリアにいたりしましたけどね(^^;

前はこの餌やりをインコサイズの大量の鳥でやってて管理が甘くなったんだけれど、
大型鳥に変更して、放している数も減らして、でも種類は数種類混ぜて実施している。
数は少ないが、迫力はあって、こっちでも充分面白いなという感じ。
前に行った時の写真を見て確認したけれど、インコの時は羽がボロボロだったりして、
一部ではあまり評判が良くなかったらしい。
今は獣医さんがしっかりケアしているので、皆羽がつやつやしていて評判とのこと。
確かにね。

この後は移動バスで外の水鳥の池に行く。
いろんな種類のカモやら白鳥黒鳥がおりまして、餌を撒くとワラワラと大量にやってくる。


うちの子の背丈だとちょうど柵の間に顔が出るという感じ。
乗り越えようとかしなかったので良かったけれど、
かなりそばで見れてこれまた大興奮。
さすがにこの距離で騒がれると威嚇されてると思うようで、
水鳥は逃げて行きましたけどね(^^;;;

こんな感じで鳥とスタッフさんに大量に迷惑をかけたのではないか?と
親としては思ったもんですが、
息子&ジジババは超大満足で、この興奮のまま、ちょこっとだけ、
最初のパラダイス風景の中でソフトクリームを食して、くつろいでから帰りました。

これだけ興奮したせいか、家に着くまでには息子さんはぐっすり。
家に着いてもぐっすり。

...ただ、やはり風呂は泣き叫びましたけどね(^^;;;
ただ、今日は二度風呂は無し。
少し成長??

今日は写真撮りすぎて(使いかけだったとはいえ)SDカード1枚終了。
念のため予備のカード1枚持って来ておいて正解だと思ったが、
この調子で大丈夫だろうか?(^^;

9月9日(火)
今日は、昨日の夜少し暴れたのでなかなか起きて来なかった。
ぐっすり眠るのは良いけれど、タイミングを合わせないと
あんまり良いことないね(^^;

今日はスイカをたくさん食べた。
我が家では今シーズンすでにさんざ食べまくったそうで、
もう実家はスイカ飽きた族ばかりだそうで、
「お前も食えなかったら捨てるから良いよ」なんて言われても、
こりゃ食わないといかんな、と思うではないですか(^^;



息子さんもスイカ食べるのお手伝い。
姪っ子はスイカもあまり食わないそうで、これまたジジババが大喜び。
こういう発言を聞くたびに姪っ子は肩身が狭いようで、
姪っ子には不評ですけどね(たぶん)

今日も気持ちよく晴れたものの、
今日は特にどこにも出かけなかった。
とりあえず近場を散歩させようと思ったのだけれど、どこに行けば良いかな?と迷う。
一応、広場っぽい場所が程よい距離にあるので、そこに行くことにした。



行ったは良いけど到着してみたら、結局何もなかった(^^;
奥にゲートボール場はあるんだけどね。

だだっ広い場所に来たは良いけれど、何をすることもないので、
結局あまり長居しないまま、ちょこっと歩いたりしてぷらぷらしながら帰った。



なぜかシオカラトンボが大量にいる。
昨年秋に帰省したときは赤とんぼばかりだったんだが、今がシーズンなんだろうな。
ほかにオニヤンマも見かけたけれど、写真には撮れず。

近場を歩いただけだったけれど、昨日の疲れとあいまってか、
これだけでも大分疲れたようで、ぐっすり。
お風呂は一応付き添いでいれば多少は落ち着くようになって、
風呂入たらまた再び寝た。夕飯は食わず終い。

おかげで今日は息子さんが寝ている隙に風呂に入るという技が見事に成功。
ただ、私の布団のど真ん中で寝てたので、結局私が寝る時には
ちょっと起こすような形になっちゃったんだが、それでもしっかり寝てたねぇ...。

9月10日(水)
息子さんは朝8時頃起床。すっきりという感じだろうな。
昨日の夜はちょっと涼しくなっていて、結構過ごしやすかったのもあるんだろうな。



午前中起きてから、少し散歩。
ドラえもんパジャマ着たままです(^^;
庭の先の坂が下りれなかったはずなのに、昨日散歩で通ったせいか、
自力で下りることをマスターしてた。
すごい。


今日はGWにも行った某牧場へ。
前回ジジババは同伴しなかったので、ジジババと一緒は初めて。

しかし、前回はしっかり行楽シーズンに行ったから良かったものの、
今日は平日で、いろいろとアトラクションがお休みばかり。
豚レースがないのは当たり前だと思うけれど、
ウサギ・モルモットの触れ合いコーナーがないのに驚いた(^^;
どうも平日は牧場内を回っている職員さんが1人しかいない風で、
そこまで手が回らないんだとは思うんだけどね。
人も少なかったので仕方ないのだが。
後で自分の日記をチェックして気付いたのだが、
カンガルー&ワラビーの柵があったのをすっかり忘れていて、行ってなかった。
これはそこにいたかどうかも不明だから、あんまり悔いはないけど。

とりあえず、最初はスタッフさんが見つからず、
ヤギ柵にも犬柵にも入って良いものかわからなかったので、外からあれこれ回る。
相変わらず大きいヤギどもは怖いんだが、うちの子は大喜び。



柵から餌を狙う強面のヤギども。
(※彼らは強面すぎるので(?)彼らのいる場所には一般人は入れません)


後に柵内に入って触るんだけれど、まだ入って良いかわからず、
外から触っていたヤギの図↓



↑クリックすると動画が別ウィンドウで開きます(開くはず)
(約14秒、wmv形式、約1.5M)
カワイイを連呼して狂ったようにヤギの背中を撫でてるだけの動画です(^^;
彼らは撫でられることが嬉しいようで、柵近くにいると寄って来ます。
カワイィィィィ


で、犬柵にスタッフさんを見つけて、入っても良いか聞いてみたら、
ちょうど犬は休憩タイムだった☆
スタッフさんは犬にかかりきり。

さて、どうするか?と思ったら、他の家族が先ほどのヤギ柵に入っていくので
それに倣って我々も入る。
親父さんだけ外にいたんだけれど、

息子はさっさと自分の目ぼしい動物に向かってずんずん歩いて行くし、

私はその息子を追いかけて、ついでに撮影したり、

さらにその後ついて来ようとした母はというと...

母が柵に入ろうとした瞬間に、ヒツジが1匹脱走してしまい、
父と一緒に柵に戻そうとおおわらわ☆


後でスタッフさんが
「出ちゃったらそのままで大丈夫ですよ〜
その子は常習犯で、そのへんの草食べるだけですから」

とかおっしゃったものの、父母はかなり苦心して柵に戻してたから、
もうちっと早く言って欲しかった(^^;

そんなわけで、うちの母が大変だった頃、わが息子はというと。



日陰で休憩中の大きなヤギを撫でに行ったり。
ヤギさん休憩中すいません☆
...それにしても、この大きさでこの角のヤギには、私なら近づかないんだけど(^^;
ヤギも触られ慣れてるなぁ〜。


あとは遠くのヤギを触ろうとしてたら、ブーちゃんが来たので、
ブーちゃんと交流してました。



↑クリックすると動画が別ウィンドウで開くかもよ?(開くはず)
(約7秒、wmv形式、約0.8M)
黒ぶーちゃんは前に豚レース走っていた、いわゆるミニブタの
ベトナム・ポットベリー・ピッグくんです。
念のため、うちの子はこれ、超喜んでますからね!
先に入った家族に腹を見せて撫でられてる様はワンコそっくりでした。


そんなこんなで歩き回って触りまくって満足したのか、
息子さんがそろそろ外にいるジジババの元に行こうとしたら、



目の前にいるヒツジくんが脱走常習犯のヒツジ(^^;
扉が開くのをじっと待っててタイミングをはからねばなりませんでした☆
(ここはスタッフさんが助けてくれた)


で、少しだけお茶飲んだりして休憩し、他の柵なんかをざざっと見回っていると、
無事ワンちゃんの休憩時間が終了したので犬の柵へ。
犬の柵は皆さん待ち構えていたようで、大賑わい。
というわけで、ワンコの動画もあるんですが、
これは他の人がたくさん映っているので自粛。



何かあまりにも良い表情で潰れているので撮影したワンコ。
アイリッシュ・セッターという種類らしい。




息子さんは犬が大好きなので撫でまくり。
でも、撫でているつもりがいつの間にか叩いていたりするので、
スタッフさんが1匹を抱えて、「このワンちゃんは叩かないでね」とか言ってた(^^;
(気性の荒い犬らしい)
幸いにもそのワンちゃんは息子のお眼鏡にはかなわなかったようで良かったけど。

小型犬も当然いるので、母なぞは小型犬もいるよ〜と声をかけるけれど、
うちの子は大型犬専門らしい。
見向きもしない。
あと、写真を見てたら黒い犬ばかりを触っているような気もする。
昔実家ではシェパードを飼っていたので、父はシェパードを触らせたがったが、
息子さんはマイペースなので聞きゃしないのだ(^^;



ワンちゃんと背丈そんなに変わらんのにね(^^;
目線が一緒になるから大型犬が良いんだろうか?

ちなみにこの毛の長い黒ワンコさんは私にもすりよって
「写真なんか撮ってないで、私を撫でなさいよ!」
としつこくやって来ましたよ。
皆さん人懐こくてかわいいワンちゃんばかりです。

そんなこんなでワンちゃんにも大興奮な息子さんは、
最後にはちょっと疲れた感じだったので、ほどほどにして帰ることに。
帰る前に手を洗うんだが、出てくる水にもまた大はしゃぎ。
何にでも興味があって便利何だか何なんだか。

とりあえず、母には、
平気で柵に手を入れたりするから、動物園とかでは気をつけなさいよ
と忠告を貰う。確かに。

お昼ご飯は近くで外食。
息子さんに食べさせる物がないな〜なんて言ってたけれど、
お母さんのご飯を横取りし、鳥ササミフライを食べたりでそれなりに食事完了。
何よりお水の氷が嬉しかったみたい(^^;

今日も大興奮だったので、帰り道&家帰ってからも熟睡。

夕方、何気なく地方ニュースを見ていたら、
県庁のタテの電光掲示板の文字がヨコに流れるトラブル発生
というニュースをやっていた。
しかも、街頭インタビュー付き。
(いやぁ〜見辛いですね、とか、タテに流れる方が良いですね、とか。
それ以外にどんなコメントが取れると思ったんだろう?(^^;)

ああ、うちの地方はのどかだなぁ〜と実感する。

9月11日(木)
今日の息子さんは姪っ子が小学校に行くのに合わせて早起きはしたものの、
午前中ず〜っとお昼寝。
やっぱり昨日はしゃぎすぎたんだな(^^;
ジジババが農業のお勉強会に行って留守だったというのもあるけど。

昼ご飯を食べて少し休憩したら、
今日はやることがないので、少し早いけれど散歩に出かけた。
バギーを押させて歩かせて、なんだけれど、
突如止まったから何事かな?と見ていたら、
少し引き返して、民家の石段を登ろうとした(^^;;



結構立派でシッカリした石段で危ないのと、
何より普通の民家なので、この1段だけ登らせて回収。
そもそも1段で結構懲りたっぽかったけど。

家に帰ってから、うちの家には実はアップライトのピアノがあるので、
息子さんに弾かせてみる。
(アップライトなんて言葉昔は知らんかったですけどね。
タテ型のグランドピアノじゃないピアノですよ)



一応娘が3人もいたもんで、母の希望でピアノを習わせたものの、
誰一人モノになってないという(^^;
まぁ長女が教員免許(職業は教員ではないです)とるときに多少役立ったかな程度。
私はせいぜい1・2年かな?途中で先生がピアノ教室を止めるのと同時に止めちゃった。
もう一人の姉もその時に止めたので、
私よりはもうちょっと長いですが、片手で足りる年数でしょう。

というわけで我が家にピアノはあるものの、
誰も弾かないので調律はされてないし、
鍵盤カバーの赤い布がボロボロになってなんかうっすら赤い粉が載ってたりしますが
息子さんは本物のピアノを弾いてみて、結構ご機嫌でした。
息子さんにはいずれピアノ習わてみるべきかなぁ〜?
実は旦那実家にも誰も弾かないピアノがあるらしいし(^^;


夕方、母が買ってたシャボン玉を試しにやってみたら、
息子さんが超喜んでいた。
最近支援センターでもシャボン玉の絵本を見ているから良いかな?と思ったけれど、
想像以上に好きみたいで驚いた。



庭に出てシャボン玉遊びをしていたんだけれど、
親父くんがちょこっと農作業に出かけようとするのにくっついて、
息子さんも坂を下りて行ってしまった☆

おじいちゃんについて下りただけかな?と思っていたら、
親父くんが畑に到着すると、
分かれてさらにずんずん歩いていく。

こりゃ止めないと、と、とりあえず家の方を向いて
バイバーイ!と声をかけてみたら、

こっちには一切顔を向けずにバイバーイ!!だけして、
さらにずんずんと歩いていく(^^;


仕方ないからどこまで行くのかついて行ってみたけれど、
もうじき車通りの多い道、というところまで行ってしまいそうだったので、
そこらへんで強制的に連れ戻った。

しかし、連れ戻って庭に下ろすと、また再び坂を下りて行こうとする。
うわぁ〜☆坂が下りれるようになって喜んでたのに、超面倒くさい☆

とりあえず家に連れ帰って、親戚のおじさんから貰った梨を用意したら、
それは喜んで食べてたけどね。
それにしても、息子さんは果物とかおやつばっかり食っているような気がする...
まぁご飯は食べてるけどさぁ...。

9月12日(金)



朝、庭でちょこっと遊ばせてただけなのにやっぱり脱走しやがります☆

でも、そのおかげか、今朝は近所の少年と遭遇。
少年からコオロギを見せてもらって喜んでいた。
少年も自慢できる相手がいて嬉しかったかな?
ただ、少年は幼稚園だか保育園だかがあるのに我々と遊んでいて、
お母さんにちょっと悪いことしちゃったかも?(^^;
後で、ああ、そうかあの子のお父さんはあの子なんだなぁ〜なんて思った。
(1コ年下の結構やんちゃな少年で私はあんまり良い印象なかったような気もするが...まぁ昔の話だね)

昨日のお勉強会の情報を元に、ジジババのお買い物。
息子さんには関係ないけれど、ついでだからとくっついて行く。
行き先はJAがやっている新鮮な地元農産物直売所
ジジババは種まきしそびれた野菜の苗を買いに行ったんだけれど、
いろいろ野菜などが安いので、
息子さんに巨峰ピオーネを購入。

地元のおばちゃんに
巨峰とピオーネって何が違う?
ピオーネの方が皮が剥き辛いんだっけ?」

と聞かれたけど答えられず☆
母にあとで同じ質問をぶつけたら、そうだと言った。
ピオーネの方がマスカットみたいに爽やかで自分は好きだと言ってたが、
今調べたらピオーネってマスカットと巨峰を掛け合わせたものだというんだから、
そのとーりだな(^^;
ちなみに、うちの地元では巨峰もピオーネもすべて種無しが基本らしい。
後で息子さんに食わせる時に気にしてたら、
両親は種ありにはここしばらく出会わないと言っていた。

ちなみに、山梨のブドウ農家の人が
(うちのは)巨峰は種があるけどピオーネはないとおっしゃってたので
関東付近では巨峰は種あり(無しも存在するけど高い)
ピオーネは種無しという違いがあるかも。

ちなみに、ここの店は安いな〜と思ったけれど、ジジババ曰く、
こういう形式の店は増えているそうで、もっと安い店もあるのだそうだ。
あと、値段も各生産者が勝手につけるので、

同じような果物の値段がまちまちだからといって、
味に差があるとも限らない、という。

結構ギャンブルだな(^^;;


その後、近くだからと母の実家に立ち寄る。
何だかんだと里帰りの時には立ち寄ることが多いんだけれど、
母の母親、私にとっての母方の祖母、息子にとってはひいおばあちゃんに会いに行くのだ。
御年92歳だったっけな?
今回で息子も3回目くらいになると思うんだが、毎回泣いて申し訳ないと思うのに、
今日に限っては泣かなかった。
さっきのお店で買った新鮮なパンに喜んでいたのかもしれないけれど、
結構ご機嫌でおばあちゃんと触れ合ってくれたのでとても良かった。
とっても良かったんだけれど、

その後一人であちこち家の中を探検して回らなきゃもっと良い子だったのに(^^;;;

そういえば、実家でもピアノの部屋に連れて行ったりしたせいか、
いろいろ他の部屋を探索することに興味を覚え始めてたなぁ〜なんて思ったけどさ。


実家に帰ってみたら、私が目の前にいるとはいえ、
息子さんはジジババと普通にじゃれあっていた。
母曰く、昨日あたりからかなり慣れた感じがするとのこと。
慣れた頃にはいなくなっちゃうんだけどねぇ〜...と寂しがってましたけどさ。
仕方ないじゃないかい☆


夕方、また散歩で、広場まで。



ゲートボールのスコア表。
数字好きだからか興味津々。

そういえば、この奥にあった寂れたすべり台やジャングルジム(私の時代からあった)は
無事、撤去されていた。
私が遊んでいた時代からウン十年放置されて、2007年10月まではあったのに、
その後誰がどう動いたのか知りませんが、
いざなくなるとちょっと寂しい感じもしますね(^^;
それにしても、関係者が私の日記を読んでたりしないことを願う。
(てかうちの父親が町内会に言ったというセンもアリか。)

帰り道、私の同級生のお母さんと出会う。
同級生は会いたがってるよと言っていた。
前回の同窓会にも出たかったけれど、お腹が大きかったから、とのこと。
確かすでに子供いたはずだから、と、何人目ですか?と聞いたら3人目だとのこと。
そうだよなぁ〜、私は1人目だけど3人くらい生んでてもまったく不思議じゃないというか、
私ももうちっと早くに産みたかったと思ったもんな☆
何か羨ましい...。
まぁ無いものねだりですが。

夜、息子さんが携帯電話おもちゃで通話。
何かよりリアルになっていて、あいずちがとても上手。
自分あんな顔して電話してるかなぁ???

9月13日(土)
今日は朝から雨。
うちの地方にしてはやっと降ったかという感じ。
でも、外で遊べないねぇ〜なんて思ってたら、止んだ。

親父くんは実は稲刈り予定(町内で決めて一斉に協力してやるのだ)が、
明日からに延期されたのだが、その準備のため午前中はお出かけ。
雨も途中で止んで良かっただろうな。

ぼんやりしてたら明日は家に帰る日だった(^^;
荷造りしないと、ということで、今日は息子さん服のお買い物へジジババと。
私が買い与えるお洋服は基本的に偏りがちなので(苦笑)
父母の目線で買い与えてくれれば良いかな?と思ってサイズ以外は特に指定しなかった。
でも、店では息子さんが縦横無尽に歩き回り、父はそれにつきっきりで、
母があれこれ選んでいたら、
まぁ〜知らぬうちにカゴの中が大量(^^;;;

しかも選べないというので、
とりあえず、シャツ類が複数枚あったので、それをまず1枚に絞る。
その1枚は父が選んだ(母イチオシのヤツよりそっちが良かったので内心ホッとした)
その他似た感じのものを切りながら、なんとか3枚に。
下は、着まわせるのでテキトウに、と言ってたけど、まぁ2枚。
これは無難なセレクション。
そんなこんなでお洋服は完了。
息子さんは、おじーちゃんと歩き回っているうちに、
さらに、おもちゃの太鼓を買ってもらうことにしていた(^^;;
チャッカリですなぁ。
でも鉄琴とどっちにするかで、400円程度の太鼓を選んでたので良しとしておく。
(鉄琴もそこまで高くなかったけどさ。)


その後は、どうせ発送するなら、ということで、土産物をゲットするために、
駅の売店へと向かう。
駅に行ったら、ちょっと前は幻だった鬼太郎の好きなビーフカリーが売ってたので、
今回は旦那と私の分2個ゲット。
(2月にブームになってて、5月には無しでしたけどね)



前の騒動は何だったんだ?!と思うくらい豊富に在庫がある上に、
カレーの種類もファミリーカレーとか、
鬼太郎ブランドでないご当地カレーとか結構増えてましたね。
(リンク先は株式会社エスシーサービスのHP)

とりあえず、この他には、酒を買って帰るつもりだったので、
鬼太郎ブランドの酒を2本(自宅&旦那実家用に)(リンク先は製造元・稲田本店HP)
純米大吟醸の「足のむくままゆこうじゃないか」と純米酒の「ゲゲゲの鬼太郎」
本当は「足のむくままゆこうじゃないか」の方が渋く凝ってて良いかな?と思ったんだけど、
2種類あるから2種類ゲット。
あとはうちの親から旦那実家宛てにおつまみ系の海産物を買ってもらったりで、
とりあえず充分なほど土産をゲットして終了。

荷造りも終えて、発送も終えて、後はテキトウにお洋服類を鞄に詰め込んで、
明日はちょっと軽めの荷物で帰れそう。

息子さんは、本当にうちの両親にもしっかり慣れたようで、
私が目の届くところにいるとはいえ、両親と3人でソファに座ったり、
隣の部屋に行ったりこっちの部屋に行ったりも自由自在。
お風呂も、付き添いが必要なのは相変わらずながら、付き添いがあれば大丈夫にもなったし。

本当に、慣れた頃に自宅に戻ることになりますよ...☆

9月14日(日)
今日は帰る日、なんだけれど、飛行機が一番遅いやつしかとれなかったので、
夕方までは実家を満喫。



明け方、母(ババ)が腹に布団をかけてたのだが、
朝私が起きてみたらこんなになってた(^^;
うちの子は超暑がりではあるんだけど、
せめて腹は隠しておいて欲しいなぁ☆

今日から本格的に稲刈りということで、父はお出かけ。
お天気で稲刈り日和ですな。

日曜なので、某海賊アニメを観ようと思ってたら、
うちの地方では海賊アニメやってなかった(^^;;
たぶん違う曜日の違う時間帯でやってるんだろうな、びっくりした。
代わりにやってたのは、観たことも無いローカル系の番組。
その前の番組は関ジャニの番組だったし。
テレビ文化もいろいろねぇ〜...と思ってふと思い立ち、
「そこまで言って委員会」を観た。
最近チェックしてなかったんだけど、グルジア情勢のこととか考えてもみなかったので
ちょっと興味を持ってみる。でもまぁ、ちょこっとしかとりあげてないんだけどさ。
加藤登紀子さん&田嶋陽子さんVS勝谷誠彦さんが面白かった。
三宅先生がAB型と知ってちょっと嬉しくなった。


昼、旦那から電話。
飛行機会社のコンピュータトラブルで
欠航が相次いでいるというニュースを見たらしい(^^;

大焦りでHPを調べてみたが、遅れは出ているが大丈夫ということだった。
ニュースでは復旧の目処が立ってないということだったらしいが、
一応最新のHP情報では動いているらしいと信じておく。



我が家も最後なので未舗装の細道を歩かせてみる。
風景としてはのどかで良いんだが、息子さんには歩きにくいので不評(^^;

夕方になったので、皆さんで空港へ。
空港へ行く道すがら、窓の外を見ていたら、
青い色の街灯が多いのに気付く。
青色防犯灯というらしい)
何でも街灯を青色にしてみたら、犯罪発生率が下がったそうで、
最近の街灯は皆青色になりつつあるのだそうな。
知らんかったなぁ〜。

さて、空港に到着してみると、HP情報とは裏腹に、
出発は20分遅れに☆

やっぱりシステムトラブルの影響らしい。

そんなわけで、あれこれ土産物屋を見たりはするけれど、買い物は昨日済ませたし、
あまり広い空港でもないので、息子さんもエスカレーターに執着しだしたり、
エレベーターに無意味に乗ったりで結構バタバタしながら、時間つぶし。
もうちょっと遅くに家を出れば良かった☆と思う。

でも、そのおかげで、
あらたな旦那向けのお土産をゲットしてしまった!!!



大人(おやじ)のカレー臭せんべい
名前だけですね(^^;
中身はちっこいカレーおかきがいっぱいはいってる感じ。
ただ、スパイシーなので息子さんには食わせられない、大人の味ですわwたぶん。


そんなこんなで、飛行機に乗り込んだけれど、
乗り込んでからもちょっと待たされた。
システム復旧した後に飛行場が込み合ってしまって、
早い時間に飛行場に入れないので時間調整しなければいけないということらしい。

帰りは、隣の席が空いていたものの、
息子さんはちっとも寝なかった☆
最初のうちはあれこれ騙し騙しやれたんだけれど、
中盤くらいからはもうどうしようもなくて☆

でも、どうも飛行機内の乗客の方々が
息子が後ろを向いた時にいろいろ相手してくださったようで、
時々笑い声をあげてたりするなぁ〜とは思ってたんだけれど、
飛行機が到着して、いざ降りる時に息子が発した

「バイバーイ!!」
の声に、私の予想以上の数の人が答えてくれた(^^;;;


何人にご迷惑をおかけしたことか...
ホント、ありがとうございました!!!


さて、空港に到着したは良いけれど。
到着ロビーにはベビーカーないんだ☆とか思いながら、息子さんを抱えてながーい道のりを歩く。
やっぱり到着は20分くらい過ぎていて、
さらに出口まで歩くのにも相当時間がかかるので、
定刻に着くつもりでとっくの昔に到着してた旦那と合流した時には申し訳なかった☆
とりあえず、いつもよりは軽めの荷物よりも、息子さんを抱えさせる。
息子さんに、覚えてる?と聞いたけれど、どうも覚えていたようだ
(当たり前)

帰りの電車は、連休の中日だったせいか、夜の電車だったわりに、
空いている感じだった。
前はこの帰り電車もクセモノだったのだが、今日の息子さんはご機嫌。

車内で、お祭からの帰りだというご婦人から、剣のおもちゃを貰う。

まだ息子さんはあまり興味を持ってない風だったけれど、思わぬプレゼントがありがたい。
もうちょっとわかるようになったらビニールを破ろう。

そんなこんなで、思った以上に夜遅くなったけれど、何とか順調に電車の乗り継ぎも終え、
最後の電車に。
車内に息子さんよりは大きな子が三つ子のように座っていたり、賑やかだった。
(彼らはおじいさまおばあさま曰く、いとこ同士とかそんな関係だったかな?)

ああ、夜は遅くなったけど、順調だなぁ〜...と思っていたら。
降りる駅3つ前くらいから、激しい雨☆
最寄駅でもザーザー降っていて、雨宿りの人も結構いた。

旦那はまさか雨が降ると思ってなかったようで、傘を持ってないという。
とりあえず私は実家が雨の多い地方なので、折り畳み傘と息子のカッパは持っている...
けれど、そんな装備で帰れるような雨ではない。
もう10M先も見渡せないくらいの激しさ。

旦那は少しだけ離れたところにファストフード店があるから、
そこで少し雨宿りをして帰ろうと提案するけれど、
正直、もう、クタクタだった。
実家では健康的に夜10時〜11時頃には寝ていたのに、駅では日付が変わりそうだし。
飛行場からこのへんまで息子を抱えて、力も尽きていた。
もう、本当に、一刻も早く家に帰って、眠りたい!!!
結局旦那に折り畳み傘を貸して、コンビニで傘を買わせ、
気乗りしない風だった旦那に、クタクタでたまらんのだと訴えて、
激しく降り続ける雨の中、帰ることにした。

もう10mも歩くくらいには、肩どころか背中もズボンもビチョビチョ。
家に帰る頃には、少し雨も弱まってきていたから、
旦那には、ほら、もう少し待てば良かったのに!と言われたが、
とにかく家に帰れて私はこれでも満足だった。
背負っていたリュックの中身はちょっと濡れてしまったけどさ(^^;;;
でも、これも土産とか先に送っておいたのが不幸中の幸い。
ちなみに息子さんはシッカリカッパを着せて、
旦那の大きな傘に入っていたのでほとんど濡れませんでした。

まぁ、最後の最後、飛行機のトラブルさえなければ
雨も避けられたかもしれないけど、
まぁ、ちょっとくらいケチが付いても良しとしておくか...と思いつつ
昨日実家から送った荷物を取りに、宅配BOXを開けに行ったら...

我が家宛てではない荷物が配達されていた。
苗字が一切違うし、書いてある住所も近所だけど我が家ではない。
重い私の荷物と一緒に、とりあえず家に引き取ったけれど...

結局またあのシマシマ野郎かいっ!

何か今回の帰省は最初と最後がシマシマ野郎に祟られますわぁ〜☆

9月15日(月)
宅配会社に電話。
うちによその家の荷物が届いてるということで、
電話口のおねーちゃんに問い合わせ番号等を知らせ、
引き取りに来るということになった。

あのいけ好かないシマシマ野郎が来るかと思うと腹が立つので、
旦那に対応してもらうことにした。
少ししてやって来たのは、旦那曰く、
感じの良い中堅どころという雰囲気の人だったらしい。
たぶん普段の配達員ではなくて、クレーム要員なんだろうということだ。
そうだな、先日の野郎だったら火に油だろうな。
トラブルは我が家に関しては2度目だし、
正しい配送先には荷物が届くのが1日遅れだし
こんな状況で開き直るような社員が来たら大変だ。
まぁ、正常な判断だな。


とりあえず、宅配の用事も済み、
昨日ほったらかしにしてた荷物も荷解きして、
お昼ご飯は楽チンをして近場のファミレスに。
息子さんが歩く気満々だったのと、
雲行きがやや怪しかったのとで、ベビーカーは無しで行く。

息子さん、ファミレスまでほとんど自力で歩ききる。
横断歩道とか危険な場所は抱っこされたものの、ほとんど自力。
すごい!
ファミレスの店員の姉ちゃんにも
「ついこの前まで乳母車(と言ったはず。久々にこの言葉を聞いた)だったのに
早いものですねぇ〜」
なんて言われてしまった。

何となく、実家でもずんずんと歩く様子だったので、
もしかしたら歩けるかな?と思ってたけれど、予想以上。
ただ、歩けるようになったのと同時に、じっとしてられなくなるのも前以上のようで、
ファミレスで落ち着いてくれなくて相変わらず困った☆(^^;

帰り道、この調子で歩いて帰るか?と期待してみたら、
このファミレスは坂道の途中にあるのだが、
さらに下へと向かって行こうとして帰れなかった☆
上り坂は旦那と私の抱っこでゼイゼイ言いながら帰りましたよ。

息子さんは下り坂専門のようです。
上り坂もがんばれ!

9月16日(火)
久々に支援センター。
久々なせいか、連休明けなせいか、たまたまか、
何か人が少なかった。



ひさびさに来て遊んでみたら
車を押すスピードとパワーが上がっていてビックリ。
実家から帰ってみるとパワーアップしてる率高いような気がします...。

人も少なくてちょっと張り合いは少なかったけれど、
思いのほかあれこれパワーアップしながら遊べてとりあえず1時間くらい。


家に帰ってから、実家から送られた梨をゲット。
実は不在票を無くして右往左往してたんですが、
逆に宅配業者さんから連絡を貰って無事ゲットしたんですよ(^^;
さすがに某大口の鳥さんは違う。

我が家だけでは量が多いので、旦那実家にもお裾分けしようと思うのだが、
昨日土産を持って行ってもらったばかり☆
新鮮な方が良いとは思うが、まぁ、週末になっても別に腐るもんじゃないとは思うけど。
不在票を無くさずに、昨日のうちに届いていれば...☆と、思うねぇぇ。

ちなみに、土産の日本酒。
私としては高級感のある「足のむくままゆこうじゃないか」を旦那実家にと思っていたのだが、
うちの実家は味濃い方が良いから純米酒で良いんじゃないかな、とか
旦那が言い張って、旦那実家に純米酒・トップ水雷「ゲゲゲの鬼太郎」で
我が家に純米大吟醸酒・いなたひめ「強力」「足のむくままゆこうじゃないか」が残された。
一口飲んでみたら、大吟醸はさっぱりした味だと感じることが多いんだが、
この酒は結構味があるな〜という感じ。
やっぱりつくづくも、ヨメとしては点数稼ぎのためにも、
こっちを旦那実家に贈った方が良かったのでは?と思うのだが、
我がままでまさに総領の甚六な旦那を持つとねぇぇ...まぁ仕方ないか。

9月17日(水)
遊びに行けず。
朝早起きして、昼寝(というか二度寝)をして、としてたのは私だけで(^^;
息子さんは私が寝ている隙にTVをずっと一人で観ていたせいで、
出かけようと思った時間に昼寝を始めてしまった。
こういう時に叩き起こして出かけても不機嫌なだけなので、
ぐっすり眠らせて、

今日は近場の公園に連れて行くことにする。



やっぱりブランコは基本らしく、
いつの日か一人で心行くまで乗りたいんだろうな。

ここの公園は狭いので、ちょこっとだけブランコしたり、
少し歩き回る程度にして、もう少し広い公園へ。
でも、息子さんにとっては、そんなに使える遊具があるわけでもなし、
広さ狭さあんまり関係ないかな?とも思うんだけどね。



広い公園、というか、ここは歩く道筋ができていて、
しかも舗装されてて歩きやすいので、何となく息子さんも好きそうな気がする。
まぁ、あんまりやることなくて歩き回るだけなんだが、
距離がある分、ここの方が良いかもしらんな。

とりあえず、テキトウに歩かせて、近くのスーパーまで足を伸ばして、
少しお買い物をして帰る。
案外と歩くようになってから、支援センターとかでなくとも、
こういうところで歩き回らせるだけでも充分楽しめるようになったかな?と思ったりして。

9月18日(木)
今日は天気がやや不安だったので、
いつもは電車で出かける支援センターにバスでお出かけ。
こっちにバスで来ると、エスカレーターにもエレベータにも乗れるし、
息子的には楽しいかもしらんなと思った。

支援センターはなぜか異様に人が多くて(今日は手遊びの日だったっけかな?)
息子さんとしてはちょっと混みすぎで暴れきれなかったかも?

何か、ちょっと小さ目のお子様が気に入ったようで
その子頭を触ったら泣き出してしまったので、大慌てで止めさせた...ものの、
その後も何度か触ろうとして困った☆
自分が嫌われるとか嫌がられるという概念がないんだろうね(^^;

今日は保健士さんが身長体重を測るということで計測器を置いていたんだけれど、
うちの子は来月頭検診だしいらないかな?と思ってたら、
デジタル体重計に興味津々で自分から寄って行ったので計測してもらう。

11.1kg

着衣で計測とはいえ、また最近太ってきたような気がしてたのは
気のせいではなかったな(^^;;;
どうりで重いですよ。

結局こんな感じで、ダラダラと遊ぶかと思いきや、1時間もたなくて、
騒ぎ出したので帰ることにした。
バス停でじっと並んでくれないのがちと辛い☆

バス停で、支援センターでよく出会う孫娘さんとおじいさんおばあさんに遭遇。
うちが利用している両方の支援センターで出会うと思ったら、
バスの系統が一緒ということは、家も結構近い場所なのかも?と思う。

9月19日(金)
旦那が、息子さんが動物に触れる場所を近場で探せというので
あれこれ調べてみる。

案外とウサギ・モルモットというのは多いのだが、
うちの子が好きなヤギやら大型犬やら牛というのはあんまり見当たらない。
大きな動物だと基本ケージ越しになるようだし、
うちの実家のように良く言えばおおらか、悪く言えばいい加減な感じで管理したら、
いろんなトラブルの元になるから、しっかり管理できる
害の少なさそうな動物しか扱わないんだろうな...。

今日はいつもの支援センターに。
いつものように絵本を見たり走り回ったりしていたんだけれど、
うちの子より、ほんのちょっとだけ大きめの子かな?という子が気に入ったようで、
あちこち追い掛け回していた。

で、たまたま、一旦お茶でも飲んで休憩する?と休憩場所に入ったら、
その子と一緒になって、お食事コーナーだというのに
ジャンプ合戦(でもうちの子はできないので屈伸☆)
超音波対決(大声でわめきあって超うるさい☆あちらの奥様と一緒に笑うしかない(^^;)
休憩のつもりがしっかり遊びを堪能したという感じ。
もう良いでしょう?と、ほどほどにして再び遊び場へ。

その子とは別の結構大きい子と、うちの子よりは大き目の子が、
車のおもちゃの取り合いで、睨み合い。
おのおのの親御さんが
「○○、大きいんだから小さい子に譲りなさい」とか
「××ちゃん、もう1台車あるから、そっちにしたら?」とか
あれこれ説得するも、どちらの子もこの車でなきゃ嫌!!という感じに
言葉は発さないけれど、
かなり強情ににらみ合っている。

うわぁ〜どちらの親御さんも大変だなぁ〜、
お子様ももう少し大きくなると我ももっと強くなるのね〜
なんてかなり他人事だと思ってチラチラと見ていたら、

うちの子が何を思ったか、その2人のそばに寄っていく(^^;;;
おいおい、あんた関係ないし、仲裁するわけでもなかろう!
空気読めよ!!!と思うのだが、時すでに遅く、
緊迫した空気の中、
のんきに大きな子の肩をいきなりポンポンと叩きやがった。
おかげで一瞬、大きな男の子が何事?という感じになりましたけどね(^^;

大慌てで息子を回収して、でも、さすがにこの状況でもう1台ある
車おもちゃで遊ばせるには肩身が狭いので、
別の興味ありそうなおもちゃで遊ばせて、気を逸らせた。

息子のポンポンが効いたわけでもないだろうが、やがて、
大きな子の方ではなくて、ちょっとだけ小さい子が
もう1台の車おもちゃで遊ぶことになって一件落着。
ちょっとほっとしながら、息子さんの姿を追っていたら、
再び大きな子の方に駆け寄って、また背中をポンポンした(^^;
何の用もないだろうに...何かがうちの息子の好みだったのかしら??

何か、子供ってミステリアスですなぁ...。

9月20日(土)
暇だったので、旦那実家で遊びに行かないか誘ったものの、
予定があるとかでキャンセル。
ただ、ちょうどお義母さんのご兄弟がいらっしゃるということで、
顔を見せに行ったら、結構喜んでもらえて良かった。
息子さんも最初こそぐずったものの、少ししたら慣れ過ぎくらいに元気になったし(^^;
写真では旦那に似ていると思ったけれど、実際に会ってみたら、
お母さんにも似てるかな?とか言われた。
そうか、お母さん似とよく言われるが、旦那にも似てるんだな。

その後、旦那実家に取り残されても暇だったので、弟さんと一緒に
牧場に行った。
天気がわりと良かったので、前に来た時はドロドロで足場も悪くて困ったけれど、
今日ならコンディションも良くて、楽しめるかな?という判断。

前は歩けなかったけれど、今日は自力で歩けるので、
あちこち縦横無尽に歩き回る。



子牛と対面。
子牛さんは愛想が良くて人懐こいものの、
息子さんは最初はちょっと一歩引いた感じに接していたけれど、
時間が経つにつれてだんだんと慣れてきて、手が出るようになりましたね。
慣れてくると叩きだすので、それだけちょっとね(^^;


少し離れてみるとニワトリ発見!!



ニワトリ発見は良いんだけれど、またしても奇声を発してニワトリを追い掛け回し、
歩けるようになったのが災いして、
ニワトリ小屋まで入って行こうとして困った☆
留めるのが結構大変。


あと、牛舎が近いのもあるし、ニワトリがそこいら中歩き回っているのもあるせいか、
このへんは雨が降らなくてもちょっと足元が危険な感じがするのと、
非常に臭い☆
息子さんが歩き回るのも良いけれど、うっかりすっ転んだらどうしよう?という感じ。
ヒヤヒヤしましたが、そんなことは起きずに済みました☆良かった。




大きな牛がいる牛舎にて。
旦那がちょこっと「大きな牛がいるよ〜」と見せたのが災いして、
最初はあまり反応が良くなかったくせに、
いざ帰ろうとしたら、ここの牛舎に来たがって困った(^^;
子牛の牛舎も見せるけれど、やっぱり大きい方が良いようで、
道順を覚えていて一人で歩いて行く。
そして、私としてはいつか転ぶんじゃないかとドキドキしながら追いかけ...という感じ。

結局、最後には、まだまだ居残る!!と主張しながらも強制的に連れ帰られた☆
嬉しそうではあったけれど、満足するには足りなかった様子。

...でもね。
ここは牧場が基本で、動物と触れ合うというのが主目的ではないので、

正直、ひじょ〜〜〜に、くさい☆

これは牛を飼っていたら致し方ないことなんだけれどね。
息子さんに動物触れ合いを満足いくまでさせるには、ちょっと鼻の力を弱めないといけない。
あまりむいている場所ではないのだ。

どこか近場で、もうちょっと環境の整った、
動物と触れ合える場所があると良いんだけれどなぁ...。

9月21日(日)
今日はとりたててどこへも行かず。
ただ、息子さんの散歩には出かけないと、ということで、駅周辺に行った。

息子さん、駅周辺まで、自力で歩ききる!
凄い!!!

ただ、終盤は電車の音に導かれ、姿が見えたら立ち止まり、
姿の見えた方向へと足を向けるという感じで、
あれこれ面倒くさくはありましたけどね(^^;

せっかく駅まで来たので、お食事をして帰る。
でも実はうちの駅周辺はあまり食い物屋がないのだ☆
とりあえず、中華屋さんでラーメンを食って帰ることに。
息子さんはラーメンは好きだけれど、中華丼とかチンジャオロースとかは好きでない感じ。
野菜を食わせるにはどうすりゃ良いのかしらねぇぇ...むむむ...。

帰りに100円均とかでちょこっとお買い物。
帰りはなんだかんだで疲れてしまったので、
息子さんと一緒にバスで帰った。
息子さんが駅まで歩けたからと言って、
帰り道も歩いてくれるとは限らない。

何せ行きは下り坂、帰りは上り坂だからね(^^;
ベビーカーも持って来ないと駄目だね☆

9月22日(月)
階段を自力で降りた!
支援センターの階段で、試しに手すりを触らせてみたら、
立ったまま自力で降りれた...のは実は先週の金曜日だったか(^^;
でも、それを覚えていて、今日は誘導されずに自分から下りてくれた。

支援センターの階段には大人用の手すりと子供用の手すり2個ついているので、
息子さんが利用するにはピッタリ。



前から、遊具の3段くらいしかない階段では上り下りできていたんだけれど、
この距離あってもシッカリ降りられるというのは成長。
前は上りきったら、お母さんに抱っこしてもらって下りていたけれど、
自分で上りも下りるのもできるのは嬉しいようで、何度も階段の昇降を繰り返していた。


今度の1歳半検診のアンケートに
「手を引きながら階段を上り下りできる」
という項目があるのだが、この調子なら○をつけても良いのかな?という印象。
手を引かせてくれないんだけどね(^^;

今日もこんな調子で何とか1時間くらい遊んでくれたものの、
昼寝をせずに来たせいか、もはや限界だった☆
帰りは久々にバスで熟睡。

この調子ならPCいじってても大丈夫かな?と、
あれこれやった後にPCに向かったら、シッカリ起きやがった☆
...無念☆

9月23日(火)
旦那の提案で、山梨にある某公園へ旦那のご両親同伴でお出かけ。
動物が結構いて、あれこれ触れるという話だったので、
ちょっと期待してお出かけ。
でも、山梨までって結構遠い☆(当たり前)
息子さんはでも、何だかんだとぺちゃくちゃ一人で話していて、
旦那のご両親は結構喜んでいた感じ。
でもどうせならもっと長時間ゆっくり寝てて欲しいんだが、案外車の中でも寝ないんだ☆



駐車場すぐそばにいたフラミンゴに大興奮。
ただ、あまり接近できないので、近くで絶叫する程度。
それでもフラミンゴ達は迷惑そうでしたが(^^;;

少し歩くと鹿の姿も見える。
見える...けれど、遠い。



と思ったら、すぐそばになぜか置物のように水浴びをしている鹿が一頭。



この鹿は我々の帰りにも水浴びしたまんまでした。
本当はこの岩場から下りられなくなったんじゃないよね?とか思ったりして。



すぐそばで、息子さんも触りたいようなんだけれど、やっぱり距離があるよね(^^;
基本的には鹿も触ったりできないように、自然な感じで放牧されている。

う〜ん、大きめの動物は皆、こんな感じで見せられているだけかな?と思いつつ、
一応「ふれあい動物広場」と名のつく場所へと進んでいく。

リスを発見。発見したものの、小さくて息子さんは気付いていたかどうかも微妙(^^;


あと、水槽に大きな魚達が泳いでいた。



息子さんは魚とかも好きだから、こんなに迫力のある魚を見たら、
さぞかし興奮するだろう、と思ってたら...



逃げた。
一目散に逃げた(^^;;;
でかすぎる魚は駄目みたいだ。


ほかはすぐ横にアライグマとかフェレットとか書いてあるんだが、
実際にいたかどうかは不明。
フェレットなんか、このまだ日中暑い時期に外に出すということ自体
非常識な感じがするから、場所だけ開けて置いてないのか、
冬シーズンだけなのかもしれないなと思う。
プレーリードッグがさりげなく動いていたけれど、息子さんの興味、引かず。

とりあえず、他の動物たちは触れないんだなとわかったので、
定番であるモルモット・ウサギ・ヤギのいるコーナーに行ってみたのだが...
特に職員さんらしい人もおらず、
ただ、そこに、ヤギ舎やらワラビー舎やら、
ウサギ小屋やらインコ小屋やらがあるだけ。
当然触ろうにも、触って良いものかわからないし、
ウサギだって小屋から勝手に出したら駄目かも?というような雰囲気。

ふれあい動物、というわりに、
思っていたようなふれあいができるわけではなかった。

正直、期待はずれ☆
これなら例の牧場の方がまだ動物と触れ合えるっていえるのかも?と思った。
(超臭いけど)




でも、息子さんは柵越しとはいえ、ヤギさんを触って喜んでいた。
このヤギさんはまだまだお子様な様子で、
うちの子の指がちょうどオッパイサイズなのかちょこっとチュパチュパやるのが嬉しいのだ。

その後は、ちょこっとベンチを見つけて、
コンビニで買ってきた食材を広げて軽いランチ。
蚊が多いのが難点☆
むむむ...

すぐそばが「子供の広場」ということで遊具がいっぱい。
息子さんはブランコが好きだから、ブランコするか、と行ってみたら、



小さい子が一人で乗れる、柵つきブランコ発見!
うちの近所じゃこんな工夫のブランコ見たことないのに、すごい。
息子さんも初めて一人で乗って、結構興奮していた。

あとはお食事自体はコンビニ物なのでそんなに喜んでなかったんだけれど、
一緒に買ったシャボン玉に大興奮!



うちの実家で使ったのに比べ、かなりたくさんのシャボン玉ができてびっくり。
シャボン玉のシャワーという感じ。
大きいシャボン玉を作ろうとすると、結構シッカリしたのができるんだけれど、
大きいのよりも、量が多い方が好きみたいだった。

あとはとにかく広い敷地を歩き回るのが嬉しかったり、
ほかに、細かいローラーを敷き詰められたゆるやかなすべり台に喜んでいたり、
案外と、うちの子くらいの小さな子が来ても楽しめる工夫もいっぱいで、
動物目的でなくて、遊ばせ目的だったなら、
そしてもう少しうちの家に近ければ、
良い公園かもしれなかったなぁ〜...と思う。

やっぱりちょっと動物に期待しすぎた☆
でも、入場料無料で見せる動物にしては充実しすぎているとは思いますけどね。
小さな動物園感覚で行くには良い場所だと思います。

(触れ合いパークだと思ってたので期待はずれになってしまったけど)

そんなこんなで、広い場所で歩き回って、息子さんもいい加減疲れて来たので、
そんなに長い滞在ではなかったですが、帰路につく。

お義母さんが息子さんにブドウを買いたいというので、ブドウの直売所へ。
それまで少し寝ていた息子さんは直売所に着いて、
皆と一緒のテーブルについたとたんに
試食に出されたブドウを誰よりもたくさん食べ始めた(^^;;;
かなり意地汚い...

ただ、直売所の方々には喜ばれたようで、
試食用に少し追加でブドウを出してくれたり、帰り道のお供にと、
その試食用ブドウを全部持たせてもらったりと、
子供をダシに結構サービスしてもらえてちょっとお得だったかも?

動物的にはちょっと物足りない場所でしたけれど、
息子さんは最後にブドウもたっぷり食えたし、きっと満足だっただろうなという感じ。
お義母さんありがとうございます...

9月24日(水)
昨日の疲れもあるだろうに、ちょっと昼寝不充分なまま遊びに行った。
普通に遊びに行ってたら、支援センターの道挟んだ向こう側に、
救急車やら消防車やらパトカーやらが次々とやって来て、
支援センター内でも丸見えなので、親達皆、ちょっと騒然としていた。
どうも店に車が突っ込んだらしい、と、だいぶ後で聞いたけれど、
こういう地方ニュースはすぐには情報が入り難いのが、案外不便だなと思う。
消防車や救急車はいなくなったけれど、警察車両は帰るまでしっかりそこにいた。

息子さんは今日は、パーカを着て首から紐を垂らしているお母さんにちょっかいを出したり、
ちょっと小柄な女の子が気に入ったようで、後をつけまわしたりしていた。

その女の子とは休憩が一緒になった時に、さらにお菓子を狙い合いしたり、
お茶を入れている容器(マグマグ)が一緒なので(そういう家庭結構あるのだ)
お互いに狙いあったりで、なかなか面白かったんだが、
息子さんはたぶん愛情表現なんだろうが、
いきなり女の子の頭を掴もうとして困った。
その子はそんなに気にしてない風だったので、力は入ってなかったんだろうけれど、
ちょっと嫌そうだった☆

女の子の気持ちを引くには、もうちょっと研究が必要だぞ、息子さん...。

9月25日(木)
久々に児童館へ行った。
9月に入ったからまた木曜日に活動しているんだったと思い出して、
午前中にお出かけ。
前はさんざんだったけれど、息子さんもだいぶ大きくなったことだし、
結構遊べるかも?とちょっと期待してたのだが...
甘かった☆
相変わらず足並みが揃いませんわぁ〜☆

今回は、それどころか、皆で体操を始める前に、
おもちゃのある部屋で時間つぶししてたものを、
そのおもちゃの部屋に入らない。
人が多くて気おされるのか、廊下を歩き回る方が楽しいのか、
なんなのかよくわかりませんが
部屋に連れいれてもすぐに出て行ってしまう。
まぁでもメインは体操だし、と、始まる前の時間つぶしは廊下探索につきあったものの、
廊下を歩きまわっているのはうちの子くらいでした☆
よそのお子さんは何で皆さんお子様とおかーさんが密着してられるんだろう?

しばらくして体操のために大きなお部屋に行って、
皆さんお子さんおかーさんでペアになって体操開始...
案の定、大人しく体操せず、だんだん不機嫌に...
じっとさせてると余計に不機嫌になるから、脱走したがるのをある程度容認してたら、
それにかこつけてか
アッサリと何度も廊下に脱走する☆
それを阻止するとますます不機嫌に...


ちなみに何度も廊下に脱走しようとするのもうちの子だけ。
(30組くらいはいたと思うのだ)
トホホ☆

とりあえず何とか体操の時間を過ぎて、工作の時間に。
工作になったら帰る人もいたので、うちも帰るかどうしようか考えていたら、
児童館の先生が工作キットを自宅用にくれるというので、
ありがたくいただいて帰ろうとしたら...
息子がよそのご家庭の工作に勝手に参加していた(^^::

クレヨンを使った工作だったので、そのクレヨンで色を塗るのが嬉しかった様子。

機嫌も直ったので、とりあえず工作はやってみた。
何だかんだと息子さんには邪魔されたけれど、無事、完成。
でも、最後にちょこっと再び運動をして、解散、までは
再度機嫌が悪くなって辛かった☆

どうもうちの子は、児童館活動、向いてないようだ...
というか集団活動も向いてないのかも?トホホ☆

そんな愚痴を、会社から帰って来た旦那にしたら、
自分も小さい頃、何でそんな狭苦しい人の多い場所に詰め込まれて、
皆と同じこと体操やらを無理矢理やらされなきゃいけないんだ?と思って
他の人と同じことはやらなかった、というような話を聞く。
旦那の血らしい...
こりゃある程度仕方ないと思わないと駄目だな...☆


夕方、家にいても退屈そうなので、近くの公園までお出かけ。
児童館活動に参加して、運動させて、と思っているものの、
結局夕方暇になって公園に連れ出すなら一緒だなとか思っちゃった(^^;

根気良く、よそのお子様と同じように足並み揃えて体操できるように児童館に期待するか、
スッパリと諦めて、児童館活動に参加するのを止めるか。
まだ結論は出さないけれど、また児童館に行くとしても、
来週とか短いスパンは無しだなと思った...。

9月26日(金)
今日はいつも行くのとは別の支援センターへ。
家族単位では少なめ人数だったんだが、3人兄弟っぽい家庭があって、
3人でじゃんけんをしていたら、うちの子にツボだったようだ。
じゃ〜んけーんポン!の響きが気に入ったようで、
それらしき言葉をしきりにしゃべっていた。

当然ながら手振りはついてないけど。

ほかには、よく出会うお母さんと珍しくしっかりおしゃべり。
彼女の家は電車の路線が何本か見えるそうで、
お子様がそれを見るのに夢中でなかなか家に帰ってくれないとか。
うちの子も電車好きだし(乗るのも見るのも)、
お子様にとっては夢のような家なんだろうなぁ。

あと、帰りがけ、うちの子をベビーカーに乗せていたら、
ベビーカーをうらやましがられた。
我が家のベビーカーはAB兼用型。
その人が言うには、作りがシンプルでABの切り替えが簡単だし、
荷物籠も大きいし、
子供だけじゃなくてお母さんのところにも飲み物置きがあるし、
と、ベタ誉め。
前に同じタイプのベビーカーを利用してたそうなのだが(レンタルかな?)
売ってるのを見たことがないと言われた。
結構重いしいい加減汚れてボロボロだし、
そもそも旦那がたまたまネットで大安売りしているのを発見して安く手にいれたので
あんまり良いとこもあるようなベビーカーと思わなんですが、
思いがけず誉められて恐縮(^^;
ホントはバギーを買おうか迷ってるんですよ、と言ったら
2歳になってもろくに歩かないし、長く使えるのもあるから、
楽したいなら、バギーは買って損はないよと言われた。
バギー高い物でもないし、検討しようかな?

9月27日(土)
近場のファミレスへ。
まぁ、何となくいつものお休み日なのですが。
ただ、いつもこのファミレスではピザを食べているんだが、
今日はピザな気分ではないということで、私は鶏肉、旦那も肉系のものを注文。
そうなると息子さんの食べる物がないかもしれないから、と、
珍しく、試しにお子様メニューを注文してみた。



結構ゴージャス。
実はケチャップご飯は前に家で試した時に反応が悪かったので、
大丈夫かな?と思ってたら、出されたとたんに食べ始めてちょっと驚いたけど安心。

そして安心しきってたところに、私の料理が届いたら、
ケチャップご飯終了、お母さんの白米開始(^^;;;
結局やっぱりケチャップご飯はそんなに好きでもなかったみたい☆

ほかも、ポテトは好きみたいで食べたものの、
結局よく食べたのはポテトとオレンジジュースくらい。
まだ息子さんには早かったようだ☆
白米はたくさん食べたけどね。
いつ頃になったら、こういうのをモシャモシャ食べるようになるんだろう?
断乳した後かな??

その後、家に帰ろうかと思ったけれど、息子さんに連れられ、駅方面へ。



なぜかハイテンション?
駅近くにいる鳩に近寄ったり、大声かけたりできて良かったのかも?

このところ動物づいているので、こういう鳩とかにも敏感になっていて、
良いやら悪いやら☆
でも、息子さんを楽しませるのには、遠出しなくとも
駅の鳩でも代用可能だということが発覚しましたよ(^^;
(衛星面が心配ですが...)

9月28日(日)
今日はちょこっと電車に乗ってお出かけ。
昨日と連続して駅まで行けた息子さんは、結構良い運動になったんじゃないかな?



今日は少し肌寒いので、長袖を羽織る。
実家の母セレクションのネルシャツ。

今日も息子さんが食べるものは少ないんじゃないか?という店で食事したのだが、
今回も白米とふりかけさえあればある程度OKであること発覚(^^;;;
野菜類とかも食べて欲しいんだけどなぁ...
まぁ、でも、味噌汁の豆腐やワカメやらは食べたけど。
最近は少しずつだけれど、食べるものも増えつつあって、
なんだかんだと親が気を遣って食べる物を考えなくても、
思いもかけないものを突如食いだしたりするから良くなったというのかもしれないなぁ。

食う物に限らず、あれこれ特に強制・教育していないし、気を遣っていないけれど、
気付けはなんとなく、子供って育ってるもんですなぁ。

9月29日(月)
今日は昼寝がずれ込んで、遊びに出かけたは良いけれど、1時間足らず☆
でもまぁ、ほぼ1時間だったんで、何とか満足いったでしょう。
車おもちゃを使ったり、階段で遊んだり、絵本で遊んだり。
相変わらずめまぐるしく歩き回っておりましたよ。

帰りがけ、ついでなのでお買い物をして帰る。
えびみりんのジッパーつきの袋入りをゲット。

バナナは噂通り品切れで売ってなかった。
朝バナナダイエットというやつが流行ったせいらしいのだが、
我が家も離乳食でバナナには非常にお世話になったので、
赤ちゃんを持つお母さん方がちょっと気の毒に感じますねぇ。
早くブームが落ち着くと良いんだけど。

家に帰って、少しお食事補給をしていたら、息子が
旦那が隠し持っている塩昆布の袋を探しだし、
あーい!と私の前に差し出した。
欲しいから開けてくれ、という意味だと思うのだが...塩こんぶ???
ちょこっと一つまみ、皿の上に置いたら、大層おいしそうに食べている。
...汗っかきだから塩補給したいのかしら????

帰って来て旦那に報告したら、たまに塩こんぶ欲しがるから、
1本ずつ少しだけあげていたのだそうな。
赤ちゃんなのに塩こんぶ好きってどうなんだろう???
まぁ、好きな食い物が増えていくのは良いことだとは思うのだが...。

9月30日(火)
旦那がなぜかお休み。
自称・体調不良なんだが、昼間っから寝ずにPCやってたりするから、
夕方になって息子さんの散歩にかりだす。
息子さんもお父さんが一緒だと嬉しいようで、
また調子に乗って駅まで歩き出した。

ただ、息子さんもあまり本調子でもなかったようで、
駅まで歩いたら結構疲れたようで、
旦那と一緒に食事をしたら、自力で帰る様子はまったく無し。
とりあえず、旦那も気力がないというので、珍しく短い距離ながら、バスで帰る。

息子さんは短い距離でもバスに乗るのは結構好きみたいで
ご機嫌も少しは良くなった感じかな。

今日は旦那も一緒なので、安心したのか、よく眠る。
こういう日を経験すると、たまには旦那に全部息子さんの世話を押し付けたくなるんだよねぇ。
たまには良いんじゃないかなと思ったりするんだけど、
まだ実行には移せていない。
むむむ...


過去の記録一覧へ HOMEへ