3月1日(土)
みなさまに愛されて一周年
(某所の日記転載)



今日は我が子のお誕生日でした!!

午前中に予約していた一升餅をゲットして、午後から旦那の実家へ。
一升餅は非常にシンプルなピンク色のものでした☆
寿文字くらい欲しかったかなぁ〜?ま、安かったから良しとする。



旦那の実家ではお義母さんが赤飯を炊いて、
お料理もいろいろ用意してもらっていて
非常にありがたかった。
うちの旦那が何も用意しなくて良いというからそのままいただいたけれど、
やっぱりこんな日くらい私も何か用意した方が良かったのでは...?とちょっと思う。

その後は、一升餅を背負わせた。



紋付オールを着せていたので、
背負わせる時に使った風呂敷がとっても良く似合う。
結構バランス良く背負っていたけれど、
やっぱりダメで、わりとすぐ後ろに倒れる☆
撮影用にもうちょっとだけがんばってね、ともう一度背負わせたものの、
しばらくしたら泣き出した☆
でも、よくがんばった!!



もう1個やりたかったイベント、えらびとり。
お米(量が多かったか?:食うに困らない)財布(というか小銭入れ:金に困らない)
ペン(学者になる)電卓(商売人になる)の基本アイテムに、
マラカス(ミュージシャン)、仏具・りん(そのへんにあったから(^^;:お坊さんになる)を追加して、
いざ、息子に選ばせると



小銭入れ!!
おーー、金に困らない!
よし、老後もこれで安泰だ(笑)

んで、次に何か選ぶかな...?と様子を見ていると、



次は電卓。
何かやっぱり金がらみだな(^^;
小銭持ちすぎて財産管理に電卓必須とか...?

個人的には、マラカスを加えたのからもわかるように、
もちっとクリエイティブなものに期待してたのだが...まぁ良いか。

でも、そもそも物を選ぶ前に、ビデオデッキに興味を示していたり、
電気カーペットをいじってたりだったので、本当は

電気屋

が有力なのかもしれないんだ...。



後は、お誕生ケーキの登場。



イラストは何でも良かったんだけれど、旦那の提案でばいきんまん。
ヒーローの嫌いな旦那なのでアンパンマンはないにしても、
ケーキにバイキンってのはどうかなぁ〜?という話をしたら
ケーキにカレーパンってのも良かったかもね?と言い出しやがりました(^^;
とても美味しかったです。


んで、息子はこの本物のケーキを食わせるには若すぎるので、
お手製のケーキを用意しました。



これが作りたての時のケーキの写真。

赤ちゃん用の蒸しパンの素を、カップケーキ用のカップで作り、
上の面だけヨーグルトを塗ったくってフルーツを飾り付けてみた
のでした。
(シンプル蒸しパンは食べるけどヨーグルト付けが好きか不明だったため)
もうパティシエ気分で超ご満悦で撮影して、旦那の実家に持ち込んだんですが...



時間が経つとバナナって変色するのね(^^;
中央にあしらったバナナの存在感が増しすぎてちょっと失敗気味?
でも息子はバナナ好きなので、あんまり気にしてないような気がします。
あと、蒸しパンなので時間が経ってちょっと固くなってたけど、これも気にしてなさげ。



そもそも飾り付けとか自体気にしてない食い方でしたしね(^^;
こうやって手づかみで豪快に食うなら
フルーツも細かく切るんじゃなかった☆と、これは反省材料かな?

こんな感じで行事も無事完了。
あ、そうそう、途中で着ているものが変わっているのは、
うちの実家からお祝いにお洋服を貰ったので着替えさせたのですよ。
着替えさせてから発覚したんですが、
紋付オールは袖が邪魔でハイハイ向きではなかったです(^^;
(上着脱がせればよかったのかもしらんですが)

とりあえずでも、準備していたものがすべて滞りなくできて、
天気も良く、息子も9割ご機嫌で、無事にお誕生が祝えました。
なかなか良い1周年でしたよ。
このまま何年も順調に元気で健康に祝いつづけられると良いなぁ〜...




...でもちょっとだけ疲れた。
終わってホッっとしたw

(転載終了)


そういえば、旦那実家に行った際に、

赤ちゃんといたちは似ている

と言って一瞬実家のご両親に怪訝な顔をされたのだが、
その10分後くらいに、うちの息子が、

華麗に後ろ向きで部屋の隅に進んで行った。

その姿に
本当にいたちそっくりだ!
と皆に納得されたもんですが...
(※いたちはう@ちを角張った場所でする性質があるため。
旦那実家はかつていたちを飼っていたことがあり、
いたち放牧の際、息子の下がったまさにその隅でもかつてやってたのを見ているから)

私としては、危険な物があっても、目につく物はすぐに食べてしまうとか、
(自分から注意して避けてくれない)
そういう部分のことだったんだけれど(^^;;;

いずれにせよ、うちの子は、昔飼ってたいたちの生まれ変わり説もあるので、
かなりいたちに似た子、ということで...。


3月2日(日)
旦那は今日も休日出勤。
忙しいことよのぅ〜...

お散歩兼お買い物に行って、
私の軽食用にお惣菜を買ったら、横から息子が横取りして食べた。
別にそれは良いのだが、その際に摘んだ手が左。

結構左利き疑惑が強まってきました。

(以下某所より一部転載)
長男で左利きはほぼ確定かもしらんので、
あとはB型でなきゃ良いけど...と思う。

(長男で左利きでB型の、息子と遺伝子の近いひどい男が
我が家にすでに一人存在するので)

そうそう、旦那の実家は全員B型家族なので、
旦那は間違いなくBBのB型だろうと思っていたけれど、
お義父さんはB型とO型の子なのでBOのB型、
お義母さんはAB型とO型の子なのでこちらもBOのB型であることが発覚
うちの旦那もBOのB型である可能性も出てきました!

私がAB型なので、まぁ普通に考えて、
息子はB型かAB型である可能性が高いと思うのだが
もしもA型だったら、ちっと苦労するぞ...?と思ったりする。
親が我々なので(^^;
ま、息子にそんなそぶりはちっとも見えないので
やっぱりAである可能性は限りなく0%に近いと思うのだが...
B型のような気もするんだなぁ...行く末は大丈夫かな〜??
(転載終了)

息子が弄んでいた動物占いの本(「こどもキャラナビ」)をとりあげて読んでいたら、
息子(リーダーとなるゾウ)と非常に相性の良いのが、
気取らない黒ひょうだった。
旦那両親は黒ひょう両親なので、どっちか当てはまるか聞いたら、
お義母さんが気取らない黒ひょうだった。
良いおばあちゃんに恵まれた様子...。

3月3日(月)
ひな祭り。


うちの実家からの荷物に、甘酒と菱餅などが入っていたので、
昔UFOキャッチャーでゲットして以来、
ず〜っと飾られっ放しのミッキー&ミニー雛人形のホコリを払って、
飾り付け。

うちは男の子しかおらんので、私だけのためのお祭ですよ。
ま、実家のあたりでは、通常は、4月に祝いますけどね。

今日は、一応気分を出すために、
一升餅を注文したお団子屋さんで見かけた、桜餅と桜まんじゅうも買おう!と
お出かけしたものの、
今日は桜饅頭はなかった...☆

とりあえず、ネットでも絶賛コメントのあった
温かいみたらし団子と、桜餅と、
ちょっとしたお饅頭を買って帰った。

みたらし団子は味が非常に濃くて、醤油の風味が非常に強く、
さらには団子もシッカリ焼いてあるので香ばしい。
何かコンビニやスーパーで出会うみたらし団子とは別の食い物に感じる。
これが本場なのかなぁ〜???
旦那は夜に帰ってから冷えたまま食べたら、
たれの食感が変わっていて、あまり宜しくなかった感じ...。
温めて食べれば良かったかな☆

あとは、桜餅。

(以下某所転載)
私は桜餅が好きなのだが、

「実家で食べていた桜餅」

が好き、ということになってしまった。
このところ、どうにもうちの地元で食べられている桜餅ほど
美味しい桜餅に出会わない。

一応参考までに、我が実家のある島根県の桜餅写真を下のページで見てほしい。
シマネスク43・美味・お国自慢 桜餅
思いっきり桜の葉よりも、餅部分が大きく広がっているんだよね。
この餅の部分が結構肉厚でして、とっても好きなのです。
中に入っている餡子に味は負けませんし、葉をとっても美味しく食べられます。

ああ懐かしや実家の桜餅...

ただ、様式は関東と同じなので、どこかに似たようなものはあるかな?と
思ってはいるのですが...


団子屋さんのは、スーパーで買った桜餅よりは、餅が肉厚で、
結構うちの実家のものに近くなってたんですが

あと一歩!!!!

という感じ。
やはり餡子のバランスがちょっと大きくて、
もう少し減らせば良い感じ、の段階でとどまっている。

何で餡子のバランスをちょっと多めにしてあるのか、やっぱり納得がいかない。

ま、食う段階で餡子だけ少し減らして食べれば良いんでしょうけれど、
減らした餡子だけ食べるのも寂しい...

うちの実家のあたりでは、皆同じようなバランスの桜餅ばかりなので、
こんなに桜餅文化が違うとは実家にいた時は気付きませんでしたねぇ...
どっか身近に、うちの地元風の桜餅はないものか、あると良いなと思う桜餅の季節。

今年は実家に帰ったらたくさん桜餅買いだめしようかなぁ...

3月4日(火)
最近の息子のブームは味噌汁のほうれん草と豆腐。
手づかみでわしゃわしゃと食べるのは良いのだが、
エプロンが嫌いで、自分で外しちゃったり、とにかくあちこち汚れる(^^;
食事のたびにパジャマを着替えさせるのが結構大変です。
あと、口周りに緑のヒゲとかできたり...。

今日も支援センターにお出かけ。
う〜ん...でも、あまりノリがよくなかった...☆
そろそろ飽きたのかな?と思って、
今日はずっと行ってなかった、もう一つのお部屋にお邪魔してみた。
すでに結構大き目のお子様がたくさんいて、ハイハイ組はうちの子くらいかなぁ〜??
ボールに興味があるようなので、ボールプールに落としてみた。



他のお母様方には「すごいね〜!泣かないね〜!!」と言われたものの、
母の目から見ると、何か妙に淡々としている...。
嬉しそうではないのだよねぇ...。
何かボールに嵌ってひたすらじっとしているし、
他の大きなお子様がボールプールにダイブするのに邪魔なので、
連れ出して、周りに置いてある車に乗せてみる。



う〜ん...そんなに嫌いではなさそうだったんだけれど、
やっぱりキャッキャ言って笑う感じでもない☆
自分で足で漕ぎ出すのもまだ無理みたいだし...

他にも何個か車の乗り物や木馬(プラスチック製だけど)もあって、
あれこれ乗せたものの、ホロ付きの車に乗せたらずり落ちたのをきっかけに、
車の部屋は諦めた...☆

何か遊ぶ気分じゃないのよ、という雰囲気だったものの、
一旦、普段いる部屋に戻ったら、
少しだけ調子が戻った様子。
やっぱり車のお部屋はまだうちの子には早かったか☆
とりあえずいつものようにお茶とおせんべいを補給して、帰る。

いつもよりはちょっと短めだったかな?

帰ってみたら、速攻で眠ってしまった。
要するに眠かったようだ。
う〜ん、ま、こういう日もあるってことだ。
親の思うように何もかもうまくいくもんじゃあありません...

3月5日(水)
昨日からタイミングがズレているのか、
今日も息子は変な時間にお昼寝をして、
お買い物にお出かけするにも、お散歩にお出かけするにも遅い時間に...☆

もうじき午後5時、もうこんな時間じゃ外には出れないだろう...と思ってみたら、
案外と明るい。
ほんの少し前の時期は真っ暗じゃなかったか?と思いつつも、
まだ出かけられるんだから、と、息子をベビーカーに乗せ、
大慌てでお出かけ。

案の定ろくな散歩もできませんでしたが、
とりあえず外に出てリフレッシュにはなったんじゃないかな?よくわからんけど。


結構奇麗な夕陽が見えました。
時間を見たら午後6時前。

午後6時までは外出可能なのか、何か世界が広がった気がしましたよ。

今日は旦那の帰りも早い日なので、とりあえず、そんなに運動はさせてないけど、
昨日の疲れも込みで、こんなもんで大丈夫かな?と...
ま、案の定旦那はあまり役に立ってはくれませんでしたが...。

なかなか読み進めなかった本がやっとこさ終わった。
読み辛くとも読み進まねばならないっちゅうのが、貰った本の厳しいところだな。
ま、読み進んでみたら面白かったから良いけど。

3月6日(木)
今日も、息子の昼寝のタイミングが合えば、
支援センターに行こうかと思っていたけれど、
昨日に引き続き、変なタイミングでお昼寝するので、結局近場で散歩。
昨日よりは早めに起きてくれたので、まだ夕陽の心配をするほどではなかったけれど。

昨日とは別の公園に連れて行ったら、
やっぱり地べたでハイハイしたがるので、とりあえずそのままにしていたら、

犬の散歩と遭遇!

息子が危険か?!と思うと、向こうが気遣って遠回りしてくれたものの、

息子の方が突進(^^;;;

犬の方が恐がるので、息子を引っつかんで止めたものの、
犬の方はドキドキ。
犬は、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)だと思うけど、
犬種に詳しくないので違うかも?

とりあえず、口は噛むと恐いので、背中を撫でさせてもらった。
息子、大喜び。
どうも犬も好きみたいだ。
でも、犬の方は始終ビクビクしていたのでほんと、申し訳なかった。
普通の人間は二足歩行してるのに、この不思議な物体(息子)は四足歩行で
しかも、走るでもなく、ものすごいスピードで突進してきたもんね(^^;;;


その後、場所を変えてまた散歩していたら、再びその人と遭遇したけれど、
今回は段差があってすぐにそばには行けなかったので、
息子の野望は潰えた。

旦那にメールを送ったら、その勢いで息子が旦那に電話をかけたようだ(^^;;;
何か対策対策、ということで、いろいろ調べたら、
前に不便だと思ってたロック方法以外のロック方法があること発覚。
これで大丈夫だと思うんだが...
1歳にして携帯を使いこなしてやがりますぜ、うちの息子は...

3月7日(金)
皮膚科へ。
本当は2週間後ということだったのだが、
貰ったお薬の1個を紛失してしまい、仕方なく1週間で来院。

でも、
お薬だけでもできますよ
という話をあとで聞いた。
説明してなかったんですね、すみません
とか言われたけど、確かに最初にそういう話を聞いたような気もする...
とりあえず、処方されて2ヶ月以内なら、受付で薬だけを要求できたそうな。
次回こんなことがあればそうする。

そんなわけで。
今日は、ひさびさに予約せずに行ったものだから
結構待たされて、こんな結果だったので何とも☆
一応診てはもらったけれど
「うん、順調ですね〜。じゃあ薬出しておきます」の
5分どころか1分くらいの診察で終了。
しかも薬の量は前回同様だったので、とりあえずさらに2週間後に行くことにしておく。

薬は無くさないこと、です。
気を付けてたはずなんだけどなぁ〜☆


せっかくなので、ちょっとだけ赤ちゃん洋品店に寄って、お買い物をして帰る。



今回は、私の独断で購入。
しかし、ちょうど良いサイズは品切れで、1サイズ上のもの。
さすがにブカブカしているので、しばらくは紫バージョンが活躍するでしょう。
...にしても、オレンジは品薄で、紫は結構残ってた(^^;;;
やっぱり前に買った時、息子の意見は置いておいて、オレンジ買っておけば良かったか??
紫はちょうど良い大きさ残ってたし...

ハリウッド映画公開の際には活躍したいもんだ...

3月8日(土)
今日もお出かけは近くのファミレス程度☆
こんなので息子の散歩代わりになるかな〜?ということで。
家の前を少し這わせてみる。
ズボンが泥んこ☆
でも、それなりに息子は満足な感じだ。

ファミレスでは、相変わらずじっと座っていてくれないのだが、
なんだかんだで他の席の人をのぞき見るのが好きみたいで、
ソファの背につかまり立ちして、あっちをキョロキョロ、
こっちをキョロキョロ。
目が合うと、にっこり微笑んでみたり。
あと、ウェイトレスのお姉ちゃんにもお気に入りの子がいるようだ(ヲヤヂっぽいな)
それにしても、このファミレスでは、ピザを食えるようになったので、
お食事おせんべいが不要でちょっと楽チン。
旦那が注文した辛いピザの、うっかり辛い部分がちょびっと付いてたようで、
一度激しくのた打ち回ったので、それだけ注意しなきゃいかんのだけれど...
(ほんの一滴という感じでもあんなになっちゃうのね。気をつけないと)

あと、遅ればせながら、お誕生の写真を実家に送る。
よく考えたら、明日が母の誕生日なので、どうせならそれに間に合わせようということで、
コンビニまで。

(以下某所の日記転載)
荷物を送るついでに、コンビニで買い物をしていたら、

ライフガードチョコスナック

というものを発見。
ライフガードというのはあれですよ、チェリオから出ている炭酸飲料。
あれのチョコレートスナックらしい。

うちの旦那がこの飲み物に一時期異様に凝ってたことがあるので、
こりゃ良いや、ものの試し、ということで買って食わせてみました。

...まさにライフガードだ!!!!

炭酸チックにちょっとピリッとした酸味があって、
合成飲料っぽい不思議な味わいがコーンベースのスナックから湧き上がる。
まさにライフガードを「食べている」感覚。

こりゃすごい!!
確かにライフガードチョコスナックだ!!

旦那も私も非常に納得。
この技術力に脱帽。


...ただ、美味いかどうかは別の話(^^;;;;;;


やっぱりこの時期、義理チョコのお返し用だったりするんでしょうか...?
お値段は60円ちょっとだった気がするので、
気になる人はぜひ食してみてください。

結局小袋1つなのに食べ残してあるんですが、
周囲1mくらいにライフガードのにおいが漂っております。

ホントに見事な再現性...。
(転載終了)

3月9日(日)
旦那休日出勤。

はてさて、昨日はあまり散歩っぽいこともできなかったし...
ということで、普段はなかなか行けない、
我が家からちょっとばかし遠い公園まで出かけてみました。
でも実際に行ってみたら、思ってたほどには遠くなかったかな???

この公園は結構芝生が広がっているので、良いかな〜?と思ってたんですが、
広いだけあって、日陰がない(^^;;;;
仕方ないんですけどね。
あと、ベンチもかなりまばらで、しかもほとんどが使用中なので、
新参者で幼少の我が子では肩身が狭い...
とりあえず芝生の上に転がしてみたものの、
興味を引くものもないので、なんだかウダウダするばかりで×。

じゃあ、芝生はないけれど、隣に普通の公園もあるから、と、今度はそっちに移動。
大きな遊具が1個あるものの、そこは大きなお子様が遊んでいる。
うちの子はそれでは遊べないから、と、ベンチにつかまり立ちさせてたら、
やっぱりハイハイしたいようで、結局地べたで遊ばせることに。
大きなお子様の邪魔にならんと良いけど...と思ってたら、
大きなお子様達は、ボーイスカウトの子達だったようで、集合がかかり、
あっさりと撤退。
これは好都合ということで、そこに息子を連れて行ってみました。



無理やり侵入させたら、へっぴり腰でがんばって立ってます。
一瞬ですが、手を放して突っ立ってる姿も見ました!



さて、内部探索です。
ぐるぐるぐるぐると何度も点検に回ります。



お、良い感じのテーブル(?)を発見。
つかまり立ちしてみます。
時にはバンバン叩いて強度を確認。



お母さんのサポートで、見晴らしの良い場所に陣取って外を警戒です。
近くの道を車が通過していきます。
大好きなバスも通りました!


...なかなか息子なりに堪能している感じで、私としては結構満足。
とりあえず外観も撮影しとこう!ということで。



こんな立派な船なのですよ。
上の部分はまだまだ息子には無理ですが、下部分でもちょっと良い気分だよね?
...と思ったら。



↑上の写真の息子部分拡大図。

気分はもう遭難者???
たぶん自力で脱出しようとしたんでしょうけれど、
何かあまりにもあまりにもな姿(^^;

ひとまず、脱出を試みていることなので、このへんにして遊具から連れ出して、
少しだけ何もない地べたでも歩かせたりして。
ただ、結構良い運動になったようで、帰りのベビーカーで非常におとなしく、
家に到着したらあっさり就寝...
なかなか良い感じです。

...ただ、私的には、着させた服が泥だらけになったり(^^;
ベビーカーのクッションも砂っぽくなったし、
一応公園の水道で手洗いっぽいことはしたけれど、シッカリ洗えてるか心配だし、
あれこれ後で面倒でした...
公園でハイハイはたまには良いけど、しょっちゅうは厳しいな。
やっぱり支援センター通うのが一番かな...?

3月10日(月)
今日は、朝から某所に電話してみたのだが、
残念ながら今日はお休みだったようだ。明日以降これは継続。

今日は、生協の配達を待つ日にしているので、
生協の配達を待って、散歩にお出かけ。
でも思ったよりも時間帯が早かったので、
少し遠目のスーパーへお買い物兼お散歩。
スーパーに来たは良いけれど、基本的には食材は今日届いているので、
注文し漏れたものをちょこっと買う程度。

せっかくなので、この近くの公園で息子を遊ばせてみる。

後で、そういえばここの公園も芝生だった!と思い出したのだ。
でも、芝生とはいえ、目立った遊具もない小さな公園なので、
やっぱり息子には興味を引くものがないようで、
その場でゴロンと寝転がって、ベビーカーの車輪をいじってました(^^;;;;;
こんなんじゃあねぇぇ〜...。

再びお洋服を泥んこにして終わったような気がします。
泥んこに強い洗濯洗剤も購入検討すべきかなぁ〜???


3月11日(火)
市民センターに問い合わせ。
そうだろうな、とは思いつつも、やっぱりプレイルームは開放しているそうだ。
消灯しているのは省エネということで、遊ぶ時は特に声をかけなくても良いとのことだから、
今度行って誰もいなくても、スイッチ押して遊ばせてみよう、うん。

今日は支援センターへ行こう!と思っていたら、
出かけようという段階で息子が熟睡。
早速支援センター取り止めて市民センター行きか?と思ったら、
まだ支援センターに行ける時間帯に起床したので、そのままお出かけ。

今日は、私の行ってる支援センターには初めて来る、という
1歳9ヶ月の男の子のお母さんと結構しゃべる。
うちの子もその子を結構目の敵にしてた雰囲気(^^;;;;;;
その子はわりと小柄なのだそうで、1歳6ヶ月健診の際に、
念のため半年後にまた来てください、と言われたとか...。
何か似たようなことを他のお母さんも言ってたなぁ〜と思う。
うちの子はでっかいので少し絞られて欲しいと思ってたが、
小さい方が心労も大きいんだろうな。
たぶん個人差なんだろうけれど、母の悩みは尽きないねぇ...。

このお母さんは住んでる場所も教えてくれたけれど、
我が家からは車があればあっさり近いけれど、
バスも直通がないので、なんだかんだ面倒臭いと思っている場所の人だった(^^;
(市の中心に近いから、そっちの方が便利な場所なんだけどね)
そのノリで、息子の名前も、苗字も教え合ってしまった。
再び会えるかどうかはわからないけれど、
何か不思議だなぁ、こうやって自己紹介するってのも...と思う。
そう思う方が不思議なのかな???



今日のうちの子のブーム(?)はチェーン。
1歳にしてグレてる???

3月12日(水)
ダメだこりゃ
(以下某所より転載)
今日、某所で宣言したので
市民センターのプレイルームに行ってみました。

事前に問い合わせをしていたので、
堂々と受付に何も告げずに、プレイルームに真っ直ぐ行くと、
相変わらず今日も

暗黒

とりあえずスイッチを見つけたので点灯して
靴を脱がして息子をプレイルームの中央部に置き、
備え付けのおもちゃを使おうと思ったら...まぁ仕方ないんだろうけれど
あまり種類がなくて、

息子は無関心(^^;;;;

出口に向かって走り出した!と思ったら、出口(というか入り口というか)に止めた
ベビーカーの車輪をいじり出した。
そして、そのままプレイルームの外へと出かけようとしているので、

もう諦めました☆

とりあえず息子を連れ戻して、
おもちゃを片付け、電灯を消して、地下にお買い物に行って、
そのまま帰りました。

う〜ん...場所は広いんだけれど、支援センターのように、
積極的に子供の遊び場にしよう!という感じではなく、
何かのついでに(横に図書館があるので図書館に来たついでに?)
子供がぐずって仕方ないからちょっと運動させてみようかな?という時には便利、
程度のものに感じる。


ここがもうちょっと設備的に良ければ、
バス代も節約できるし良いかな?と思ったんだけれど、
どうにもそういうものでもなさげ。
期待しすぎました☆

次回は「何かのついでに」利用しに来よう...。
(転載終了)



こんな感じに一目散に脱出しやがりました。

おもちゃというのもですね。
単純な四角い(三角もあったな、そういや)柔らかブロックと、
プラスチックの数字のおもちゃと、大き目の組み合わせブロックだったかな?
とにかく音が出たり転がせたりとかそういういわゆる面白いおもちゃはないんですよ。
赤ちゃんもいない、おもちゃもないじゃ使いようもない、って感じです(^^;;;

あと、上のように脱走も自由だしなぁ〜。
外は土足というものの、つるつるのフロア−だから、
支援センターの廊下との違いなんかうちの子にはわかんないだろうし☆

やっぱり利用者がいないってのは、それだけの理由があるんですねぇぇ...

そうそう、amazonのほしいものリストで情報だだ漏れという噂を聞いたので、
ほしいものリストなんか使ってなかったけれど、仮で作って、設定変更で非公開にして、
名前も変更して、仮で作った時に入れた商品を削除しときました。
別に本名がわかったところで、私のような一般主婦には何の影響もないんでしょうがね...。

3月13日(木)
明日は雨だというので、迷っていたけれど、
支援センターも行くなら今日だなと思って出かけてみた。

(以下某所より転載)
いつもは行かない方の支援センターに行ってみたら、
異様に人が多くて、何事?と思ったら、
手遊びイベントの日だった。
私は狙ってなかったのだが、他の人たちはそれが目的だったようだ。

こういうのは、うちの子喜ぶかなぁ〜???と常々疑問に思っていたのだけれど、
案の定、膝の上にじっとしていてくれない(^^;
手遊びも少しなら喜ぶけれど、ずっとだとかなり辛い感じ...

やっぱり手遊びの日はうちの子には向いてないようだ☆

その後、手遊びも終わり、大勢のいる中、我が息子も遊んでいたのだが...
結構大きなお子様もいまして☆

うちの息子を釣るのに使っていた、
紐を引くとカタカタ揺れながら歩くおもちゃを
他の子が欲しいと言い出すので譲ったら、
しばらくその子を追いかけて一生懸命歩いてたり(^^;
似たような物を見つけたので、代わりにそれを息子に与えて遊ばせていたら、
すぐに別の大きなお子様がやってきて無理やり取り上げたり。
(うちの子もしばらくがんばって掴んでいたんだけれど、大きい子には敵いません☆)

ちょっとうちの子可哀想だなぁ〜とは思うものの、
これも厳しい世間なのよ、ということで、見守っておりました。

たまにだったら、こういう経験も味あわせられるし、
これだけ大人数でも良いのかもしれない...
けど、やっぱりもう少し少ない方が良かったかな?(^^;



あとは、先日(※火曜日11日、おととい)いつもの支援センターで出会って、
自己紹介しあった人とたまたま再会。

私はお母さんの姿を見て思い出したのだが、向こうは息子で気付いたらしい。
今日は人が多いのもあって一緒にべったり遊ぶことはなかったけれど、
あちらが帰る頃には、
息子さん(1歳9ヶ月)が、うちの子の名前を呼んでくれた!

びっくり。
良いお友達になるかも?

...それで、後で気付いたんだけれど、
息子さんの名前に、非常に馴染みがあると思ったら、

うちの旦那の小学校時代からの友人の名前と一緒。
苗字も実は○藤の○が違うだけなので、非常に似ている。


...もしや運命???


でも、学年は一緒になるとはいえ、おうちはちょっと遠いので、
学校が一緒になることはなさそう。

でも、もうちょっと大きくなるまでは、よいお友達で一緒に遊んで欲しいもんです。
(転載終了)


帰り、バス停にいたら、息子が後ろを向いて口をクッチャクッチャやっている。
別に何かを食わせたわけでもないのに何事?と思ったら、
後ろにいた高校生がガムを噛んでいた(^^;;;;
何でも真似したいお年頃、いつ頃うちの子は意味あることをしゃべるようになるかなぁ〜?

3月14日(金)
旦那にチョコレート日のお返しを無理やり要求したけれど、
コンビニジャンクお菓子でごまかされた。
コンビニにももうちょっと気の利いたものがあると思うのだが...

今日は予報で雨だ雨だと言われつつも、
午前中とかは平気だったので、案外散歩できるかも?と思ってたら、
そんなに甘くはなかった(^^;
息子の昼寝もズレこんだのもあるけれど、結局散歩できず、
ちょっとだけ外の空気を吸うくらいしかできなかった☆



ひさびさに着せてみた。
顔立ちが変わってきたのもあるし、ハイハイしだしたのもあり、
なかなか上下繋がったカバーオール姿にする機会がなくなったもんです。
でも今シーズン今着せておかないと、もう二度と着ないんだよなぁ〜...
ちょっと寂しいけれど、息子が成長したと思えば仕方なし。

口にしているのは飛行機のおもちゃ。
おもちゃというか、お菓子が入って売ってるのをコンビニで購入。
中身が減ってカラフルさが下がったので補給したいのだが、
補給用お菓子が売ってないという理不尽さ(^^;;;


某所のご近所さんオフが企画されたので参加予定。
(日程まだ未定)
でもそうするとあれやこれやとネットとリアルが繋がってしまうので、
いろいろ対策せにゃならんなぁと思ったり...。

3月15日(土)
今日は旦那もいるのでお食事に近場にお出かけ。
最近うちの息子はこのファミレスのピザに凝っている。
いや、実際には旦那がピザに凝っているせいなのだが...



どうもパン食が結構好きみたいです。
手で掴めるから。

ここに来る時は、お子様おせんべいは持ち込まなくて良くなったので
ちょっとだけ便利になりました。

ただ、旦那がお休みの時は、わざわざ散歩にでかける率が下がるので、
息子は退屈かな〜?と思っているのですが、
今日は退屈まぎれで、ここの近くの某レストラン(昼休憩でお休み中)の
駐車場で少しだけ運動。



こんなのでごまかされないだろうとは思うのですが、
それでもちょっと運動させられてホッっと一息。
いつの日か旦那を連れて支援センターに行きたいもんです。
(もしくは私抜きで...)

3月16日(日)
せっかく旦那がいるので、昨日できなかったので、遠出(?)
と言っても、歩くには結構遠いけれど、がんばれば歩けるかもしれない距離にある、広い公園。
ベビーカーを押して行くか迷ったけれど、日差しも厳しく、
息子がぐずると嫌だったのでバスで出かける。
息子は最近バス移動が多いせいか、非常にバス好きになりました。
行き先違うバスでも突進しようとするし、
ドアが開くやいなや、順番関係なしに早く乗ろうと騒ぎ出します(^^;
うちの旦那にバス好きだとは言ってたけれど、
実際の息子の様子を見てその恐ろしい好き好きアピールに驚いてました。


到着してみると、だだっ広い敷地は芝生だらけ。
少し奥では家族連れがピクニックを楽しんでいる風。

息子を芝生の上に置いてみた。



これならハイハイでも、そんなに辛くない感じ。
下はほとんど湿ってないし。
着せている服がちょっと動き辛いかな〜?という気はするけれど。



到着した時にはほとんど人がいなかったのに、時間が経つにつれ増えてきた。
遊具のブランコが揺れるのが気になって、ブランコに猛突進。
さすがに接近のしすぎは恐いので、ほどほどのところで息子を回収してましたけど。


途中で、犬の散歩に遭遇。
やっぱりうちの子は再び猛突進。
飼主さんも面白がって、犬に触らせてくれた。
おそらくゴールデンレトリバーなのだが、まだ子犬ということだった。
結構な大きさではあるけれど、かわいらしくて、触っても嫌がらない。
息子もワンちゃんもわきあいあい。
でもあまり散歩の邪魔をしても悪いので、お礼を言って別れた。

しばらく息子はあちこち歩きまわっていたのだが、
疲れたようで、ちょっとぐずり出す。

気分転換に大きな遊具に乗せてみた。



本来はここを渡るんだろうけれど、ちょっとハンモック気分で良い感じ??



ちょっと離れて撮影。
こんな感じ。

日差しはまだ強いので帽子を被っていて欲しいのだが、
嫌がってすぐに自分で脱いでしまうのだ(^^;
何か良い対策があればねぇ...

で、網の上に乗せてゆっさゆっさして、しばらくは気分転換になったものの、
やっぱりちょっと疲れたようで、結局騒ぎ出すので、
本来は2時間くらいを目処にしてたけれど、1時間ちょいで帰宅することに。
帰る頃に見渡すと、来た時よりも人の影が増えていて、ちょっと驚いた。
やっぱり利用する人多いんだな、結構良い公園だもんね。

ところで。
公園には結構鳥の鳴き声がしていたのだが、



ここでもジョウビタキ(オス)発見。
私は最近、マンションを縄張りにしているジョウビタキを見たので、何とも思わないのだが、
旦那がまさか公園にジョウビタキがいるとは!と驚いていて、そっちに驚く(^^;
旦那にとってはジョウビタキは水辺の鳥なのだそうだ...



コゲラ
あちこちの木からカンカンカンカンコンコンコンコン...と聞こえてると思ったら、
コゲラが同時に2羽以上いた。
木がたくさん生やしてあるので、結構住みやすいんだろう。

コゲラとよく一緒にいるシジュウカラも声はしたけれど、撮影はせず。
シジュウカラはもう良いだろう、というのがうちの旦那との一致した意見(^^;
あと帰る頃にガビチョウの美しい声もどこからともなく聞こえたけれど、
昔は奇麗な声だと思っていたのに、今は聞くと萎えるのはなぜだろう...???

とりあえずこんな感じで息子を家に連れ帰って就寝させて、
本日の充実した散歩は終了。


...夜、旦那が、いたち君の調子が悪そうだ、と言い出す。
様子を見ると、確かにいつも元気に悪さばかりしている奴が、ちょっと調子が悪そう。
お腹がパンパンに腫れている...
一応様子を見るに、餌は食べるし、そこまで調子悪くもないかなぁ〜?という気はするが、
確かにいつもほどの勢いはない。
最近私は息子にかかりっきりであまり積極的にいたちと触れ合っていないのだが、
旦那曰く、このお腹の腫れ傾向はわりと最近もあったようなのだ。
ということは、そこまで緊急でもないかな...?
もう夜だし、一応しばらく様子をみて、今週は20日もお休みだから
そこまで待てるなら待って病院に連れて行くか?という話にする。

3月17日(月)
生協の宅配が届く。
もうネットでは売り切れ続出で手に入らないドラえもん変身オールが宅配カタログに載ってたので
90cmのを注文してみたら、
きちんと届いた!(当たり前)
届いた後、ネットで買えるかチェックしてみたけれど買える場所が見つからないのだが、
ネット販売を止めただけで、実はキャラクター物を置いている実店舗には
流通しているのかもしれないなと思った。
それともこれからネットでも買えるところが増えるのだろうか?
これからドラえもん変身オールのシーズン到来??
それにしても、
生協の宅配、侮りがたし!!!
それにしても、うちの子、もうそろそろカバーオールを着せなくなって久しいのだが、
このドラえもん変身オール、いつ着せれば良いんだろう?(^^;;;;;



麻疹・風疹の予防接種に行く。
1歳を超えたら接種するということで、おおよそ20日頃を目安にしようと思ってたのだが、
予定は狂いやすいので(いたち君のこともあるので)
とりあえず早めに対処することにした。

本来、1歳児検診というのは公費で受けられないので、
この時にせめて身長体重だけでも測って貰おうかな?と思っていたのだが、
何だかんだで予約電話の時に言い出せず...☆
予約して午後行っても良いですか?は言えたのになぁ〜...。
(注射の後は安静なので、午前中に打つよりは午後に打って眠っててくれた方が良いし)


梅の美しい季節になりましたねぇ〜...


何かほっとします。


病院では、我々の前に3組くらいの親子がいた。
某所の地元ママコミュで、案外この病院の評判が良いことを知ったのだが、
病院なんかそんなに比較検討できるほど通うことってあまりないもんだし、
特別文句をつけることがなければ、良い病院ってことになるのかな?と思う。
私もまだ予防接種と検診でしか利用したことないけど、格別文句もないし、
悪い病院ではないと思うのだ。
もうちょっとばかり患者が増えても良さそうなもんだけどなと余計な心配をしてみたりして。

予防接種の前に、問診票を書き、検温するように言われた。
問診票は一応書けたものの、検温がちっともうまくいかない(^^;;;
わきの下に体温計を挟んでいてくれないのだ。
あれこれ悪戦苦闘しているうちに、順番待ちしていた家族が減っていくし...
どうしようか?測れませんって言って、診察時に何とかしてもらうか?と
もう諦めかけたのだが、息子の体勢を変えるのに良いかも?と、
用意してあるプレイコーナーに息子を置いてみた。
ばっちり。
息子は大暴れして遊ぶというより、何かをじぃ〜っと地味にいじるのが好きなので、
おもちゃを与えて脇の下に体温計を挟ませてみたらうまく行った。
次回からこのテで行こう!

検温後にもそのまま歩くに任せてみたけれど、
狭いけれど、案外このプレイコーナーも良いもんかも?と思った。



床もこんな感じに工夫されております。

商品名も忘れてしまったけれど、ベビーミッキーの車のおもちゃを大層気に入ったので、
ネットでチェックしようと思ったら出てこない(^^;;;;
古い商品だったのかなぁ〜????


さて、順番が回ってきて、お注射。
今回も先生は非常に慎重に注射されまして、
うちの子がちょっと泣き出しそうになった頃に、無事終了。
最後には机の上に出しているおもちゃで気を紛らわせてくれるという...
やっぱり小児科医のテクニックですなぁ〜。

何か気になることは?と質問されて、いつも「特にない」と言ってしまい
勿体無く感じていたので今回は、
前に耳掃除した時にでっかい耳垢が出て以来、気になって、という話をした。
でもチェックしてもらったら、大丈夫でした(^^;;;
風呂上りに綿棒で拭えば取れますよ、と言われた。
あまり気にしすぎも良くないんだろうな。

とりあえずこんな感じで何事もなく終了。
お買い物をして帰って、注射の影響か、息子も安静に眠っていた。


...さて、その後、旦那がわりと早めに帰って来て、
例の調子の悪いいたち君の様子をチェック。
今日は私はこんな感じで息子でバタバタしていたので、
それほど細やかにみてなかったのだが、
何かやっぱりちょっと元気がない感じ。
お腹もパンパン。
昨日から容態が急変したか?というとそうでもないので、
とりあえず20日に病院に連れていくのは確定にして...ということを言ったものの、
旦那は何か納得がいかない様子。
私も、息子がいなければ、もしくは歩ければ、
すぐにでもいたちを病院に連れて行けるのだが、

重い息子を抱っこする傍らに、病身のいたちをキャリーに入れ抱えながら
動物病院に行ける自信がない。


かつて傷を甘くみていたちを失ってしまっているので、
本来ならすぐに行った方が良いのはわかっているのだが、
やはり物理的状況がそれを許さない。
前回ほどにはすぐの話ではないと、私は思うので、20日まで待つのがベストだと思うのだが...。

妊娠・出産すると、いたちに限ったことではないでしょうが、
里親募集をかける人を良くみかけるものの、
そうせずに育児と両立させている人もいるんだから、と、うちも頑張って来たけれど...
実際にこういう局面になってみると、
やはり育児と飼育の両立って難しいものなんだなと、思う...
もう少しだけ、タイミングがズレていてくれれば、と思うけれど、
運命はそう都合良く展開なんかしてくれないもんですよね...

3月18日(火)
いたち君の様子は相変わらず。
結構旦那が心配している。
餌を食べる量はやや減った感じ、お腹はパンパン、
これは何か調子悪いぞ?という確かな感じはあるのだが、
短期間に急変、という状況でもないので、
20日までこんな感じなのかな?という気はする。

今日は支援センターへ。
何か異様に人が多い!という感じだったが、わりとすぐに空きだした。
「何かあったんですかね?」と残った他のお母様方に聞いても
「何かあったんですか?!」という感じ。
いつもより人が多いという話をするも、残った他のお母様方は
今日が初めてという人ばかりだった(^^;;
後でカレンダーを確認してみたが、特に手遊びとかなかったようだし、
こんな日もあるのかな?なんて思ってたんだけれど...

息子は今日も精力的に歩き回る。
いつものお約束で廊下に飛び出して、何を思ったか、
事務局のドアの前で「たのもーーーー!!!」とばかりの大声を出す(^^;;;;
その声を聞きつけ、職員さんがドアを開けて、特別に中を見せてくれた。

...でも、別に中が見たかったわけではなかったらしく、
結構戸惑っていた(^^;;;

ついでなので、職員さんに人が多い理由を聞いたら、
育児サークルの集まりが午前中にあったとか、そういう話だった。
育児サークルに入っているお母様方も結構いるということなんだな。

今日は息子が精力的なので、午後3時過ぎくらいには
もう他のお母様方も帰ってしまって、
わりとぽつーーーんと取り残されてしまった感じになったけれど、
貸切状態を喜んで、さらに1時間くらい遊んでから帰った。



うちの子はなぜかぬいぐるみが大好き。
いつも、ねこーちゃんやうさっぎぃーのぬいぐるみをしょっちゅう構っているのだが、
今日はこの特大くまぬいぐるみの膝に突進して喜んでました。

今日は、来週支援センターで行われるお誕生会を申し込もうかな?と思って、
写真を持って来てたんだが、職員さんとお話する機会もありながら、
結局言い出せず...☆
お誕生会ってだって何か歌をうたって祝うとか書いてあっても、
手遊び失敗の経験もあるし...。
でも昨日から何か言い出せずに終わってることが多すぎる。
ふがいないのぅ〜


...とか思ってたら、来週のまさにそのお誕生会の日に、
某所の地元のママコミュのオフ会が企画されたので、
そこに参加することにした。

今日申し込まなかったのは、このためかも?(超御都合主義!)


旦那が帰って来たら、
明日、いたち君を病院に連れて行く、と言い出した。
私以上に心配してるのは知っていたのだが、
あさって休みなのに明日行くの?と思ったが、
旦那は水曜日は仕事を早く切り上げる日だし、
今は仕事が忙しくないようなので、タイミング的に良いのだろう。

確かにいたち君はいつもと様子がおかしいし、
このまま放置しても衰弱してしまうのは明らかだから、
もし手術となっても今元気のあるうちにした方が良いし、
一日も早く病院に連れて行かねば、という感じかな。

一応明日連れて行くということで、
フェレットの病気についてネットで調べる。

たぶん、外から触ってお腹の腫れが確認できて、パンパンということは、
脾臓肥大が有力かな?と思うのだが、
脾臓自体が悪いというよりは、他の臓器が悪くて
一緒に脾臓が腫れているということも考えられるし、
脾臓は大きくなったり小さくなったりするという話もある。

一番懸念されるのは、リンパ腫と併発している例が結構ありそうだな、ということ。
リンパ腫と併発しているのが最悪の場合。
でも、リンパにしこりは感じられないので、可能性は結構低そうだ。

次は、フェレットの病気としては定番な
副腎腫瘍と併発している例もあるようだ。

このフェレットも4歳になるので、もう立派な中年。
うちの旦那が初めてフェレットを飼った頃は、
だいたい4歳くらいで寿命というか病気で亡くなることが多かったらしい。
おおよそ副腎腫瘍が出てきても、おかしくない状況ではある。
ただ、これも左なら良いけれど右は難しいとかあるらしいが、
とりあえずよくある病気ではあるので、最悪とまでは言わない、
ある程度これは覚悟しておくべきかな?と思う。

ただ、脾臓そのものが腫れているだけ、という可能性もある。
ただ、こういう場合は最悪をまず考えるべきだから、覚悟だけしておく。

今日は少し早めに就寝して、明日は旦那にいたち君を病院に連れて行ってもらう。
明日はいたち君は帰って来ないかもしれないな、と心配もあるが、
とりあえず病院に連れて行けるのでホッとした。

3月19日(水)
旦那は朝からかかりつけの動物病院へ。
朝、やっぱりいたち君は調子が悪そうだ。
でも、これも今日で少し落ち着くかも?と、
旦那の帰りを期待して待っておりました。

んが。
途中で入ったメールに、「脾臓じゃないらしい」とか報告があったのもあり、
ドキドキしていたのに、「結局やっぱり脾臓だった」という回答あたりから、
アヤシイなぁ〜と思っていたのだけれど、

原因わからず。処置方針も出ず。

正直なところ、

何ぃ〜〜!!!!

と殴りこみに行きたい感じなのですが、
そもそもこのかかりつけの動物病院はほとんど犬専門みたいな病院で(どこもそうですけどね)
さらには複数病院を経営しているので、
小動物に詳しい先生もいれば、そうでない先生の日もあるのだ。
どうやら今日はとりわけ詳しくない先生の日だったようだ。
最初のホテイ作業の時に「噛みます」とあらかじめ言っただけで
かなりビビっていたらしい。
(小動物に詳しい先生は、手から血を流しても平気な顔で対処されて
こっちが面食らったくらいだったのに...)

最初に触診で腫れを確認し、うちの旦那が「脾臓ですか?」と聞いたけれど
先生は、「こっちは脾臓だと思いますが、こっちは場所が違うので...」とか言ってたのに、
レントゲン写真をとったら、逆の部分にまで肥大して回りこんでいたらしい。
もしかしたら?とは言ってたらしいのだが、フェレットの脾臓がそのくらい肥大するというのを
知らないというのはやっぱり詳しくないよなぁ〜...かなり不安。

でも、収穫だったのは、レントゲンを撮ったことで

脾臓が肥大してはいるものの、他の臓器は奇麗で、
特に何の問題もなさそうだ、ということがわかった。


ただ、この肥大の仕方は尋常ではないので、すぐに対処した方が良い
この病院なら、明日、本院(山梨県)に行ってくれとの指示。

どうする?と、旦那と話をしてみたのだが、
実はこのかかりつけの動物病院は近々場所を移動する予定もあるそうで、
特にこの病院にこだわる理由もないので、山梨行きは無しの方向で、
別の病院に行くことにした。
とりあえず、わりかし近い場所にあるのに交通の便が悪くて行っていなかった、
フェレットの飼育関連本にも名前だけよく載っている小動物専門病院にしよう、とだけ決めた。

家に帰ってみても、病院に行ったとはいえ、問題のフェレット君の調子は悪い。
やはりあまり食が進んでいないようで、心配。
病院に連れて行ったのだから、何かもう少し状態が改善されて、
シロップとかお薬とかでも貰って来るものだと思ってたんだが、
結局これじゃ行く前とあまり変わらない...。
明日は別の病院でしっかり診てもらって、良い方向へ動くと良いのだが...

今日はお散歩のタイミングが合わなかったのと、ちょっと天気が悪いのとが重なって、
結局、息子の外出は、近くのファミレスでお食事をするに留まった。
デザートのパンナコッタはそんなに甘くなかったので、ためしにちょびっとだけ、
ぐずる息子に食わせてみたら、発狂したかのように狂喜乱舞しておりました...
恐るべしパンナコッタパワー...

3月20日(木)
雨...
雨の中、いたち連れて行くのも大変だよなぁ〜...と思いながらも、
息子の世話をあれこれしていたんだが、
旦那が一向に出かけようとしないので、昼頃にしびれを切らして聞いてみたら

そこの動物病院、休日は午前中しか診療しないんだ

とかアッサリ言いやがりました。
じゃあ何で午前中に連れて行かんかったのか!ウギィィィ〜!!!!
という感じだったのだが、昨日「すぐに病院へ」の言葉に焦る私とは逆に、
旦那の方はレントゲンを撮影して、
問題が脾臓の肥大だけという事実が確認できて、
少し落ち着いてしまったようだ。
私が病院に連れて行ったわけではないので、このへんの判断はもしかしたら、
先生から直接話を聞いた旦那の方が正しいのかもしらん、と思って、
大量の小言を言いたかったが、飲み込んだ。

でもね、やっぱりちょっと元気がないままなのだよ。
脾臓が肥大して、胃袋を圧迫するせいなのだろうけれど、
食欲がなくて、やはり見ているうちは餌もほんの少ししか食べない...。

でもまぁ、明日乗り切ればまた土曜日で連れて行きやすくなるし、
もうちょっとがんばれ、と思う。

結局昼も過ぎてしまって、雨も止まず、食事に出るのも億劫なので、
とりあえず旦那にお昼ご飯にカレーうどんを作る。
カレーうどんはなぜか息子にもヒット。
1歳児だというのに、この時点からでも、カレーは万人受けするんだな。

3月21日(金)
いたち君は相変わらず...
心なしか血の気も引いていて、鼻のてっぺんが黄色くなっている(本来ピンク)
脾臓の肥大で貧血になるということもあるようなので、
そのせいかもしれないのだが...心配...。
早く明日になって欲しいものだと思う。
旦那は明日エコー撮りに行くと言ってくれてるので...。


今日は息子の皮膚科。
予約をとろうとしたら、予約枠がすべて埋まっていたので、
今日は予約なしで出かける。
ちなみに予約枠が埋まってたのは木曜0時20分頃。
電話忘れてて10分頃に大慌てで電話、繋がったと思ったらこの仕打ち。
でも世間的には、春休みに入って病院に行く人も増えたのかもねぇ?

とりあえず、朝、息子を叩き起こして準備させるものの、
調子が悪そうなので、予約もしていないことだから、と、
結局午後から出かけることにした。
午後は15時からなので、今日はちょっと楽しみにしていた某お昼の番組を観る。

昔ほど熱狂しているわけではないが、昔からファンをやっている人がTVに出演するのだ。
観ていて驚いた。
前にライブで観た時も丸くて驚いたが、更にスケールアップ。
あと、未だに独身なんだ、と。
もう一個言えば、相変わらず喋りも面白いなぁ。
昔からファンをやっている、とは言うものの、もう昔ほど熱狂はしていないけれど、
やっぱり良いな、と思うのはやっぱりファンなんだな、と思う。
TVを録画はしなかったけれど、非常に良い時間を過ごせた。
この番組と俳優のE氏と息子にも感謝。


午後、予定どおり皮膚科に行くと、超混み混み。
出発が遅れて15時過ぎに到着してしまったとはいえ、
まだ開院してなくて、受付に名前を書いたら17番目(^^;;;
これで17番に呼ばれるか?というと、
すでに予約枠をゲットしている人が入って来るから、
実際呼ばれるのは少なくとも20人目以降になるだろう。
うは〜☆
やっぱり予約は必要だよ。

待合室というか待合スペースにはお子様を遊ばせるような場所がないので、
とりあえずソファの上に立たせたり、絵本を見せたりするものの、
どうにも飽きてしまうので難しい...

でも、何だかんだで1時間くらいで順番が回って来た。
比較的スムーズな気がする。

診察も、前前回2週間後に見せるように言われたのを守って来ただけだから、
特に何も問題ない様子で、とりあえずまた1月1回ペースに戻れるので安心。
次回は予約がとれなかったら次の日にしよう...。

薬局で、「あら?さっきの子じゃない」と、皮膚科で順番待ちしていた時にいた
おばちゃん(というかおばあちゃん)に声をかけられる。
持っている食パンに興味津々だったのが何か申し訳なく思う(^^;


今日は、旦那が帰ってから、早めの就寝。
明日行く病院は小動物専門だけど、場所が公共交通機関で行くと面倒なので
余裕をもって行かないと、だよね。

3月22日(土)
旦那は今日こそは早めに出発。
結局昼過ぎに帰って来た。
バスを乗り継ぎ向かったので結構手間取った様子。
乗り継ぐバスは1時間に3本ペースらしいので、
やっぱりちょっと不便な場所ではある。

一応小動物専門医だと思って安心していたのだが、
旦那曰く、そんなに専門医然としているわけでもなかったらしい。
ただ、やっぱり今までのかかりつけとはレベルが違うとは思う。

ひとまずエコーの結果、あまりに脾臓が大きくなりすぎているので
やはり脾臓は摘出した方が良いという結論になり、
手術の予定を来週の火曜日に決めてきた
、と言う。

正直なところ、専門的なところなら、何か手術しなくても済むようなウルトラCがないか、
ちょっと期待していたのだが...とれる手立てなんか決まっているもので。
まぁ、このまま何も手を打たずにいたら衰弱しきってしまうのは目に見えているので、
これで良いのだろう。

前のかかりつけ病院と違うのは、
カケシアという流動食を処方されたこと。 
手術日までに太らせてくださいということらしい。
食欲不振のための対処をしてくれたのがありがたい。
前のかかりつけでも、昔亡くしたいたち君にはウォルサムの高栄養流動食をくれたもんだけど、
よっぽど慣れないお医者さんだったんだなぁ。転院正解。

ただ、カケシアをシリンジ(注射器)で食べさせるのだが、
いたち君はあまりうまく食べられない。
とりあえずバイトを混ぜ、一口二口、口にするだけ。
あとは、あまり好ましくないと言われている、嗜好性は高いけれど
栄養価がちょっと低そうな餌ばかり食べている。
食べないよりはマシだから、と、とりあえずそんな感じで食事を見守る。
背中も背骨がくっきりしてきて、本当にやせ衰えた感じがする...
火曜日に手術、と言うけれど、このまま衰弱が進んだらどうしよう?と思うのだが、
容態が変わったら連絡するように言われているので、
その点だけ、ちょっと安心かも。

午後、お食事にお出かけ。
アテもなく、ひたすら遠くを散歩しまくって、お食事処を探すもあまり良いものがなく...
結局、むかーし1回行ったきりの中華屋さんに入った。

息子はラーメンも結構好きだから、と、ラーメンを食べさせてみるのだが、
今日はうっかり水筒を忘れて来たので、結構喉が渇いているんじゃないかと
レンゲ(スプーンを置いてなかったのだ)で水やりをしたら、
そのレンゲを取り上げて、あちこち叩いて遊んでやがりました(^^;;;;
そこまでは良かったものの、調子に乗っていきなりポイッ

ガチャン☆

そのレンゲは陶器だったので、しっかり割れてしまいました...あわわ...
最後の会計の時に誤ったけれど「大丈夫ですよ」とは言われたものの、申し訳なかった☆


その後、旦那がなぜかどこかにずんずん歩いて行く、と思ったら、
どこかの公園ガイドに載っていた公園に息子を連れて行ってくれた。
ちょっと傾斜のきつい場所で、そんなに広くはないけれど、
芝生が一面に生えていて、近くを電車が通るので、それを見るのも息子には楽しく、
なかなか良い公園なのかも?と思った。
花も色とりどりの梅が雰囲気良いし。

線路脇にある公園なのだ。 ベンチの上に乗っかってご機嫌。

ただ、芝生の上に放っても、結局ベビーカーで遊んでいるので、
そんなに面白いわけではないのかもしれない...。

こんな感じで、帰り道も普段と違うところを通って、
行ったことのない公園(のようなもの)でもう少し遊んでから帰った。



※何かが違う気がするのはきっと気のせいです。

いろいろまだいたち君に関しては不安があるものの、
充実した土曜日になりました。

3月23日(日)
旦那、力尽きる。
いたちを病院に連れて行ったり、家族サービスしたり、
ちょっと善行をしすぎたのか、風邪ひいて寝込みました(^^;;;

いたち君のカケシアは、旦那にお願いして食わせて貰っていたのだが、
こんな状態なので私も習ってお食事させてみる...
が、シリンジは強制給餌スタイルなので、どうにも食わせ辛くて、
結局たくさん作ってもあまり食わずに終わっている...。
旦那は栄養価の少ない餌なら食べる、キャリーの中に入れとけば、と言うものの、
私の見ている間には食べなかった...。
うむむ...。


旦那とともに、息子もちょっと調子悪い感じだったせいか、
お散歩時間がズレる。
ご近所の公園でも回って終わりにしようかとも思ったのだが、
あれこれ食材不足なので、買出しに。
(雑炊に卵は必須、とか言う人がいるので...)

息子用に買ったデコポンを、旦那に奪われる。
そんな予感はしてました。
どうせならイチゴ買えば良かった。

息子も調子が悪いのか、好き嫌いが激しいのか、
今日はあまりお食事を食べない。
(乳は飲む)


夜、いたちの放牧が終わってから、例のいたち君だけを残して、
カケシアを食べさせてみる。
朝は水で溶いたけれど、夜はしっかりお湯で溶いてみる。
相変わらず食べない。
食べないだけでなくて挙動不審...。
すぐに奥まった場所、キャリーの中などに潜り込む。
シリンジの先の臭いはちょっとだけ嗅いだりするので、
何となく朝よりは興味をひいてはいそうなので、
思い切ってシリンジは止めて、指につけて舐めさせてみる。
舐めた!!!
でもすぐにぷいっっと狭い場所に入り込むので、
それを追いかけながら指を突き出しながら追いかける。
やっぱり本能で身を隠したくなるくらい、弱っているということなんだろうな。
暗くて狭い場所だと落ち着くようで、電灯の下よりは食が進むようだ。
...ただ、やはりいつもほど量は食べられない...。
まぁでも、朝に比べると格段に食べている。
ほんの少しではあるが、食べてくれて良かった。

正直なところ、この挙動不審な動きを見て、
衰弱とか最悪な予感がしたものだけれど、
カケシアはウルトラハイカロリーとのことだし、多少は持ち直してくれるかも?と思う。
とりあえずシリンジの給餌は止めて、お湯と指の食事でがんばろう...。

3月24日(月)
朝のいたち君の調子は、ほんのちょっぴり上向きな気がする。
昨日の夜、少しカケシアを食べた、という認識を
私が良いように解釈しているだけかもしらんのだが、
昨日の夜のように、すぐに狭くなってる場所、暗い場所に逃げ込むような態度はなく
元気ではないが、昨日ほど挙動不審には感じない。
カケシアも、昨日と同様に、お湯で溶いて指で食べさせると食が進む。
でもやっぱり少量だけれど。
目先が変わるかも?と、まだ開封してなかった餌を与えてみたら、
少しだけだけれど食べた。
目先が変わったのか、少しだけ食欲が湧いて来たのか、良い傾向だ。

食べられる量が決まっている時に、カケシアをたくさん食べさせるのと
普通の餌をたくさん食べるのはどっちが良いの?
と旦那に聞いてみたら、
普通の餌を食べさせる方が良いと言われた、とのこと。
カケシアはあくまで無理やり食べさせたい時用ということなんだな。

別のいたち君がちょっとお腹の調子を崩しているのがちょっと気になる。


旦那は復活して会社へ。
明日休むし、今日は出ておいた方が良いだろうしな。

息子はちょっとダウン。
明日はオフ会に連れて行く予定にしてはいるものの...微妙だなぁ〜...
今日は寝込んで欲しいので、外出は無し。


一応、明日のいたち君の手術に備え、脾臓の情報をチェック。

●フェレットの巨脾症 (脾腫) FAQ


フェレットの脾臓の肥大というのは、やはりよくあることのようだ。
そして、基本的には原因不明のままという感じのようだ。
ある種の感染症では?と疑えるが、研究が進んでいないので、
そのへんもは確証できるものではない、すなわち、感染症の治療に、という話にはならない、と。
ここに書いてある摘出するしないの判断基準から言うと、
うちの場合は食欲不振、衰弱に繋がっているから、やはり切除した方が良いのだろう...。

●フェレットの脾臓(エキゾチックアニマルの診療ノート)

一応、こういう手順を踏んで判断された切除ということだとは思うけれど。
リンパ腫やインスリノーマ、アリューシャン病などはよく聞く病気...。
こういうの、本当にすべて可能性は潰してあるんだろうか?
ちょっと不安...
でも、今回かかる病院は、フェレットも結構診ているはずなので、大丈夫だとは思うが...
大丈夫と思いたいだけなのかもしらん...わからん...。

他にも脾臓摘出体験の個人ブログも数件チェック。
脾臓摘出してよかった、もっと早くに摘出してもよかったと思った、の記述を見つけて、
ちょっとだけ気が楽になる。
どうも脾臓肥大は4歳以上のオスによくある病気らしい。
4歳ってのは結構中年なのだが、6歳以上の老齢になってから発症していたら、
手術という選択肢はしたくても、なかったかもしれない。
実際老齢で脾臓肥大も持病と書いてあるサイトも発見したし...。
だから、若いうちに発症して、まだ良かった、と思っても良いのかもしれない。
少しだけ前向きになれたような気がする。


夜食に湯豆腐を作ってみる。
病み上がりには湯豆腐は良かったようだ。
昨日食材買出ししておいて良かった。
昨日はせっかくリクエストの雑炊を作ってもダメだったけれど、
ポン酢と豆腐は結構利くみたいだ。

...それにしても。
息子は明日、どうしようか???

3月25日(火)
早朝、今日の準備をせねばとあれこれバタバタしてたら、
息子も起きてしまった。
普段息子は午前中は熟睡しているのだが、今日のオフは午前中開催。
本当はギリギリまで寝てて欲しいのに...。
さらに最悪なことに、

出発予定の10分前くらに寝だした...orz


結局予定時間10分近くオーバーさせて、
ギリギリに叩き起こして連れ出しました...
オフ会主催の人が「できるだけ時間までに来てください」と言ってたのに...と
焦りながらベビーカーを押しつつ走って、

到着したら案の定遅刻(5分程度)☆

でも、3番目でした(^^;

その後さらに遅くなって2組来たので、もう少し粘れたか?とか
良からぬことを思ってしまいましたよ...。


というわけで
オフって来ました。
(某所の日記転載)


今日は、地元のママコミュのオフ会に参加してきました。
なかなか面白かったです。

今日の参加者は親5名、お子様7名で、
お子様は確か6歳、3歳、2歳7ヶ月、1歳半、1歳(うちの子)、8ヶ月、7ヶ月という感じ。

上の4名は歩き回れるし、下の2名はハイハイはできず、で、
ハイハイで動き回るのはうちの子だけ、というのもあってか、
最初から他の子と戯れずに、一人あっち行ったりこっち行ったりしてましたね(^^;
何で戯れないかなぁ〜?と思いつつも、私もそれにつきあって、
じっくりママさんたちのお話の輪に入る、という感じでもなかったので
私の血筋なのかもしらん...いかんのぅ〜〜☆


おもちゃに関して。
一応私も何個か持ち寄りましたが、
主催の方が大きな遊具(折りたためる!すごい)を用意されてて
動き回れるお子様達はそれで一生懸命遊んでいて、
うちの子も興味はあるようなのに、一歩を踏み出さない...。

もしや、息子を端に入れて置いて、
私が反対側から声をかければくぐって来るかも?


と、期待を込めて息子を端の部分に放り込んで、逆に回ったら...
騒ぎ出した(^^;;;;;
結局、こっちだよ〜と、遊具越しに呼んではみたものの、
息子は遊具から脱出して他の方向へ...

親の思い通りにはならないもんです☆


結局うちの子はそのへんのおもちゃにはあまり興味を示さず、少しボールで遊ぶ程度で、
ちょこっと他のお母さんに愛想を振り撒いたり、
部屋の端に行ってつかまり立ちをしてみたり、
という感じだったかな?
でも、つまらない、という雰囲気でもなかったです。
普段は午前中に寝ていることが多くて、
今日は、寝てるのを叩き起こして来たせいもあってか、
ちょっと本調子ではなかっただけだと思われる。
それを証拠に、後半は眠くなって大騒ぎし出して、申し訳なかった...☆


で、おもちゃに関して。
うちから持って行ったおもちゃは、まず布ブロックおもちゃ4個。
それはうちの子にはあまりヒットしなかったのだが、
場所広ければ案外遊ぶか?と思ったら、
やっぱりヒットせず(^^;;;

その他はマラカス起き上がりこぼし(ウォブル・ボブル)

マラカスは対象年齢1歳半からということで、
まさに1歳半の男の子が結構遊んでいて驚いた。
これはちょいちょい遊ばれていたので良し。

ウォブル・ボブルくんはうちの子のヨダレが心配で、持って行く前に洗ったら、
何か鈴の鳴りが良くなくなっていたのでちょっと残念な感じ...(^^;;
これもヒットせず。



んで、そんなにヒットしないかもしれないけれど、うちの子は好きだし、
コンパクトに収納できるから、と持って行った
カップのおもちゃ(パンパとカップかさねてあそぼ!
※定価はこんな価格ですが、某赤ちゃん専門店でもっと安く買った記憶が...。
これが思いのほか大ヒット。
うちの子は重ねられたカップを壊すのが専門なのだが、
年上のお子様はすでに数字を知っているので、順番に重ねるのが楽しくて、
でも弟さん(1歳半)はうちの子と一緒で壊したい、ということで、
重ねては誰かが壊し、変な形に重ねたり、組み合わせたり、と、
いろんな遊びを楽しんでいた。

う〜む、案外と長い期間楽しんで遊べるおもちゃなのかも?とちょっと見直した。

ついでに、これは帰省した時にうちの長女が買ってくれたものなのだが、
うちの長女の評価もちょっとだけ上がった。


全体的なことでは。
お母様方と私が中心になって話すことはあまりなかったのですが(^^;
幼稚園の話を拾い聞きして、ふむふむと思ったり...。
え?プレって何??状態。
プレ幼稚園という存在を初めて知りました。お恥ずかしい...)
参考:読売新聞の記事

何でこの地元は廃れちゃったんだろうね〜?という話に、
車を運転する人の不便さを知ったり。
ちょっと面白かった。


あと、最年長の女の子が、「将来は歌手になる!」ということで、
最後に歌を披露してくれた。
フルコーラスは「某曲(※自粛。あとで書きます。)」だけだったかな?
他には「思い出のアルバム」が途中断念...

不思議なことに、うちの子はもうぐずりまくりだったのだが、
彼女が歌い出したら、 ぐずるのを止めて、
彼女のそばまでハイハイして近寄っていた。

...で、終わったらまた泣き出したんだけど(^^;

やっぱり歌とか好きなんだな、たぶん。

その後は、解散だったのだが、割り勘の会場費は90円(^^;
総額450円だったそうで、かなり拍子抜け。
でも広さもそんなにまでだだ広い感じでもなく、程よく良い感じ。
またここでオフだったらぜひ参加したいという感じでしたよ。
ただ、ここの駐車場は結構高いようなので、そのへんネックみたいですけどね...☆


その後は、お疲れの息子をさっさと家まで運びたかったのだが、
いたちを病院に運んだ旦那と落ち合って外食して帰ることに。
息子はちょっとだけ目先が変わって、少しは気分転換したようだったけれど、
結局は騒ぎ出したので、ささっと食事して、ささっと帰ることにした。


オフは楽しく無事終了したものの、いたちの方はどうだろう?
特別連絡がないようなので、大丈夫だとは思うけれど。
実はここ2日くらいは調子を取り戻してはいたのだが、悪い方にさえ転ばなければ、
元気になってくれれば良いと思うのだが...。
(転載終了)


※上で記述自粛した歌のこと。
ちょっとひっかかったので、後日検索したら、やっぱりという歌でした。
彼女は卒園式に歌ったということで、記憶も新たに歌ったようなのですが、
実はこの曲は以前に著作権関係で揉めたあの曲なのです(^^;

調べてみたら、著作権関係の裁判では、完全敗訴。
この曲は、別の曲を勝手に編曲したものとみなされており、

公共の場で演奏するには、本来の著作者である作曲者や管理者のみならず、
大元の曲を作った作曲者と管理社の許可が必要。


ついでに、裁判までして争った問題になったので、

大元の曲を作った作曲者と管理社は、許可しないと名言、
公共の場で演奏することは事実上不可能になった


という記述を発見...。

よくわかりませんが、たぶん無許可で卒園式に歌ったんでしょうねぇ...。
ただ、著作権法違反は親告罪ですから、著作権者が訴えなきゃ罪にはなりません。
この曲ももともとは口煩いあの団体管理曲だったものの、
裁判後は管理曲から外されてるのも、もしかしたら幸いしているかも?(^^;

でも初めてまともにフルコーラス分の歌詞も聴きましたが、結構良い曲ですね。
不幸な運命をたどった歌ではありますが、こうやって影で(?)歌い継がれて、
いつの日か大元の曲を作った作曲家がお亡くなりになり、50年後、
著作権が切れた時には大元の曲ではなく、こっちが残ってる可能性もあるな、と、
そういう力のある曲に思いましたよ。
アングラで歌い継がれて欲しいもんです。


いたちくんの手術完了
朝はわりと調子良かったので、もしや手術止めて経過観察になったり...?とか
淡い期待をしてたものの、でもやっぱりしっかりきっちり手術して
入院無しで帰って来ました。

(某所の日記転載)
帰って来ました。
午前中に病院に行って、午後6時頃お迎えに行って、
今はサブにしている小さな小屋で就寝中。

とりあえず手術は無事完了して、病院で食事もしたので、
食欲もだんだんと戻っている感じ。
ただ、まだ家で放牧してもキャリーにすぐ入ってしまうので、
本調子ではないんだろうな。

病院からは抗生物質1週間分を貰い、
1週間後にもう一度来るように言われた。

(お腹に糸が残っているので抜糸のためだろう)

血糖値が下がっているのが気になるということなので、
こまめに食事をさせるようにしないといけない。

少なくともこの1週間は息子と一緒にいたちくんもこまめに世話せねば...
大丈夫かな?

摘出した脾臓は病理検査するかどうか言われたらしいが、
特に必要に思われなかったので、検査しないことにした。
その代わり、大きさを聞いたら200gだったそうだ。
彼の体重は1.3kgなので、人間の体重で考えたら10kgくらいか?
結構な大きさだよなぁ〜...

とりあえず、旦那情報では、
これだけ大きくなった脾臓は、
自然に小さくなることはありえないと言われたそうなので、
これでよかったんだろうと思う。


とりあえず、経過が良く過ぎることを祈る。
(転載終了)

3月26日(水)
いたちくんはカケシアにバイトを混ぜなくても食べるようになった。
昨日に比べるとだいぶ鼻の頭がピンク色になったし、
普通の餌もガツガツと食べる。
脾臓摘出経験者のブログでも、翌日からものすごい食欲で元気になって驚いた、とあったけれど
我が家の場合もそんな感じ。
血糖値を上げるために、定期的に給餌するように、とはいえ、
普通の餌もわりと食べている雰囲気。
ためしに、今まで喜んで食べていた栄養価の低い餌に、
もっと栄養価の高い餌も入れておいたけれど、どちらも食べている感じ。
良し良し、この調子でどんどん体重を戻してちょうだい!という感じ。
とりあえず、放牧はまだ自粛ということで、他の元気ないたちだけ放牧。
何か小さな小屋に入れないことと、隔離されているいたち君の存在が
他のいたちは不思議な様子...。


お昼ご飯に、ラーメンを作って食べる。
普段はある物を食べて済ませるのだが、何となくラーメンな気分だったので作り、
息子に少しお裾分けしてみたら、結構手づかみで喜んで食べてた。
でも少しだけ残ってる状態で、お裾分けした皿をひっくり返してしまったので、
そこで皿を引っ込めたら、ちょっと何か言いたそうな顔になった。
おまけでさくらとうふを食べてみたら、これはデザートだった。
あまり甘くないから息子にも少しあげるか?と、これもお裾分けしたら喜んでいた。
ほんの少量だったので、食べきって皿を下げたら怒り出した(^^;;;
なので追加でさくらとうふをもうちょびっとだけあげたら、何とか気が紛れた様子。
最近好きな物ばかり食べるので、わがままちゃんになってきたなぁ〜と思う...。

お買い物にお出かけ。
いろいろ買出しせねばならぬものが多くて☆

買い物途中で出会ったおばちゃまに、うちの子が1歳になったばかりだと言うと
「カレーとか好きでしょ?」と言われた。
でもまだカレーは早いかな?と思いつつも、カレーうどんは好きだし...ということは言ったけれど、
そのおばちゃんは「カレーって言ってもお子様向けのカレーよ?」と言ってたので、
念のため調べてみる。

カレーの王子様って1歳から対象なのか!!
もう少ししたら作って食わせてみるかな???

あれやこれや買出しして家に帰ったものの、
買い忘れ品を1個思い出す...。
別に明日にしても良いのかもしらんのだが、明日は出かける予定なので、
これは息子の眠ったのを確認して、私単品で近場のスーパーまで行く。
近場にスーパーがあるとこういう時に便利ね、ホントに。


買い物から帰ってTVを点けて、「ドーラといっしょに大冒険」を久々に観ようとしたら、
ダイエット番組に。
また一時的な放送休止かな?と思ってネットをチェックしたら、
放送終了だった...orz
教育にはあまり良くないのでは?と思う表現もあったものの、(あったからこそ?)
楽しみにしてたのに残念だ☆
復活を望むぞよ...


旦那は水曜なので早めの帰宅。
旦那が帰ってからいたち君の様子を見たら、
もうそろそろ放牧されたがっていたようだ(^^;;;
経過が心配だったけれど、この調子なら良い感じだ。
ホッっとしたよ...。

3月27日(木)
(某所の日記転載)
今日はお出かけするつもりでいたのに、
いつまでたっても息子がちっとも眠らないので、
仕方なく昼過ぎ、眠らないまま連れ出そうとしたら、
今度はお出かけ準備がバッチリ整ってから就寝...

私のこのお出かけしよう!の衝動をどうしてくれよう?と思って
とりあえず私だけ、近所のコンビニに向かった。

そこで発見したのが

バンダイから発売中のバブリーバブルバス

今はうちの子と一緒に入っているから使えないんだけれど、

いつか使いたい!!!

ということで、後先考えず衝動買い。
お出かけしようの衝動が変換されてしまいましたね。


それにしても、対象年齢15才以上...
う〜ん、いつ使えるようになるかな...

これは一箱一回分、10枚入りらしいのだが、
今後、いずれもっと薄型にして100枚使用できるタイプの改良版も出て欲しい...
(転載終了)

さて、その後、結局放っておいたら、午後5時頃起床。
う〜む、昨日もほとんど運動できていないし...ということで、
近場の公園に、ちょっとだけお散歩。
桜が見ごろですなぁ〜...
あちこちの公園で、地べたでハイハイする息子なのだが、
ここの公園は不思議なことに一度地べたに四つんばいにはなったものの、
起き上がってベンチにつかまり立ちスタイルになって落ち着いていた。
どうも、このベンチを叩く音がお気に入りの様子(^^;
確かに鳴りが良いもんね。
鳴りの良いベンチのある公園、おすすめです(?)

そんなこんなで散歩もしたんだかしないんだかな感じで帰ったら、
わりと早い時間に旦那から帰るの電話。
...ま、それは良いとして。
携帯電話の好きな息子なので、
操作ロックを確認してから手渡して遊ばせていたら、気付けば、
片手で電話を持ち、耳というか首というかに当て、
「バブバブッ...バブッ...バッバー...」
何やら会話している...!!!

うわ〜!電話の真似してる!

何でも真似したいお年頃なのね〜。
お母さんそっちのけで会話に夢中でちょっと面白かった。
ただし、電話の向きが逆だけどね(^^;
(上下は合ってるがダイヤル面を外側にして持ってた)


いたち君は順調に快復中。
毛を剃られたお腹にもうっすら毛が生えて来たし、
食欲も多いに回復して、普通の餌もバリバリ食べる。
病気の前と同様に、銘柄にもこだわらずバリバリ。

そして、他の子が小屋の外にいるのに影響されてか、
小屋から出たがっているので、ちょっとだけ他の子と合流させてみた。
他の子が不審がって臭いを嗅いだり、付回したりで、これはちょっと居心地悪そうなので、
とりあえず早めに合流切り上げ☆
お腹の糸をいじられても嫌なので、まだまだ同居はできないのだが、
もはや新人扱いになってしまったのか?と少々療養中のいたち君に同情するとともに

数日前まで一緒に暮らしてたんだから、仲間くらい覚えとけ!

他のいたち君たちには言いたい...(= =;;;
案外いたちってそんなもんですな...

3月28日(金)
なんと!有給消化のため、
旦那は会社をお休みしやがりました(^^;;;
いたちのために休ませて申し訳ないとか思ってたけど、
年度末で有給消化になって良かったのかもしらん。
仕事も一段落ついてた時期みたいだし。

とりあえず、せっかくお休みになったことだし、
桜も見頃なので、混まないうちにお花見スポットになっている近所の神社へ行くことに。
週末に行っても良いのだが、混み合うのと、酔っ払いの大量発生の中、
ハイハイ歩きの息子を遊ばせるのもどうかと思うので(^^;

でも、その前に、ひとまず腹ごしらえをしにお出かけ。
平日の昼だから?結構混み合っていて、ベビーカーで行ったら肩身狭いような場所に置かれる。
(ファミレスなのに)
途中までは息子は調子良かったものの、しばらくしたら騒ぎ出した☆
ソファの上に立たせていたのだが、どうも床に立ちたいと言っている雰囲気...
仕方なく、靴を履かせて下に置いてみると、ハイハイしてどこかに歩き出したい様子...?
大慌てで再びソファの上に連れ戻したものの、よく見たら、ハイハイする先に、
お子様連れがお食事中だった。
どうも、そのお子様達の下に行きたかった様子...(^^;;;

我々よりも目が良いので、いらんところに目が行っていかんですな。

とりあえずあれこれ騒ぎ出したので、ファミレスを後にし、
さぁ花見へ!と思ったら...息子就寝...(^^;;;;;
せっかく寝ているものを、わざわざ遠くまで連れ出すこともあるまい、ということで、
でも桜はちょっと見たいので、近場の公園で我慢することにした。

近場の公園でも、桜は超見頃。
宴会するような場所ではないけれど、桜を鑑賞するだけなら公園でも充分だな、と思った。
カメラで写真撮影をして、さて帰るか、と、ゆっくり桜の下を進むと、
ハラリハラリと桜が散る。
あー、満開だと思ってるともう散っちゃうんだよね、なんて思って落ちた花を見ると、
根元から、花びらがしっかり揃った花がまるまる落ちている。
あっちにはつぼみがそのまま落ちている。
そしてまだまだ同じような場所からポトリポトリ...

上を見たら、まぁたくさんのメジロが桜に止まっている。

メジロもそんなに珍しい鳥ではないけれど、鳴いていなかったらなかなか発見し辛いもんだが、
この満開の桜の木の下では、落ちてくる花の先を辿ったら確実にいるんだな(^^;;;
そんなこんなで、帰りかけだったけれど、車通りが少ないのを良いことに、
ちょっとずつ写真撮影。
結構とれた。

とれた写真を後でチェックしたら、案外メジロ写真少なかった(^^;
これはメジロ。
顔が写ってないけれど体の色でやっとこさ判明。
これはヒヨドリ。
まぁいるだろうねぇ...という感じ。
普段から声もよく聞くし肉眼でも発見しているので。
スズメ。
メジロがいっぱいいる!と思ってたら
案外スズメだったりするのでガッカリです(^^;
何羽もいる!と思った大半だったかも?
ま、何の鳥かはわかりませんが、こういう桜の花が
一箇所に落ちてきたら、その上に確実に鳥がいます。
桜可哀想に...。

家に帰ると、息子は相変わらずぐっすり。
それを良いことに、久々にゲームをやってみる。
やっぱり腕が落ちていてむむむ...☆なのだが、
思いのほか息子が眠っていてくれたので、前にやったとき以上に楽しめた。
息子はまだ参加できないけれど、こうやって遊ぶのもそんなに難しくなくなってくるかもね???

3月29日(土)
(写真は後で追加予定。)

思いつきで、旦那の実家が所有している別荘へ一泊旅行。
朝方いきなり電話したにもかかわらず、弟さんが運転手をしてくれて、
ご両親も来客中だったにも関わらず、夜から合流。
本当に、ちょっとしたイベントとなりました。

行きの車で、息子は結構良い感じに大人しかったものの、
やはり、ウトウト状態の時に信号待ちにひっかかると騒ぎ出す(^^;;;;;
信号待ちだから仕方ないのに「動け〜!止まるな〜!!!」と騒ぐのだ。
旦那の弟さんは、赤ちゃんが車で寝るのが振動の影響なら、
振動つきチャイルドシートを開発すれば良いのに...と言ってたものの、
振動で眠るのかしらね?

今日は花見客が多いのか、お天気が良いのが影響してか、道は混み混み☆
普段はもっと早くに到着するというけれど、少々時間がかかりそうなので、
途中でお昼ご飯を軽く食べることに。
お昼ご飯はラーメン。
お座敷席に通されて、息子にもお裾分けして食べさせるものの、
弟さんがじっと観察していた分では、手づかみで10回中3回くらいの割合で食べていたらしい(^^;
食べ終わったら麺がそこらに散乱しておりました☆
外食業界はお子様連れは結構厄介だと思ってることでしょうね☆

お食事をして少しお腹が大きくなり、道も有料道路を使って信号もなくなり、
息子はすっかりお休みに。
有料道路は海沿いで景色が良いのに勿体ないわねぇ〜?と思わないでもないが、
わざわざ起こすのも勿体ないのでそのままにしておく。

別荘に行く前に、日のあるうちに少し遊ぶか?ということで、海のある場所へ。
そこで、たまたま遊覧船の最終便に間に合うことがわかったので、
船に乗ることにした。
その頃には息子ばっちり起きておりました。
乗り込むことになった遊覧船の図。海賊ちっくな外装。
ちなみに手前の家族は我々とは一切関係ございません☆
船横にカモメがいる!と喜んで撮影したら、
我が家近くの川にもたまにやってくる
ユリカモメでした☆ありがたくねーー。

船は、最終便のせいか、普段からこんなものなのか、案外空いていて、
広い席に息子は足を伸ばして立てるのが嬉しい様子。
船に関しては、そんなに嫌いでもない感じかな?嬉しいかというと微妙だけど(^^;
船内ではカモメにあげても良いし食べてもよいということでかっぱえびせんが売られていた。
おかげで後ろから大量のカモメがついてくる。
なかなか壮観な風景。
もっと迫力の写真もあったような...
こんな感じで夕暮れの海を走る船に、
ひたすらついて来るカモメ軍団...
横の窓からは遠くの島も見られます。
船内のガイドさんがいろいろ説明してくれたけど
土地カンがないので忘れた(^^;
そばを飛ぶので、カモメもこんなに近くで撮影できた。
すげ〜!!
ミズナギドリは一生懸命撮影しようとしたけれど、
これが限界かな?
やっぱりカモメとの違いがイマイチわかりません☆

そんな中、遠くの方を、海面ギリギリに飛ぶ海鳥を発見。
何だろうね?カモメ?という話をしていたら、ガイドさんが
「あれはミズナギドリです」と言っていた。
カモメとはどう違うのか調べないと...ということで調べましたが。
ミズナギドリ目、というのがあって、アホウドリとかオオミズナギドリが属しているそうで、
ミズナギドリという鳥そのものがいる、というわけではなさそう。
でもまぁたぶんオオミズナギドリあたりでしょう、たぶん。

そんなこんなで、クルーズは終了。
その後、地上のスタッフさん(4歳の子持ち)とお子ちゃまはカレー好きという話をした。
カレー、今度作ってみよう...。

別荘に着いてみたら、標高の高い場所にあるせいか、
もっと温暖だと思ってたのに案外寒かった(^^;;;
暖房設備は整っているので大丈夫なんだけど。
旦那と弟さんはTVで釣り番組を観ている。
お土地柄ってわけじゃないだろうが、釣り番組が終わったと思ったら別の釣り番組開始。
不思議...。

外で奇麗な鳥の声が聞こえる。
うちの家あたりで聞いたなら、間違いなくガビチョウなんだろうが、
何となく一生懸命奇麗にさえずってる雰囲気なので、もしかしたらオオルリあたりかもしれない。
ガビチョウでなければ何でも良し。風流やね。
(さえずりは「ことりのさえずり」HPで両方聞けそうです。)

お義父さんお義母さんの合流するのが予想外に遅くなってしまい、
息子は少々ぐずり気味☆
でもそのおかげで、外のお店で待ち合わせしていたため、店でぐっすり眠っていてくれた。
タイミング的にはバッチリだったかも?

お店はご両親オススメの店ということで、一足先にお店に到着していたお義母さんが
有無を言わさず刺身定食を注文済み(^^;;;
メニューも一応見させてもらったものの、出てきた刺身を見てビックリ。
かなり豪勢な感じで良かった。

こんな感じの刺身。
スゲーーウメーーーサスガーー!!な感じは、
正直なところないんですが(^^;;
(鮮度勝負な食材が少ない気がしますし)
結構な量で満足。
定食全体はこんな感じ。
刺身を食べきる前にご飯が無くなる、というのが
基本らしい。
納得。
...ただ、うっかり本わさびを使いすぎてツーン☆な時もありましたけどね(^^;;;;
この店は結構有名な店だったようです。
店を出る時に、息子は起きてしまった☆
でも別荘まで遠くなかったので、ま、それはそれで良し。

ただ、到着すると、さっきまでぐっすり眠っていたくせに、まったく寝ない(^^;;;;;
まぁうちの実家で実証済みだけれど、人が多いと興奮してしまってダメなんだよな。
何度か授乳したり、あやしたりしたけれど、もうだめ。
とりあえず起きるに任せておいた☆

...というわけで、本当は息子のお風呂を、食事前に入れようとして、タイミングが合わず止め、
眠ったから、明日の朝にしようと決めたものの、今起きているし...と言うことで、
お風呂に入れることにしたのだが...
大泣き(^^;;;
うちの実家でも初日は大泣きしているので、たぶんそういう要素が多いのだろうが、
別荘のお風呂は温泉が出るので、気分を出した風流な石があしらってあったり、
全体がタイル貼りだったりするせいもあるかもしれない...。
お義父さんが入っている時にこっそり旦那が息子を投入したのも悪かったかもしらんし。
(後で大慌てで旦那が引き継いだけど、ダメ)
でも、もう一つ、後で私が入った時に思ったんだが、温泉が塩泉なので、
顔を洗うと目が痛い☆
あんま関係ないかもしらんですが、引っかき傷の多い息子には染みたかも?

それにしても、温泉のお風呂というのは風流な感じがしますが、
風呂釜が痛むので追い炊き機能をつけていないというのがちょっと辛いところです。
(温めたい場合は水道水の温水を足すのだ)

そんなこんなで大泣きした息子なのに、しばらくしたら
弟さんから菓子パンを貰ってご機嫌に(^^;;;
食い物で気分転換になるからお手軽で宜しい。

とりあえず、こんな感じで一日目終了。
お布団を敷いて眠るのだが、2部屋のうち1部屋に私と旦那と弟さん、
もう1部屋にお義父さんとお義母さん、
それでもういっぱいいっぱいという感じかな?(^^;
テーブル類は、廊下の幅があるからそこに置いて大丈夫だけれど。

やっぱりこぢんまり、という感じだけれど、
こぢんまりしつつもすべての機能が揃っているので、なかなか良い場所だ、と思う。



お食事帰り家の前で撮影した夜景。
景色が非常に美しくて感じの良い場所です。

3月30日(日)
早朝、息子に布団を追い出される...
横に寝させていたのだが、重ねてある布団が暑くなって、
回転して布団から出る際に「邪魔!」とばかりに蹴られるのだ☆
ちょっとだけがんばって布団に残ろうとしたら泣き出そうとするし...
仕方なく、息子と平行に、横にお布団を使って入ってました...トホホ...☆

とりあえず、朝、ご両親は早起きであれこれされているのだが、
我々はちょっと遅めに起床。
息子は夜中に一度起きたり、何やかやしてたので、いつもより少々長めに眠っていた。

息子が起きたので、我々親子だけで港周辺を散策することに。
でもちょっと天気が悪いので、本当は旦那はもっと海の中が
しっかり見えるようなのを期待してたんでしょうが、
なかなかうまくいきません☆

あと、昨日のような天気に合わせて出かけたので、こんなに気温も下がると思ってなくて、
我々も寒いけれど、息子にももう1枚厚い上着を用意しとけば良かった☆と後悔☆

やっぱり港だけあって、一番目立つのはカモメ(^^;;;
港に来るとカモメがハトに見える、と言ったものだけど、今回はハトもいる...別に良いけど。
冬毛?のカモメをたくさん見た。
お子様毛というよりは大きいし冬毛なんだと思うのだが。
とにかく、ひっそりと大量に海に向かっている。
時々漁師さんか誰かに餌を貰っていた感じ。


電線にも乗っている...となると何か間違っているような気分になります(^^;


ポツリと咲いているサクラを発見。
幹も奇麗で、咲いている感じがソメイヨシノとは違う感じがする。
なんていう桜なんだろう...?後で調べるつもりにしていたが、今もよくわからず...。
山ではこんな感じに桜が満開に咲き乱れている。 その一方で、こんな港の小さな橋のそばに、
一本だけ、白い桜が。
花はこんな感じ。真っ白。
場所柄的には大島桜かなぁ〜?と思うのだが
決定打がない。
似てるような違うような、花が密集しすぎな気もするし...。
ただ、下の方に生えていたまだ小さな花を撮影した際、
この葉っぱが桜餅の葉に近いような気がするので、
やっぱり大島桜が有力かな?という気がする。

港の端の方まで到着。
旦那は一人であちこち歩きまわって撮影。
その間息子はぐずり出したので、息子の興味を引いた、ゴールデンレトリバーの下へ。
そしたらたまたまそこでイルカを飼育していたので、
運良くイルカを見ることができた。
後に弟さんに言ったけれど、知らなかったようだ。



その後、珍しい鳥を発見して撮影。

おおっ!このまだら模様は何だ?
トラツグミか何かか?と思ったけれど、全然別物。
そういえば、旦那がイソヒヨドリを見かけたとか言ってたけど...と調べたら。
まさにイソヒヨドリのメスのようです(^^;
ヒヨドリはオスメスわかり辛いのにイソヒヨドリははっきりしてるんですねぇ...


その後は天気が悪くなったので、弟さんを呼んで車で移動。
近場の湖に行ったのだが、もうそこの時点で雨が降り出した。



結構風情のある湖ではあるんだけれど。



一般にはよく見られるであろうが、うちのへんではあまり見かけないマガモがいたりも良いけど。



錦鯉が放してあるのは何かちょっとやりすぎ感があって興ざめな感じがするのは私だけ??


とりあえずお食事をして帰る。
旦那と弟さんはきのこそばだったのだが、息子にそばを食わせるわけにもいかず、
私はうどんを注文。
息子のために広い宴会席ではないかと思われる座敷を用意してもらって、
朝からベビーカーに乗せられ、車に乗せられで動けなかった息子は喜んでいた様子。

後は帰り道。
結構見晴らしの良い場所に行ったんだが、曇天でいかんねぇ〜☆
息子はわりとずっと眠っていた。私も途中少し寝た。

そんな感じで、帰りは渋滞につかまったりであまり有意義ではなかったですが、
なかなか良い小旅行になりました。
夏...は混み混みでイマイチになるかもしらんのですが、
海を見に行くには絶好の場所の別荘なので、
実家のご厚意に甘えて、今後たびたび使わせてもらおうと思いました♪
たまにはこういう小旅行も良いね。

忘れてた☆
某所の日記転載。
そろそろしゃべり出すのか?
(以下某所日記一部転載)

昨日おとといと小旅行に行って来ました。
旦那のご両親と弟さんと我々家族にて。
旦那の実家で別荘(と言っても2部屋のみ、BK付きのこぢんまりした一軒家)へ。
うちの子はまぁ、まだよくわかってないとは思うものの、それでも興奮気味。
なかなか良かったんじゃないかな?

ま、そんなことはさておき。
人が多かったのに影響されてか、
うちの子が「今しゃべったかも?」という瞬間が...。

携帯電話好きの息子は常に携帯を狙っているので、
私の携帯は10秒後に自動ロックがかかる設定にしている

今回も手渡す前に「1.2.3.4...」と、声に出して数えて、
「9.10(ロック!)はい」と手渡したら
息子は、手に持った瞬間、

「きゅ〜じゅっ」

と口走った!
あれ?今喋った?聞き間違い???と思ったら、
ちょうど旦那の弟さんも聞いていて
「しゃべったね!」という結論に。

さらには、最近、物の手渡しができるようになったので、
たまに「どーぞ(手渡す)」「ちょうだい(戻して貰う)、ありがとう」をくリ返しているのだが、
手渡した後、物をいじって

「じょーじょ」

と口走っていた。
これも弟さん認定でしゃべっている!ということに。
帰りの車の中では旦那がご機嫌取りに口走った「ウッ、ハッ、ウッ、ハッ」
「ウンッバッ、ウンッバッ」と、これまた真似っこしている様子。

そろそろ喋り出すかも?
ちょっと面白くなって来ました。
何を教えよう?w
(一部転載終了)

3月31日(月)

(某所の日記編集転載)
昨日書いた「どーぞ」「ちょうだい、ありがとう」パターンは、
息子の中でわりとしっかりインプットされているようで、
力ずくで物を取り上げようとしても嫌がるのに
「ちょうだい」と手を差し出すと、あっさりと出してくれる。

なかなか便利。

今朝も、息子が旦那の携帯をいじっているので、
「ちょうだい」と言って携帯を渡してもらった。
息子は二つ折り携帯を開くことができないので、私は開いてから
「どうぞ」と差出し、息子が手を伸ばした瞬間、
あろうことか、旦那がかっさらってしまった☆
せっかくインプットされているのに、パターンが壊されるではないか。
息子が私の携帯を狙わなくなるチャンスかもしれないのに、
一石二鳥だったのに何てことを!まったくもぅ...
(転載終了)

はてさて月曜日。
とりあえず生協の配達がある日なので、それを待って買い物に行くか、
でもなぁ〜食材はあるし...
昨日おとといと親連中は活動的だったが、
うちの子といえば、そんなに動けなかったし...う〜ん...と思っていたら、
生協の配達も早めの時間に完了。

よし、いつもよりはやや遅めだけど、今日は支援センターに行くか!
お出かけすることに。

支援センターは、先週まるまる行っていないうちに、ちょっと模様替えされた感じ。
その上、なぜか非常に人が多い。
どうも、我々が到着する前に何かの集まりがあったようで、
我々が到着した後少ししたら、次々と帰って行った。

人が多い時は、うちの息子もちょっと肩身狭い感じながら、
結構お年の近い感じの子が多くて、あれこれおもちゃを取り合ったりしつつ、
まぁそれなりに遊べていたようだ。

途中、ちょっとうちの子に意地悪する子がいるなー、と思いつつ、見守っていたけれど、
たぶんその子と他の子が衝突して女の子が泣いていた。
もうちょっと大きくなったら、こういう事態にもよく遭遇するようになるんだろうな。

あと、携帯電話のおもちゃで通話ごっこしている女の子がいた。
うちの子も最近携帯で通話ごっこしつつ「バブッバブッバブバブ」とか言っていたものだが、
その子はあれこれ「うん、うん」とかいろいろつぶやいた後に
「それじゃあ、失礼しまーす」と言って通話ごっこ終了。
すげーーー、マナーなってる(^^;;;;;
うちの場合はビジネス電話なんかしないからこんなこと絶対言わないだろうな...
にしても、すげーー...

でも、やっぱり少し空いているくらいがちょうどよく遊べるので、
団体が帰った後はわりとマイペースに遊べた感じ。

今日の収穫としては、
階段が3段登れた!
ということ(^^;;;
我が家には階段が存在しないので...。

置いてあるすべり台の階段を上っていくので、
どうするんだろう?一番上まで行ったらきちんと滑れるのかな?と
ドキドキして見守っていたけれど、
結局三段登って、再び慎重に降りてしまった(^^;;;
まぁでも良し、確実に成長しておる!この調子この調子...。

家に帰る前に、息子は疲れてバスで就寝。
今日は遅めに行った分、少し長めに滞在していたので、
充分な運動になっただろうと思う。
良かった良かった。

夜、旦那が早めに帰って来る。
明日4/1から、会社の出勤時間が早まるとのこと。
旦那は結構遅めに出社していたから、明日から超早起きに慣れないといけない。
我々も早めに就寝せねばならんのだが...
息子にはそんなことわからないからね(^^;;;
でも、とりあえず、昼間の運動が効いたのか、
ちょっとだけいつもよりはスムーズに寝れた...かな?

過去の記録一覧へ HOMEへ