12月1日(月)
朝、不安に思いつつも病気のにるぷの小屋を見る。
動いていてほっとする。
もしかして回復したかな?と思うけれど、そんなわけはなく、
やはりぐったりしていて、食欲もなさげ。
再びカケシアを食べさせる。

旦那は出勤すると同時くらいに実家に電話をしてくれて、
お義母さんと直接電話で話す。
開口一番

「良かったね○○君(息子の名)じゃなくて」
と言われる...
「いや、良かったんだか悪かったんだか。」
と、思わず答える。

この状況のどこが良い状況なんだ!
私としては腸が煮え繰り返るような言葉だったのだが、
所詮は当事者でない、一般人の感想はそうだろうなと思って、
気持ちを抑えこむ。

もしもにるちが人間の子供だったら、

昨日の時点で救急車が使えたのに
診てもらえる病院がたくさんあるのに
もっと親身になって考えてくれる人がたくさんいるのに

病気になったのがうちの子だったら良かったのに、とは到底思わないけれど、
人間の子供だったら、もっと対応は違ったのにね、と、
家では我が子同然にしているつもりだったけれど、結局はそこに差が出るんだよね。
でも、それは仕方のないこと...。


とりあえず、一旦息子を預けに旦那の実家に行くのだが、
息子さんがあまりに泣きじゃくるので、ギブアップされた。
...。
まぁ、月齢の差もあるし、一概にうちの実家と比べてもいけないんだけれど、
うちの実家の時は少し待って、いろいろ対処して落ち着かせて、
私がいなくなったらいなくなったで息子さんも少ししたら慣れたもんだけど...
旦那の実家は初孫ということもあり、お義母さんもお義父さんも
「どんと任せておきなさい!」という雰囲気ではないのだよな。

もっと頻繁に遊びに来させてたらもう少し慣れたかもしれないけれど、と、
とりあえずあまり寄り付かない我々が悪いという結論になった。
まぁ、そういうこともあるだろうから、特に反論もないですけど。

結局あれこれやっても無駄そうなので、
結局病院まで息子さんも一緒に行って、
診察の間だけお義母さんが息子を診ていてくれることになった。

病院は、前に通っていた病院を止めて、ちょっと交通の便が悪いところだったので、
車で送ってもらえるのはありがたい。

病院では、かなりやばい状態だ、と言われた。
一応お風呂場の件も言ってみたが、にるちの体がガリガリになっているので、
お風呂場は関係ない、と一蹴された。
低体温になっているから温めるようにと言われる。
暖房は入れているか聞かれたものの、
いたちスペースに今まで冬に暖房を入れたことがなかったので、入れてないと言うと、
23度くらいに保つように指示される。
確かに、老齢フェレットは体温調節が苦手になるから、
冬も暖房は必要になると聞いたことがある。
うちのいたち達はまだ大丈夫かなと思ってたが甘かった☆
先生の見立てだと、元々体調が悪かったところに、寒さで余計に悪化したのでは、とのこと。
確かににるちは少し前から下痢していたけれど、
元々お腹の弱い子だったからそんなに重大に捉えていなかった...。

とりあえず、注射をして貰って、お薬を出される。
血液検査とかはしないのかな?と思ったけれど、
腫瘍とかも疑われるが、とりあえず今は危険な状態なので、
まずは薬を与えて温めるように言われた。
検査より回復を最優先に、ということだろう。

診察時間は思いのほか早くてアッサリしていて、
でも、言われたことは重大で、何だか呆然としていると、
待合室に息子さんを抱いたお義母さんが暢気に待っている。
こういう時に一人になれないのはちょっと辛いね。
一応、お義母さんにざざっと、先生にはかなりやばい状態だと言われたと報告。
報告したとたんに、にるちの写真を撮りまくられた。
これも、正直、私の気を逆撫でしたんだけれど、
うちの旦那も、にろたの手術前に、これが最期になるかも?と写真を撮ってたのだし、
今は自分の気が立ちやすい状況なのだ、と納得して、ちょっと気を落ち着ける。

やっぱり、こういう深刻な場面は、ひとりでいたいものだと思う。
または、旦那とか、当事者だけで。

お義母さんにとっては仕方ないけれど、久しぶりの孫で嬉しくなったのか、
クリスマスプレゼントの話とか、手土産を用意してくれてたりとか、
あれこれ暢気に話をされるのだが、それがどうにも邪魔に感じてしまう...。
当たり前なのかもしれないのだが、
息子はこんなにお祖母さんやいろんな人に思われているけれど、

にるちのことを深刻に考えてやれるのは、
世界じゅうでも私と旦那しかいないんだなと、
あまりにもにるちが不憫に思われて、そう思い知らされて、たまらない。


家に着いたら、息子さんは就寝。
とりあえず、にるちは小さい小屋に入れて、温めて、いたちスペースに暖房を入れる。
注射のおかげか、ちょっと眠そうだったので、不安に思いつつも、そのままにしておく。

昼過ぎ、にるちに薬とカケシアを与える。
やっぱり食欲はなさそうなので、シリンジで無理矢理口に入れたら、
結構勢いつけて食べた。
フードも大丈夫かな?と思って手に乗せてみたけれど、フードは駄目だった。
ただ、ほんのり動きたいようで、少し回復?と思ったので、
生きたゆたんぽにろ短を入れてみた。
一応は大丈夫そうに見えたので、にろの処遇は夕方に決めることにする。

夕方までは、息子さんの運動にお出掛け。
支援センターは今日は人が多くて賑やか。
息子さんは赤ちゃんが好きみたいで超接近してキスしそうな勢いだった☆

夕方、帰ってにるちの体を触ってみる。
ほんのり温かい感じがした。
快方に向かってるかな??

動きたがるので、少し放牧してみたのだが、布の中に入りたがる。
やっぱり弱っている証拠だろうな。

にるちの世話を焼いていると、
息子さんが隣の部屋で泣く声が聞こえるのでかなり厄介です...☆


帰宅して旦那もにるちをチェック。
昨日の夜よりは危険な感じが薄らいだねという結論になった。
この調子で回復してくれると良いのだが...。

12月2日(火)
にるぷに朝のお薬とカケシアを与える。
カケシアを非常に良く食べる。
体もほんのり温かみが出てきた感じで、結構良い感じ。
でも何だか眠そうだったので、朝放牧は見合わせ。

昼前にいたち部屋に行ってみたら、パリポリ音がした。
誰か餌食べてるな、と思ったらにるちだった!
おー!普通の餌も食べられるようになった!
何だか嬉しくなった。

実はネットで検索したら、うちと同様に11月下旬くらいから低体温で大変だったけれど、
やっと回復したという記事を発見したので、うん、こんな調子なら、
もしかしたら大丈夫なのかな?と思い始めた。
ただちょっと、にるちの兄弟で早世した子がいるので、
それが不安材料ではあるのだけれど。


今日は旦那にお買い物をねだられたのだが、
それは別の日にして、いつもと違う支援センターに向かった。
月一度だけの休館日だったorz
いつもはベビーカーで来るのに、今日に限って、天気も悪そうだから歩いて来たのに...。
結局、旦那にねだられたお店が、ここのそば...というほど近くない場所だが...にあるので
その用事を先に済ませる。

その用事とは、駄菓子の補給。
駄菓子問屋さんに行って、ラムネ菓子と「ぽんするめ」を買って来るように言われたのだ。
結構な道のりを息子さんを抱え(歩かせるにも息子さんは自分の知らない道はほとんど歩かない)
目指す駄菓子問屋さんの内部でも歩き回る息子さんを制止しながら商品をとったり、
いろいろ大変でした☆



偶然通りがかった公園のすべり台。
幅が広くてしっかりしているので、息子さんを抱っこして滑れそうと思ったのに、
さっきまでの雨のせいで濡れていて断念☆
いつか乗ってみたいのだが、こんな場所まではなかなか来る機会ないだろうな(^^;


にるちはかなり元気になってきた感じがする。
お薬のおかげか、しばらく続いていた下痢も何かおさまった感じ。
普通の餌も食べるし、なかなか良い感じではなかろうか。
カケシアの袋も前に貰った1袋食べ終えたし。

12月3日(水)
にるちは順調に回復している感じ。
顔立ちも少ししっかりしてきた気がする。

今日は息子さんと昨日の支援センターにリベンジに。
昨日遊べなくて結構燻っていると思われた息子さんだったけれど、
案外そうでもなくて、結構短い時間で時間切れ☆
小さいおもちゃが収納されている缶をひっくり返して空にして
またおもちゃを入れたり、ひっくり返したり...
お前は何をしたいんじゃ?というような感じだったけれどそれなりに楽しんでいる感じ。
運動量は足りてるのかなぁ〜???


12月4日(木)
にるちのお薬が、実は今日で終了。
結構調子が良いとはいえ、まだ不安なんだが、
とりあえず調子が上向きだし、病院に行くには手間がかかるというので、
一応このまま様子をみようという結論になった。
まだ少し冷たいし、後ろ足がふらつく感じだけれど、
ほかの部屋に侵入しようとしたり、勢いは戻った感じだし。


息子さんと今日はよく行く方の支援センターに。
女の子と一緒になったんだが、息子さんはなぜかその子に後を追いかけられていた。
その子はうちの子よりはちょっと大きいかな?程度で、
その子の話す言葉が全然わからなかったのに、
お母さんはシッカリ理解していて相槌をうっていた。

(「おばけね〜」とか)
凄いなぁ〜。私もそんな風になるのかしら、なれるのかしら?

今日も息子さんはあまり調子が良くなかったのか、
よく倒れこんでいた。
普段あまり行かない小さい子用のお部屋に行きたがって、
そこにいたまだハイハイなお子様達のハイハイレースに
なぜか飛び入り参加したり(^^;
それなりに楽しんでいたら良いけどさ☆

12月5日(金)
にるちは、だいぶ回復している...と言いたいところだけれど、
ちょっと足踏みかな?でも月曜に比べれば格段に回復はしていると思う。
それよりも驚いたのは、てよさんがかなり元気になった。
暖房を入れたせいかなと思っているのだけれど。
てよさんも調子悪げだったけれど、てよさんも寒さのせいだったんだな。
寒さ対策はばかにできないもんだなぁ〜。

今日の支援センターで、
息子さんは女の子にとことん嫌がらせされた。
息子さんが走り回るのに疲れて、ブロックの車輪を転がして地味に遊んでいたんだけれど、
それを横からさっと取っていってしまった。
代わりにもう1個息子さんにあげたんだが、
あげたとたんにその子がまたさっと取って行く。
しかも別にその子はそれで遊ぶではなくて、息子さんから取り上げたかっただけみたい(^^;
その子のお母さんが説得するも返してくれず、
これはちょっと嫌だなぁ〜なんて思ったもんです☆
ほかにも息子さんが興味を持ったおもちゃを片っ端から取ろうとするので、
私も大人げなく息子さんと共謀して彼女の手に渡らないようにしたり。
こういうの、実際には女の子独特ではないかもしらんですが、
私の思う女の子特有の生態に感じます。

三姉妹の末っ子に生まれると、やっぱり女の子は面倒臭くて嫌だなぁ〜と思う。

しかし、この後、下の子の相手をしていたその女の子のお母さんが、
下の子が寝たということで彼女の相手をしだしたら、
息子さんへの嫌がらせがピタリと止み、同時に息子さんへの興味もなくなった様子。
...息子さんはそれはそれで寂しかったようでした(^^;;;
結局はその子もお母さんに遊んで欲しかった不満をぶつけてたわけなんだなぁ。
何かそう思うとちょっと許せてしまうなぁ。

12月6日(土)
今日もお買い物にちょこっとお出掛け。
旦那の買い物メインだったので、息子さんと私は
一緒に近くの遊びスペースに。
相変わらず誰もおらん...と思ったら、少年二人とお母さん達がやって来た。
あとで更に女の子も一人。
いずれも息子さんより明らかに大きい子達。

少年二人は結構面倒臭かった☆

遊び場には大きいブロックと、小さい組み合わせブロック2種類があるのだが、
それらをうちの子が使おうとすると怒る(^^;
うちの子組み合わせブロックなんかできないんだから、1・2個拝借するだけなのに。
結局はお母様方から忠告してもらって、うちの子は問題無しになったんだけど、
今度は少年二人で内輪もめ。
片方の子(A君)曰く、もう一方の子(B君)が自分の分のブロックを使った!とか何とか。
ずっと見てたけど、そんな取り決めしてなかったじゃん(^^;
しかも親達は一応A君の言い分を認めるんだけれど、A君は抗議する時に
嘘泣きっぽく駄々をこねるんだよね。
理屈よりも泣き得って嫌だよねぇ〜!!
やっぱりB君もそう思ったんでしょう。
ほかにも似たようなブロックもあるし、別に良いけど、と、戻したは良いけれど
だんだんと面倒臭くなって「A君嫌い!」とか言い出した。
それでまた文句言われるのはB君なんだからやってられないよね☆と思った。

女の子は面倒臭くなるから育てられん!と思ったけれど、
男の子もこんな風に面倒くさい子になるんなら一緒だなと思った(^^;
うちの子はもうちょっとさっぱりした性格になって欲しいなぁ...。

その後、旦那の買い物も終わったので、
居心地の悪くなった遊び場を後にして
今日は久々に中華屋さんでお昼。
ランチセットなのでお値段以上に豪華な感じがした。
でもどうでも良いが、旦那の分も私の分も、
デザートのオレンジが何者かによって
早々に処理されたのが予想外だったかも...。


12月7日(日)
今日もちょこっとお出掛け。
旦那に昨日の遊び場の話をして、息子さんはそんなに遊べなかったということを言ったら、
今日もそこに行くことになった。
今日は我が家の貸切状態。
良かった。



走り回る息子氏。

旦那に逆さにされたり、ぐるぐる回されたりして超喜んでいた。

で、片隅の組み合わせブロックを見ていたら、
なかなか面白く組んであるのがあって、いじっていたら妙に熱中?(^^;
熱心に組み合わせている私のところに駆け寄って、
息子さんは私に馬乗りになったり、また駆け出したり、
あれこれそれなりに楽しんでいた様子。



最後には伸びていた。
結構良い感じかな?


夜。
にるちのう@ちの様子が少し良い感じだったのだが、
再び下痢になってきたような...。
あと、普通餌を一切食わなくなったのに、カケシアが無くなりそう。
病院に連れて行けば良いんだが、結構不便な場所なんだよなぁ。

12月8日(月)
旦那、息子さんともダウン。
旦那が休んだから、と言って、病気のいたちさんを病院に連れて行くというわけにもいかず。
とりあえず、普段のケアをしている。
ただ、少し前までは順調に回復という感じだったんだが、
少し嫌な感じがしている。
下痢が再発しているし...。

息子さんも、もっといえば私もあまり調子がすぐれず、
今日はお散歩も夕方近所の公園でちょこっと遊ぶ程度で終了。
調子の悪い時はあまり外にいても良いことがないので、
あとはほとんど寝て過ごす。

息子さんは調子の悪い時に、私がず〜っとそばにいないと機嫌が悪いので、
結構面倒臭い。
そばにいないと寝ようともしないし。
頼られるのはある程度は嬉しいことだけれど、
ここまで来るとちょっと大変☆
お父さんじゃ駄目みたいだしね☆

12月9日(火)
カケシアが無くなってしまうので、旦那のアドバイス通り、
近くの犬猫病院に問い合わせてみる。
(カケシアは犬猫用流動食なので)
駄目だった☆

旦那の言い分では、別に医薬品でもないし犬猫用だし
普通に売ってくれるだろうとの見通しだったが、
病院は診断もしてないのに処方はできない、とのこと。
だから連れて来てくれと言われたので、
「フェレットなんですけれど」と言ったら「フェレットは診てないんですよ」と。
「だからカケシアだけ欲しいんですけど?」という感じの問答。
でも、お医者さんの心情としても、ポリシーとしても
診断してないのに処方できないというのはよくわかるので
素直に引き下がった。
やっぱりフェレットは少数派なんだなぁとつくづく実感する☆

カケシアはネット通販でもバラ売りしてないので迷っていたけれど、
こうなったら仕方ないのでネット通販で購入。
しかし配送までは3〜4日かかるらしいので、
とりあえずその間の応急処置で、普通に手に入る流動食代わりになるものを見繕いに、
近くのホームセンターへ出かける。

ネットで、カケシア代わりに猫ミルクに高栄養パウダーを溶かしたとかあったので、
その高栄養パウダーを探すけれど無かった。
ただ、缶詰流動食なるものがあったので、試しに1缶買ってみた。
あとは高そうな猫ミルク。
その他普段なら喜んで食べる猫餌&いたち餌を見繕ってから、
後でさらに売り場を見たら、ウォルサムコーナーがあるのに気付いた。
高栄養の流動食(前に亡くしたいたちの最後の処方食だった)は置いてなかったが
よく名前の出るa/d缶があった。
ただ、いまのにるちはこういう肉肉しいものは無理そうに思えたので買わなかったけれど、
試しに買っても良かったかなと後で思った。

その間息子さんは。
風邪がかなり本格的だったので、遊びには行かずにお買い物だけに専念。
ホームセンターに隣接のスーパーでおむつを買ったのだが、
息子さんにはご機嫌とりで、車の形をしたカートに乗せてみた。
ほかにはエスカレータに乗りたい!というので、サービスで乗って3階まで行ったり。
ホームセンターでは覚えてたのか
ペットコーナーに行って犬やら猫やら金魚やらに大興奮!

ちゃんとケース内にいて、息子さんの風邪もうつらなさそうだから良しとする。
その他、場所を移したら、前に行ったのを覚えていて、プレイコーナーに突進。
ブロックで遊ぼうと思うのだが、一緒にコーナーにお子様がいるにもかかわらず
咳き込んだので早々に撤収。

そんなこんなをしていたら、家に帰ったら2時間くらい経過していた。
息子さんを買い物に専念させたつもりが、サービスしすぎで逆効果だったかも?

夜、猫ミルクを少しあげてみて食べたけれど、
一緒に食わせた子が下痢をしたので、にるちにあげるのはもう終了☆
食いもそんなによくなかったし。
一緒に買った流動食は、それなりに食べる。
カケシアほどには食いが良くないんだけれど。
とりあえず通販商品が届くまでは、これで代用しようと思うのだが...。

12月10日(水)
(以下某所の日記より転載)

ねぎパワー
前に、「スッキリ!!」の風邪の対処法特集で知ったのだが。

※参考サイトは価格.com内「スッキリ!!」11/25番組紹介
(こんなページもあるのねぇ)

・熱を下げるため、おでこを冷やすと良い…ウソ
 ※ただし頭痛をやわらげる効果にはなるそうだ。

・熱がある時は入浴してはイケナイ…ウソ
 ※微熱程度であれば、全身を温めることになってかえって良いとか。

・風邪の時はネギを首に巻くと良い…ホント

というわけで、「ネギを首に巻く」は効くらしいということで...


実は昨日の夜から、息子さんが風邪で苦しんでいたのだが、
ちょうど夜は湯豆腐にしようと長ネギがあったので、

( ̄ー ̄)にやり

苦しむ息子さんを尻目に、ちょこっとだけ3切ればかりネギを切ってラップに包み
息子さんのそばへ。
アロマテラピーでは、匂うだけでも効果があるとか言うしと、
一切れつまんで鼻のそばに近づけたら


号泣(^^;


何じゃそれは!
変なもん持って来るな!
こっちは苦しいんじゃ!!!
とばかりにのたうちまわるので、仕方なく引き下げて、
でも、息子さんの枕元近くに置いておいたんだけれど...


気持ち、咳が少なくなった気が...
そしてあんなに怒って号泣してたのに、いつのまにかぐっすり...



後で調べたら、ネギには安眠効果もあるそうだ。
これらは硫化アリルという成分のおかげらしい。


ネギすげぇ〜!!

...とりあえず、結局昨日のネギは湯豆腐になってしまったので、
今日また、ネギを買うべきかどうか。


...息子さんの体調はやっぱり良くはないけれど、
昨日の状態よりはだいぶ回復した気がする。

(転載終了)

ネギの仕入れ、というわけではないけれど、
とりあえず息子さんの風邪も相変わらずなので
図書館に寄って、お買い物だけして、
散歩その他は取り止め。

夜になって旦那に意見を求めたら、
息子さんは結構回復しているねという感想。
私もそう思う。

その反面、にるちは結構調子悪い感じ...。
昨日から食べさせている流動食の食いもあまり良くないし、
体はやはり冷え気味、目もうつろな感じ。
...うむむ。
本当は今週末に病院に行く予定にしていたけれど、
今週末までは待てないだろうと判断して、
明日また私が連れて行くことになった。
前に行った時のように、明日は大丈夫か?という差し迫った危機は感じないが、
病院に連れて行った方が良いのはよくわかるからね。
とりあえず体を温めて、無理矢理食事をさせて、明日を待つ。

12月11日(木)
旦那がうまく実家と連絡がとれなくて、
にるちの病院は午後になってしまった。
午前中についに流動食が無くなってしまったので、
大慌てで買いに出かけようとしたのだが、出かける寸前、
ネットで注文したカケシアが届いていた!
3〜4日だと書いてあったのに、思ったよりも早くて嬉しい。
早速与えてみたら、
あげていた流動食よりも遥かに食いが良い。

やっぱりカケシアじゃないと駄目だなぁ〜☆


午後、息子さんはたぶん病院に連れて行く時に大騒ぎするので、
その前に少し運動させておくことにした。



何も知らず、楽しく鳩と交流する息子さん。
鳩相手に超興奮してパワーを消費してくれる。よしよし...



そしてこのところよく行く遊び場。
今日もうちだけだったんだが、どうも旦那が一緒でないと面白くないらしく、
スペースから脱走しすぎなので、手早く遊び終えてしまった☆
むむむ。

本当は、息子さんは今日はなぜか目が腫れているので、
それを理由に小児科にでも連れて行って時間潰そうか?とも思ったけれど、
命に別状のない息子さんよりもいたちの病院の方が重要だし、
今日は行くのを止めてしまった。
たぶん単なる目のこすり過ぎだと思うし。


夕方、たまたまお休みだった旦那の弟さんに
動物病院に連れて行ってもらう。

弟さんはいたちへの愛情も少しあるのでやや同情的。
ただ、たびたびタクシー代わりに実家の方々を使うような形になっているので、
それについては今回からは長期的に考えて、
もう少し休日利用して行くようにするから、できるだけ今回切りにすると言っておく。
結構ビジネスライクだけど、そっちの方が気が楽だと感じる。

息子さんはやっぱり泣き叫んだものの、実は車内に座らせておけば
ある程度大丈夫だということ発覚。
慣れた場所にいれば大丈夫なのかも。

にるちについて、病院の診断では、やはり危険な状態、と言われる。
貧血になっていて、黄疸も出ていて、低血糖になっているとのこと。
これはかなりやばいと言われる。

お薬も前回の分に加え、もう1種類追加するということになった。
カケシアを食べる量についても聞かれたけれど、
1日半袋くらいは食べさせたいと言われ、
食事させても低血糖でふらつく感じのときは
ガムシロップを薄めて飲ませてください
と指示される。

薬について、病院に頻繁には来れないので、
少し多めに処方してくださいと言ってみたら、
10日分貰えることになった。
次回はできるだけこまめに休みを利用して通うようにしないと、
前回は簡単に回復するんじゃないかと甘くみていたのが
ここまでになってしまったし。
カケシアもネット通販で買ったけれど、念のため4袋ほど病院でも購入。
食べられれば良いですよ、とお医者さんもおっしゃったし。

家に帰ると、やっぱり注射のおかげか、
病院に行く前よりは調子が良さそうに思う。
カケシアもがつがつ食べるし。
ふらつくのも、砂糖水を飲ませてみたら落ち着くし、良い感じかも。
ただ、下痢は薬を飲ませても、治らない。
前回は下痢がピタリと止まったんだけれど...。
今回は楽観視はできないなと思うけれど、
現状維持でも良いから、もうしばらくがんばって欲しいと思う。

12月12日(金)
にるちはもりもり。
低血糖だから、少し頻繁に食べさせないと、と思っているのだが、
何か非常に勢いがありすぎて怖いくらい。
カケシアをいっぱい食べる。
昨日開けた袋が今日無くなった。
一日半分くらい、はゆうにクリアー?
でもちょっと食べ過ぎな気もするんだけど。
...ただ、気になるのは、やっぱり下痢気味なこと。
少し固まりになってきた感じはあるけれど結構緑色なのだ。
(緑色は腸の粘膜の色と言われてます。)
うむむ...。

とりあえず、にるちは多少良い方向にあると思うので、
安心して息子さんとお出掛け。
かなりひさびさに支援センターに。



クリスマスツリーが出てました。
我が家はクリスマス廃止論者の家なのでツリーなぞ到底飾ってないのですが、
息子さんはピカピカ光るのが気になる感じで、
触りはしませんが、結構楽しんでいた様子。
すまんのぅ〜、うちの家ではずっと楽しめないと思うぞい。



包丁おもちゃでポーズを決める息子さん。
なんで包丁好きなんだろう???


12月13日(土)
旦那が休みだとにるちのケアも交代でできるので結構良いなと思う。
ただ、状態はあまり良くないかな...
昨日はあれだけモリモリと食べていたカケシアの食いが、
今日は明らかに落ちている感じ。
ただ、あげる回数を増やしているので、
そのせいかな?とちょっと思ったりはしているのですが。
下痢も相変わらず続いているし...何だか嫌な感じです。

今日は少し遅くなってからお食事に。
息子さんが何でだか非常によく食べる。
お〜すごい!デザートまで横取りしやがって!と思ってたら、

帰り道、道端で吐きやがりました(^^;;;;

大慌てで息子さんの口拭き取ったり道路をできるだけ拭いたり。
息子さんは吐いてもそんなに不機嫌というわけでもなく、
また子供はよく吐くと聞くのでとりあえず服も汚れたので家に帰ろうとするのだが、
息子さんはまだまだ歩く!と不満タラタラ☆
結局運動させないと満足しなさそうなので、気が済むまで歩かせてから家に帰る。
汚れた服で歩いてもキモチワルイだけだと思うのだが...難しい判断だなぁ☆

とりあえず、少し歩いただけで止まってくれたので思ったよりは良かったけれど、
これでまた風邪、悪化するかもなぁ...。

12月14日(日)
朝から雨。
いたちスペースは暖房を入れているとはいえ、
普段に比べると格段に寒くて、何か嫌な雰囲気が漂っている。
餌をあげようとハンモックからにるちを連れ出すと、かえって体が冷えてしまうから、
餌やり頻度は下げた方が良いのか?
それとも気を付けて無理矢理手早くやれば大丈夫か?
と迷いながらも何とかケアする。
でもカケシアの食いもあんまり良くないんだよな...。

息子さんがダウンするかと思いきや、
むしろ旦那の方がダウン。
息子さんは逆にパワーが有り余っている感じだったので、
今日は日曜でもやってる支援センターに連れて行く。
雨は止んでいたものの、まだ寒いしバスで向かうつもりが、
息子さんがずんずんと駅へと歩いて行くので電車で行くことになった☆

駅に行く途中、昨日息子さんが吐いた場所に差し掛かったのだが、
午前中の雨で奇麗に跡形も無くなっていた。
雨も嫌なことばかりではないなとちょっと思う。

駅に着いてカードを出そうとしたら、持って来てなかった☆
(バスのつもりだったし)
仕方なく切符を買っていたらその隙に息子さんが単独で改札を抜けてしまった☆
大慌てで後を追ったらすぐに追いついたから良かったけれど、
改札を出たとたんに息子さん大絶叫しててかなり恥ずかしかった
(いや、だから改札出たのも見つるのもわかりやすかったんだけどさ)


支援センターでは、最初人が少なめで、まぁいつも通り、と思ってたんだが、
ある少年がうちの息子さんの興味のあるおもちゃを、
自分がそんなに遊ばないのに独占して渡してくれなかった。

まぁよくある光景だよねと思って見ていたら、
その少年のお母さんがかなりの勢いで
「○○!何でそんなことするの!!
ちゃんと一緒に遊ばないと駄目でしょう!!」
みたいに猛烈にその子を叱っていた。

そして、その子と向き合って「ごめんなさいしなさい!」とか言っている。
...何か、よくある光景なのに、と、こっちが恐縮。
「いや、うちの子は移り気なので、そんなに気にしないでください」
と言っておいたけれど、そのお母さんはあまり気にしてない様子。

よく見ていたら、その男の子が遊びの邪魔をするのは、
うちの子に限ったことでもなくて、ほかのもっと小さな子に対してもそんな感じで、
お母さんは仲良く一緒に遊べないことを心配されている感じだった。
だからちょっと過剰に反応してしまうんだろうな。
でも、傍目から見ていたら、その少年が必ずしも悪い時だけでなかったり、
うちの場合のようにそんなにまで過剰に反応しなくても、という場合も
一緒くたに叱っているので、
少年は少しも納得せずに「ごめんなさい」を言っている感じ。
「ごめんなさい」だけ言ってればお母さんの気が済むんでしょ?という雰囲気。
こういうのは逆効果だなぁと思って見てた。
でも自分が当事者になったら、今の私のようには冷静に見られないもんだろうし、
子育てって難しいなぁと思う。
うちもこんな日が来るかなぁ?

後半は人も増えて、息子さんもそこまで本調子でもなかったようで
わりと早めに遊びを切り上げて帰る。
旦那に連絡をとって何かいるかとか聞きたかったけれど、連絡とれず。

後で聞いたらきちんとにるちの対応をしてくれている真っ最中だったのだそうだ。
にるちはやっぱり良くないね...とのこと。
ただ、家に帰って見てみたら、
雨が降って凍えるようだった午前中に比べると、
気温も湿度も安定した影響だろう、少しだけ落ち着いたように見えた。

...まぁ、確かに良い状態ではないけれど。

12月15日(月)
朝、にるちの様子をチェック。
あまりに固まっているのでドキッとするのだが、
のっそりと動き出してホッとする。

年賀状用の写真撮影を始める。
着ぐるみは今年うまく手に入らず、
昨年たくさん買ってたやつで代用。
しかしうまくいかないねぇ〜☆

昨年とほぼ同じ構図を期待したのだが、座るのがやっとだった昨年と違い、
かなり自由に成長しているので...

鏡餅のだいだいを取りたがる。



しっかり倒すし、この台もじっと立ったままでいてくれないし☆

ちょっと姿勢は悪いが、結構良いんじゃない?と思ったこの写真。

 

鼻水キラーン☆でした(^^;

結局今日は4枚撮影してすべて没☆

とりあえず、昨年の年賀状とも雰囲気が似てきてしまうので、
少し正月グッズを買い足しに、この後、息子さんの昼寝中にお出掛け。
一応しめ飾りを買ってみたけれど、
何かまだまだクリスマスグッズの方が幅をきかせているねぇ〜☆


お昼のにるち。
足はややふらつくので、少し多めに砂糖水を与えてみる。
カケシアの食べはまぁまぁ。
ただ、どうにも眠そうに見えて、トイレに行ったので様子を見ていたけれど、
トイレで用をたすというよりはそのまま眠りそうだった。
体はやや温かい。
とりあえず、トイレからハンモックに移して、お昼寝をさせる。

買い物を終えてから不安になってにるちをチェック。
小屋を見たら水も減ってないし、トイレにう@ちもないし、
心配になって扉を開けたらハンモックからもぞもぞと顔を出した。
ほっとした。

息子さんと出かける前に、給餌。
あまり勢いはないし、それほど食いは良くない。
やっぱり眠そうな感じ。
眠りながら体力温存して回復していけよ、と願って息子さんとお出掛け。


息子さんと支援センターに。
広い方のセンターに久々に行ったので大興奮で大暴れ!



ピアノで演奏しまくったり、



自分から車おもちゃに乗ってノリノリだったり

このところ風邪でろくすっぽシッカリ運動できてなかったので、
すごく嬉しかったようだ。
出かける前はどこに連れて行かれるのか不安だったのか大泣きしてたくせに(^^;
とりあえず、ひさびさにクタクタに疲れて息子さんは家に到着するなり就寝。


夕方のにるち。
気付いたらうつろな顔でこっちを見ているので、
もしや?と思って触ったら、鼻が動いた。

取り出すと、フラフラしている。
砂糖水飲ませて、カケシア食わせて、食いが悪くなったら、ちょっと歩かせてみて、
フラフラして、もうちょっとだけ砂糖水飲ませて、カケシア食わせて、という感じ。

う@ちは少ない。
下痢は下痢だが、量が少なくなって良いのか悪いのか。
背中はちと冷たいが、お腹のあたりはだいぶ温かい。


夜になって。
かなり嫌われながら無理矢理食事させる。
そんなに量を食わせているつもりも無いのだが...。
う@ちは新規でしてあった。
通常どおり、決して良くはないが、量も普段程度...よりは少し少なめ?
足は夕方よりも少し立つ感じ。

寝る前に。
お薬を混ぜたカケシアを食わせようとするのに、ほとんど食べない☆
お薬が入っているから、是非とも食べさせたいのに、
口を固く閉ざしてガンとして受け付けない。
無理矢理何とか半分くらいは食べさせたけれど、
ほとんど口から下に垂れ流し状態だった気がする。
垂れ流しになると体が濡れて冷えるから嫌なんだが、
薬とどっちが重要かと思ってがんばったけれど、どうにも半分が限界だ☆

カケシアに混ぜずに薬単品で水に溶いておけばよかったか?と思うが後の祭。
とりあえず、仕方ない。
ちょっと不安になりつつ、就寝。

12月16日(火)
朝のにるち。
昨日の夜よりもかなりしんどそう。
しかもカケシアを与えようとするが、強固に口を閉ざして駄目だ。
でも、とりあえず昨日の薬を反省して、水少なめ、
カケシアちょびっとで溶いた濃い薬液を、昨日と同じように無理矢理舐めさせた。
昨日の夜よりは多く薬をあげられたと思う。

体を温めるカイロを朝一で交換・追加したら結構良い感じに機能している気がする。
昼にまた交換せねば。
とりあえずやはり眠そうなので、休憩をとってまた昼に対応する。

昼に対応しようと思ってたけれど、おトイレに行ったついでに小屋をチェックしてみたら、
にるちがいない。
ハンモックにも、おトイレにもいない!と思ったら、トイレのそばにいた。
カイロが暑すぎて避難したのかな?とも思ったけれど、ハンモックに戻しても特に嫌がらなかった。
旦那にメールしたら、おトイレ途中で行き倒れたのかも?という意見だったので、
そうだったのかもしれないと思う。

移動させて起こしてしまったついでに朝の続き、
先ほどのお薬液を冷蔵庫保管してたので、それを食わせてみる。

一口舐めてまた固く口を閉ざすから、無理矢理閉じた歯に注射器あててみたら
嫌々ゴクゴクした。
強固に口を閉ざしていても、口の横、奥の方から突き刺すようにシリンジを入れると、
本当に嫌そうだけれど、何とか少しは食わせられるもんだね。
同時にお腹もキュルキュル言っていた。
やっぱり体は栄養補給したがってたんだよ。
これで少し回復してくれると良いが、と思う。


息子さんとはまた年賀状撮影会。
やっぱり良い写真撮れず...☆

昼のニュースで、うちのあたりは霜柱ができるくらい、朝は寒かったと言っていた。
その影響で今朝は調子悪かったのかもしれない。
明日はまた雨だというし、気が抜けないなぁ。

午後のにるち。
またいない!と思ったらやはり今朝と同じ場所にいた。
トイレにう@ちがないから、やはり行き倒れなのかも。

食欲は相変わらず無い。
無理矢理食事させたけれど、
今回は飲まずにほとんど口からこぼれた気がする。

やっぱり、危険なんじゃないかと感じる。


とりあえず、食事もさせたので、後ろ髪引かれつつも
息子さんの運動のために出かける。
雨だったのでバスで移動。


帰って来て、さて、にるちの食事を用意しよう!とハンモックを見たら、
にるちがハンモックからだらりと下がっている。
ひさびさに変な格好で寝ているなぁ〜と思って
触ったら、固かった。

触っても、まったく反応がなかった。
我々が遊びに出ている間に、力尽きてしまった。

何だろうね。
前にいたちを亡くした時も会社から帰ったらこうなっていて、
今回も最期は看取れなかった。

とても悲しかったけれど、前回に比べて、今回の自分は冷静だなと思う。
某所掲示板にちょこっと報告を書き、メールも一通出した。


<以下某所掲示板より転載>
タイトル:力尽きました

今朝は朝から調子が悪くて、
口を一切開かなくなっていて、
こうなりそうな予感はありました。

でも、もしかしたら、
体を温め続けていれば、
日中陽気も良くなれば、
無理にでも口に物を入れていれば、
ひょっこりまた食いしん坊に戻るんじゃないかと思っていました。

でも、ダメでした。

先にゆんぼさんを亡くしていたせいか、
にるちに対しては、妙に冷静な自分がいます。
どうして?なぜ?や怒りではなく、
これも運命だったんだと、受け入れなければいけないんだと。

でも、あと少しで誕生日だったのにね。

本当に残念です。

今頃は、ショップで仲の良かった○○くんと再会して、
一緒に遊んでいるんじゃないかと思うのが、唯一の救いかな。

にるちはよくがんばったと思う。
もうがんばらなくても良いから、ゆんぼさんとも仲良くなって、
もうしばらく虹の橋で待っててね。
<転載終了>
※中の固有名詞を一応○○くんにしておきました。
掲示板ではちゃんと書いてますけどね。


メールは、ここに書いている○○くんの飼主さん宛て。
この○○くんは、ショップでにるちと非常に仲が良くて、
ショップの方々がそれぞれに仮の名として
おぎくん(にるち)、やはぎくんと名付けてコンビ扱いしていたくらいなのだ。
我々がにるちをお迎えした時にはすでに相方はいなかったのだけれど、
たまたまネットでお迎えした人がわかったのでコンタクトをとったのだった。

ところが実は、この○○君は、数年前、若くして亡くなっているのだ。
彼の病気は、遺伝的なものもあるかもしれないというので、
病気が発覚した当時、心配してメールを貰ったものだった。

何となく、そんなこともあり、正直なところ、にるちにも遺伝的なものがあるのかなと
ここしばらくお世話をしながら、嫌な予感は常につきまとっていました。

一度、いたちを亡くしているので、
どんなにがんばっても救えない命だってあるということ、
にるちは体の弱い系統の子だったのかもしれないという疑念
これらがあったから、回復して欲しいと心から願っていたけれど、
常に心の片隅で覚悟はしていた。

だから、自分は今回は冷静なんだろうと思った。

でも、やっぱり悲しいもので。
目の前の遺体を見ていると、あんなに元気で食いしん坊で
おばかさんだったにるちにはとても見えないのだ。
すっかり痩せ細って、ピンクだった鼻の先も血が固まったような澱んだ臙脂色。

旦那が帰ってから、旦那が時折こぼす言葉一言一言が突き刺さる。

本当は一番若くて、一番最後まで一緒にいるはずの子だったのにね。
若いと思っていても、もう4歳は中年...でも、まだ中年なのにね。
誕生日、12月31日まであと少しだったのにね。
うちの子の中で唯一の抱っこちゃんだったのにね。
体調が悪いのは、もっと前から知ってたのにね。

でも、仕方ないよな...。

いろいろ事務的なことをテキパキとはこなすものの、
何だか虚脱感が大きくて、ふと呆然とする。
やっぱり、ショックなんだなと自覚する。

でも、明日、ゆんぼさんの時お世話になったペット霊園に行くことになっている。
手ごろなダンボールに、にるちの好きだったおやつを入れたりして、準備万端にして
今夜は就寝する。
心配せずに眠るのは久しぶりだけれど、こんなに悲しいことはない。

12月17日(水)
天気予報通り、今日は雨。
にるちがいたら、今朝も冷たい朝だったから、きっと辛かったろうなと思う。

ペット霊園に予約電話を入れて、午後から向かうことにする。

雨が酷いので、天気なら霊園の最寄駅から歩こうと、ベビーカーで行くのだが、
バス利用になるとメチャクチャ混むバスなので、ベビーカーは置いて行くことにした。
そうなると、にるちの棺代わりのダンボールもうまく持てそうにないから、
縦にせず横もちできるようにビニールコーティングして紐でくくってみた。
ちょっと息苦しそうになったけれど、我慢してて欲しい☆



息子さんは、一応喪服を意識して黒めの服にしたのだが
普段からカラフルな服しか買わないので、
結局実家が送ってきたゴージャス系な黒服しかなくて
全然喪服っぽくならなかった☆


さて、いざ出発してみたら、
息子さん片手ににるちも抱えて、だとかなり辛い(^^;
息子さんも天気が悪くてあまり歩きそうにないし、
仕方なく最寄駅までもバスで行く。

電車は予定してたのに乗れず、予約時間間に合うか?と思ってたら、
何とかギリギリに間に合った。

結局、せっかく横もち仕様にしたにるち棺だったけれど、
結局息子さんと一緒に抱えたり、満員バスに揺られたりして
結局縦にしちゃったりいろいろ振り回してしまった...
ごめん、にるち☆

ペット霊園では、前とは違う職員さんが迎えてくれた。
前は礼儀正しいお姉さんだったが、今回はおばちゃんだった。
前は特に雑談する雰囲気もなかったけれど(しめやかともいう)、
おばちゃんだったので少し気安く話しやすい感じだった。

一応、副葬品チェックをして、にるちを霊園に預けた。
遺骨を引き取るのは土曜日、今度は旦那と一緒に来る予定。

霊園のすぐそばにゆんぼさんの眠る墓地があるので、
なかなか来れない場所でもあるから、
ゆんぼさんににるちをよろしくとお願いしに行った。
しかし、お願い事をするのに手ぶらで来たのかよ!ということなのか、
息子さんが墓地を出てすぐにこけた(^^;;;
結構ぬかるんだ道だったから靴とズボンが濡れた。

着替えはもっていたから、駅で替えようと思っていたのに、
良い感じの場所がなかったので、結局そのまま電車を使った。
そこの駅はうちの最寄駅よりも大きいので、
息子さんは窓から見える電車群に大興奮だった。

帰り。
息子さんは何だかんだと運動していないので、
駅近くのプレイコーナーに連れて行く。
たいがい人がいないから、着替えにも良いだろうと判断したのだが、先客がいた。
おそらく小学校中学年以上(5年か6年だと思う)の女の子だけ3人。
ここは小学生以上は利用できません、の張り紙があるのだが、
彼女らは結構利用しているような口ぶりだった。
小学生だから「以上」と「より上」の違いもわからんのかな?と思いつつ、
まぁ我々が嫌でなければ良いか、と息子さんを解き放つ。
息子さんは若い姉ちゃんにちやほやされて結構上機嫌だったけれど、
何かやっぱり居心地悪いので、結局なんだかんだ理由をつけて15分くらいで退散した☆

あんまり運動してなかったと思ったけれど、
それなりに息子さんにはあれこれ運動になっていたようで、
家に帰ったら案外アッサリと寝た。
洋服もチェックしたけれど、そんなに酷くは汚れてなかったようだし、
とりあえず一安心。
土曜日に霊園に行くときは、ゆんぼさん用におやつを持って行かねば。

12月18日(木)
今日はお出掛けついでに帰り道、予告と通りおやつをゲットした。
最初はフェレットコーナーでおやつを探して、ささみジャーキーに決めたものの、
我が家のお年より連中が食べるにしても量が多めだなぁと思ってたら、
犬のおやつ特設コーナーに「自然派」とでかでかと書いてあるものばかりを集めたコーナーがあって、
そこならばお値段も控えめ、小袋売り、しかも自然派!ということでそこで選び始めて、
このササミジャーキーなら安いし良いかな?と思って裏を見たら

「原産国:中国」

なんか切ないなぁ〜。
私はシッカリ「国産」と書いてあるササミジャーキーを買いました。

ついでに人間用にドーナッツもゲット。
息子さんはフレンチクルーラーが好きということが発覚したので、
フレンチクルーラーを。
ポン・デ・リングとポン・デ・黒糖も好きそうだったのに、
どうもそれほどでもなさそうなのでまぁ、今回はパス。
どうせ旦那分もないと文句言われそうなので旦那分を選ぼうと思うが難航。
旦那はチョコ嫌いなのでそれ以外なら良いか?というと、
何かと文句つけるし。
一番面倒臭い。
でもとりあえずゲット。

息子さんはドーナッツの箱も好きみたいだ。

それ以外に年賀状撮影小物として門松をゲット。

しかし門松ってのは飾る時期とかいろいろしきたりがあるんだなぁ。
年賀状撮影用とは思うけれど、あんまりしきたり無視もどうかと思うし。
しめ縄飾りとかは、あんまり屋内撮影小物向きでないと思ったり。
あれこれ調べてみると気になること多いなぁ〜。

12月19日(金)
年賀状用写真撮影。
昨日ゲットした門松を画面の端に入れるように置いて、息子さんをセット。



門松を持って喜び勇んで母のもとに駆けて来て撮影失敗。
門松好きなのは良いんだが持って遊んで困る。
ついでに足が痒くて片足捲り上げちゃってるし。



ご機嫌は良いのだが、
飽きてきたようで寝そべる。

撮影用に小物をセットした場所から外れてしまう...
やはり無理があるんだろうか???
これはこれで良い表情なんだが、さすがに新年改まった感じしないしなぁ〜☆

本日も、年賀状用レベルの写真、撮影ならず☆
無念。


今日は息子さんの昼寝時間が延びて
ちょっと遅めの時間(と言っても15時頃)に出かける。
秋頃なら大して遅くない時間だけれど、帰る時間から逆算すると1時間遊んで16時帰りでも遅いのだ。

とりあえず、駅まで息子さんを運動がてら歩かせていたら、
途中からどこかのおばさん(おばあさん)と合流した。
彼女には3歳と5歳のお孫さんがいるそうで、うちの息子さんが歩く姿を見て
シッカリ歩くねぇ〜!
上手上手!

とか誉めてくれて、息子さんはちょっと照れてた(^^;
うちの子がどのあたりから歩いているのか聞かれて答えたら、
そのおばさん曰く、孫達でもそんな距離は歩かないのだそうな。
まぁ、車のあるお家とかなら運んじゃうんだろうな。
はからずもうちのお家は息子さんの運動環境には良いのかしら?と思ったり。

そのおばさんとは駅で別れる。

今日は遅めに出てきて、大体一時間遊ばせるつもりだったのに、
あっさり30分くらいで時間切れ。
もしかしたら昼寝も長かったし調子悪いのかもしれない。
そんな感じなので、とりあえず帰りはバス。
バス停まで息子さんを抱えたりしながら歩いていたら、
バス停までに通る駅の構内で女性に声をかけられる。
というか、いきなり握手を求められる(^^;
まったく見ず知らずの女性。
でも、何かその勢いに、一応握手をしてみたら、彼女はしきりに

頑張ってね、とか
(その人に?)子供がいるから、とか
○○先生に似ている(私はその人を知らない)、とか

とにかく言っていることが意味不明(^^;;;
ひとまず苦笑いしつつ、彼女と行く方向が逆だったので離れる。
よく見たら目が据わっているし、この時期だから酔っ払いさんの可能性が高いのだが、
私、シングルマザーに見られたかな?

何か女の人にモテる(?)一日...。


家に帰ったら、息子さんは鼻水を出しているし、
「お母ちゃんは離れちゃダメ!!布団で一緒に寝るの!!!」
が始まったので、どうやら本当に調子が悪いようだ☆

12月20日(土)
旦那の誕生日なんだが、いたーちさんの引き取りにペット霊園まで。
その途中で豪華食事でもしようか?なんて言ってたのに、
旦那のお父さんと弟さんが一緒に食事しないか誘ってくれたので、
合流してお昼ご飯。
息子さんはいつも旦那の家族とお昼ご飯を食べる頃には不機嫌なので
今日は大丈夫かと見ていたら、
車で移動しているうちに寝てしまった(^^;
せっかく息子さんが好きそうなきのこうどんを注文してたのになぁ〜☆

食事を終えて、ペット霊園までちょっと遠いので、送ってもらうことになった。
霊園では前に亡くなったいたちさんのお墓(と言っても共同墓地)にも寄ろうと思ってたので、
霊園までで下ろしてもらって、後は自由行動のつもりが、
駅まで遠いし、別にそんなに時間かからんだろうということで、
霊園で骨壷を受取、皆で霊園まで向かう。
霊園にはお花やお線香は供えてあったものの、やはりおやつとかの生ものは無し。
前に来た時と同様、来てすぐにおやつをお供えして、帰りに持ち帰る。
ゆんぼさんにしっかりにるちのことをお願いする。
にるちがそこに入るのは、もう少しだけ先だけどね。


その後、そこからそう遠くないので、息子さんの好きな牛がいる
牧場へ向かう。

本当は、霊園は緑豊かな場所にあるので、
そこ周辺で年賀状写真になるような写真が撮れないか?と衣装を持って来ていたので、
それを着せて、牧場へ向かう。
これがうまくいけばダブル牛ということで。


入ってすぐの子牛のケージ。
子牛は目が大きくてかわいらしいし、
息子さんもよくかまっているのでチャーンス!と思ったんだが、



こんな風にフラッシュを焚いてしまったら、
ちょっと嫌そうだったので、フラッシュ控えめにして撮影しまくるが...



全体に暗いトーンになってしまうし、ケージの柵が写りこむのが仕方ないけど、
何か年賀状向きではないなぁ...と感じる。


今度は大きな牛のいる場所へ。
息子さんの大きさと牛の顔の多きさ、大差ないんじゃないかという...



最初は抱っこして牛を見せていたのだが、下ろしても自分から近寄って行く。
むしろ引き離すのが大変(^^;



精一杯背伸びして牛を覗こうとしてたら、
牛姿の不審者に牛さん達も興味津々の様子。



結局この写真が採用になったんだけれど、それはまた後日の話...。

でも、この写真では息子さんの顔がはっきり写っているわけではないので、
息子さんの成長を親族にお知らせする意味も含めた年賀状には不向きかな?と。
牧場に行ったは良いけれど、あんまり写真の収穫はなかったかなぁ〜?と感じてました。

でも、とりあえず、息子さんはやっぱり牛好きで、牧場に行って大興奮!
藁くずを家まで持ち帰ってました(^^;
...でも、(この牧場に限らずなんでしょうが)
牛舎って結構臭いんだよね☆

長居できないのが辛いところです...。

12月21日(日)
今日はとりあえず、昨日の埋め合わせ(?)
豪華食事に...と言いたいところだけれど、
いつもとあんまり変わらないいつものファミレスでお食事(^^;
とりあえず、いつもデザートが付くセットを頼んでいるのだけれど、
まぁせっかくなのでお誕生ケーキ代わりということで。



息子さんも欲しそうだったけれど、先週吐いた実績があるので、
ほんのちょっと舐める程度だけ食べさせて、後は親で処理しましたよ。

本当は、家には生協で買った安っちいけれど、
バリエーション豊富な小さいケーキ詰め合わせもあるし、
ケーキばっか食べて太りそう...。

ちなみに我が家ではモンブラン押し付け合いです(^^;
世の中モンブラン好き結構いるみたいなんですが、
もっとほかに爽やかなケーキもいっぱいあるのに
何で詰め合わせにモンブランって必ず入って来るんだろう??

12月22日(月)
息子さんはやっぱり咳も出るし吐き気もある感じ☆
午前中に昼寝したので、その隙に近所のスーパーにお出掛け。
帰って来るまできちんと寝ててくれるかな?と恐る恐る家のドアを開けたら、
静かだったので間に合った!と思ってたら、
スイッチの入ってないテレビの前にじっと座っていた(^^;;;
超恐かった☆
調子悪いから騒ぐパワーもなかったのかな?

昼ご飯もリンゴを剥いたら、少し齧ったけれど、
やっぱり少し吐いた。
かなり本格的に調子悪そうなので、お出掛け中止。
どうせならスーパーでネギ買えば良かった...☆

本当は図書館に本を返さねばと思っていたけれど、
調べたら図書館はたまたま今日休館日だった。
いずれにせよ大人しく寝て過ごせということだな。

なんだかんだと、今日はよく寝たけれど、
息子さんだけでなく、私の調子も宜しくなさそう(^^;;;

12月23日(火)
今日は息子さん少し復活。
午前中にしっかり昼寝したのが効いたかも?

息子さんが寝る前、少し目を離してしまったら、
息子さんの顔のあちこちに黒い点々が...!!
何事?というより何だこれ?という感じだったのだが、
よく見たら手も両手に黒い点があった。
拭き取ってもうまく拭いきれず...☆
よく見たら海苔だった(^^;
もみ海苔の缶が近くにあったんだけれど、見つけた時にきちんと閉まってたから騙された☆
どうも、しっかり手を突っ込んで顔中塗りたくって食べた様子。

...海苔も風邪に良かったりするのかな...???
(一応風邪に効果アリ?といわれるβカロテンを含むらしいのだが...)


午後、このまま調子良ければ遊びに行ってもよいかな?と思いつつ、
図書館にお出掛け。
図書館のそばの遊びコーナーで少し暴れたものの、
すぐにコーナーから脱走しようとするので、結局5分くらいしか遊べず☆

その後、駅を通過するので、駅まで行って息子さんが「電車乗る!」と言ったら
そのままお出掛けしようと思っていたのに、
思いのほかアッサリと通過。
息子さんも本調子もまだ本調子でないということかな?
帰る気まんまんなので帰ることにしたのだが、まぁ多少寄り道を許しながら帰ることにした。

帰るまでに、
通行人に正面衝突1回
自転車と接触事故寸前1回
...ホント、すみません☆

家に着いたら疲れたようで結構しっかり眠った。
なんだかんだで出かけて帰るまで2時間くらいかかってたし、
それなりに良い運動だったということだろう...。

12月24日(水)
お出掛け途中のガソリンスタンドをチェック。
レギュラー99円。
(※そこのGSの会員価格。会員以外は104円だった)
オリンピック終わってから、ガソリンも価格落ちたねぇ〜。
まぁ、我が家には車ないからあんまり関係ないけど(^^;


今日は昨日果たせなかったお出掛け。
思いのほか人数が少なくて、我々が来たら入れ違いでしばらく貸切状態。
その後2組くらい来たけれど、
かなり人数少ないなという印象。

あるお母さん曰く、
小学生が休みに入ると、上の子を一緒に連れて来られないから
支援センターの利用者が少なくなるのだ
とのこと。
子供が育ったら育ったでいろいろ大変になるんだなぁ〜☆



息子さんは今日はミニカーで遊んでいた。
あまり見かけないので誰かの私物では?と思うのだが。
そのミニカーをわざわざ狙うお子様もいて、嫌がらせされまくり(^^;;;
でも、それも久々だし良い経験だよ。

センターのスタッフさんに背が伸びたと言われたけれど、実感わかず。
その人は3週間くらいぶりに見かけたそうだ。
本当なら非常に嬉しい。

12月25日(木)
今日も支援センターへ。
今日も人は少なめ。昨日のお母さんの説が正しいのかな?

何かの視察というか見学みたいな人がいて、
何とはなしにスタッフさんと話をしているのが聞こえたのだが、
○○(都内某所)では2歳くらいになると、
プレ幼稚園が週1回に、英語と水泳を習って、土日はパパがいるから、
という感じの1週間になって、支援センターの利用が少ないのだ、とか(^^;

プレ幼稚園はわかるにしても
(我が家は結局行かないことにした。
行かせようかな?と思う幼稚園はプレのないところだし)
2歳から英語やら水泳やらって...日本語もまだ分からん頃だろうに☆
(※母語でもない言葉を母語の固まる前に教えることには私は否定派です)

それにしても、そろそろ働いた方が良いかな?と思うくらい
経済に余裕のない我が家とは大違いな家庭も多いんだなぁ〜びっくり。

今日は息子さん、「だんまりこおろぎ」という絵本を見つけて
虫の鳴くリリリリリという音を楽しんでいた。
もうすでに誰かが仕掛けを発見して、上にかぶさっている部分の紙を破いているので
ちょっと危険な感じだったんだけど(^^;
こういう公共の場所にある絵本だから、そのうちすぐに電池切れになると思うんだけれど、
電池切れたら電池取り替えとかできないんだろうなぁ。
何か勿体無いなぁ。

12月26日(金)
昨日の夜、息子さんがお気に入りの毛布にちょこっと吐いたので、
洗濯するつもりで居間の隅に置いておいたのに、
お昼寝する時に
わざわざ汚れたままの毛布を引っ張って来て寝てしまった(^^;;;

汚れもそんなに激しくないんだけれど、洗濯してなかったのが悪かった☆
とりあえず、そのまま昼寝させて、起きたら速攻で洗濯。
これで安心!と思ってたら、
その後干した毛布を見つけて、まだ湿ってるっていうのに
わざわざ干してあるのを引き摺り下ろして夕方ゴロゴロするのに使っていた。
かなりお気に入りなんだなぁ〜...
こんなに気に入られて嬉しいのは嬉しいんだが、
洗濯した時くらいは無しで我慢して欲しい...。

今日は昼寝の後遊びに行ったのだが、
どうにも息子さんの調子が悪かったのか機嫌が宜しくなくて、
遊びに行ったそばからかなり不機嫌☆
もう帰る!とばかりに文句ばかりで遊ばなかったのだが、
そのうちにちょっと大きなお嬢さんがブロックで作った
カラフルなコーナーに乱入して、気分が晴れたのか
非常にそのスペースを気に入っていりびたり。



何が嬉しいのかはよくわからないんだけれど、
作ってくれたお嬢さんも快く息子さんに場所を譲ってくれて、
息子さんの気分も晴れて良い感じになった。
ありがとう!と心から言いたい。
お子様の感性はお子様が一番良くわかるのかなぁ???


12月27日(土)
プラレール
今日から旦那がお休みなので、息子さんに「クリスマスプレゼント」代わりの
「お父さんのお誕生日便乗プレゼント」を買いに行った。
(我が家はクリスマス禁止の家)
何が良いかと考えていたんだけれど、息子さんは電車好きなので、電車のおもちゃ。
どうせなら、先日チラシで知った
最寄駅を走る某私鉄プラレールがあるらしいから、それにしてみないか?

というので、そのプラレールを売っているお店までお出掛け。
何せそのチラシを眺めては電車の音真似して喜んでいるもんで☆
一応限定モデルなので、売られている場所が限られているのだ。

息子さんはお出掛けで使った電車にも興奮!
ただ、普段は一駅分しか乗らないのに、
あちこち停車するのでそのたびに降りたがって困る(^^;
一応お食事がてらなので良さそうなお食事処を探すけれど、イマイチ☆
あんまり普段来ない街だから土地鑑がないのだ。
とりあえずさっさとプラレールを買ってからにしようということに。

おもちゃ売り場に行くと。
何だかんだと目移りしてしまう☆
息子さんは店頭でほかの子が演奏するRODYグランドピアノに釘付けながら、
それはさすがに予算オーバー(^^;
その子達がいなくなったら興味なくなったみたいだし。

結局プラレールもいろんな電車があるし、
Nゲージでも良いか?とも思ってきたり。
駆け回るばかりの息子さんはミニカーにも興味を出しているし、
トミカのデモムービーか何かが流れているのを見つめたり、
フラワーロック2.0ピクミンのテーマが流れているのをじっと見ていたり
(触らせようとしたら嫌がられたけど)

何に決めようか結局かなり迷ってしまったので、旦那の放った
せっかく来たんだから、プラレール買っておこうよ
...で、当初の目的通りプラレールを買った。
何かほっとした。
息子さんはレールを走らせるような遊びをしたことがないので、
本体だけで大丈夫!と言ったものの、せっかくプラレールなんだから、と、
一番小さくてシンプルなレールも合わせて購入。

その後はお食事して帰る。
お食事処は結局洋食屋さん。息子さんも食えるようにカツ...と思ったのに、
見本以上にソースべったりで息子さんはあんまり食えなかった...。


家に帰って、昼寝して、プラレール見せたら大喜び。

しかし、3両編成なのだが、繋げようとするとなぜか怒る。
一両ずつ遊びたいらしい。

レールを組み立てるのを邪魔する。
片っ端からレールをバラバラにする。ブロック感覚?

電車に電池を入れたらモーター音を恐がって逃げる。

うちの子はやっぱりレールで走らせるのにはまだ年齢が足りないか、
性格が合わないのどっちかだな(^^;
いずれにせよ、やっぱり本体だけで充分だったようだ☆
ま、本体以外にも、箱だけ持って喜んで歩いてたりするから、箱も有効だったかも?
とにかく喜んでくれて良かった。

12月28日(日)
お留守番。
今日は旦那といろいろ文句を言い合いしてしまったのと、
息子さんを私抜きの状態に慣れさせるため、
お義父さんお義母さんがクリスマスプレゼントを買ってくれるというので、
旦那と息子さんだけ外出。

私はその間、年賀状を準備。
ゆっくりとPCに向かう時間がなかったので、写真選びも加工もできなかったので
ちょうど良いのだ。
っていうか旦那にやれ!と言ったのにやらんから言い争いになったんだがな。
何となく久々に一人ってのも良いかもしらんとちょっと思う。


帰って来た息子さんは別段変わったこともなく。
おおよそご機嫌だったらしい。

旦那には、息子さんにはそろそろブロックでも買ってやってくれと話したはずなのだが、
買って帰ったのはなぜか

それいけ!アンパンマン はじめてのパソコンだいすき

私個人としてはこういう電脳系おもちゃって否定的なのだが...。

息子さんが欲しがったからこれにしたのか聞いたけれど、
特に欲しがる様子もなく、おもちゃそっちのけで走り回ってたから勝手に選んだ、とのこと。
どうせ最近ブログとかPCに凝ってるお義母さん中心に盛り上がって買ったんだろうな。

早速使ってみたら、
息子さん号泣
いきなりしゃべりだすから驚いてしまったようだ。
その後、遠巻きにしていたけれど、旦那がいろいろいじっているのに
だんだん興味を示し初めて、ついに旦那の背中越しにモニタ画面を見るようになった。

まぁ、そこまで失敗というわけではないだろうが、
せっかく息子さんを実際に連れて行って買うおもちゃなんだから、
もう少し最初から息子さんが好きな物にすればよいのにと思う。
やっぱり私も一緒に行って、少し制しておけば良かったかなと思った。
これは私の失敗でもあるな...☆

12月29日(月)
今日はちょこっとお出掛け...のつもりが、
息子さんがいつもお出掛けする途中で立ち寄る
回転寿司屋さんの階段を登りはじめたので、
そのまま回転寿司を食べてみることに。
正月くらいはたまに寿司でも良いか、という主義の旦那なので、
まぁ、正月まではあとちょっとあるけれど、ひさびさに。

しかし、寿司屋だと息子さんはあまり食べるものが無い。
酢飯は食うみたいだから何とかなるかもしらんけど...と思っていたら、
「店長のおすすめ」の札とともに、から揚げが流れて来たのでゲット。
息子さんから揚げムシャムシャ。
これは良かったとは思ったけれど、後で調べたらメニューにも載ってないし
この1皿以外に出会わなかったんだが...(^^;
まぁ、ラッキーでした。

その後はあれやこれやと皿を取ってたら、
息子さんが私のお茶を飲もうとしてひっくり返した☆
少し時間が経っていたので熱湯ではないものの、
着ている服が濡れて、着替えも無し☆
とりあえず店内は暖かいから濡れた服だけ脱がせて、とやってみたら、
今日に限って下着を半袖にしていた☆
失敗☆
でもとりあえずあまり息子さんが気にしてなかったのと、
濡れた服もそんなにまで水を染み込んだわけでもなかったので、
帰るまでには(汚れているけれど)再び着せることができた。

お子様連れの時には細心の注意が必要でした☆
回転寿司はコンベアに触ろうともするし、隣の席にちょっかいだそうとするし、
あんまり息子さん連れ向きではなかったかも?

ただ、服が汚れたトラブルはあったとはいえ、
家から近かったのでさっさと引き返せたのが不幸中の幸いかも?
...息子さんには運動不足だったかもしらんですが...。

12月30日(火)
旦那はお出掛け。
雪山に行きたいのだそうで、息子さんと私はお留守番。
息子さんが少し昼寝が遅かったおかげで、
運動をさせる必要がそんなにはなかったけれど、
この時期公共施設がことごとくお休みなのがちと辛い。
遊び場だけ開放しておいてくれるとありがたいが、
そんなこと言ってもいられないよなぁ...。

そんなわけで、今日は息子さんと年末年始の食材の買出し。
おもちとかメインになりそうな食材はすでに生協で買ってあるので、
なんとなく季節っぽい雰囲気の食材探し...と言っても
そんなに目ぼしいものがあるでもないけどさ。

旦那は餡子が嫌いなので、私だけ用におしるこあずきを購入。
普通の雑煮は甘くないらしいのだが、
どうにも小豆雑煮で新年を迎えてきた人間には、
小豆雑煮でないとダメなんだよなぁ〜...。

12月31日(水)
大晦日。
大晦日だけど取り立てて変わったこと無し。
とりあえず、息子さんを連れてお出掛け。
某ファストフードのポテト好きなのでそれ狙いで行った場所に、
ファストフードばかり混んでいたので、ドーナツに変更。
でもドーナツも甘いばかりで食事にならんので、
某ファストフードというよりはサンドイッチ屋のサンドイッチも購入。

普段は会計旦那もちなのに、このサンドイッチ屋は私に買わせようとするから、
何で?と思ったら、
注文の仕方が難しいから
だそうな。
そうだな、パンの種類選びから中身のセレクション(抜いて欲しいものとか)、
ソースの種類までいろいろ聞かれるもんな。
でも、基本はパンの種類だけ選べば
あとは定番ものを「それで良いです」で済ませればよいのだ。
そんなこんなで購入完了。

ドーナツとサンドイッチで結構かかったらしく、
これなら普通のファミレスでも良かったかも?
ただ、息子さんはこのサンドイッチを食えることがわかったから、
また今度来た時は息子さんにももう少し齧らせよう...。



大好きなフレンチクルーラーを齧る息子さん。


その後、近くのショッピングモールのプレイコーナーがあったので、
少しだけ運動させる。
積み木で遊ぶだけだけど、ひさびさのお遊びコーナー。



近くで少し大きな子がDSで遊んでいて、
その画面を覗き見ては邪魔するから注意したものの
持ち主の男の子はあまり気にしてない風だった。
小さな子に慣れているのか、何かずいぶん落ち着いた子だなぁ〜と思う。
こういう子に育って欲しいなぁ。

そんなこんなで、何とか一年が終わった。
あっという間だったなぁ〜...。


過去の記録一覧へ HOMEへ