12月1日(月)
激しく忙しいっすぅ〜☆
ええ加減にせい!と思うことしばしば(= =;;;
うちの社員も営業部が5人も増強されたせいで、
余計な雑用・余計でない雑用も増えてしまったせいもある☆
むむむ☆
さらに先月末にはやってしまっとかないといけなかった分がちょっとはみ出しちゃったり(^^;;;
何だかはかどらないね☆
年末進行ってのもあるんだろうけどさ...ふぅぅ〜...


12月2日(火)
某●王線は昨日からダイヤ改正をしていた...
昨日は月曜なのでちょっと早かったからすっかり忘れていたのだけれど、
本日はモロに通勤時刻の計算違い☆
いつも出る時間は通勤快速に乗れるか乗れないかの時間なのだが、今日は遅くなった☆
そんな時は、普通列車で特急の停車駅まで行って、特急乗換え、というコースだったのだが、
今日はダイヤ改正のせいで、その普通列車&特急パターン撃沈(^^;;;;
その電車がなくなって、急行電車に変わっていた☆停車駅が多いから時間がかかる。
しかも到着がだんだん遅れてくるようなものすごい混み混み☆

社内で会社に遅刻する旨の電話をする会社員や、
「あの混み方は何?もう押しつぶされて死にそうになったよ〜☆」
なんて降りたとたんに言ってる学生さん達☆
かなーりみなさん読みを間違えた仲間っぽい(笑)
もうちょっとダイヤ改正をしてから落ち着いたら人もばらけるんだろうけれど、
今日ばかしはちょっとぐったりですよ☆
もちろん私も遅刻(^^;;;
これからは当初「通勤快速」だった電車で必ず行かないと遅刻しちゃうことが発覚したので、
毎日がんばらないとダメだね☆キビシイのぅ〜☆

お昼頃、実家から電話がないので気になっておじいさんの件で電話してみる。
留守(^^;;;
まぁ留守なのは良いのだが、うちの実家は留守電にならないのだ☆
(たぶん留守電の設定の仕方がわからない&聞き方もわからない??)
でもなぜかFAXはつながるので、「電話くれ」とFAXを流しておく。
でも正直言ってFAXもこまめにチェックしてないと思うのだが...

帰りに疲れたので本を探す。
活字を読む気力がないので写真集ちっくな本で良いと思うのにこういう時に限ってピンと来るものがない。
雑誌で良いのだけれど...
結局活字であるところの加納朋子「レインレイン・ボウ」を買う。
まともな本を買う気じゃなかったのに...でも何だか読みはじめたら、
この人の本には癒し効果があるなぁ〜と思った...
(もしかしたら女の人限定なのかもしれないけれど☆)


12月3日(水)
朝、今日はちょっとがんばって以前の「通勤快速」だった電車に乗る。
今回は「準特急」に昇進(?)してたので、さぞかし早くて快適だろう!と思ってたら、
朝の準特急は微妙にしか早くないのね(^^;;;
さらに、微妙に早いのは良いんだけど、その分寝る時間も削られるってのは...どうなんだろ??
ひとまず1年経てば慣れるんだろうね...

昨日実家から電話がなかったので、もう一度昼間電話してみる。
一度目はつながらなかったが、夕方にもう1回電話したら、母が出た。
「おじいちゃん、どう??」てな話なのだが、母は
「うん、すごく調子良いよ」
という。いや、調子良いって言ったって、別に退院できて元気に走り回れるわけではなかろう?
具体的にはどんななのよ?意識は回復してないんでしょう???
てな話をしたら、
「いや、もう誰が見舞いに来てもわかるよ〜。
で、この前は腕に時計がなくなってるって文句言ってたし...」
だと(^^;;;これがこの前危篤だった人なんだろうか????
本当は、前に今週末にでも帰れと言われていたから電話したのに
「帰って来なくて良いよ。」
との一言、その後に「正月で良いから」がついたから良いようなものの、ねぇ〜(^^;;;
でも、いずれにせよ、ちょっとホッとした。

どうやら、前に危篤になったのは、治療用にチューブを体に通す際に、
ばい菌が入ってしまたせいだったらしい。
それを証拠に、そのチューブを外したとたんにこのように再び意識も戻り、元気になったのだそうな(^^;
ただし、このチューブ自体は、再度通さないと治療にならないらしいので、
今は体のコンディションが万全の状況になるように、体温が下がるのを待っている状況らしい。
にしても、ホント、人の生死なんてよくわからないものですね☆


12月4日(木)
フリースのマフラーをもらう。
昨日、同じフロアの人たちが取引先の忘年会に参加して、
参加記念として貰って来たマフラーである。お土産ということだ。
フリースは温かいので、今日のように寒い日にはピッタリな感じ。
しかし、見た目はグレーで、少し毛羽立っていて軽い感じが高級素材に似ているので
「これって何か混じってない??」と上司に言われるので確認
「ポリエステル100%」
フリースだから当たり前なんだけど、何だか迫力があるよね(笑)

で、このマフラーは2人で参加して、私ともう1人の上司の分ということにしたらしいのだが...
昨日忘年会参加の2人・Aさん(年寄)Bさん(若い女性)の会話

A:「●●さん(私)お土産もらった??(私:「はい。ありがとうございます〜!」)
××ちゃん(上司)は?...え?貰ってないの?
Bちゃん、××ちゃんの分どうしたの??」
B:「ああ、これ(首に巻いている)。昨日は××さんにあげるつもりだったんですが、
結構これ良いんで私が使うことにしました。」
A:「おい!え〜!!お前はぁ〜!!昨日あれほどお土産だって言ったのに!!
お前は昨日飲み食いしたからもう何もなくて良いだろう〜!」
B:「えーー。でも××さんより私の方が絶対使いますよぉ〜」
××:「...もう良いです...(苦笑)」

てなことでBさんはBさんの分のマフラーは土産にしなかった(^^;
ええ、わが社は早いもの勝ち、弱肉強食が基本ですからね(笑)


12月5日(金)
朝来たら、会社のデスクの上にサングラスがあった(^^;
昨日上司と一緒に飲んだお客さんが忘れて行ったものらしい。
でも、結構こういうの緊張します。ケースに入ってないしホコリとかついたら...と思うとね。
後で見たらレンズに少々スリ傷っぽい傷があったけど...
私がつけたのではないよぉ〜...ねぇ?というようなドキドキものでした☆

やっとこさ帰る時間が普段のものに近づいた(^^;
まぁ来週のアタマにもうちょっと片付けることが出てくるんだろうけれど、ちょっと一安心♪

帰りにお菓子CDを買った。
会社は都心にあるので会社のそばのコンビニからは姿を消しているのだが、
我が家の近くのコンビニには健在である。
デビルマンが出た♪コンプリート!!
水曜あたりに買った時に、もう1個のシークレットが出たので、完璧♪
これであとはキャンペーンに応募してアルバムを入手すれば良いのだ♪
(当たるかどうかは知らないけれど(^^;)
しかし、これもツボに嵌ったね〜
世代的には私よりちょいと高い上に、何だかジャストミートな選曲でもないのに(笑)
第2段が出るなら今度の曲も気になる。
(無理だろうけど)「キャンディ・キャンディ」入れてみて欲しいな、ぜひ(笑)

今度の食玩CDはファミコンソングですってよ!!
私はゲーマーではないけれど、ちょっと気になるよね〜。


12月6日(土)
ミョウに早起き。
早くに起きすぎたので午前4時くらいからずぅ〜っとネットしてました(笑)
なのに日記書くのはちぃっとも始まらない、
なぜ?(笑)
そんなにドラマチックな日常でもないからかな(苦笑)
例に漏れず、今日も午前4時からネットサーフィンして、午前10時から寝て、
午後からのそのそ起きだし、お洗濯して、またネットしてゲームして1日終了。
これって廃人に近いかな??(^^;;;


12月7日(日)
今日はお買い物にお出かけしました!
と言っても大した物を買ったわけではないのだけれど(^^;
世の中クリスマス一色だわね〜!
デパートの中は電飾が吹抜けの天井から2階にいる人の頭付近まで延びている。
すごいよね〜!

我が家の近所でも一軒屋でライトアップをすることで有名な区域があるらしいんだけれど、
近年この不況下で自粛しよう!という動きがあるそうです。
そのせいか確かに去年は噂ほど多くはなかったような...?
それでもライトアップしている家は半端でなく派手だからね〜。
見る方はなかなかロマンティックで幻想的だから止めてほしくないんだけど、
やる方は電気代もかかるし金とるわけにもいかないから大変だよね(^^;

うちの会社の隣の外資系の会社は先週までは電飾つけてなかったけど
そろそろやるのかなぁ〜???
うちの会社はそんな予算&スペースないから当然却下です(笑)


12月8日(月)
帰省の予定、確定。
正月に帰る予定をたてて、切符の予約完了☆
たいがいそうなんだけれど、行きよりも帰りの方が席がない☆
いやぁ〜みんな休みは前もって多目にとったりするものの、
終わりは一緒ってことなのかな????
...というわけではないですが、29日〜2日までの平日ぶっ続けで帰省することにしました。
うみゅみゅ☆
いつ切符発券しようかなぁ〜?
本当はこれが一番問題だったりするのだ(^^;

もう1個のHPをウェブリングに登録。
登録されたはよいものの、別に登録したところでものすごいアクセスアップになるわけではないから、
まぁ、所詮気休めなんだろう(^^;;;


12月9日(火)
早めに帰れるので、●谷駅にくっついてる●急百貨店に寄り道。
チーズうさぎの売り場を覗くためである。
先日からうちの会社に手土産でチーズうさぎを持ってきてくれる人がいるおかげで
すっかり感化されてしまった部分あり(^^;;;
今度おうちに帰る時の手土産にしよう!ということで下見である。

ロールになったチーズうさぎ、あるじゃん!!
HPではかなーり限定された地域でしか売ってないことになってるのに、
しっかりここにもありましたよ!!
で、思わず買ってしまったは良いけれど...
賞味期限(推奨)2日。本日火曜日。
賞味期限内に食いきれるのであろうか???(^^;;;
まぁでかくないから大丈夫かもしれないけれど...


12月10日(水)
大阪出張の人から「こころにあまい あんぱんや」さんの
かぼちゃあんぱんを買ってもらう♪
でも購入したのが2日前だったからちょっと固くなってる(^^;;;

大阪に出張する人に「何かお土産いる?」と言われたから、思いついたものを言ったのだけれど、
後で考えたら551の蓬莱の豚まんでも良かったよねぇ〜☆
(あ、でも冷えちゃうと意味ないか)

で、結局その人が出張に行くのにあわせて、現地の人に買うのはお任せしたらしいんだけど、
その時に「かぼちゃあんぱんと粒あんぱん」なんて指定をしたせいで、
いまいちバラエティに富まないセレクション(^^;;;
本当はさつまいもだの栗だのあれこれあって面白い店だし、
私、邪道だけどここのピロシキも好きだったんだけどね(笑)
そういうの前もって言ってよ〜とは言われたけど中に入ってた
ミニパンフレットみたいなのを見て思い出したんだから仕方ないのだ☆

でも、各10個。社員全部集めても30人弱の会社なんだけど、
私が貰った後もわりかし残ってた。
食べてみて思ったけど、あんぱん1個って結構おなかに溜まるしたくさん食えるものではないよね(^^;
それとみなさん「あんぱん」という名前だけで拒否反応とか起こしてないかなぁ〜?
かなーりうまいんだけど。特に「かぼちゃあんぱん」。
でも正直言って、学生時代の美しき思い出の中で誇張されてた部分もあって、
当時ほどのうまさではないような気もしてきた(笑)
思い出はそのまま残していた方が良かったのだろうか???(^^;


12月11日(木)
わりかし日々が落ち着いて流れる気がする。
月なかばはわりかし仕事もゆるやかで良い感じ。
ただし年末ってのはちょっと問題アリだよね(^^;
何でもかんでも早くに進めなくてはいけない☆
うむむ。

スカパーのフジ721でやっていた「週刊少年『』」という番組が本になっていた!
ひとまず番組のおおよそは観ていたんだけれど、
一応文字起こししてあるものも良いかな?と思い購入。
うーーむ、船越さんの顔がジャンプの海賊マークに似せてあったりするのは良いんだけど、
紙質がね(^^;;;
いや、週刊少年誌を意識して、安っぽい紙に、色も微妙な色合いを
各漫画家さんごとに分けて印刷してあるのも、非常にこだわっていて良いのだが、
どうにも保存することを考えるとあまりに安っぽくて不安になる(^^;;;;
つまりはこれは2冊は買って読めよ!ということなんだろうか、うーむ。

中身としては、漫画家さんのおっしゃられたことを、そのまま文字起こししている部分もあるけれど、
実際の放送にはあったのにカットされちゃってる部分があったり、
逆に「こんなこと言ってたっけ?」(たぶん言ってるんだと思うけれど)みたいに
内容の確認にはもってこいな感じ。
ひとまず、番組自体がCSなのでかなーり認知度が低いと思うので、
この本をきっかけにもうちょっと知名度を上げて、
第2部を開始してほしいものである。
望月峯太郎とか良いと思うんだけどねぇ〜♪
図かずおさんとかねー。


12月12日(金)
YAHOOでお買い物をしたらキャッシュバックキャンペーンに当選した♪
実は最近ネットでDVDを購入するのに凝っている(?)んだけど
今日も欲しい商品が一番安いサイトを探してみたらYahoo経由だとかなり安いことが判明したのだよ。
なので何も考えずに購入手続き、そしたら何だかスロットみたいなものが出てきて、
スタート&ストップで7が並んで、
今購入に使った金額全部、キャッシュバックします!だって!!!(^^;;;
もんのすごいビックリ!!!
さらにはもうちょっと高いもの買っとけば良かった☆無念!というような感想も(笑)
でもでも何だかうれしいじゃないの♪


12月13日(土)
朝6時、実家からの電話でたたき起こされる。
眠い目をこすりこすり電話に出ると
「今朝、おじいさんがなくなったよ。」と母から。
「ええ?!嘘?!!」
...というのも、実は昨日12日の午後2時頃、実家に正月の帰省の予定を言いに電話した際に、
おじいさんの病状は非常に安定していて、正月まではこのままもつだろう、
と母自身から聞いていたからである。
しかし、事実は事実である。
たとえ前日にそう聞かされていようとも、いつ危篤になってもおかしくなかったのは確かだ。
ひとまず適当に話をして、電話を切る。
まいった☆
大慌てで旅行鞄に荷物をまとめ、先日買った喪服を持つ。

ああ、そうだ。ゆきかぜさんに誘われて企画したカラオケ会の告知を今日する予定だった☆
と思って、各所に書き込み&メール送信。
実は昨夜のうちに、おおまかな告知文は書いてしまってあったのだった。
別にこういうの、虫の知らせじゃないけど、タイミング良いことだよね。なんでだろう???

で、大急ぎでお出かけ。
新幹線で帰るのか、飛行機で帰るのか、ちょっと考えたけれど、
もはやおじいさんは亡くなってしまっているのだから、無理に飛行機でなくても新幹線で良いか、
ということで電車で向かう。
切符を買い、ホームに出てから実家に電話すると、父・母は病院へ向かっていて、おばが電話にでた。
「葬儀は火曜になるからね。」
とのこと!!

しまった☆私はてっきり葬儀は明日日曜か、月曜にはあると思ってたから、
なんとなく最長でも火曜まで2日間のお休みで済むと思っていたのにこのままだと3日休み☆
比較的仕事の少ない時期ではあるものの、この年末。
何かとバタバタしている時期に3日の休みはきつい☆
しかしすでにホームにいるわけだし、とりあえず実家に帰ることにした。

実家に戻ると、すでにおじさんおばさんたちも来ていて、次女は朝一の飛行機で帰省し、
長女は私と同じようなタイミングで娘を連れて戻ってきていた。
祖父はすでに病院から戻って来ていて、顔には白い布、
布団の上には魔よけに鎌が置いてあった(守り刀の代わり)
何だか、よくわからないけれど、結局、正月まで待っててくれなかったなぁ〜...と思う。
線香を1本お供えする。

その後は、おじ・おばが来ているので、家のものの役目として、
お茶汲みをしたり、掃除をしたり、なんやかやとバタバタ仕事をしていた。
結局亡くなったんだから早く行っても遅くても同じだよな〜なんて思ったものの、
家の者の仕事は多忙を極める。
亡くなった祖父のことばかりで、生きている母のことは考えてなかったなぁ〜と反省☆

夜、「お前、金庫の開け方知らんか?」とおじさんに言われる。
祖父は、普段からはなれに寝ていて、祖父のもののほとんどがそのはなれにあるのだが
そこには金庫があって、祖父の古銭コレクションが入っている。
その金庫の開け方を聞かれたのである。
何でも、おじいさんが調子悪くなる前にあの金庫の開け方を聞いておかないと、
誰にも開けられなくなる、と思ったおじさん連中が心配して聞くのに、
祖父は絶対に言わなかったのだそうな。
別に財産がどうこう、というのではなくて、
祖父は「そんな縁起の悪いことを言うな」と言ってごまかしたそうだ。
なんとも気の強い祖父の発言らしいではないか。
私は「たぶんわかるよ」と答えた。
でも正直言って、私は非常に意外だった。
うちの姉連中も開け方を知らないと言うからだ。
私は確かによく祖父のはなれに呼ばれて、この古銭のコレクションもよく見せてもらっていた。
そのたびに(最初は違ったけど)「この金庫開けてみ」と指示されて、自分で開けていた記憶がある。
それは私は自分が特別なんじゃなくて、孫である姉2人にも同じことがあって当然と思っていたのだが
どうやら違ったらしい。
私だって開け方をソラで覚えているのではなく、開け方の書いてある紙・鍵のありかを覚えているのである。
祖父のいなくなったはなれに行くと、記憶と合致する場所に、それはまだあった。
物は決まった場所にないと気が済まない祖父の性格そのものがそこにはある。
そして金庫は開かれた。
もう錆だらけであまり価値もなさそうな古銭や、紙幣が入っている。
個人的には久しぶりに見た500円札と、伊藤博文の1000円札が懐かしかった。
また今の1000円・5000円・10000円も入れておかないと、と思う反面、
これも祖父の財産なのだから、と執拗におじ・おばに分けようとして、母が手放したがっているのが気になる。

夜、おじ・おばが交代でろうそくと線香の火の番をしていてくれた。
申し訳ない気もするが、それが子としての最後の責務でもあるのかもしれない。


12月14日(日)
親族が集まって来る。
うちの親族は結構多いのでますます接客する身としてはバタバタしてしまう。
母の負担も結構なものである☆

祖父を納棺した。
地元JAの若いお姉さんから死装束の説明その他を聞き、
おじさんが来られてから、着付け、納棺。
その時に、おじいさんの好きだったものを紙に書いて持たせるのだけれど、
あれこれ思い出すものがたくさんあって困る(^^;
うちの祖父はよくマムシ酒を作っていたものだから、
「マムシを描けマムシ」とそそのかされてマムシ(どうみても普通のヘビ)を描くも、
「え〜嫌だぁ〜!」というおばちゃんの声から、
じゃあ一升瓶描いとくから(笑)なんていびつな絵を描いた(笑)
結構こうやっておじいさんの話をしだすと止まらなくなる。
うーむ...この一緒に生きてきた2×年間って、かなり密度の濃い、長い時間なんだなぁ〜なんて思う。

正直言って、一度危篤を迎えたこともあったから、祖父の死に対しては
自分としてはかなり覚悟できていて、もしかして冷静でいられるんじゃないか?
と思っていたけれど、そんなのは大間違いなんだな、と日に日に思う。
自分の人生の中で、共働きの父・母よりも長く一緒に過ごした祖父の死は、
現時点では、もしかしたら父・母よりも重いものなのかもしれない...
この2×年間の中で、父・母ではなく、祖父に救われた思い出も数多く存在する。
やはり、つらい。つらいけれど仕方がない。

...祖父の死は、13日の午前5時30分頃、病院の看護婦から
「亡くなられました」という電話で父母に伝えられたそうです。
誰も死に目にはあうことができませんでした。
それから主治医に電話し、死亡が確認された午前5時50分に死亡ということになりました。
(このようなことを書くことは、本来は慎重であるべきなのですが、お許しください)
12日には本当に祖父は元気で、確かに十分には栄養が行き届いていなくて、
日に日に痩せていってはいましたが、「あー」とか「おー」とか、
見舞客の言葉に大きな声で反応できるような状態だったそうです。
そしてうちの父母は、それ以前に何度か祖父の計器が外れている現場に居合わせたことがあったそうです。
そして、大慌てで看護婦さんを呼んで、計器を付け直してもらったり、
点滴がなくなっているのを知らせたりしたこともあるそうです。
もしかしたら、この13日の夜に、それと同じような状況があったのではないか?と疑わずにはいられません。
しかし、今更申し立てたところで、どうなるものでもありませんし、
むしろ衰弱して弱りきって、苦しみながら死ぬことを思えば、
このタイミングで亡くなったのは良かったのかもしれません。
でも、今医療ミスで騒がれている世の中ですから、私たちが祖父の死を疑う隙もないように、
もっともっと病院も気を配って欲しいと思いました。
この病院は、地元では比較的大きな病院なのですが、
夜中に残っている看護婦さんはたったの2人だそうです。


12月15日(月)
朝から会社に電話をかける。
昨日、上司に葬式で水曜までお休みをいただく旨は伝えてあったものの、
私の持っている通常業務については、改めて別の子に指示しないといけないので、
電話をしてみた。で、その場で私のPCの電源を入れさせ、ソフトを起動させて口頭で指示。
B:「で、確か●●っていうような〜なんかそういう名前のボタンあるでしょ?」
担当:「ああ、××って書いてあるこれですね?」
なんてあいまいなことを言いながら指示する(^^;;;
で、ひととおりやらせて
「あとでポイントだけメールしておきます!!」
とは言うものの、我が家にはきちんとしたPCが設置されていない☆
なので携帯で長文メールですよ(^^;;;;
結構大変なものがあるよねぇ〜。
「何かあったら電話してくれて良いからね」とは言ったものの、
私も普段休んでいる人には相当なことがないと連絡しないからね〜☆
携帯だというのに、あれを説明したから、この時はこうやらなきゃいけなくて...
えーと、このお客さんの場合は、これとこれとこうやらなきゃいけなくて...
うーん、これも書かないとわからないかなぁ???とか
あれこれ考えると山ほど書くことがある(^^;;;;
普段から引継ぎとかしておけばよかった☆と思うね。
しかし携帯メールって改行一つが面倒臭い☆
本当に、実家にPC設置してとADSL加入させたいよ☆

夜、本日が通夜になるので、親戚の人や、明日の葬儀に参列できない人がたくさんいらっしゃった。
あいにくお坊さんは祖父が亡くなった当日に早々に経文を唱えていただいたので、
通夜には来られなかった。
おかげで、何だか非常にしまりのない親族の集まりと化していた(^^;;;
でも恐ろしいことに、祖父のご兄弟なんて、相当なことがないとお目にかからないので、
私はまったく知らないのだけれど、向こう(祖父のご兄弟)は私のことを知っているんだよね(^^;;;;

「ああ、あんたが一番お爺さんにかわいがられてた子だね?」
と言われる。
なんとなく自分でもそんな気はしていたのだが、身内以外の人に言われると
ずしりと重いものがのしかかる。

結局、私は姉妹の中では最後に家を出て、父母と祖父を家に残したわけだけれど、
一体何を祖父にしてやっただろう?と思う。
晩年は、車の免許もない私よりは姉たちの方が祖父の世話もよくやったし、
あちこち連れ出しもした。
一方私は、東京に出て、あまり儲からない仕事を転々としたせいもあり
実家に帰る回数もかなり減っていた。
ひょっとしたら、おじいさんは誰よりも私の帰るのを楽しみにしていてくれてたかもしれない。
私は、姉たちも孫だし、おじいさんによくしてあげているから、
私が一番お爺さんに良く思われているなんてのは私の勝手な思い込みだと思っていた。
でも、事実は違ったのかもしれない。
今となっては真相はわからないけれど、私が祖父にしてやれたかもしれないのに、
してやれなかったことばかりが残っているのは事実だ。
祖父には申し訳ない気持でいっぱいになった。


12月16日(火)
葬儀当日。

まずは朝から火葬場へ出かける。
本当は祖父は、昔から「土葬にしてくれ。火葬は熱いから嫌だ」ということを言っていたのだけれど、
結局火葬することにした。
母には「本当はおじいさんは火葬は嫌だ。土葬にしてくれ、って言ってたんだよ」と伝えてみた。
そうしたら、母の父親(母方の祖父)も土葬を希望していたことを教えてくれた。
母方の祖父の葬儀は、母方の祖母が取り仕切っていたのだが、故人の遺志を思い、実際に土葬しようとしたらしい。
しかし、土葬にすると聞いたとたんに、近所の方々が非常に嫌がったのだそうだ。
まずは、お墓に生身の人間が入っているという薄気味悪さ、
さらには土葬にする為に用意する場所を確保する手間である。
結局土葬する際には、そういった方々のお世話にならざるを得ず、その人たちが嫌だというのだから、と
結局母方の祖父も火葬になったのだそうだ。
こういう話を聞いたおかげで、祖父を火葬にすることが、ちょっとだけ納得できる気がした。

祖父が火葬されている間、参列者にお茶を出そうとするも、火葬場にお茶がなかった(^^;;;
お茶菓子がないのはまだしも、お茶本体がないとまるっきり意味ナシなので
大急ぎで姉連中がお茶・お菓子の買出しに走り出る。
お茶の道具である急須・湯のみ・ポット・菓子鉢・そしてお茶筒はあるのにお茶がない(^^;;;;
ご時世で置かなくなっちゃったんでしょうかね?
買出し班が戻り次第お茶汲み開始である。本当に大忙し☆

火葬が終わり、骨を拾いに行く。
脚の骨が随分、太い大きな骨である。野良仕事や大工仕事に動き回った立派な骨である。
でも、それとは対照に、頭蓋骨は頭の形に残っていないし
(昔くも膜下出血を治療する際、骨を一部削ったせいか?)
胸の肋骨はほとんどまったく残っていなかった。
これも肋骨をよく折っていたせいなのか、胸の病気だったせいかはよくわからない。
あと、祖母の時は、のど仏の骨は一番大事に、すべての骨を拾った上に乗せるということでよけてあったのに
祖父のものはなかった。
後で聞いたところによると、のどの病気をしたせいか、のど仏が真っ二つに割れてしまったのだそうです。
やはり、健康管理には気をつけないと、すべて骨に影響されているのですね。

そしてその後、葬儀場へ。
会場入り口にうちの会社から花輪が届いている(^^;;;;
普段私が葬儀の花の手配をする時は、生花なのに、もしかして間違えてやがる???と少々不安に思う。
で、会場控え室で食事して会場を見るに、生花も届いている(^^;;;;
いくらなんでもこれは間違いだろぅ〜???やりすぎだろう〜????
と思いつつも、普段自分が手配する時は、「生花で良いですよね〜?」程度で聞いているけれど、
今回手配しているだろう後輩は、管理部のお膝元のこういう儀礼に強い部署の上司に指示を仰いでいる。
それとも普段の私の手配の仕方が違ってるのか?(^^;;;;
かなーり不安な中、おばさんに花の話を振られるので
「たぶん間違いだと思うんですけどねぇ〜??」と言ったら
「そんなことない、あんたが普段よく仕事がんばってるから良いようにして貰えるんだよ」
なんて言われるので、真相はともかく、そう思うことにした(笑)

葬儀は、非常に参列者も多く、うちの父のスピーチもうまくいき、非常に厳かで良い葬儀になった。
最後に、お坊さんからのお言葉があったんだけれど、
実はこのお坊さんは36歳(たぶん)で、うちの長女と1個しか違わないくらい若く、
祖父とお坊さんの先代(お坊さんのおじいさんにあたる)と仲良かったのもあって
私たち孫が知っている、うちのおじいさんのことをよく知っていた。
そしてその上で戒名をつけてくださり、ありがたいことだな、と思った。

その後、ふたたび控え室で食事。
結構時間の開かないうちの食事なんで気は進まないんだけどね(^^;;;
その中、私の隣に座った人が、祖父の妹の子どもさんだと思うのだけれど、
おじいさんは意地悪だったがぁ〜(笑)なんて話に花が咲いた(笑)
うちの祖父は子どもをいじって遊ぶのが大好きだったね〜

...葬儀関係3日目、ついに母がキレてしまった(^^;;;
わりかし激しい一面のある人なので、ちょっとずつなだめるのが大変である...


12月17日(水)
札打ち☆
せっかく今日までお休みを貰っているので、最後の仕上げまで手伝うことにした。
わりかしうちの地域では大きいお寺・清水寺にお参りに行く。
札を持って、33箇所あるお地蔵さんに貼って回るのである。
昨日、参列者の皆様に札にはおじいさんの戒名を書いてもらってあるので、
それを持って回った。
普段から山登りやってる私には平坦に思える山道で、木々に囲まれ雰囲気が良い感じの道を
札を貼り貼り歩くのも悪くない感じがした。
(親戚のおばさんで途中へたばってた人もいるけどね(^^;)

その後帰ってお食事をして、帰る用意をして、ふたたび東京へ。
帰りがけ、お花のお礼をしろということで、お菓子をたくさん買って帰る。
東京に着いたのが午後8時30分頃。
ちょっと疲れた☆

カラオケ会の反響がちょっとだけあって良かった...♪
みなさんありがとうございます...


12月18日(木)
出勤!!
長期お休みした後で出勤するのもちとこっぱずかしい感じ(^^;
みんなに「大丈夫〜?」とか言われても別に病気だったわけでもなく...(^^;;;;;
さらにはお花のお礼&お休み中のお礼と称して、お菓子を1個ずつ配ったんだけど
「こんな時くらいお土産買わなくても...」とか言われる(^^;;;;;;
いや、土産じゃないのよ...見た目もものも同じだけどね(笑)

で、社長には他の社員とは違うものを用意してたのに、
昨日から今週いっぱい香港出張らしい☆
タイミング悪いよね☆☆

で、お休み中にあった私の仕事も、ほとんどは電話&メールで指示しておいた子が
他の人のサポートもあるけれど、がんばってやってくれてよかった。
はっきり言えば完璧ではないけれど、その不完全さがかえってホッとした(^^;;;
(さほどに重大なミスではないから)
うむ、ひとまず電話で言ってちょびっとメールしただけでは完璧にはカバーできないよね☆
むしろできてる方がおかしい(^^;

で、後で時間があった時に、生花と花輪のなぞを聞いてみた。
「え?生花と花輪両方来てたの??そりゃ間違いだよ」
で片付けられてしまった(^^;;;;
自分がいつもやってるやり方で良かったのは嬉しいけど、
何だか...非常に寂しいものがあるね...(笑)

ちょっと仕事が溜まってたけれど、おおむね完了。
やはり時期的には落ち着いた頃に休めてよかった。


12月19日(金)
WEB担当、会社に来ず☆
午前中に病院に行くと言ったきり、午後に入ってからも来なかった☆
でもその人に対する電話があれこれ入って来て、お客さんから
「今日、来られますか?」なんてことまで聞かれる(= =;;;
まぁ、結局来なかったわけなんだけれど、
会社の上司も連絡入れてたみたいだけど携帯繋がらず☆
(少なくとも午後3時頃までは)ふぅぅ〜☆

で、そんな中
「●●さん(私の名)て、パソコン詳しいです??」
とかいう内線がかかってくる(^^;;;;
(WEB担当はシステムの担当でもあるのだ。休みだからね。)
いや、詳しいというほど詳しくはないが、たぶんこの人よりは詳しい(笑)と思って
「何でしょう?」と聞いたら
エクセルファイルを開こうとしたら、共有も何もしてないのに「編集中です」となって
読み取りでしか開かない
てなことでした。私もこういう状態によくなるので
「あー、それ再起動したら直りません???」と聞いたものの「ダメなんですよ〜」とのこと。
(^^;;;;;;うーむ。パソコンなんてほとんど勘でやってるようなものなのに、
再起動以外に他の手が浮かばん☆
てなわけでとりあえずその人のパソコンをチェックしに行った。

念のためパソコン再起動。
ファイルを開く。

開いた(= =;;;;

え?なんで??!と言われたけれど、私としてみれば再起動で直らなかったのが何で?って感じ(^^;;
まぁでもとりあえず良かった♪他の手は思いつかないし(爆)

しかし、別の共有にしていたエクセルファイルはまったく開かず、エラーになってしまっていた☆
こりゃまいった☆
とりあえずスキャンディスクを起動し、自動的に復元(だっけ?)にチェックして放置してみた。
かなーり心配ではあったが、スキャンディスクに時間がかかるので席を外す。
そしたら再度ばっちりです!!という内線をもらう。
ああー、本当に良かった♪
これでうちのWEB担当がいなくても、ある程度は私でもカバーできるかな????
ちゅうかいつもこの程度のトラブル続きであれば良いんだけどね(^^;;;;


12月20日(土)
会社のイベントに行く。
あまり人が居なかったけれど、おおよその予想はしていたので、
まぁ仕方ないやね☆☆
初めてお仕事を一緒にする人と会ったんだけれど、
なかなか気さくな人で面白かった。
しかし今回もイベント裏側だからね(^^;;;
うーん、表舞台に立ちたい(笑)

新宿駅で天然水を配っていたらしい。
私はもらえなかったので(どこで配ってたんだろう?)詳細は知りませんが
何でもバナジウムという成分配合の富士山1合目の水とかいう噂。
聞いたことない成分が世の中にどんどん増えていくものなのね〜(^^;;;
(いや、もともとは存在するものだと思うぞ)


12月21日(日)
昨日ちょこっと飲みに行ったので中途半端な時間に目が覚める。
そして中途半端な時に眠くなる(^^;;;
明日会社大丈夫かな?(笑)

日記を書き溜めして、なんとか間に合いました(笑)
何だかんだ言って、アバウトな記憶を頼りに書きつつも、
やはり葬儀の時の話とか、そういった特別なものは書き始めると止まらないものだね(笑)

来週は年末最後の週!がんばって仕事しなきゃね☆


12月22日(月)
忙しいのに仕事がはかどらん☆
長期休養のせいか、社長の機嫌がすこぶる悪いせいか、まったく進まない(^^;;;
同僚から「この時期のお休み(明日)は必要ないですよね!!」なんて言われ、
激しく同感!
もちろんお互いちゃんと休むけどね(笑)
残業してしばらくして、かかってきた電話に出たら
「遅くまでお疲れさまです」とお客さんに言われ、やっとこさ結構な時間であることに気づく(^^;;;
大急ぎで帰りじたくをして帰る。いかんね☆

帰りに立ち寄ったコンビニで「サイボーグ009ヴィネット」お菓子を買う。
正直言ってさほど009に詳しいわけではないのだが、試しに買ってみた。
出てきたのは004アルベルト・ハインリヒ!
全身武器というので非常に格好良い形のヴィネットなのは良いのだが、
たぶん今回のラインナップの中では
一番組み立てにくい難しいものだと思うのだ(^^;;;
えりまき(?)設置が一番辛かったね(笑)
でもさすがに海洋堂印なだけあって凝ってるし出来が良いね〜♪
格好良いぜぇ〜♪


12月23日(火)
休みの日は目覚ましが鳴っても起きない(^^;
止めに一度だけは起きるけど。

結構遅い時間にお出かけ。
最近うちの母は健康のために毎朝家の近くを、おおよそ1km程度お散歩して歩くのだそうだ。
うちの実家の方は田んぼだらけの平野で、かなーりの田舎なため、
野鳥の宝庫でもある。
(現に今の時期、田んぼには白鳥やらガンやらが普通に見られる)
で、その時、結構うちの母は物知りではあるのだが、鳥については私の方が詳しいことが発覚
(ま、そりゃそうか、という気もする(^^;)
なので、今度の正月にはうちで利用している野鳥の本をプレゼントすることにしているのだが、
その時、一緒に双眼鏡でも渡そうかな?なんて思って某電機屋に行く
でも双眼鏡の良し悪しがわからないので結局何も買わなかった(^^;;;
すまぬ、母親☆
で、せっかく電機屋なんだから、とちょっと高倍率のデジカメとかも見たけれど、
うーーーん。
うちのおうちにはPCもないので、デジカメをあげたところで、
撮影はできても結局データ吸い上げとか面倒だよね〜
説明するのが(^^;;;
ひとまずやはり野鳥は観察するのが一番ということで、本とうちにあるヘボ双眼鏡を渡して
しばらくは納得してもらおう...。

帰りがけ、CDショップに立ち寄る。
「日本ブレイク工業社歌」ちゃんと売ってるね(笑)←当たり前か(笑)
しかし試聴できるはずなのにディスクエラーできちんと聴けなかった(^^;;;
(今さらわざわざ聴かなくても良い気がするけれど(笑))
みんな聴きすぎたのか?(笑)
もう1曲カップリングの「希望の丘陵」というのはどうなんでしょう??
結局聴けなかったんだけど(^^;;;


12月24日(水)
昨日の休みは必要ないっ!と言っていたおとといの言葉を再度つぶやく水曜日になっていました...☆
月末&年末はツライねぇ〜☆

「修羅の花」シングルCDを会社の金で買う♪
残業も架橋に入って、お歳暮に届いた黒糖焼酎を開けつつ(内緒よぉ〜☆)
うちの上司と雑談を交えてお仕事←ここ強調(笑)!!
実はうちの上司が↑CDを探していたらしいのだが、
会社の最寄駅近くにある某TSUTAYAやら某HMVやらに
まったくみつからなかったと主張していたのだ。
(大人気で売切れ中だったというのだが、本当かなぁ〜(~~;)
しかし、私は会社のイベント帰りに新宿のTOWER RECORDで見つけてたので、
そういうことを言ったら
「明日は30分遅刻しても良いから(社長いないし)買ってきてくれ」
なんて言われたのである(^^;;;
遅刻しても良いのは非常に嬉しいことだけど、
この時期、たった30分でも時間ムダにしたくないっす(泣)!!!

なので、正直言ってうちの上司の言うことなんて話半分でしか聞いていないので、
一応新宿のタワーレコードにあるものが、●谷のタワーレコードにないわけないでしょう!!ってなことで
会社の帰りにテクテクと歩いて行ってみた。
世の中クリスマス一色だったのねぇ〜!!!
うちの会社の隣の某大手外資系保険会社が、今年に限って盛大なライトアップをしてないので
まったくそんな時期忘れてたんだけど(^^;;;;
途中道端でアイスケーキを売ってる青年の一人が
「熱くなった二人の気持を、このアイスケーキでちょっと冷やしてみては〜?」
とか叫んでた。
冷やしちゃいかんやろ(爆)!!!

で、タワーレコードに到着。
「か」の欄には確かになかった☆
しかーし、「NEW RELEASE」とか書いてある壁際のCDコーナーを覗いてみると、
壁一面に「修羅の花」あるじゃありませんか!!
しかも試聴もできる(笑)!!!
かなーりアッサリみつかりました(^^;;;
本当は他の駅近くの店にだってあるんじゃないのぉ〜???
ひとまずそのうちの1枚を持ってレジへ。
領収書ももちろん切ってもらう。

ひとまず、あさってはわが社の忘年会!
うちの上司が「修羅の花」「怨み節」歌うのに間に合ったわけです(笑)
明日封開けたら貸してもらおうっと♪
(結局これが目当てだったりするのだ(笑))


12月25日(木)
上司にクリスマスプレゼント(笑)
昨日買ったCDを渡すと、非常に驚いていた。
何よりわが社のある渋●の店にあったことに驚いた様子である。
私は昨日すごくアッサリ見つかったので、うちの上司の探し方が悪いのかと思ってたのだけれど
(何せ結構なオトシなのである(^^;;;)
しっかり店員に聞いてみた上で、
「このコーナーなんですが、今売切れ中ですね」
と言われたらしい。
うむむ、本当に人気があるのか。
確かに「キルビル」のサントラには「怨み節」入ってないから欲しい人は買うかもしれない。
でもなぁ...(^^;;;????
...ちなみに上司からは領収書と交換にしっかり代金をいただきました。
しかし朝からこのCDヘビーローテーションで聴くのもいかがなものかと...(笑)

昨日・今日と社長がいなかったせいで、滞っていた仕事が、
かなーり遅くなってから動き出す(社長が遅くに帰って来たから)
明日に忘年会があるせいで、仕事の効率が非常に悪い気がする。
結局みなさんの仕事に合わせてあれこれ仕事すると私にしわ寄せが来るんだよね☆
いいかげんにしてくれよ〜☆
明日に忘年会なんか持ってくるなよぉ〜☆
月末と年末一緒に来るとあれこれツライんだぞ〜☆忘年会休ませてくれぇ☆


12月26日(金)
忘年会。
これのせいで朝から激しくテンパっておりました(^^;;;
本当に非常に迷惑な時期での開催である。
結局一番最後に会社を出てしまうことになった☆
なぜかうちの会社はこういうイベントごとには遅刻絶対厳禁だったりするのだ☆

しかし、それでも仕事は次々と舞い込んでるんだよなぁ〜☆
年内に片付けておきたい気持はわかるけど、それはこっちも一緒なのよ☆
もっと早くに持ってきておいてよ〜!!!
うきぃーーーー☆!!!という感じで会場へ(= =;;;

でも実際の宴会になるとノリノリになってしまうのが良いんだか悪いんだか(笑)
今回のうちの会社の忘年会は、社長行きつけの店で、まったく新鮮味はないんだけど、
創業10年、社長が通い始めて20年以上の店であるにもかかわらず、
初めての忘年会会場であったりする。
...ちなみにここは六本木、4時間貸切とはいえ、それを考慮した上でも
恐ろしくお高い場所なので
会社からみでないととても行けません(^^;;;;;
生バンドの演奏とかは良いんだけど、さほどにうまい料理があるじゃなし☆
酒がなくなると上司の酒汲みに行かなくても店の人が注ぐってのは良いかもしれないけどね(笑)
しかし生演奏つきなんだけど良いねぇ〜♪
ベンチャーズのデンデケデケデケなのも良いし、女性ボーカルの方の歌も半端じゃなくうまい!
やはり生で聴くと非常に良いね〜♪
高いけど(^^;;;

で、その後、2次会でそこの店と提携のカラオケ屋に行ったのだが、
おうちの遠い人、病気気味の人はさっさと帰されてしまった(~~;;;
1時間くらい遊んでから帰ろうと思ってたのに何だかフに落ちないんだけど☆
まぁ、でも、正直言って、この時間お仕事に欲しかった...明日は大掃除の日。
でも結局お仕事で適当に時間を取られてしまうのだろう...


12月27日(土)
大掃除!
ということで本当は出社時間は11時で良かったのだけれど、
仕事も残ってるので通常の10時から出社した。
オフィス鍵閉まってるし(^^;;;;
社長からマスターキーを借りてオフィスに入る。

ひとまず11時までの1時間だけ、昨日やり残した仕事を処理する。
ふぅ〜。
で、11時から早速大掃除の準備をするに、やっぱり他の人がやってくる。
だったらお前らも掃除の前に早く来いよ!早く来て処理しやがれ!!
とは言わなかったけど、思ったね(^^;;;そして態度に出るからよろしくない☆
11時までに来た人には快く処理をしたけれど、他の人にはひとまずお引取り願った(^^;;
そして大掃除。
はっきり言って去年の方がしっかり掃除しました(爆)
今年は掃除の丁寧な上司君が他のビルに行ったのを良いことに
適当に済ませました(笑)

で、やることはし終えたので、お昼ごはんのお誘いを断って無理矢理帰る。
帰る寸前で「これ、来年で良いから...」とか仕事を差し出されるので
「じゃあ来年にしてください」とつっぱねて差し戻し、映画館に走った(爆)

で、走った先の映画館は、恵比寿ガーデンシネマ
「10ミニッツオールダー人生のメビウス」を観てきました!!
本当は13日に行くはずだったんだけど、結局帰省しちゃったからね☆
で、この作品でなんと言っても一番観たかったのがビクトル・エリセの新作。
10年に一度の新作発表。(いつも当人は「はからずも」らしい。)
その2000年代最初の1作がこの10分間の短編。
10年に一度で10分。とても素敵な偶然ではないか(笑)
あと、その前にするアキ・カウリスマキの作品もかなり気になってたから
この作品は観る前から傑作に違いない!という思い込みがあった。
しかーし!甘かったねぇ〜☆
この作品、巨匠に「10分で短編を作れ。他の人と競演させるからね」という課題を出して、
それぞれの巨匠が自分の得意な分野で10分を演出し、競い合う
言わば「笑点」に近いものあるじゃないですか!!
違う?かなーり違うような気がするけどさ(笑)
で、小説でも漫画でも、連載の得意な人・読みきり&短編が得意な人いるじゃないですか。
要はそういうことでした☆

カウリスマキは、正直言って、この作品はオチが弱くてはっきり言えばイマイチでした☆
「ええ〜??!」という感じ。
途中まではいつものカウリスマキのペースで話が進んでいって、
いつまでもその調子でいくのかなぁ〜?と思ってると、ん?この台詞がもしかしてオチ???
という感じでしゅーりょー☆
締めが弱かった☆いや、言いたいことはわかるし、なんとなく気の利いた台詞なんだけどね。
あー、この人は、今のこのスタイルなら長編しかできない人なんだな...と思った。
ちょっと短編やらせるにはひねりがなかった☆期待しすぎた☆

で、ちょっと失望しているうちにエリセ作品。
この人は良い。またしてもエリセ作品の不敗神話崩れず!!
期待して行って、ちっとも裏切られなかった気がする。
最初は、時計・時間・時間経過・振り子とか「時間」に関するあからさまなモチーフが
あまりにもあからさまでちょっといやらしくさえ感じたんだけれど、
そのわかりやすすぎる表現とは別のところで、(恐らく感覚的なイメージで)
もっと別のものを表現しようとしている。
私のような人間では、文章ではうまく表現しきれないのだから、
きっとこれは映像でしか伝わらない「感覚」を伝えているのだと思う。
うぉ〜何だこれは?何でこんなに高尚な気分かつさわやかで濃厚な感じがするのだ???
と説明をしたくてもうまく説明できないこのもどかしさ☆
結局エリセ作品には、この感覚を求め、期待してたのだと思う。
さすがに10年に一度の佳作。ハズレなし。
この作品だけでも10ミニッツオールダーを観に行った甲斐が本当にあった。

次はヴェルナー・ヘルツォークの作品。
ドキュメンタリーなんだけど正直言って、さほどに私には興味を持たせなかった...
この監督がなぜこの民族に興味を持って、何を描こうとしたのか?
それを読み取る前に寝てしまいました(^^;;;
疲れた時に観に行くもんじゃないっす☆

で、さらにそのあおりを食らって、ジム・ジャームッシュの作品もおぼろな記憶しかない☆
結構期待してたんだけどなぁ〜☆
でも後でパンフレットに収録されてるシナリオを読むに、そのおぼろな記憶もさほど外れていなさそう。
DVDかなんか出た時には(買うかもしれないけれど)ジャームッシュのやつきちんと見直そう。
何だか少々イマイチ臭いシナリオなんだけど、
この人の作品も話の内容そのものよりも「雰囲気勝負」って感じだからね(^^;

で、私がやっとこさ目覚めたのが、ヴィム・ヴェンダースの作品。
なぜ目覚めたのか?ズバリうるさかったから(爆)
主人公がフラフラで運転する姿を、昔のサスペンス作品・ヒッチコックとかアンリ・ジョルジュ・クルーゾー
思い出させるような手法で描いているわけだけど、
ブレーキ音やら通り過ぎる音をメチャメチャでっかくして、
主人公がまさに感じる「ぶつかるかもしれない」恐怖心を
観客に伝えようとするんだよね。耳元で聞こえた音みたいに感じさせるのだ。
それはそれで成功してるんだけど、
それをたびたびされたら起きるよね、寝てる人は(^^;
いやぁ〜よく考えられた構成だね(笑)途中の目覚まし作品だよ(違)
で、作品自体はたぶんそんなに悪くないんだろうけれど、主人公の顔がキライで評価が下がってしまう(笑)
アップになりすぎなんだよね〜昔のサスペンスって(笑)

次、意識しっかりで観たスパイク・リーの作品。
これは字幕が悪い!(つーか英語ヒアリングできない私が悪いのか??)
白地に白文字で、書いてある内容が見えにくい部分が多すぎる。
作品の中身はというと、ゴア陣営の方々が、大統領選当時のブッシュの
イカサマ選挙の手法をえんえん説明するのだ。
でも、テンポの良いカットバックを多様しているから、非常に面白い。ドラマチックだ。
面白いけれど、その延々と話す内容が字幕見えない部分が多すぎ(^^;;;
これもソフト化された時に、もうちょっと字幕見やすくなってたら観たい作品だ。
内容だって、マイケル・ムーアの「アホでマヌケなアメリカ白人」で説明されていて
非常に興味のあるものだったのに残念だ☆悔しい。

最後、チェン・カイコー作品。
ちょっとコメディタッチでもあり、ファンタジーでもあるかなり良い雰囲気の作品。
この人の作品だから、ちょっと重いのかと思ってたけれど、
軽くはないが非常に幻想的で私好みの作品であると思う。
最後を締めくくるに、なかなか良い作品ではないかと思った。
この人も短編長編関係なく物語を作れる人なのだろうね。

で、長々書いたけれど、うちの会社の人で
「10ミニッツオールダーつまらないんだってね!」とか言ってる人がいたけれど、
私はそんなに思わないけどなぁ?
確かにネームバリューのある人ばかりだけれど、もともと好きな監督ばかりというわけではないし、
短編で思いっきりいつもと違うことをして楽しませようとする人、長編と同じように作る人、
それで失敗してる人、あれこれ観るだけでも相当面白いと思う。
結局この作品は、失敗自体も楽しめる人でないと、ダメなのかもしれない。
一応言っておこう私は非常に面白かった!(つまらなかったのもあるけど(笑))

その後、お友達に誘われてちょっとした飲み会に参加した。
あまり飲まなかったし、歌わなかったけどね。


12月28日(日)
お食事におでかけ。
誘われたのでお食事にお出かけした。
突然のお誘いで、当初立派なホテルで食事!とか言われていたものの、
うまく予約できなかったとかで、実際は夢●という某有名うどん屋系ファミレスチェーンにお出かけ。
正直言ってホッとしました(^^;;;;
うーむ、貧乏性な私(笑)

お夕飯にあれこれお食事はしたものの、実は明日の用意を何もしていなかったので、
ひとまず帰ったらさっさと荷造り。
我が母は、膝&かかとを痛めており、運動のために毎朝歩くのだそうな。
で、その時に何でも非常に珍しい鳥を見たとかなんとか言っているので、
母用に、私の使用している野鳥図鑑と同じものを1冊と、
私のよく使用している双眼鏡(数年前の福袋品)をあげようと鞄に詰め込む。
で、前回チケットを忘れるという大ポカをしたので、チケットの確認。
明日の昼頃の新幹線だから〜などとのんきに構えてたら、実は午前中であった(^^;;;;
事前の準備は必須だとしみじみ実感(爆)

昨日の飲み会で、ZIGOROゥというキャラクターを教えてもらったので、せっかくなので検索。
TVKの番組のサクサクから派生したキャラらしいのだが、
とてもローカルな気がするのに
その場に2名もストラップで付けているのを発見。
うむむ、気になる...


12月29日(月)
実家へ出発♪
しかし、朝、バスに乗ったとたんに携帯に電話が入る。
仕事のやり残し発覚☆
うわぁ〜☆でもこのタイミングで見つかったのは不幸中の幸いではあるものの、
会社始まったらお叱りは覚悟だなぁ〜☆
忙しい時期でバタバタしていたのもあるけれど、それ以前に情報の伝達の問題だからね☆
落ち着いて帰省もできんねぇ〜☆...ちとブルーなまま駅へ。

駅でみやげ物を物色。
以前なら迷わずお菓子を買って、うちのおじいさんとお茶を飲む時のお茶菓子にしていたのだが
...まぁさびしいものである。
ひとまず崎陽軒のシュウマイとフカヒレスープを買う(乗るの新横浜だからね)
あと、気持程度のクッキーを一箱。
張り合いがないのぅ〜☆

で、新幹線に乗る。途中で富士山が非常に美しかった。

やはり日本一の山だよねぇ〜。

しかし、我が家の近くまで来ると、非常に雪の残ってる場所が多かった(^^;;;;
本当に半端でなく多い。
さすがに我が家には雪は残っていなかったのだが、山間部は最近雪が降ったそうで、
見事一面雪景色!!
東京じゃめったにこんな風景味わえないよねぇ〜!!
感慨深く思う前に寒さの厳しさを思うあたりが、大人のいやらしさだけどね(爆)

で、駅に母がお迎えに来てくれていた。
最寄駅は、駅員さんはいたものの、まったく無人駅寸前のような状況で、
さらにはホームなんてまったく10年〜20年前と変わってない気がする(^^;;;;
変化といえば、ホームに鬼束ちひろの「いい日旅立ち・西へ」が流れてることくらいだよ(笑)

で、おうちに帰る途中で、飛来しているコハクチョウ&ガンを見せてもらう。
一応鳥撮影対応デジカメをもって帰ってたおかげで、撮影を試みたものの、
すでに暗くなっていたので×。
しかし年々白鳥の飛来数は増えているような気がします。本当に。
自然破壊とか、発展していくにつれ、鳥も数が少なくなるはずなのに、
相当うちのへんは居心地良いんでしょうね(^^;;;

家に関しては、つい最近帰ったばかりなのであまり変化はないのだけれど、
やはり定年を迎えた我が母にとって、手間のかかる祖父だったのだが、
いなくなって非常に寂しいような気分なのだそうな。
なのでひとまず猫でも飼いなさい!とは言ったものの、
うちの父が犬派なので猫よりは室内犬をオヤヂ君は勧めていた(^^;;;
まぁ、どっちでも良いけどね。

で、早速プレゼントの野鳥図鑑を広げ、先日母が目撃したという、
「アタマからしゅぅ〜っと羽が伸びている、変わった鳥」というのを探す。
探したところ、タゲリであることが発覚した。
しかし、(リンク先参照)こんな鳥が本当にいるのか??(^^;
というくらい見る確率低そうな鳥なんだけれど数年前にマナヅルですら飛来してきたというくらいだから
本当にいるのかもしれない...
うーむ、まだまだ奥が深い我が故郷なり☆


12月30日(火)
いとこのお墓参りに行く。
午前中におじさんが祖父宛の香典を持ってきたついでに、
今年7回忌になる、いとこのお墓参りに一緒に行くことになった。

いとこは、19歳の時、バイク事故で亡くなった。
アルバイト帰りに、道路わきで困っている車を助けた後、家に戻る前に事故で亡くなった。
加害者はいない。首の骨を折って、出血も少ない、とても奇麗な死体だったそうだ。

当時、彼の死を聞いた時は、自分よりも若い人が、突然に亡くなること
また、良いことをしたのに(そのせいで?)亡くなったこと
人の死というのは、ものすごく理不尽だと思ったものだ。
そのいとこの死からすでに7年。
帰省自体さほど頻繁ではない上、足のない私は、ほとんどお参りできなかったので
この機会にといそいそとついて行った。

親戚の家には7年経った今も、神棚の横には写真が飾ってあり、
事故当時使っていたPHSも一緒にお供えしてある。
出していただいたお茶を飲み、4年前から飼い始めた猫と遊ぶ。
久しぶりの猫だけど、何だかとても気位の高い猫だった(^^;;;;
そして、お参りに線香を用意し忘れたので、線香を貰おうとすると、なかなか出てこない。
「うちはね〜、お父さんも私も●●(お姉さん)も、みんなそれぞれにお参りセットを
車に乗せてあるから、ここにはないかもしれない」
だそうな。
7年の歳月は人の心は癒したけれど、彼の記憶は消えずに残っているのだな...と思う。
話を聞くに、彼の事故現場にお地蔵様を作ったのだが、
そこにお参りする当時の旧友もいまだに多いらしい。
ヘンな言い方だけど、とてもうらやましいことだと思う。

で、いとこのお墓に行くと、お花がたくさん飾ってあり、
また友達が置いていくのだという缶ジュースがある...が、1本が缶ビール(^^;;;;
亡くなったのは19歳だから、本当は未成年だと思うのだけれど?
どうなの????
なんてちょっと思いつつお墓参りを済ませて帰る。

帰る途中、ついでだからと、もう1人のおばさんの旦那さんのお墓参りに出向く。
ずいぶん立派なお寺にあるお墓だったので、ちょっと驚いた。
おばさんが檀家になるのに経費が結構かかったという話をされていたのだけれど、
なるほど納得な感じ。
うちのお寺さんは比べるほどもなく小ぢんまりしているけれど、まぁ一長一短でしょうねぇ〜。

で、帰りに少し顔を覗きにいくと、犬がいた♪
柴犬系の雑種だとは聞いていたものの、柴犬といえばあのほっそりとした目なんだけれど、
恐らくこの子は洋犬の血が混じっているのでしょう。
クリクリお目目がものすごくかわいい!!
「かわいいぃ〜♪!」を連呼していると、おばさんが「かわいくなんかないよ!!」と言い返す(^^;;;
「悪さするし毛は抜けるし大嫌い!!」とか言いつつも、
シッカリお手おかわり待てのセットは仕込んである(笑)
で、話を聞くに、この子も大病を患ったことがあるらしいのだが、
その時の治療費も13万円!
大嫌いというわりにはシッカリお世話されてて、愛されてるんじゃないかな?と思うね(笑)

で、本日のお墓参りツアーは終了。
何だかんだで亡くなっていく人は多い。これからも増えていくのだろう。
人生は回っていくねぇ〜...


夕方、うちの父に連れて行ってもらった海辺にて。
黒いのがウで、手前のは白鳥。
こんなに身近なところにウだらけの場所があるとは驚き!!


12月31日(水)
大晦日。
でもお正月をやらないので我が家は平穏である。
午前中に、ちょっとだけ遠出してオシドリの観察小屋へお出かけ。
大晦日にお出かけしてもどこもかしこもお休みだらけだと思うのだが、
うちの両親が「あそこは絶対にやっている。やらないはずがない」くらいの勢いだったので
鳥好きの私へのサービスということでお出かけなのだ。
で、行ってみたら、本当に、
休みやらあるようなシロモノではなかったです(^^;;;
基本的には善意のボランティアで運営されていて、別に料金を取るでもなく、
川べりの掘建て小屋に穴を開けてスコープを通して見る程度。
でも、絵葉書を販売している代金入れやスコープの盗難や、
スコープのインストラクターとしては人は一人くらいはいなきゃいけないんでしょうね。
やっぱり自分のデジカメ出して撮影ははばかられたので遠慮。
そもそもスコープ通して見ても、塊になっているのはわかるけれど、
羽の模様がクッキリ見えるほどには近くなかったし(^^;;;
まぁ良しとする。

電車の鉄橋の手すりで電車を狙うアオサギの図。
このあたりはまだ雪が残っておるのです...

夜、長女が姪を連れて帰って来た。
うちのおうちは正月をしないので、わざわざ娘をにぎやかでない我が家に連れて帰るよりは、
旦那さんの実家に連れて行った方が良いと思うのだけれどなぁ〜???

年越しは紅白歌合戦を観た。
何だか格闘技の番組が多すぎたなぁ〜、今年。


過去の記録一覧へ HOMEへ